人気ブログランキング |

<   2015年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

将来はビミョウ・・・

午前10時ケータイに着信。中学時代の同級生男子からだった。
11時にお茶でもどうかと思って…と言われた。
病み上がりだけれどいいよと、返事をすることができた。

いつも出かける近くのマックで会い、近況など話していたが、
Nクンの用件は、クラス会を開こうというMクンからの連絡が入った、
世話人の仲間になってほしいとの声かけだった。

以前もこのM町中学校クラス会の世話人をしたし、
前もっての相談会の日にちが決まったら参加してくれと言う。
分かりましたと返事はしたが、それが何時のことかは、
はっきりしていない。
e0228147_19395529.jpg
(Nクンは次の用事があってお茶だけ。私はこのあとスイミングの
予定のためランチセットを注文、ここで昼食を摂った。)

まあ、暖かくなったらという事だろうし、
Minagawa先生は今年あたり米寿となるのかナ。

中3の時のクラス担任M.先生は若かったし茶目っ気があって
男生徒から特に慕われていた。女生徒には気になる存在だったが
どちらかと言えば男性優位のクラスだった。
授業中の野次?を飛ばす声が、男生徒から活発に上がるような
自由さで、先生を友だちかと思えるような感覚に見えた。
それに先生の応対も好ましく面白かったという印象の
楽しい授業展開が思い出となっている。

女生徒はスポーツウーマンと言えるような活発さで、
転校生の私は運動音痴なので、静かに見守っているばかり。
静か組と言おうか、おさげ髪の私はレース編みを趣味とする子や
読書好きの子と仲良しで、座席の前後の子と話をするくらいだった。
その年の通知表の先生の言葉は今でも覚えている。
「……。クラスに新風を吹き込んだ。……。」
こんな私でも存在感があるということを知らせてくださった。
e0228147_19170940.jpg
何時やらのクラス会以後のはがきに先生はご自身を
「老醜をさらし恥ずかしい限り…」などと、思いがけない言葉があった。
もしかしたら今度は出席してくださるだろうかと、案じている。

私たちだって揃って高齢者だけれど先生よりは
一回り以上も若いからその点まだ気持ちに余裕があるんだね。
私の米寿はどんな状態になっているのかな?

考えても仕方ないが老醜なんていうような境地になりたくない…。
しかし現実にはどうなっていくのか分からないけれど。
前回のクラス会の時の先生は年齢の割に驚くほどお若くて、
教え子の私たちとどちらがどうかと首を傾げたくなる
くらいだったと思うのに…。

この記念写真を見てください。本当にお若いですよね…。
そんな言葉を使って、教え子の反応を
知りたかっただけなのかもと思えるような気さえする…。

この辺はかなりビミョウだ。

今度お会いしたら正直に「お若くて驚きました」
って言ってみようかしら。


e0228147_21082006.gif




by nagotu3819 | 2015-01-31 06:20 | 私の原風景

15日ぶりにスポーツクラブに

駅の近くで、クラブ員なら5時間の無料駐車ができる
スポーツクラブの駐車場は私にとっては有難い存在である。
クラブを利用しない時でも施設を利用するような顔で
駐車するだけの利用もあるのだ。

前回はN会運営委員会に参加して(引き継ぎができていない)
ここに駐車したのでクラブのロビーに立ち寄った。
その時以来2週間ぶりにスイミングの利用を試みた。
e0228147_17165776.jpg
(写真はロビーからそとの風景を臨む)

咳がひどかったので、2週間はクラブを利用できなかった。

昔のオリンピック選手のお子さんが喘息気味で体質改善や
呼吸法など、泳いで治したという事を記憶していたので、
私の場合も良好な改善が図れるだろうと期待した。
確かに泳ぐときの水中での呼吸は、空気中で自由勝手にする呼吸とは
違うので、何かしら良い影響がもたらされるだろうとは思った。

昨日、恐る恐る泳いでみた。
まだ病み上がりでちょっと泳ぐには早いかと思いつつ
喘息様の咳が気になってそしてかなり楽になったので、
改善のため泳いでみたのだった。
25m泳ぐたびに、プールサイドで咳をして呼吸を整えた。
だんだん自信も出て一応休み休みではあったが、
三泳法で200m泳いでおしまいにした。

