G.7の七夕

過去の話から続いて来たことで恐縮なんだけれど
記念すべき4年間を共に過ごした仲間たちを
懐かしい仲間だと大切に思っている。

今も仲間として見てしまうのは私の驕り?
そんなにべったりと私生活にまで及ぶような
食い込み方をしている人は少ないけれど
ゆるりと思い出話の花が咲き出すと、
それなりに理解できるような脳トレ的な面を
垣間見ることができる。

いいよね、昔の仲間、
同級の仲間、
同じ学び舎のどこかでウロウロと
彷徨ったり、迷ったり、
将来を模索していた仲間ならではの
連帯感が何にも増して凄い力であると感じられて
今この時もそういう目で見れば頷ける。

e0228147_21452090.jpg

何時ものように駅で待ち合せて
顔を合わせたその時にこのビルにある
ホテルの料亭に座を占めることとなった。
この一年ぶりの再会で楽しい逢瀬を皆が盛り立てる。

この時期となると年齢的にといえばそれまでだが
それぞれの連れ合いの状況や
家族の健康状態、その事情で出席か否かが決まる。

仲良しだったMさんは、家族の行事のため、
Yさんは今夢中で健康にまつわる趣味的なことがあり
何度か不参加なさるので、今回もそちらに重点を置くのかと
思い図れたため、私は今回、積極的にはお誘いしなかった。
いつも連絡を取り合っていると見られているYさんの
状況は?と、尋ねてくれる方が居られたが、
私の応えはいまいち消極的なお返事となっていた。
やはり声をかけるべきだったかと後悔する。

また、違う視点で物事を見て考えるSさんからは
メールで「今回は残念ですが不参加」という
お知らせを受けていた。
彼女のお話にも期待していたんだけど…。

故に13人中、7人の出席だ。
それで、我々はG7(girls seven)と呼んですまし顔。
決してgrateと言ってはいない所がミソだ。

雨が降るのか降らないのか九州、関西地方に豪雨をもたらし
思わぬ被害が出て多数亡くなられているし、
ハッキリしない空模様なのだが、今日は七夕…。
電車で移動の私の目に、
お日様がチラリと顔を見せて久しぶりの曇り模様だ。

e0228147_22075246.jpg

ホテルでの食事をしながら、
ライン交信しているTさんからの話が飛び出した。
それは、そよぎから昔の写真が送られて来たことの話題。

お孫さんたちがその若い頃のTさんに
「お婆さんもこんな頃があったのね」「面白い」と大騒ぎに
なったのよと。驚かれたり笑いを呼んだりという
ひとときがあったので…とのお話だった。

なんとそれは55年も前になるとは!
大学4年生の頃の写真のことだ。
ラインは写真も大きいままで送信できる優れもの…。
とても便利にきめ細かな写真を
送ろうとすれば簡単にできるのだ。

e0228147_21471627.jpg
大学4年にManagement-Houseの宿泊実習が
あったが、その時の写真だ。
女性の寿命は男性よりも長いはずだが、
この中のお二人はもう会いたくても会えなくなって
しまったことも本当とは思えないほど生き生きしているのに。
何ということか…。
生きているがごとく友の声が耳に聞こえる。

それらの写真をスマホで見ながら、
あの頃の時代の私たちは何て若いんだろう…と声があがる。
夢もあり、お肌もピチピチ漲っていて
その自分たちの頃のことを白黒の写真でありながら
若さも感じとれて、ここにはない人たちまで
同じように若く並んで思い出される。
いつの間にか過ぎてしまった年月を振り返って思い出している。
張り切って勉学に励んだあの人や
Kさんの下宿に皆で押しかけて炬燵でそのまま
寝てしまったり。
スマホ画像を回わして思い出のタイムトンネルを
くぐってしまっている友だち。
その写真をきっかけに思い出す新たな画面も
引き続いて見えて来た。

そうよ、夢も希望も若さの中だったね…。

色々の写真があったのだが、スマホに収納してある
場面だけでも、結構楽しいものだった。
e0228147_22071755.jpg

下は仲良しのYさん、Mさんと北海道旅行に出かけたとき。
あの頃は青函連絡船にも乗ったし、
偶然連絡船の中で出会った北大生と友だちになり、
私たちの旅程を話し、何日か後に北大で待ち合せたっけ。
その方に北大の構内を案内して貰ったことも
懐かしい思い出だった。

