教え子クラス会2(於:宮崎)

1日目の夜、「皆さん私たちの部屋にいらっして下さい」
T.A.さんの声掛けがあったので、お邪魔した。
彼女が家で作って来たというお料理が並ぶ。
珍しいものだったのは「材料は何だと思いますか」と
いかにもリーダー格の感じのT.A.さん。
問われて、見た目はラーメンに似ているが、
そして味はどこかで食べたような…?
筍を細く麺のようにしたもので、
切り方を替えるとまるで別物。
新しい味を楽しませてくれた。
e0228147_00075374.jpg
参加者がほぼ全員集合となり話題も豊富…。
介護施設で働いているというM.T.さん。
「一日だけ今から述べる動物の何になりたいと思うか?」と。
ライオン、ゴリラ、チータ、馬の4種類から
選んでみて…と。
そしてそれぞれの選ぶ動物でその人の
性格的特徴を発表したり、
好きな数字を思い浮かべて、
その数からある数で割ったり足したり掛けたりして
いくつになったかと問われてみんな同一の答えとなるとか
ゲームや今の生活や肩を寄せ合って一つの話題を
4人部屋で23人が集まって楽しむ時間も
設けてくれて離れ離れだった空間をつないで
みるひと時もあってグッと気持ちが高校生時代に
戻れたようだった。



宮崎2日目

e0228147_23034755.jpg

朝はバイキング形式であった。
そして食べ終わってから、チャーターしたバスで出かけた。

まず鵜戸神宮へとそぼ降る雨の中をバスに乗り込む。

創祀の年代は不詳であるが、古代以来の海洋信仰の聖地で、社伝によれば、本殿の鎮座する岩窟は豊玉姫が主祭神を産むための産屋を建てた場所で、その縁により崇神天皇の御代に上記6柱の神を「六所権現」と称して創祀され、推古天皇御代に岩窟内に社殿を創建して鵜戸神社と称したと伝える。また、延暦782年天台僧iとなり、神殿を再建するとともに、別当寺院を建立し、天皇より鵜戸山大権現吾平山仁王護国寺(うどさんだいごんげんあびらさんにんのうごこじ)」の勅号を賜わったとも伝える。
e0228147_22563884.jpg

e0228147_12351584.jpg

女性だけの参加者であることもあり、この神社の「お乳岩」をピックアップしてみよう。豊玉姫が海宮の戻ることになった際に、子への愛情と健やかな成長を願い、両乳房を岩に張り付けたとされる本殿裏の「お乳岩」見る場所や角度によっては、まるで岩全体が母の胸元に見えてくるのが不思議だ。
(インターネットからコピー)

e0228147_00464867.jpg
運試しという「運」の石を亀岩の四角に刻まれた穴に離れた位置から投げて、そこに入れば運が良くなると言われて実際に投げたら、「四つのうち三つまで入ったの」とN.S.さんのハイな心の喜ばしい報告もあった。奇跡的な良い兆しだととても嬉しく思った。
e0228147_22593969.jpg

海岸沿いのちょっときつい歩きの鵜戸神社。平らなところだけならよかったが、階段あり、傾斜ありで少々足に負担があったが、皆さんは若い!(当たり前かな。)
ほっとしてバスの待つ広場に来たが、その平地には赤く肉厚のしっかりした花‐デイゴが咲いていた。また白い花はダチュラ、紫の花はジャカランダ。
南国の花が微笑みかけて待っていてくれた。
e0228147_23001668.jpg
バスの中から鬼の洗濯板…波が作った…のだろうか。
波状岩がバスから見えたので、雨も降っているし
それから遠くを走るバスからからパチリ!
(↓一段目の画像はインターネットより拝借、
二段目は我がデジカメで)
e0228147_01033125.jpg
朝食がバイキングで結構たらふく頂いたのに
昼食もかなり豪華な懐石料理。
これでは「太らないで」と頼まれても太ってしまうわ…。
お腹のあたりが立派なこと!
N.K.さんが糖尿病だと言われて私もそうなるかも
知れないと心配する。「痩せよう!」と二人は誓ってみた。
努力しようと思うので、よろしく…。
e0228147_01051958.jpg
そして照葉大吊橋。なんと細く長いことだろう。
1984年3月竣工、長さ250.0m、高さ142mの歩行者専用の吊橋。
鋼製の長経間2レンジ補鋼、高さは日本一だったが、
2006年に大分の九重夢の吊橋が173mで(長さ390m)
日本一は破られて日本では二番目の高さである。

ちなみに長さでは、今の日本一大吊橋は箱根西麓・三島大吊橋の
長さ400mで高さは70.6m。

照葉大吊橋の近辺に「歩く吊橋日本一」「照葉樹林の自然日本一」と
彫られた石碑がある。

e0228147_00251675.jpg
小学生の遠足のかわいい子たちに出会う。
引率の先生が怖々と、でも威厳を見せて
「揺らしては駄目だよ」と大声で注意している。
橋の中央に進んだ児童たちに
先生は橋をいくらも渡っていない地点で注意するが、
子どもたちは走っていないし、揺らそうともしていなかった。

