父の法事 三十三回忌の準備

e0228147_18513521.jpg
新年明けてから早々に、
長く患ってあるときは健康かと思われるほどに
元気よく精力的に動いていた父が
32年前に亡くなった。

今年は、父の三十三回忌。
その準備に何かと気を取られている。


上の段が父の文字。

お習字のお手本からは遠のいたような独特の書体
だけど、父の字は好き。
性格が表れているような几帳面な文字。
父は末っ子なので、本家にある過去帳を見て
それを移して書いたものだ。
父の父(私の祖父)が亡くなった時は、父はたった7歳だった。
そしてこの方、オジイサンには、
当然のことで、私は会ったことがない遠い人。
そして「十一日」は父の母(祖母)の命日。
e0228147_16211726.jpg
祖父にも祖母にも実際に会えなかったけれど、
祖父は漢方医学の面では有名らしい。


下段「十五日」のページを開くと母の文字で記録。
「瑠璃光院仁済詩伯元震居士」は父の戒名だ。
そして
兄弟仲良く同じ十五日を命日とする。
「正徳院系譽仁術啓道居士」は伯父の戒名。

そのページ左側に「おとき」の際の箸袋の裏側に
列席した父のメモ書き…、
それは伯父の戒名だった。
メモして残した父の字。
e0228147_18515198.jpg
みんな遠くなって行く。
12日に三十三回忌法要を行う。

法事に参加する人数は決まった。
引き出物は準備したが、まだ手土産の菓子などの
準備が残っている。
のんびりとしては居られない…。




[PR]
by nagotu3819 | 2015-01-10 16:57 | 私の原風景 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://nagotu3819.exblog.jp/tb/22717436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yassy127 at 2015-01-10 21:00
ご立派なご両親だったことがうかがえます。
盛大に法要をしてあげてください。
私の両親はこんな几帳面なことは何も残していません。
どちらも長生きの部類ですが。
不思議と両親の晩年よりも矍鑠としていたころの思い出のほうが鮮明に残っています。
Commented by koneko3y at 2015-01-10 22:39
33回忌の法要が近付いているようで、
準備が何かと大変でしょうね。
立派なご両親の血を受け継いでいるのですね。
私の親のどちら側の祖父母の記憶がありません。
父方の祖父が生まれたばかりの私を抱っこしたと聞くだけです。
Commented by minmona at 2015-01-10 23:49
お父さまの33回忌を迎えられるのですね
きちんと過去帳記録を残されていたお父様
几帳面な方だったんですね
私も母の手紙や書き残したもの整理をするたびに見つけ
しばし思い出に浸っていますが
なんせ達筆すぎて読めません(笑)
字はその人を表わすといいますが。。。
こうしての書き残した物は後の人のためにも伝える
貴重なものとなりますね

Commented by nagotu3819 at 2015-01-11 09:52
♣ yassyさん、ごきげんよう。
早くに親を亡くしているので、父は子どもたちに特に優しかった気がします。
7歳の子どもだったときだったので、母の弟を大黒柱に見立てて育ちました。
母とも13歳で死なれてしまい…。両親とも同じ45歳になってからです。因みにその頃の平均寿命は男42.06さい、女43.20歳。一応平均寿命はクリアしているんですね。
でも、母の方は父より10歳若いので、両親も若く、祖母は54歳、祖父81歳でした。
Commented by nagotu3819 at 2015-01-11 09:58
♣ 子猫さん、ごきげんよう。
やはり、お祖父さんやお祖母さんの手触りやひたすら可愛いとみてくれていた存在は大事でしょうね。
私も、父方の祖父母は全くわかりません。写真で見るだけです。そして祖父母の遺してくれた立派な屠蘇揃いや、祖父著書の本。
貧しい中で懸命に記し遺した本が、後の世で取り上げられたのです。
反骨の精神からくるものでしたが。
Commented by nagotu3819 at 2015-01-11 10:09
♣ ミンモナさん、ごきげんよう。
血につながるものは、どんなものでも特別に大切なものに想われますので、これが血縁なんでしょうか。
祖父の著書を伯父が学会に発表し、世に広めた功績はもちろん特筆すべきものです。
その伯父は、達筆。行書、草書が得意で、本当に手紙など頂いてもとても難読で苦労しました。
私は父親が結構早くに肉親を失っていたので、色々な物を捨てるのがとても下手です。捨ててしまって、後悔するのはご免だと思えるし、限られた空間ではあれも、これもと取ってはおけない…、判断力が必要ですよね。