原生花園、利尻島、摩周湖、昭和新山・・・・・
湖もいくつも回ったわ…など、思い出すが
その話の出来る友だちは、今日来なかったので
残念なことだった。

e0228147_21475580.jpg
あら!このノースリーブのブラウスが
断然お気に入りだったから、その頃の写真には
よく着用していることだったと、ビックリ。
どれもみんな別の日に撮影していたはずだったのに、ね。

卒論も出来上がって南紀白浜辺りも一周したこともあった。
あれも、これも、写真があると思い出されるが、
懐かしがっているのは当人たちだけなんだろう。

でも、人生で無駄だったことは無いものだよと
体が弱ってきたころの父の言葉を思い出す。
どんなことでも生きる上では何かしらあれで良かったんだと
思えることばかりだよと。

そう思える人はきっと価値ある生き方をしたんだろうと
思ったが、今自分を振り返るとやはりこれで好いのだって
思いたいし、きっとそうなんだろうと思う。

いや、こんなことを想うのは
確かに我が人生は終盤に居るんだと意識したい。
後期高齢者だもの!
いいえ!!!
後期は光り輝く「光輝」なんだよと。
「幸起」もいいね。気の持ちようですよ。
自分の人生はこれからますます自分らしく生き生きと
瑞々しく過ごしていく方向で行きましょう、と…。

e0228147_22055772.jpg






☆pageTop☆




[PR]
# by nagotu3819 | 2018-07-09 23:14 | 交友録 | Trackback | Comments(4)

乗り慣れない…車で

梅雨があけたというニュースに雨に似合う紫陽花が
その時を忘れて、やや草臥れている様子。
e0228147_03122808.jpg
我が家の百日紅も雨粒を含んで
重く首を垂れて萎れる風情で咲いている。

e0228147_03140771.jpg
…というそんなときに九州から四国、近畿にわたって
猛威を振るう大変な雨だ。

最近は限度ということを知らないような
自然の有様に辟易とするが
自然を相手では何ともしようがないのである。

宮崎、福岡、愛媛、岡山、広島、岡山、山口、滋賀・・・
活発な梅雨前線による豪雨被害が広がっている。
それは土砂が人家を襲い、人命に関わる
大変な被害となり胸が震える。

関東地方では早々と梅雨が明けて、そののちに
台風が発生して、南の方で影響が出始めているころ
強い日差しからようやく蔭りを見せ始めてくれて
雨もチラホラというホッとした感じだったのに…。


e0228147_03271766.jpg

その後、私は何時も居る関東地方から中部地方に移動、
夫の車に乗ることになった。

何時も乗り慣れている私の車ではなく
馬力もある大きな夫の車に乗る羽目になったのだ。

何時ものようにブレーキを踏んだのに
何と体が前のめりになるくらい強い衝撃を
感じたりする。
この車はブレーキにしてもスピードにしても
感度がよく反応するのでとても緊張した。

そのうえ慣れない道だし、周りのドライバーの気持ちが
普段感じるものとはわずかに違っている。
車と車の微妙なコミュニケーションが
少しズレていて受け取りにくい。
そんな運転者の車に乗せられた夫は
最高に口やかましくなる。

「え!?…、私は25年のキャリヤなのよ」と
思わずつぶやき「煩いなぁ」と叫んだけれど、
怖かったに違いない。運転する私が
第一に恐ろしいと感じているのだもの
当然かも知れない。

(まあ仕方がないか)と悟った。
気を落ち着かせるためにも役に立つのだろうと
里山風景の真ん中に、夫が
ナビしてくれたため、本当にホッとした。


この大都会の真ん中には電車や地下鉄の方が
便利だし怖がらないでもいいけれど…。
e0228147_03150196.jpg
田園風景に身を置いて
涼風を肌に感じて、(うん…、気持ちがいい!)と
一息つき、その辺りを車から降りで散策。

そこへ「仲がいいね、羨ましいな。」と親しく声を
かけてくれた方は、この辺のお住まいらしい…。

その優しい笑顔の小父さんは、
レッスンバックのような手提げ袋をもっていらした。
その中には
スケッチブックが三冊入っていたのだ。

「あら!見せてください」とお願いしたら
本当に喜ばしい笑顔で、
「小学生みたいな絵なんだけれど見てくれる?」と
嬉しそうにされて見せて下さった。
丁寧に彩色したものや、まだ描きかけと言うものも
臆せずにご披露して下さった。