ひとおよぎ?の後に、お風呂でさっぱりして
ロビーで腰をおろして缶コーヒーで喉を潤した…。
e0228147_17171072.jpg
テレビの下のアクリルガラスに映ったものを写してみた。
どうなっているのか謎のような映像ではあるのだが…。
皆さんが励んでいるシーンはやはり映像権侵害などと
言われてはまずいので…、写すことはできない。

今日は寒い日で、昨日頑張ったから一日家に留まっていた。




by nagotu3819 | 2015-01-30 18:40 | 健康・エクササイズ

咳に負けるな

もう、咳には苦しんではいないけれど、
昨日まではこの不調に、用心して暮らした。

氷雨の日以後、咳と痰が止まらない日々を送った。
その間、薬を服用の為、胃袋を守ろうと必死で食べるよう心がけた。
水を使わなくても頂けるものや、飲みものを多く取り入れたいと
インスタント食品も活用した。
咳に効くと言う蜂蜜、生姜、紅茶、ココアなども
全部は写真に収めてはいないが、回数は多く摂るようにした。

e0228147_19220049.jpg
新年会でお持たせ、お年賀の交換などで菓子類が結構集まっていた。
これはラッキー。まるで雪山遭難(大袈裟だけれど…)に
出会ったときの、マヨネーズ、カステラ、チョコレートなど
カロリーのみならず他の栄養素も結構含まれている軽食品が
常備あると言うのは助けになるものだと有難く思う。
e0228147_19221976.jpg
特に胃袋が今傷んでいるわけではないのだが、
薬を服用する時にはいつも食べ物や飲み物をお腹に入れるよう、
習慣化しているほどにしている。
消化の面では少々どうか?と思われるものも、
やはり献立に変化を持たせたい目的で、取り入れている。
一番気にすることは寒くないようにすること、
冷たいものには敢えて触れないようにと心がけた。
e0228147_19223940.jpg
これでは栄養バランス的には、良いとは言えないと、反省。
しかしバランスより、その辺にある手近なものを胃袋に満たすことが
まずは優先すると頑張っていた。
治療に出かけた日は、途中でお弁当を買ってみたりと
変化を持たせて眼を喜ばせながら、補う。
e0228147_19230613.jpg
野菜はどの日も、火を通し柔らかく煮て、
喉を刺激しないように、口当たりも良いようにと、
そして雰囲気を、心地よく過ごせるならばと気を付けた。
何しろ私は病気なのだから…。
e0228147_19232982.jpg
夜の鍋焼きうどんを、餅いりに仕立てたり…。
あぁ、まだ薬が一日と一回分が残っている。

咳はしつこくまだ私を悩ませている。
こんなに昼間も暖かく過ごしているのになぜなのか…。
睡眠時に咳が出て、起きている方が楽なのはやはり
気管支の炎症がもろに姿勢に依って引き起こされているという、
不快さ。
温かい鍋仕立ての献立は
快適さとなって咳の苦しさから免れる。


※ようやく咳から解放されたけれど、頑張って栄養を付けたつもり。
その反面動かないでいたので、少々身体が重くなった。
いま鏡をみたら、表情は皺も心持ち取れて、
なんと、若若しい…!
ふふふ
ひとりよがりに
そう思っているだけ。
自分を慰めているだけでした。
これから久しぶりに…、でも様子を見ながら
スポーツクラブに出かけて、ひと泳ぎして来ましょう。





by nagotu3819 | 2015-01-29 14:24 | 今日の献立

快方に向かっている実感 

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by nagotu3819 | 2015-01-28 19:43 | 今日の手帳

快方に向かいました(一部コピー)

今までは襟を引きよせマスクでガードし、部屋をいつもよりも温めて、
これ以上に悪くならないように懸命にがんばっていたように思う。

栄養摂取にも気をつけて、
医者からもらった薬の他にビタミン剤を補給して、回復力を高めた。
無理はしないしそれもしたくても出来ない状態だった。
こんな状態が長引いて八日目となった。
これではいけない。
確かに点滴など2回も受けて血液や痰により病気の原因も追った。
問題となるものはなかったのに、回復が緩い。
急ぐことはないが、元の健全な呼吸をしたいと感じていたのに、
なかなか戻らない。
薬が無くなって、このまま様子をみていようかとも思ったが、
薬を三日間くらいは補給したいと、
先日のA医師に診て頂き薬をお願いした。


