ビバリーヒルズとイヤリング

このイヤリングは七宝焼のものです。
大変愛用していましたが、金属は金色の光でしたけれど、
メッキも剥げてしまい今では銀色に変色しています。
イヤリングの留め金もねじ式の古いままです。

e0228147_07412055.jpg

当時はこれをつけて話をしていると首の辺りに
お喋り好調!…とばかりにキラキラ揺れて
ちょいちょいと周りの皮膚にも触れながら
お喋りの応援をしてくれるようでした。

ゆらゆらするイヤリングは今では珍しくもありませんが、
当時は目新しくて私にとっては大事なものでした。

この赤い色も気に入っていました。


それが、35年前のことでした。
夫がロサンゼルス・UCLAで在外研究員として
約1年間の勤務についていました。

本来は家族揃って転勤について行きたかったのですが、
子どもたちの事情も、そして実父の健康も
気になることがあり、夫が一人でアメリカに
渡航し勤務することになったのです。

e0228147_00003479.jpg
そんな年の夏休みに、私たち留守組が約1か月の
夏休み期間を利用して
アメリカに行くことにしました。
夫は滞在期間をいろいろと工夫し考案して
あちらこちらへと旅に連れ出してくれました。

日頃、夫は旅など趣味もなく好んでいなかったのですが、
子どものため、家族のためと動いてくれました。

メキシコ・シーワールド、ナッツベリーファーム、
グランドキャニオン、ディズニーランド、ラスベガス、
チャイニーズシアター、それからスミソニアン博物館など
今や、都市名も出てこない有様ですが
そんな体験を多くさせてもらいました。

e0228147_00010572.jpg
サンタモニカの海岸では夫のボス.ケリー教授の家に招かれ
海岸でのパーティーも開いてくれ歓待でした。
水着着用で太平洋の大きな波と戯れて遊びました。

そしてまた、ロサンゼルスのジャパニーズビレッジでは
ちょうど文化祭が開かれていた時期であったし
日本では見られなくなった二宮金次郎の像も
大層立派に建てられているという日本人学校にも
行ってみました。

我が子が通う名古屋市立の小学校でPTA会長を
なさっていた寺本さんが市議会議長に就かれた頃です。
その市議会議員・議長の寺本さんがオープンカーに乗って
手を振りながらパレードに参加していました。
当時は(今も?)ロスと名古屋市は姉妹都市です。

私は大通りの真ん中に駆けて行き、
寺本さんと驚きの握手をしていました。
彼は私たち一家が、まさかロサンゼルスに滞在中で
当地で会うとは思いもよらなかっただろうと思います。

e0228147_00012874.jpg
私たちも寺本さんがこのパレードに賓客として
参加しておられるとは思いもしませんでした。
いち早く彼を見つけて、オープンカーに駆け寄って来る人が
誰なのか見当もつかなかったことでしょう。
驚きの表情を見せて、それがやがて見覚えのある人だったと
分かり、輝きのお顔に変わっていたことを今でも忘れません。




このイヤリングの話をします。
ビバリーヒルズで映画スターの家や超お金持ちの方々が
住むという有名な街の散歩をした時の出来事でした。

地図でどこに誰が、という案内図もあり、
カークダグラスの家は…、チャップリンは、?、?…など
誰の家かも個人情報がどうのこうのは
当時は無かったのでしょうか。
案内図を片手にしての散策でした。
清々した街を歩くのは気持ちが良いものでした。

それがふと耳に手を当てたら、あの大好きな
七宝のイヤリングが片方だけ失くなっていたのです。

e0228147_00083460.jpg

家族の皆にそのことを告げました。
(まあ、仕方がないね)という応答があると
思っていました。

けれど夫が「大体どの辺まであったと記憶がある?」
「それなら、この辺を探そう…」と
目星を付けて探すことにしてくれました。
でもその辺は落ち葉がカサカサと鳴っていましたし
落ち葉が掃き清められてもいないし、小さなイヤリングなど
埋もれたら見つからないような所だったと思います。
見つけるのは至難の業だと私が真っ先に諦めていました。