里山の風と共に
緑の色を感じる出会いは、大切なひとときを
与えてくれたような気持ちだ。
叱られながらの運転でしょげている私にとっては
まさしく一服の清涼剤であった。




☆pageTop☆




[PR]
# by nagotu3819 | 2018-07-08 04:27 | 短詩・つぶやき | Trackback | Comments(4)

22日早い梅雨明け

e0228147_02270958.jpg


例年より22日早い梅雨明けとなりました。
空を見上げると梅雨が明けたよ~~って
叫んでいるような空になっていました。

e0228147_02273066.jpg

少し梅雨の気配を残しているような
雲でもありますね。

e0228147_02280112.jpg

そして梅雨空っぽい演出の雲たちは
午後に近づきますと退き始めたようです。

e0228147_12501439.jpg


そのような頃に近くのデパートに出かけました。


売り場は大変に混雑していましたが、
最近はコンピューターでの
作業が取り入れられていて
混んでいた割にはスムーズに
受け付けられてホッとしました。

そしてデパートの入り口付近では
今まさに始まろうとしているフラダンスの
衣装を着て待機されておりました。

e0228147_02282139.jpg

音楽テープが流されますと、
如何にも気持ちよさそうに
腰を振り、手を広げ、元気な掛け声もあげて
陽気な感じを振りまいて「夏」を表現しておられます。


e0228147_02284894.jpg
上の画像5枚はレンズの上にセロテープが
張っていましたのでぼやけています。

実は先月初めにスマホが故障となり
修理に出していました。
その時にレンズのところに傷がつかないよう、
指紋などで汚さぬようにと、
セロテープでカバーされて
いたのでした。

そのことを忘れてそのまま撮影していましたが、
次のダンスのときはセロテープを外して
また撮り始めてみました。

e0228147_02291753.jpg

フラダンスをスマホで撮っていますと
後ろから肩を叩く知り合いの方が突然出現!

何も悪いことをしていた訳ではありません。
日ごろブログアップでもしようかと
撮ったりする姿勢の私でした。
けれど知人の脇でフラダンスを撮るならと
思ったのですが、止めてしまいました。

何となく恥ずかしかったのです。

以前はサークルの会報編集の責任者でしたので、
お役目だからと率先して撮影していましたのに…。

e0228147_02293847.jpg

そんなわけで平気な顔をして相変わらず
いつものように写真を撮り続けて
いたと思いましたが、
この時は何故かスマホをバッグに仕舞いこんで
撮影は止めてしまいました。



なぜでしょう。
この時は写すことをためらい
フラダンスを観賞することに専念する方向に
切り替えてしまったのです。

要するに澄ましてフラダンスを観ることに
集中したほうがいいかと咄嗟に思ったのですが、
肩を叩いてくれずに私の行動に
気づきながらも知らんぷりで居られたとしたら
どうだったのでしょうか。

それを後で知らされた場合には
私はかなり傷ついたことでしょうが、

傍に来て親しく肩を叩いて知らせて下さった
その知人にその場では恥ずかしかったのですが、
良い感情を持ちました。



単にそれだけの話題です。

ブログアップにお茶を濁した感あり…ですね。

失礼しました。



☆pageTop☆




[PR]
# by nagotu3819 | 2018-07-02 05:07 | 今日の手帳 | Trackback | Comments(6)

何だか…素晴らしい気がする(!?)

e0228147_23523794.jpg
ぼんやりと田園風景を満喫する中で
ふと足下をみると、なんとよつばのクローバー。

私はあまりこういうものを目ざとく見つける方ではない。
その私がよつばを見つけたのだ。
何となく良いことがありそうな
予感…!

きっと、きっと何か良いことがあるのだろうと
ちょっと浮かれて家に帰りついて
重たい本を何冊も重ねて。

ティッシュの上に
クローバーをきれいに象ってから
その重い本を何冊も準備して
押してしおりを作ってみた。

翌々日に私はこれを誰にあげようかと思案した。
そうね、決まっているわ。

このよつばのクローバーを
あげたい人は
きっと喜んでくれる
あの人にあげよう!!