抗生物質を以前のものとは替えて、四日間分の処方をされた。
抗生物質はこれまでは毎食後三回の服用だったが、
新しく朝夕の二回服用のものに替わった。
帰宅は昼だったが、早速昼食後、朝のつもりで服用した。夜も。
規定通り範囲で時間的には短縮だが一日二回の服用とした。
なんと、はっきりと良くなっていると感じた。
今度の抗生物質が私を苦しめている細菌を確実にやっつけてくれていたのだ。
身体が楽になると気持ちが明るくなる。

今日は午前中は寒かったが、午後は明るい日差しで気分が良い。
横になっても以前のように呼吸が苦しくないし、
咳がでても痰はあまり気にならないほどサラサラしてきていた。
良かった~。峠は越えたようだ。
庭の梅も明るく開花して、私の健康を喜んでくれているかのよう…。


松尾芭蕉の弟子服部嵐雪の句に
「梅(むめ)一輪一輪ほどの暖かさ」
その句のように、一輪ずつ治っていくような喜びを感じた。     







by nagotu3819 | 2015-01-28 19:41 | 今日の手帳

すっきりしない咳

交信しているYoさんも体調を崩しているという。
「Kさんのお見舞いをしたい」と元同僚3人と約束している。
あれからもう3カ月くらいも延び延びで果たせないでいる。
健康的でお元気なあとのお2人の同僚は年齢は私たちより先輩。
チェーンのように繋いでいないと、うやむやに消えてしまうことがあるのだと、
揃って行こうと待っていてくれているSさん、Ysさん。


Sさんの経験では、次の約束をせずに別れると、
もうその次の逢瀬はどうでもよくなってしまうのだと。
だから負担だろうけれど、次回を纏める役を
誰であるかを決めておこう…ということで、どうやら私が
今回は纏め役で連絡役である。

e0228147_02473306.jpg
こんなことはお安い御用なので、何回かお伺いして、
幾たびか不都合ができてしまった事情を、
Kさんの息子さんに連絡している。
「母は皆さんに会うと元気が出ると喜ぶ」ので
「どうぞ会って行ってください」と。

どうしたのだろう…ワタシ。
今までこんなに体調を崩し、予定が遂行できなかったことって
あっただろうか…。覚えていないくらい無かった。
急に身体からの警告が出だしたのだ。

そういえば、父の亡くなった年齢に近づいている。
注意しなさいと言ってくれている人が居た。
こういう年になると「死」ということが
まだまだ遥か向こうの方にあったと思っていたのに
思いなおしたくなる…。

弱音を吐くつもりは全くないのだが、これが現実。
どうもこういう年齢のころにはそんなことも頭の片隅に
芽生えだすのは普通の思考の範囲だったらしい。
先日TVで、淡路恵子や大原麗子の隠された
真実みたいなものを観た。
彼女たちは実に強いと思いつつ観ていたのだけれど、
弱音が洩れたり、弱い心や消極的な考えに
なることも真実なんだね。






by nagotu3819 | 2015-01-26 19:54 | 今日の手帳

もう咲いていたのネ

もう咲きだしていたんだ…。
決してうちの庭の梅は早く咲いた訳じゃないけれど
梅の花がほころんでいたのに気がつかなかった…。
e0228147_22112548.jpg
意外に陽当りは良い方じゃないと思っていたのだが、
…。
半日は日陰っている場所だから。
e0228147_22145969.jpg
花など、植物って可愛い奴だ。

「東風吹かば匂い起こせよ梅の花
主無しとて春な忘れそ  道真」

e0228147_15353646.jpg
思わずこの歌が浮かんでくるようなこのごろなのだ。
まだしつこい咳は完全には取れていない。
インフルエンザではないけれど、人ごみでこんな咳をする人は
疎まれ嫌われるだろうと思うので、出ない。
庭にさえ下りないでいたが、今日は比較的暖かなので
ちょっとだけ庭の様子をみて見た。

e0228147_22282777.jpg
私の好きな侘び助がぽつり、ぽつりと咲いてくれているのに
どれも花弁が傷んでいた。

まるで私の気管支のように、
まるで私の気持ちのように…。

やはり健康じゃないということは心まで侵害してくるのね、
どんなに平気と思っていてもいつもとは違う
私の心持ちが…。

いいえ、大丈夫よと
心配する子どもたちには言い続けて居るんだからね。
花弁がいつもの美しさを欠いているなんて…、
気持ちだけは参らないように美しく咲いていたいものだわ。