夫には何としても探し出すという気迫が
感じられました。
それから皆で手分けして探しました。
夫の強い気持ちから、なんとあのイヤリングが見つかった!
再び私の手に戻った! 
なんと、なんと…、探し出し見つけてくれたのでした。

20~30分は探していたと思います。
本当にあの時の執念みたいな気持ちを夫に観て
(人間は諦めては駄目だよ)という精神を
教えてくれていたように思います。

そして大いなる夫の愛情を感じました。

1983年の夏でした。



             ☆pageTop☆





分厚いポケットアルバム(フエルアルバムのアメリカ版)からほんの一部の写真を、そのまま写してアップしてみました。まだたくさんのアメリカでの写真を出し惜しみ(笑)しています。
ピントも此処では合っていないことご承知ください。そのうちにまた何かのネタに託けて登場するかも知れません。
長く生きて来たな…ってふと思いました。高齢者後期なんて枠に入れられてしまいましたもの(笑)。

[PR]
by nagotu3819 | 2018-05-23 01:27 | 私の原風景 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://nagotu3819.exblog.jp/tb/27287985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukiusagi_syakuna at 2018-05-23 10:24
そよぎさんおはようございます。
まぁ、なんと素敵なレトロ色豊かな素敵な写真でしょ!!
当時、そよぎさんは今よりちょっとふっくらなさっていたんですね。
若き日、そして一生懸命子育てを頑張っていた頃、
セピア色になってしまった写真から、
そよぎさんの大事な思い出が蘇ってくる事でしょう。
無くしてしまったイヤリングを、必死に探して下さったご主人様から、
本当にそよぎさんへの愛情が感じられました。
見つかったのは奇跡的でしたね。
月日が経つのは、本当に早いもの。
たまには、昔の写真を見ながら、
今はし~んと静かな部屋になってしまった我が家ですが、
五人で暮らした昔を偲び、私も古い写真を引っ張り出してみようかなと思います。
光陰矢のごとし、月日が経つのはあっという間ですね!
Commented by komiti15 at 2018-05-23 14:45
1983年頃と言えば私達の人生最盛期(笑)
この頃は、お洒落にはイアリング、指輪を楽しんだものでした
ねじで留めるイヤリングの締め具合には神経を尖らせたことを
思い出します。
お気に入りを落とすとホントにガッカリでした
お気に入りのイヤリングが見つかって良かったですね~
海外での思い出があるなんて良いですね~
チョッピリ羨ましいです、私もチョット胸をときめかした
機会は2度ありました。
一度目は保育研修を打診された時、この時は娘が幼かったので長期に実家に預けるのに気遣い見送りました。2度目は太極拳を習っていた時の中国での講習会でしたが講習会を知った時は未熟だったので少し上達してからと楽しみに練習に励んでいたのでしたが、阪神大震災で消滅し今でも思い出す度残念に思っています。 チャンスなんて、そうそうにはありません、
後悔の無い人生は、思い立った時即実行ですね!
目標を持てばそれだけでも勇気が持てます、強くなれる事も学びました。 後、少しの人生・・・ 考えます\(^o^)/
Commented by そよぎ at 2018-05-25 04:22 x
♣雪うさぎさん、ごきげんよう。コメントをありがとうございました。実は旅に出て居りました。スマホでコメント返しも出来はしましたのに、長い文は打ちにくいし落ち着いてスマホに向かってもいませんでしたので、失礼しました。