小学生が歩くくらいでもこの大吊橋はゆらゆらする。

e0228147_03291621.jpg
怖いのに、私は痩せ我慢をする。
実は足元がゆらゆら…、
本当に怖いのだ。
私にとってはお化けなど比べ物にならないくらい怖い。

そう言えば一番怖いのは人間よと教えてくれた
人がいたことを思い出した。

我が子を躾だと言って餓死させてしまったり
赤信号を知っていたというのに人を轢き殺してしまったり
イライラするから誰でもいい、他の人を傷つけたいと
思って殺してしまったり、
嘘か真か明らかに分かられて(バレて)いるのに
しらばっくれて居られる人が居るんだよね。

怖いですね~~。






☆pageTop☆



[PR]
by nagotu3819 | 2018-06-11 05:38 | 旅・散歩:食事 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://nagotu3819.exblog.jp/tb/27324140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by komiti15 at 2018-06-11 22:24
筍の細切り、どんな味付けかな?興味が湧きます
筍は私の大好物なのです。 

教え子との交流、次から次へとお誘いを受けて
楽しく健康的な日々をお過ごしにチョッピリ良いなぁと
いつも微笑ましく見ています
教え子と言うからには、多分一番年配では?と思うのですが、一緒に楽しむそよぎさんは、まるで同窓会と間違えそうです。 
若い! \(^o^)/
Commented by nagotu3819 at 2018-06-12 05:49
♣おはようございます。
komitiさん、ごきげんよう。
ラー油と醤油、砂糖、酢と?何かで、中華風の味付けでした。
ソフトなどこかで食べたことがあるような懐かしさも呼び起こしていました。
その見た目が、まるで麺です。一本の大体の長さが20cmくらい。
今そのように切れる道具があるようですね、多分そういうもので切っているんだと思いました。

教え子とは言え、もうその差は感じません。
ただ、先生と呼んでくれているだけです。
人との交わりが大好きな私が選んだ職業でしたが、子どもが生まれて、遠く親元から離れ、親類も近くには居らず我が子を他人には託すことが出来ませんでしたので、惜しくも退職しました。

そして思い出話に、昔の教えた内容などが元生徒の生き方にこんなプラスがあった、影響されたなど言ってくれると、嬉しく思いました。
もう先生顔はしません。青は藍より出でて藍より青しですね。
追い越されていますが、それも喜びですよね。
そうでしょう?
komichiさんも、同じように感じられていますでしょう…?
Commented by rabbitjump at 2018-06-12 09:40
nagotuさ~ん!とっても楽しいご様子が伝わってきましたよ。
テンションあがったでしょうね!(^^)!^^
美味しいものいただいて、お腹が立派に、いい事^^
ゆらゆら揺れる吊り橋、私も怖いと思いますけれど、
確かに人間が1番怖いですね。
nagotuさんのように心に余裕をもって
いつも素敵な笑顔の人でありたいと改めて思いました。
余談ですが半世紀前の学生時代に九州をドライブした時の
鬼の洗濯岩は、本当に洗濯板みたいだと自然の織り成す風景に
ビックリした思い出があります。

Commented by nagotu3819 at 2018-06-12 11:31
♣ rabbitjumpさん、ごきげんよう。
はい、なるべくこの時を楽しまなければと心がけましたが、これらの写真を眺めながら、独断的に自分本位に楽しんではいないだろうかと冷静に見てしまう私も居るんですよ。
そして、クラス会に出かけられるのはいつまでだろうか、とか…。

これが、高齢者後期と言われる所以でしょうか。多分一番行きたいと思っておられるかと思えるS先生が行かれないという判断を下されたという事実もありますもの! びっくりで耳疑うくらいでした。
今、環境を見渡せばそんなにひょこひょこと出かけられるような状況でもないという思いもあるんですよね…。
心配性の私が思い切って出かけたのでね。やはり自分の年齢を考え合わせれば当たり前ね。それでも今を楽しまなければ、思い出作りを重ねて行くのだという強い思いも合わせ事の選択もあるんですよ。
私は九州の地に過去ほんのちょっぴり足を向けたという部分があるくらいでした。今回も宮崎の一部分の観光・見物にすぎませんよね。
でもこんなような状況で生徒の皆さんに会えて大変意義のあることでした。
Commented by yasukon20 at 2018-06-12 18:31
そよぎさん
この吊橋の事ですね~~。
怖いものはいくら大丈夫と言われても怖いですよね。
同類項で(笑)嬉しいです♪

