人気ブログランキング |

名古屋の休日…かなぁ?②

京都旅行をしている最中に、38年間続いた短詩文学の会、
抒情川柳とも言われた「わたげの会」が閉じられるという
メールでのお知らせが届いた。

私はちょうど20年間、所属していた。
会員のチームワークも
メンバーそれぞれの魅力に対し大変惹かれていたので
この会組織には思いも深くあった。
その会が終わるとは思ってもみなかった。
リーダーはお年で病もちではあったけれど
後継者は居ると信じていた。

私は成り行きではあったが、発足の会から携わっていた。
M区の分会教室の世話役をしており、
会員の増加に力を入れたり、会誌の編集などに
熱中していたこともあった。
しかし母介護・孫養育手伝い係など事情ができで
会を辞めざるを得なくなった。
その分会教室のメンバーが、解散のご苦労様会をするから
サプライズ参加をどうぞ…と誘われた。

皆さんを入会なさって…、と誘っていながら
事情ができて致し方ないとは言え抜けてしまったことは
お誘いした会員の方に対して申しわけなく気にもなっていた。
この機会は、皆さんに今回の集まりが一つの
区切り・節目になることだろうと
嬉しく参加させていただいたのだった。

短冊に
「実り多い 楽しい一年でありますように  そよぎ」
と書いて笹に飾りつけて願った。
e0228147_07522427.jpg
会員の皆さんとの交流も主宰だったWさんに
遠慮しなくてもよくなった。
かなりの犠牲を強いられた一時期などもあり、
ようやくそれから解き放たれたという安堵感と
何か寂しさの入り混じった感情が、
それぞれの笑顔の中に見え隠れしていた。
私もそんな感じで歓談していたから。



またその翌日は前回熱海での、高等学校のクラス会に
呼ばれた教師仲間に会うことを予定していた。

その時の記念にもなるかと、写真の交換ができた。
楽しかったとか、今回集まれなかったHYさんはどうなさったのか
などあったが、心配事ではないとのことで良かった。

みんなそれぞれの時間に移行していることは
仕方ないことと思えた。
e0228147_11075329.jpg
そしていよいよ、織姫会。
一年に一度の逢瀬は、大学の同期会。
いつもここで、この日、この時間に集まろうという決まりで、
13人中8人が今回集まった。
だから今回はG8(ジーエイト)ですと。
但し「G」はGirlのGですと言われて、
教養の深さ?を感じた(ウフフ)。
だって自分から先進国の代表の一人などというのは
烏滸がましいもの。

同期会 年に一度の G8」ですと、Tさん。
いま気が付いたけれど、五七調になさっているんだ!!

私は勝手に「織姫会」と呼び、七夕のイメージが浮かぶよう、
七月七日を意識したかったので、手帳に書き込んでいる。

e0228147_07531448.jpg
今日の会場はちょっと郊外だ。
Sasaseさんが大きな8人乗りの車を駆使して
私たちを会場まで運んでくださった。
特別に参加者を把握せずに開かれるので、もし8人よりも
多かったらそれはそれで手段を考えているからと。

教師を定年まで頑張った同期生たち、中には校長先生で、
教頭先生で、退職となった人たちである。

私は教職に心残りを抱きながら、定年までどころか
子育て重視、わが子は両親がみるのが最善とする夫の考えもあって
私の気持ちもうまくそちらに誘導されたという思いで…、
夫唱婦随という表向き?の理由を示して
ここで辞めた方が賢明と判断し退職したのだった。

けれど教職への魅力は捨てきれず、
わが子に全神経を払わなくてもよい時期になったら
即、非常勤講師の登録をして、
まあまあ満たされて行ったということにはなった。

e0228147_07535300.jpg
e0228147_07540571.jpg
源氏本店で上記写真のようなお料理を頂き
おしゃべりもたらふくできて
「余は満足」…という状態であった。

今年の話題で感心したことは、8人集まったメンバーのうち
連れ合いを亡くしてひとりの生活に移った人の3人の気持ち。
独りであるから愛玩動物を世話して過ごしているのだと言われた。
家猫でも外猫でも、避妊手術をしてあげているのだと。
可愛がって居られる猫が調子悪くなると
飼い主まで具合が悪くなったりすると話すTさん。
「可愛いもんだに…」と犬を
可愛がっているYさん。
e0228147_17354748.jpg

温室みかんを下さったKさん、
それを先日TVで1個1000円もすると
聞いて知っていたMさんは、日ごろからのお礼にと
連れ合いのお方へのお土産にするとバッグにしまわれた。
「あ、私はうちに帰っても一人だもの、食べちゃった」とDさん。

私とKさんはちょっとしか頂けない方の年金生活者。
相見互いの同情心で笑いあってそれでも幸せのつもり状態だ。


新幹線を使って戻っていく私にKさんは
ご当地名物のちくわを追いかけて来て、下さった。
発車時間まで1時間近くあったため、
さっきまでお茶して私に付き合って下さった。


少し人付き合いが良すぎてしまった1週間。
最後の私の写真は自分でも驚くほどに顔が丸々として
なんとも満足感が漂っているではないか!
「こんなにも(・□・;)」と思いのほかのプクプクに…(トホホ)。














☆pageTop☆

by nagotu3819 | 2016-07-11 01:00 | 交友録


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

その他のジャンル

最新の記事

G.7の七夕
at 2018-07-09 23:14
乗り慣れない…車で
at 2018-07-08 04:27
22日早い梅雨明け
at 2018-07-02 05:07
何だか…素晴らしい気がする(..
at 2018-06-29 10:08
新聞広告でひらめき(幼友だちと)
at 2018-06-21 22:57
あちらこちらを徒然に
at 2018-06-18 07:22
あら! どこかでお目にかかっ..
at 2018-06-17 05:14
教え子クラス会3(於:宮崎)
at 2018-06-15 01:46
教え子クラス会2(於:宮崎)
at 2018-06-11 05:38
教え子クラス会1(於:宮崎)
at 2018-06-06 04:58
ビバリーヒルズとイヤリング
at 2018-05-23 01:27
半年ぶりでした
at 2018-05-21 19:12
「母の日は忘れない」「あら、..
at 2018-05-19 05:35
不思議な花(アゼムシロとナウ..
at 2018-05-18 12:25
思いがけないこと、奇跡としか..
at 2018-05-15 23:08

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