by nagotu3819 | 2015-01-24 22:40 | 今日の手帳

幸せと思えること

ポストを見たら、何やら分厚い封筒…?
本が入っているのかしらと開けてみたら、CDが3枚。
K氏からだった。
お手紙によると、「N散歩会解散の現実がまもなく実行される時期が近づいている時、私は私なりに結末の思いから今まで投稿した全作品を『Ichiyou余滴』の表題で一枚のCDに纏めてみました。いわば私の14年間の軌跡です。」
これまで親しんできた会報の2号から57号までのK氏の寄稿原稿のコピーをCDに移したもの。「N会の14年間にはいろいろな思い出が残っています。それらの思い出が万華鏡のパターンのように次から次へと浮かんでは消え、浮かんでは消えていきます。それらの記憶を私なりに大切にしたいと思っています。」

そして今までの私の労苦に対する感謝の心に満ち溢れていた。
なんて有難い、嬉しいその気持ち…。
風邪で傷めてしまった気力に元気をくださるような嬉しさ。
早速感謝の絵手紙を描いてお返事。
お陰で幸せ感を味わえた。
e0228147_18253896.jpg
CDは三枚作ったから、私から何方かにも差し上げてくださいと。
では…と考えるが、喜んでくださる方でないと…と、思うと難しい。

なんだか振り返ってみたくって会報のファイルを広げて見た。
下はまだ完成は間近であるが、ざっと広げられた51号だ。
表紙の写真をお花見にするか、または50号記念とするか、または長期間役員を務めて頂いた方々に対する感謝の会をテーマにするか…。

今までは前会長の示唆を重んじながら編集長が主導権を握らざるを得ないのでそのように勧められた。
そして、始めの表紙写真を選び前会長に確認を得ながら進め、その後に委員会に諮り校正を兼ねて作成していた。
この51号は、テーマが三つもあったので絞りきれない状態だった。

e0228147_19291631.jpg

会長になるという潔さ?が、先輩の男性たちには無くて…。いや、それだけ慎重な態度を保持されていたのだったか…。でも今考えると、これって、断り上手の姿勢を通して、人の良い人間に押しつけることが目的だったのかしら?なんて振り返ってみる。
もともと会あっての会報なのだから、会長がいなければ会は成り立たない。致し方なくお人良しの浅はかな私が、その役を引き受ける空気となってしまった。
会長と編集長兼任の二役を、一手に引き受けた時の初めてのもの。委員会6人の役員に図るとどうも意見が美しくまとまらない。
私の編集意図とも合わず困ったことだと感じた思い出がよみがえる…。



第53号。
編集は愉しいが、独りで二役をこなすのは、いくらなんでも荷が重い。
なんとか分業にならないかと提案したが、皆さん「NO」と全く編集協力は得られずに手を横に振られただけだったんだわ。もっとも考えてみるとボランティアで編集していて、それほど大きな会報でもなく年4回の発行なのだから、やはり編集は一本化で頑張っていることになってブレも少なく、よかったのだろうな。

e0228147_19411679.jpg
第55号。
K氏の寄稿は本当に有難かった。ともすれば、発行するのが大変だから、縮小か次号と合同号にしてしまうかなど、考えたりしたが、決まって取り掛かる前は渋って二の足を踏んでいたのに、編集に取り掛かり始めると会員の皆さんの心が見えてきて励まされて頑張りきれた。
それもきっとK氏の原稿がストックされて私の手元にあったから、気持ちの余裕があってただひたすらに発行へと一目散に突き進むことが出来たのだろうとも思えた。
e0228147_19431197.jpg
実際に散歩会に参加できない会員も、会報の記事を読んで、こうして行ったとか、そんなことがあったのかとかを知って、事情が何とか立つとき別の日を取って一人でも行ってみようと思われる方があって、同じように行って来たと報告もあり、眼に見えないけれど、手をつないでいるような絆が見えた。
散歩の様子がうかがえる記事は臨場感もあってとても良かったらしい。
会報の中には、同じに行けた人も見逃したり、ちょっと違う目線で見えたりして、それはちょっと興味も湧くし、改めて散歩の復習も出来たりするのよね。

無駄じゃなかった14年間の軌跡だね。








More
by nagotu3819 | 2015-01-22 11:47 | 健康・エクササイズ

一月は和めるよ

健康だった時の食事一覧です。
このたびは本当に参ったなぁ…。
こんなに悩まされて弱らせられるとは思いもよらなかった。
今日は関東地方でも雪がちらついたんだって…。
そんなこと知らないわ…。

