人気ブログランキング |

青森へ文学散歩② 太宰を訪ねて

明治の大地主、津島源右衛門(作家太宰治の父)が
建築した入母屋造り、和洋折衷で明治40年6月に落成する。
どっしりとした重厚感が特徴。
国定重要文化財建造物に指定されている。
米蔵に至るまで青森ヒバを使い、階下13室2階8室
付属建物や泉水を配した庭園など合わせて宅地約680坪の豪邸。
e0228147_22570442.jpg
太宰はこの家を「苦悩の年鑑」の中で
「この父は、ひどく大きな家を建てた。
風情も何も無い、ただ大きいのである。」

芦野公園の登仙船岬の太宰文学碑には
太宰が生前好んで口にしたと言われる
選ばれてあることの 恍惚と不安と 二つわれにあり
とヴェルレーヌの一説が刻まれている。
(残念ながら今回は見ていない)

また、上の写真のご飯は太宰が好んだという、
納豆にイクラを混ぜたものです。
試しに食べてみましたが、
ご飯に混ぜるよりはイクラを別にして
食べる方がおいしいと思いました。
(これこそ好みですね。)

e0228147_22572288.jpg
上は旧津島家新座敷で太宰が疎開して暮らした家です。
はじめ、太宰の兄、文治夫婦の新居として建てられたといいます。

太宰が作家として暮らした現存するものの唯一の家となります。
奥の間の火鉢に座卓が置いてある部屋で執筆したと言われています。
「パンドラの座」「苦悩の年鑑」「親友交歓」「冬の花火」
「トカトントン」など数々の作品をここで書いたそうです。
e0228147_22581134.jpg
昭和17年5月に太宰は奥さんを伴って金木に
帰って来たそうです。
リンゴの花が真っ白に咲いていて岩木の頂の雪と裾野の花と…
綺麗で印象深い風景と残ったことでしょう。
e0228147_23002843.jpg
岩木山は方向や角度によって様がよく変わりますので
追っ掛けて写真に収めました。
雪解けが始まると頂上が女の横顔に見えると
いうことになっているそうです。

今がちょうど空を仰いだ横顔に見えます。
e0228147_23004543.jpg
修学旅行の生徒たちでいっぱいの
大広間で食べきれないほどの
バイキングの夕飯でした。

下は朝ごはん。やはりバイキング。
今関東では遠(トオ)に咲き終わってしまった
牡丹が咲いていました。
e0228147_23010729.jpg
ここは南田温泉、ホテル アップルランド。
私たち五人はまっすぐに岩木山が見える
素敵なお部屋でした。

でも到着したときは午後。
西日が当たり、部屋がふわ~っと暖かで
冷房装置もすぐに利かないで
不満に思いましたが、朝になると岩木山の様子で
一番素晴らしい部屋を当てがって
下さったのだとわかったような気になりました。
e0228147_23012737.jpg
そして弘前に降り立ちました。
弘前大学の資料館を目指してまいりましたら、
この日は日曜日で、休館となっていまして
がっかり!
e0228147_23014392.jpg
資料館はあきらめて、太宰が国立弘前高等学校
文科甲類に入学した際に、全寮制の彼が体が弱いとの理由で
母の縁故の酒造を家業とした家に下宿されたのでした。
そこが「太宰治まなびの家」です。
弘前大学から地図をたどっていったので
かなりわかりにくく大周りをしてしまいました。
ここでも太宰はかなりのお坊ちゃまぶりの様子でした。
e0228147_23020245.jpg
従兄弟である酒造家業の長男がコダックのカメラを
持っていて、太宰がそのモデルとなったというので、
若いころの写真が結構残っていました。

お得意のポーズは右手をあごの辺りに置いて
澄ましている事のようでした。

e0228147_23024331.jpg
太宰は蓄音機を持っていて、友達が遊びに来ると
蓄音機の置いてある所を舞台に見立て
芝居のようなこともして披露したそうです。