☆pageTop☆




[PR]
# by nagotu3819 | 2018-06-29 10:08 | 旅・散歩:食事 | Trackback | Comments(12)

新聞広告でひらめき(幼友だちと)

ね、ね、見てください。
こんな新聞広告があったのよ。
二泊三日で2万円ですってよ…。

今年の旅行はまだ行っていないので
ここに決めませんか?

まだストーブの暖が恋しい2月の中頃であった。
すぐに3カ月後のプチ旅行が決まった。

***

私たちは小学校代からの友だちで、お宅もご両親も
みんな知っているそんな仲間である。

旅をする仲間は始め10人くらいだったか?
e0228147_02465024.jpg

これは↑幼なじみのメンバーで何回目かの
旅行の時の写真だ。
東北新幹線を使って男鹿半島へも回った時のものが
ふと、目に触れたので再登場させてみた。

この時初めてレンタカーを使い、自由さのある
楽しさを味わえたという記憶である。


55歳を迎えた時に、小学校時代を懐かしんで
同窓会を開いたのだが、その時に集まった幹事群である。

女性幹事のと男性幹事計10人となって
何度かの準備会をもって相談・提案を出し合いつつ、
久しぶりの同窓会を盛り立てたのだった。

そして同窓会の幹事はすっかり変貌を遂げていた。
小学校1~6年の担任をお招きして、
本当に豪華な顔ぶれが集まったのである。

久しぶりで大変まろやかで笑いの絶えない、
けれど何となく緊張感も漂って、好い同窓会が
繰り広げられたのだった。

その後せっかくこうして会い、親しんだのだから
「これからも度々会いたいね」ということになったのである。
年齢的にも家族がそれぞれ独立し、
自分のことができるようになった頃合いであった。

***

さて冒頭の、出かけて楽しめれば良いという
お気楽な旅は能登半島・和倉温泉である。

第1日目が午後2時55分羽田発で
第2日目は自由行動、
第3日目は午前11時45分には帰着という
大変ファジーな日程である。

「安いはずよね」と納得して今度もレンタカーでの
移動を楽しんでしまった。

メンバーに運転がお上手で見知らぬ土地も感が働く
見事な運転ぶりのFusakoさんに今回も
お任せで、大船ならぬ「大クルマ」乗せて頂くことで
話しは纏まってきている。

e0228147_01334321.jpg
梅雨時前のお天気が怪しい時。
それでも何とか、いや強力な晴れ女たちが
何人か揃って、曇り空ではあったが
傘を広げることもなく旅は繰り広げられた。
e0228147_02423159.jpg

第1日目はカモメがホテルのベランダ側に飛んできて
人懐こい顔で我々を歓迎してくれた。
ここは窓際のすぐ下が、海の水が寄せている。
5階ではあったが津波などの水害に備えての
注意書や避難具が眼に止まる。

e0228147_01521336.jpg
前回には、連れの友だちは違ったがここには訪れている。
「白米千枚田」には田植えが済んだばかりという
風情で小寒いような、しかし爽やかな風が
渡ってきて頬を撫でていく。

ここは「まれ」(NHK朝ドラ)の舞台にもなった
「揚げ浜塩田」であり、海水を独特の手さばきで、
砂浜(塩田)に打ちつける技を
ご披露してくれた。
海水を天日で干した後に溜まった潮の結晶を、
ちょうど荒塩となる段階の行程のひとつで、
塩田から掻き集めた砂の潮を
大釜に入れて火入れをしているところに出会った。

私たちはレンタカーであるから興味の赴くままに
ゆっくりとした気分で職人さんと話したりしたのである。

e0228147_01530659.jpg
e0228147_01533892.jpg
e0228147_01535739.jpg
「わ」ナンバーに気をつけなさいと、
よく言われるレンタカーを使っている。
乗り心地の好い頃合いの大きさの車で
5人は好きな空間が得られての心地よさであった。

少々疲れ気味の私は友の運転でいつしかコックリこっくり…。
運転のFusakoさんには心から済まないと詫びながら
睡魔に襲われていたのだった。

e0228147_07145312.jpg
塩田から輪島へ観光案内で教えてもらったお蕎麦屋さんに
立ち寄ってお腹を満たす。
新鮮でとてもおいしいお蕎麦や海鮮丼を頂いた。
(また太ってしまったわ。お洋服の所為もあるね!と慰めた。)