宮崎 もう何年も行っていません。
高千穂峡の方には2年ぐらい前にいきましたが・・。
生徒さんたちと元先生方とご一緒に楽しい旅、最高でしたね。
次回はいつなのでしょうか? 幹事さんにしっかりお願いしておかれましたか?(笑)
Commented by nagotu3819 at 2018-06-12 23:43
♣ yasukon20 さん、ごきげんよう。
ようこそ。
そうなんです。 yasukon20 さんは日本一の長さ400mを往復されたんですよね。驚きです!
だって私たちは行くだけでした。それも約半分くらい行ったら戻ってきてしまいました。
まあ、それも橋の10mも行かないところで、大声で「揺らしている子はだれだぁ。揺らしてはだめだよぉ」って怒鳴るおばさんが居たのよ。よく見たら小学生遠足の引率をしていた先生でした。
揺れているなとは思ったけれど、その先生はさらに怖がりでしたよ。結局怒鳴って後ろ向きに戻って行かれたんですもの。
そんな鳴り物入りでしたから、ビビります。
友だち(元同僚)と橋を渡って行ったんですが、戻ろうと声なき声でも真ん中辺りから戻ってきてしまいました。
二人ともそういうところが気が合いまして…。
スポーツマンの彼女がいつの間にか私よりも身体的にお疲れ気味になっていたので、気が揃って良かったんですよ。
Commented by yukiusagi_syakuna at 2018-06-14 13:01
そよぎさんこんにちは。
鬼の洗濯板、私は実際にバスから降りて観光しました。
自然の造詣って素晴らしいですね!
長い間の荒波によって、岩があんなにもぎざぎざになってしまう。
私は何時行ったのだろう?と、
アルバムを引っ張り出して見たら、
10年前位でした。
そこには自分でも信じられない位、若い自分が写ってました。
毎日何気なく暮らしていても、
怒ったり悲しんだりして老化を作って行くのかしらね。
なるべく穏やかに生きなければと思ったりしますが、
現実はそうも行かなくて、色々悩んだりしてます。
バイキングのお料理、
食いしん坊の私は、いつも目一杯お料理を取って来るので、
食べ過ぎてしまいいつも胃薬を飲む羽目になってしまいます。
今回私も旅行に行って来ましたが、
夕食は和食の会席料理で、食べ過ぎると言う事は無く、
シニアの私には、体に優しくこれが良いなと思いました。
どちらにせよ、元気に旅行ができると言う事は、
幸せな事だと思います。

Commented by nagotu3819 at 2018-06-15 00:50
♣雪うさぎさん、ごきげんよう。
最近疲れが取れにくいのかしら?夜は割りに早く眠くなってしまいます。スポーツクラブまで汗を出して徒歩で参りますが、途中まではバスで行きます。以前は全行程を歩きましたが、今は往復半分ずつですが、バスを使います。
時にキヤッと痛みを誘うような神経の走りを感じることがあるんですよ。そんなときは無理をしません。
前置きがが長くなりました。
鬼の洗濯板のところでは雨が降っていたんです。仕方ないのでそのままバスから見たというわけです。生徒さんのチャーターなので、コースは主だったとこを組んでいたのでしょう。ことに依ったら初めから降りるつもりもなかったかも?凄い所を観なかったような気もします。お昼がゆっくり楽しみ、食べながら皆さんのこれまでの苦労した経験なども聴いていました。
それから一路、大吊橋に急ぎましたが、この時も小雨を感じましたが、率先して降りました。そして怖々渡ってみたのですよ。
渡って良かったのですが…、揺れる足元を感じられて、早く大地に足を置きたいと思いましたよ。これが老いたということですね。
そんな苦労も語らねばわからないような、穏やかな好いお顔の皆さんでした。
色々努力しながら、今までに来たのだと納得しました。
雪うさぎさんも、私も、語らねば分るわけもないことですよね。

名前
URL
削除用パスワード


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

そよぎさん、こんにちは~..
by shizuo7f at 17:04
G7 なんてお洒落なネー..
by chie_1952 at 12:06
♣ rabbitjump..
by nagotu3819 at 01:05
G7、素敵なお集まりです..
by rabbitjump at 19:50
♣ komiti15 さ..
by nagotu3819 at 21:36
不慣れな車の運転者には、..
by komiti15 at 18:37
♣rabbitさん、ごき..
by nagotu3819 at 12:05
豪雨被害本当に大変なこと..
by rabbitjump at 09:50
♣ shizuo7f さ..
by nagotu3819 at 01:02
♣ rabbitjump..
by nagotu3819 at 00:45

最新の記事

G.7の七夕
at 2018-07-09 23:14
乗り慣れない…車で
at 2018-07-08 04:27
22日早い梅雨明け
at 2018-07-02 05:07
何だか…素晴らしい気がする(..
at 2018-06-29 10:08
新聞広告でひらめき(幼友だちと)
at 2018-06-21 22:57
あちらこちらを徒然に
at 2018-06-18 07:22
あら! どこかでお目にかかっ..
at 2018-06-17 05:14
教え子クラス会3(於:宮崎)
at 2018-06-15 01:46
教え子クラス会2(於:宮崎)
at 2018-06-11 05:38
教え子クラス会1(於:宮崎)
at 2018-06-06 04:58
ビバリーヒルズとイヤリング
at 2018-05-23 01:27
半年ぶりでした
at 2018-05-21 19:12
「母の日は忘れない」「あら、..
at 2018-05-19 05:35
不思議な花(アゼムシロとナウ..
at 2018-05-18 12:25
思いがけないこと、奇跡としか..
at 2018-05-15 23:08

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