お得意のマントもこの部屋にかけてあります。
押入れの上の横に渡した柱には数学の方程式の
鉛筆書きが残っていました。

カメラを持っている従兄弟は京大に進み
蓄音機を持っていた太宰は東大に進学しました。
当時の学生にしては贅沢なことですし、
文学好きな太宰は自分で投資の同人誌を
発行したというのです。
好きなことができた大学生で、
よくいう貧乏学生の状況とはかなり掛け離れて
居たのです。

e0228147_17255453.jpg

太宰治が15歳の多感なころに、尊敬していた
芥川龍之介が自殺したニュースがあり、
これからの生き方そのものに大きな影響を及ぼしたとの
説明がありました。

これは太宰がやがては自殺願望に陥いる道に
迷い込んだという道筋を推し量ることができます。

以前東京文学散歩会で行ってみた「銀座ルパン」と
いうバーで6脚しかなかったスタンドの髙椅子を
落札したとの説明だったけれど…。
椅子の細工がやや違います…、けれど黙って頷きました。

ずいぶん自分勝手な心中未遂をする人という刻印は
太宰の印象となりました。
女性のみが亡くなり太宰が生き残るという
結果も二回ほどあり、それは望んでのことでは無いに
違いないし、本人は死にたいと思っているのに
ひとり遺されてしまうということは
運命のいたずらなのか…。

死にたかったら心中ではなく一人で自殺を
選択できなかったのかなと思います。

けれど太宰はこのような環境で、
プロレタリアに浸透していったので父親の得る
その嫌っていた収入源で、尻ぬぐいという後処理を
してもらい助けてもらいながら、
甘えん坊の人間性となったのか…
といって差し支えないように思えるのです。

身勝手な考え方をする太宰は、
見方によっては純粋で生きることに懸命であったために
自殺に到達するしかなかったということになるのかしらと
その生きざまを理解できないままに、
太宰の神髄というか本心に近づきたいと
自分なりに純粋すぎたと、そうあって欲しいと
願っている私に気づきます。

e0228147_23033004.jpg
人間一生懸命になればなるほど
堂々巡りをしてしまい、一歩外から客観的に判断すれば
正しく前向きな判断を下せたでしょうに。

思い切ったことができるのは作家であるからでしょうか。
「自殺と作家」は一つの流行、カッコよさなんていう
方向に安易に考えてきたのでは…という
観察をしてしまったのは甘やかされた太宰だからと
思い切って言ってしまうのは変だろうか…。
そしてそれは浅はかな見方であろうか。
死ということは軽く考えられないものでしょうから。

人の生き方はその人なりの満足感であろうと
思いますが、もっと明るい展開を
期待して生きたいと思いながら…、
私たちは太宰のお得意のポーズを真似て
この記録に収まってみたのです。

e0228147_23035747.jpg
それから弘前城へまいりました。
このお城は曳家の技術を活かして天守閣を移動していました。
カメラは電池切れで、映像の記録はおしまいです。

映像が残ってないと思い出も不確かになるものです。
映像があると、もうかれこれ一か月も前になることでしたが
思い出されるものなんですね。
移動した弘前城の下方向に八重桜が咲き残り
お城越しに岩木山が見事に目の奥にありました。
軽く過去のことと頭の中の映像から消え去って
居ませんでしたが、いつまで残ってくれるのかしら。
永久に残るような気もしないではないのですが
電池切れは何とも残念です。
これで秋田青森方面の旅行記は終わります。











☆pageTop☆

by nagotu3819 | 2016-06-10 12:12 | 旅・散歩:食事


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

その他のジャンル

最新の記事

G.7の七夕
at 2018-07-09 23:14
乗り慣れない…車で
at 2018-07-08 04:27
22日早い梅雨明け
at 2018-07-02 05:07
何だか…素晴らしい気がする(..
at 2018-06-29 10:08
新聞広告でひらめき(幼友だちと)
at 2018-06-21 22:57
あちらこちらを徒然に
at 2018-06-18 07:22
あら! どこかでお目にかかっ..
at 2018-06-17 05:14
教え子クラス会3(於:宮崎)
at 2018-06-15 01:46
教え子クラス会2(於:宮崎)
at 2018-06-11 05:38
教え子クラス会1(於:宮崎)
at 2018-06-06 04:58
ビバリーヒルズとイヤリング
at 2018-05-23 01:27
半年ぶりでした
at 2018-05-21 19:12
「母の日は忘れない」「あら、..
at 2018-05-19 05:35
不思議な花(アゼムシロとナウ..
at 2018-05-18 12:25
思いがけないこと、奇跡としか..
at 2018-05-15 23:08

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