これは和倉温泉での最後の夜…。
e0228147_23342569.jpg
あっという間に和倉温泉でのゆるり旅は終わった。
楽しかったね、のんびりできたわね…。

あ、のんびり出来なかった仲間がいる…。
彼女の運転で、申し訳ない、申し訳ないと
思ってはいるんだけれど、
結局は瞼が仲良しになって、
独り寝てしまった私だった。

ごめんね、Fusakoさ~~ん。
謝らなくてもいいのよ、ただ一度だけ
眠くなったけれど、休憩を採ってアイスクリーム
食べたでしょう…あれで眠気が無くなったわよ。

あ~~、わ・た・し・も~!目が覚めたのです。
申し訳ありませんでした。
e0228147_01410940.jpg
羽田には午前11時45分時間通りの着陸であった。

ゆっくりできて、楽しかったわね!!!








☆pageTop☆





[PR]
# by nagotu3819 | 2018-06-21 22:57 | 旅・散歩:食事 | Trackback | Comments(2)

あちらこちらを徒然に


e0228147_05174480.jpg
初めて千葉城の資料館に入りました。
ここに到着するのにモノレールで来ましたが
高い建造物だからどこからでも簡単に見えるのだと
思って安易に出かけました。

ところがモノレールを降りてからの
道案内板や指差し(矢印)案内も特には
見当たらなかったのです。

到着するまでに少し迷いました。
千葉の町って不親切なんだわ…と思いましたが
私がこの辺の街歩きをしていないことを
自覚しました。

大抵は土地に詳しい友だちとお喋りしながら
そんなに周辺をキョロキョロしないで
町の様子も道をたどることなども
注意深さを忘れて歩いていたのだなと
反省したわけです。
車なら、ナビゲーションに頼って
付近まで来てしまうのだけれど
街中は駐車場に困りますから
歩くしかないなと思っていたのです。

前々から《私は方向音痴》と思っていました。
実はここの近くに 5~7年前にボランティアの案内で
お花見時に来たことがあります。
また別にも近くの会館に友だちのお誘いで
コンサートの切符が当たったと、
都はるみショーを観賞に来たこともありました。

そんな経験もあったのに、
ここ千葉城には誰にも尋ねないで
訪ね来ることが出来ませんでした。

ぞろぞろと、あるところに向かって歩く
人の群れに何となくついて行きましたが、
その先は私の目指すところでは無かったのです。(笑)


情けないことに迷える子羊ならぬ
老いた羊のような気分でした。
スマホを持っているのに…、それを見もせず、
なまじ知っている町、来たことのある所と
侮っていました。

徘徊のようにウロウロと歩きつつ
幼子のようにキョロキョロしながら、
歩いていたと思います。

知っているつもりには決してなるなとの教訓です。
そして、もっとその周辺を歩かないと
誰かに案内も出来ないわと
思ったことでした。





☆pageTop☆



[PR]
# by nagotu3819 | 2018-06-18 07:22 | 旅・散歩:食事 | Trackback | Comments(6)

あら! どこかでお目にかかっている?

I.駅構内通路3mくらい先に
見覚えのあるようなお方…。
さてどこでお目にかかったか…思い出せない。
相手の方は私を見て気づいた様子であった。

「あら、こんにちは…」と、挨拶をしたものの
名前はおろか何処でお眼にかかったのかさえ
思い出せないでいた。
「そよぎさん!! 覚えていますよ。」と
私の名前を即時におっしゃった。
「ごめんなさい、お名前が出てこない…。
お名前が…?? 思い出せないわ。
すぐに名前が出るんですもの…、あなたはお若いのね。
お名前教えてください。」とお願いした。
笑顔で「いいですよ、いいのですよ。」と、
言いながらすれ違って別れて行かれた。

はるか昔のような、またはつい最近の知り合いだったかと
思えるような…、はっきりと思い出せない。
どなただったか!?


e0228147_00594479.jpg
私はひとり最寄りのバス停を降りてから
だんだん思い出してきたような気がしてきた。
そうだわ、この近隣にお住いの方だわと。

ついに思い出した!
今から5年前まで、東京文学散歩の会で楽しんだ仲間だ。
あちらこちらと見学に、観光に行ったのだったが
その時にご一緒した方だった!と。
(↑白い帽子で格子柄シャツの方)