医院を訪れて、診察を受けたら、無理はせぬように、
遠出も行けませんと言われてしまった。
今日、行きたかったと計画していたのに、
そこらじゅうに謝りのメールを打った。
娘たち家族は、何度も心配の心使い…。ありがとう、そしてごめんね。
e0228147_18400446.jpg
e0228147_18423458.jpg

e0228147_05100728.jpg
e0228147_05134885.jpg
e0228147_05141405.jpg
e0228147_00041740.jpg
病気に付け込まれないように頑張って食べていたんだけれど、
ちょっと油断したと反省。
ここ10年くらい風邪もひかなかったのになぁ。
友だちとこの週末に会うことになっていたが、今日キャンセル。
そしたら、友だちの一人も私と同じような症状だった。
話が流れて、返って好都合だったわと言われた。
待っている友だちには悪かったが…。
ドクターストップだから仕方がないと諦めることにした。


☆page top☆


by nagotu3819 | 2015-01-21 18:38 | 今日の献立

鬼の霍乱なの?

とても苦しい咳が襲う。寒かったので風邪だろうと思う。
15日夜からひどい咳のあとに痰の気配…。
それは飲みこみたくはないので、ティッシュに取り、対処。症状は軽くなっては来てはいるのだが…。
e0228147_22310542.jpg
深い咳に悩まされ胸が痛く、16日朝は完全に風邪声。
全然熱がないのでインフルエンザではないだろうが…。
16日は友だちから、ある「待ち合わせ場所」が分かりづらいし、「一緒にその場所に行きたいのよ」と誘いのメールがあり、ちょうど私は行くか行かないか迷っていたのだが、そこでの用事も思い出し出かけた。

ここ10年以上も風邪は引かなかったし、第一、風邪をひいたと記憶が無かったくらい健康だった。
風邪かとあやしい気配ではうがい手洗いを更に念入りにしたし、本当に健康に過ごしてきたのに…。
土日を挟んでいたので、何とか家の常備薬で症状が軽減されてきていた。そしていっさい外出せずに、いつでも伏せられるように心がけて過ごした。

薬は飲まなくてはならない。その為には胃袋を保護するため食事をせねばならない。なるべく消化のよいものを作って食べる。
e0228147_22423443.jpg
食欲は無くてもあっても、食事を摂ろうとしているところは、我ながら天晴れか!

でも何だか変だ…、症状は軽くはなったが治ったという手ごたえが少ない。
しかし、今週二日後には主治医の予約がはいっているので、その時ついでに見て貰おうと決めていたのだ。
今朝どうにもおかしいと、とうとう診療のために車で出かけた。

馴染みの主治医は今日居られなくてA医師に診て頂いた。
ひどい咳に対する処置は吸入器と点滴、痰の採取、胸のレントゲン、血液検査…、色々の診察、処置を受けたことで、もっと早く我慢せずに医院を訪れるべきだったと反省。
点滴中に、明日午前中に必ず来診するように、今晩も苦しかったら当直しているから遠慮なく来るようにと、言われてしまった。
e0228147_22320279.jpg
点滴が終わったころには痰に血が混じりだした。
胸が痛いのでこのひどい咳で気管支に傷が付いたらしい。
あ~ナンテコッタぁ~。
今週末には友の入院見舞に出かけようかと計画していたが、叶うだろうか…。






by nagotu3819 | 2015-01-19 22:50 | 今日の手帳


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

その他のジャンル

最新の記事

G.7の七夕
at 2018-07-09 23:14
乗り慣れない…車で
at 2018-07-08 04:27
22日早い梅雨明け
at 2018-07-02 05:07
何だか…素晴らしい気がする(..
at 2018-06-29 10:08
新聞広告でひらめき(幼友だちと)
at 2018-06-21 22:57
あちらこちらを徒然に
at 2018-06-18 07:22
あら! どこかでお目にかかっ..
at 2018-06-17 05:14
教え子クラス会3(於:宮崎)
at 2018-06-15 01:46
教え子クラス会2(於:宮崎)
at 2018-06-11 05:38
教え子クラス会1(於:宮崎)
at 2018-06-06 04:58
ビバリーヒルズとイヤリング
at 2018-05-23 01:27
半年ぶりでした
at 2018-05-21 19:12
「母の日は忘れない」「あら、..
at 2018-05-19 05:35
不思議な花(アゼムシロとナウ..
at 2018-05-18 12:25
思いがけないこと、奇跡としか..
at 2018-05-15 23:08

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