この記事は、いつもは身につけていないもので、奥にしまってあったイヤリングが目に留まったのでした。それを手に取り、昔のことを思い出してしまいました。
(これは話題として面白いエピソードだったわ。それにまつわる写真もたくさんあった…)と、これもアルバムを引っ張り出してみて見てしまいました。
本当に懐かしく写真はほんの一部ですが、ここに登場させてしまいました。思えば長く生きて来たわと、そろそろ振り返ってしまうばかりでした。
こんな思い出話をするようでは、年齢的にも精神的にも年だということでしょうね。アンチエイジングなどと、大きなことを言っている場合ではありませんね。
そして、そんな歴史的な昔を懐かしんでいる自分を反省してしまいました。まあ、それが現実だということでしょうか。
しばらくお付き合いをしてねと願うばかりです。
Commented by そよぎ at 2018-05-25 05:02 x
♣ komiti15 さん、ごきげんよう。
お返事が遅れましてごめんなさい。
そうですか…。チャンスなんてなかなか巡って来ないですね。せっかくのチャンスは逃してはいけないと、どちらかというと無理をする方の私です。
まあ、考えると逃すことが多かったからと言えるでしょう。だからその後は無理をしてまでお誘いを受けたら、なんとしてもその誘いに乗っておこうと、言う気持ちに私は変ったのかも知れませんね。
ちょっとしたことでも、行けるときに行かなければとか、やれるときにやっておこうとか。それだけ年寄りになったと言うことでしょうか。 komiti15 さんと私は随分年齢的に近いらしいと思います。
私は今回の旅も、かなり迷って出かけることに致しました。結局言ってよかった、この経験は二度とは巡って来ないだろうと。
ここからは遠い宮崎でのクラス会に呼ばれました。私とは7歳違いの教え子ですから、だんだん話題も友だち同士みたいな感覚になっています。たとえ、先生と呼びかけられても、ある子などは、下の名前で言ってくれる子さえいました。話題が長く生きて来た同士とも言えますから、昔は先生だったかも知れないけれど、やはり生きて来た年数だけでは言い切れないたくさんの経験や想いをそれぞれが持っていますもの。女子ばかりですから家族の同意も簡単には求められなかったかも知れないのに、クラスの50%の出席率に近いものでした。北海道に住んでいる子の出席もあるんですから…。素晴らしいものでした。これも次の時は、単に話だけということになりかねませんものね。だから無理して行って好かったのだと思っています。
komiti15 さん、これからは体の動く限り無理しても参加なさってね…。私が言うまでも無くご自身で思われていますわよね。
これはどうも"(-""-)"。蛇足でしたわ。
Commented by PochiPochi-2-s at 2018-05-28 09:25
おはようございます♪

そよぎさん、若い!
すてきなイヤリングですね。
よく似合ったことだと思います。

1983年でしたか。
私が初めてヨーロッパに行ったのは1982年でした。
そよぎさんの文章を読んで、あの当時のうきうきした
気持ちを思い出しましたよ。
途中で終わっている『ズッコケ家族の旅』のアップを
また再開しなくてはと思いました。

楽しい旅行でしたね♪
Commented by rabbitjump at 2018-05-28 10:06
ステキな思い出いっぱいの日々はステキですね。
お若い、(今ももちろんお若い)nagotuさんのお姿、
ご家族の皆様のお姿もしっかり拝見できてうれしいです、
ニコッ!(*^_^*)
いい思い出がおありですね。
ステキなイヤリング。
私もよくイヤリング失くして、ふとあれ、ない!と
思った時はすでに遅し。
どこに落としたかわからず、特にお気に入りのイヤリングは
惜しいことしたな~って、今でも思います。
ご主人様の大きな愛に包まれて、見つかって
良かったですね、nagotuさ~ん!ご馳走様でした、
お腹いっぱいになりました、ニコッ!