良かったぁ、思い出せたわと、早速家に着いて
昔の名簿から電話番号を引き出した。
間違っていたら、(ふと、どうしているかと思いまして…)
とでも挨拶すればいいかといい加減だ。
でも、やや確信をもってダイヤルNO.を押してみた。

ご当人の奥様が出られて、
「その節はお世話になりました、代わります。」と…。
ご当人のKoimaruさんは涼しい声…、でもしかし
「思い出してくださいましたか」と
安堵したような声。

「ハイ、Tabuchiさんのご紹介で入会された方ですよね。」
と言うと、さらにほっとされたような声のお返事。
忘れてしまうの当たり前か…!
彼は7年前に入会され2年間6~8回参加されただけだった。
以来5年はお目にかかっていない。

e0228147_01351024.jpg
12年間ずっと同じ会長に引き受けて頂き、
会は順調に展開してきた。
会発足以来、私は会の発展あれと Itoh会長のもとに
協力し活動してきたが、会長がおやめになって
新会長のお鉢が私に回ってきた。

しかし、私の家庭の事情がその後に大きく膨らんできて、
結局、2年の役員の任期とした区切りを機会に
会長の座を降りなければならないと決意した。

この役員任期の機会を大変良いチャンスと思ったが、
その後に続く会長職の受け手を懸命に探したけれど
誰からも yesのお返事がなく困り果てた。

候補者の年齢的な条件とか健康面での不安、
コミュニケーション不足などの協力体制が
しっかりしていないなどの点が挙げられて、
仕方ないのかとも思えた。

あの時が限度だったかと今振り返ると納得する。
しかし会が閉じられることに決まったのは残念としか
言いようがなかった。
きちんと閉会の締めくくりが出来たことは
良かったことなのだと思うことにした。


文学散歩とそのテーマにまつわる歴史を訪ね歩いた
良い思い出がいっぱいの楽しい組織だった。
みんな年を取って身体的な自由も奪われた人も出てきて
あの時を限度として良かったんだと思えるようになった。

自然の流れだったと諦らめられる。
最善の選択だったとの境地に居られる。



しかし、人間はどこかに顔認識が記憶されている。
お名前は想い出さなくてもお知り合いの仲だったとか
どこかでお目にかかっていると感じられるのだね。

そしてこの度は、お名前が思い出せて、
まだまだボケていないらしいとして、
ひとつの安心材料となった。




☆pageTop☆





[PR]
# by nagotu3819 | 2018-06-17 05:14 | 今日の手帳 | Trackback | Comments(4)


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

そよぎさん、こんにちは~..
by shizuo7f at 17:04
G7 なんてお洒落なネー..
by chie_1952 at 12:06
♣ rabbitjump..
by nagotu3819 at 01:05
G7、素敵なお集まりです..
by rabbitjump at 19:50
♣ komiti15 さ..
by nagotu3819 at 21:36
不慣れな車の運転者には、..
by komiti15 at 18:37
♣rabbitさん、ごき..
by nagotu3819 at 12:05
豪雨被害本当に大変なこと..
by rabbitjump at 09:50
♣ shizuo7f さ..
by nagotu3819 at 01:02
♣ rabbitjump..
by nagotu3819 at 00:45

最新の記事

G.7の七夕
at 2018-07-09 23:14
乗り慣れない…車で
at 2018-07-08 04:27
22日早い梅雨明け
at 2018-07-02 05:07
何だか…素晴らしい気がする(..
at 2018-06-29 10:08
新聞広告でひらめき(幼友だちと)
at 2018-06-21 22:57
あちらこちらを徒然に
at 2018-06-18 07:22
あら! どこかでお目にかかっ..
at 2018-06-17 05:14
教え子クラス会3(於:宮崎)
at 2018-06-15 01:46
教え子クラス会2(於:宮崎)
at 2018-06-11 05:38
教え子クラス会1(於:宮崎)
at 2018-06-06 04:58
ビバリーヒルズとイヤリング
at 2018-05-23 01:27
半年ぶりでした
at 2018-05-21 19:12
「母の日は忘れない」「あら、..
at 2018-05-19 05:35
不思議な花(アゼムシロとナウ..
at 2018-05-18 12:25
思いがけないこと、奇跡としか..
at 2018-05-15 23:08

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