Commented by shizuo7f at 2018-05-30 16:21
そよぎさん、こんにちは~♪
蘇って来ますね…、鮮明に35年前のあの頃が。
「大体どの辺まであったと記憶がある?」
「それなら、この辺を探そう…」。
よかった!見つかったんですね~、お気に入りのステキなイヤリング。
皆さんの喜んだ顔が想像できます(^^♪。
優しいご主人さまのお陰ですね。
“1983年の夏”、これからもずっと記憶に残る話ですね。
Commented by nagotu3819 at 2018-05-30 20:09
♣ PochiPochi-2-sさん、ごきげんよう。
本当に35年も前ですから遠い遠い昔のお話です。でも文章としての記録も残さず、ただ頭に中にある記憶ですのに昨日のことのように覚えているのが不思議です。
此の頃は、全く自分が信じられないくらい先ほどのこともあれ?!ですもの。どうしてこんなに暢気なんだろうと情けなくなります。
同級生の皆さんにも同じような方や、もっとしっかりと覚えておいでの方もおりますのに…。まあ、一つの体験が印象付けられたことだったということですね。
思い出話は年を取った証拠などと言いますが、確かに昔の話が出来るのはそれだけ年を取ったのですね。有難いことですね。
PochiPochi-2-sさんも、どんどん思い出話をお願いしますね。
ご自身の為でもありますけれど、読んでみますと、面白いものですね。
Commented by nagotu3819 at 2018-05-30 20:34
♣rabbitjumpさん、ごきげんよう。
本当に月日の経つのは早いものです。実は35年も昔の話だとは思っていませんのよ。
若かったですね。自分でも思います。家族みんなも年を取りました。イヤリングはしているとお洒落になったつもりですが、失くしやすいものです。
先日も飛行機に乗って座席に着いて、左の耳にイヤリングが着いていないのにッ気づきました。また失くしたのかとがっかりすると同時に残ったイヤリングを外してバッグに無造作に入れてしまいました。
するとスチュワーデスが「落とし物です」と私のイヤリングを手に掲げて持ち主を探しておいででした。
(またやってしまった)とがっかりしたのですが、次は「ラッキー!」と、浮き立つ思いをしました。
メノウのイヤリングはネックレスと<お対>のものです。見つかって嬉しかったこと、最近ありました。
好いことがまたあったのです。rabbitjumpさんにも報告しちゃいました。
Commented by nagotu3819 at 2018-05-30 20:47
♣ shizuo7fさん、ごきげんよう。
私にとってはこの思い出はイヤリングをみると、つい昨日のように思います。
でも夫は、そんなことがあったかねぇ~と、覚えていなかったのですよ。この功績は私の想い出の中だけのものだったのかと、ちょっと驚いています。
やはり感激したり感動したりは、その人の喜びや胸震える度合いに寄るんですね。
面白いものですね。
名前
URL
削除用パスワード


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

そよぎさん、こんにちは~..
by shizuo7f at 17:04
G7 なんてお洒落なネー..
by chie_1952 at 12:06
♣ rabbitjump..
by nagotu3819 at 01:05
G7、素敵なお集まりです..
by rabbitjump at 19:50
♣ komiti15 さ..
by nagotu3819 at 21:36
不慣れな車の運転者には、..
by komiti15 at 18:37
♣rabbitさん、ごき..
by nagotu3819 at 12:05
豪雨被害本当に大変なこと..
by rabbitjump at 09:50
♣ shizuo7f さ..
by nagotu3819 at 01:02
♣ rabbitjump..
by nagotu3819 at 00:45

最新の記事

G.7の七夕
at 2018-07-09 23:14
乗り慣れない…車で
at 2018-07-08 04:27
22日早い梅雨明け
at 2018-07-02 05:07
何だか…素晴らしい気がする(..
at 2018-06-29 10:08
新聞広告でひらめき(幼友だちと)
at 2018-06-21 22:57
あちらこちらを徒然に
at 2018-06-18 07:22
あら! どこかでお目にかかっ..
at 2018-06-17 05:14
教え子クラス会3(於:宮崎)
at 2018-06-15 01:46
教え子クラス会2(於:宮崎)
at 2018-06-11 05:38
教え子クラス会1(於:宮崎)
at 2018-06-06 04:58
ビバリーヒルズとイヤリング
at 2018-05-23 01:27
半年ぶりでした
at 2018-05-21 19:12
「母の日は忘れない」「あら、..
at 2018-05-19 05:35
不思議な花(アゼムシロとナウ..
at 2018-05-18 12:25
思いがけないこと、奇跡としか..
at 2018-05-15 23:08

フォロー中のブログ

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

タグ

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