Commented by time2022 at 2015-01-11 10:58
こんなたくさんのお身内の方に33回忌をお参りしていただけるお父様はお幸せですね…。◔‿◔。
私が往ってしまった後、墓守がいなくなってしまうので
私には羨ましい限りです
そよぎさんのお人柄はお父様から受け継いだものですね…。◠‿◠。✿
素敵です
Commented by nagotu3819 at 2015-01-11 13:22
♣ timeさん、ごきげんよう。
実は母の七回忌が来年ですので、本当は仲良し両親を一緒に祭ってあげたいと思って提案しましたが、お寺さんはそれは、叶わぬことだと言われて、また来年ねと思っています。
ちょっとそういう面は大変ですね。
如何に集まってすることが好きだとは言ってもね。
timeさん、私の方が後だったら、お線香をあげに参りますよ。心配しないでね。
こればかりは運命だから、先に行くか後にあるかはわかりませんけれどね。
Commented by マサル at 2015-01-11 19:18 x
几帳面で美しい字をお書きになるお父様ですね。
私も こういう端正な整った字が書けるようにと
いつも思っていますが ミミズ・・・です。

もし ご存命なら 先日なくなった 美容家の あぐりさんと 同じ世代ですね。
祖母も 明治43年生まれだったので ダブります。
大正ロマン 戦争 金融封鎖 高度成長を 生きていらしたのですね。
Commented by o-hikidashi at 2015-01-11 20:22
昼間に訪問しコメント書いたと思っていたのに~。@@
素晴らしいご両親に三十三回忌と少し驚きましたが、当時の平均寿命とはいえずいぶん早いような。
法要はいいですね。
知ってる兄弟姉妹親類が集まって本人や当時を懐かしんでひとときを過ごす…。
準備など大変ですが、お疲れが出ませんよう。
Commented by ~☆そよぎ☆~ at 2015-01-11 21:13 x
♣ マサルさん、ごきげんよう。
吉行あぐりさんは明治43年生まれ、あなたのおばあさまも同じ年の生まれなんですね。私の父親も43年生まれ。
すると私は、マサルさんのお母様と似たような年齢なんですね。改めてマサルさんはお若いのね…と、思ってしまいました。
同じPCの土俵にいると、おこがましくも同年齢みたいな錯覚をしてしまい、失礼しておりますね。
ごめんなさいね。でも、どうぞ、あまり年齢のことは意識せずにお付き合い願いたいのです。よろしくね。
Commented by ~☆そよぎ☆~ at 2015-01-11 21:39 x
♣ お-ひきだしさん、ごきげんよう。
本年もどうぞよろしくお願いします。
父の無くなった年は、平均寿命は74.2歳でしたから、ちょっとだけ早くに行ってしまいました。
享年とか、行年という考え方に驚きました。
万物の中でなんにも無かった時に、初めて一人の生命の活動が始まったことから数えるんですって。お腹に居始めてから数えると、この世に生まれた時が一歳となるんですって。
それが数え年とか満年齢の、数え方の根本的違い。
満年齢はこの世で息をしだしたその時が0歳ですから。孫から娘から叔父、叔母たちから懐かしみ、惜しまれていた気持ちの強い、そして皆にかなりの影響力を持って生きてこられた瑠璃光院(父)さまだったので、孫たちもおじいちゃんの声のテープを持ってくるとか、好物を持って思い出を語ろうとか、言っています。
明日は、どんな様子になるか楽しみです。
Commented by yukiusagi_syakuna at 2015-01-12 10:12
そよぎさんこんにちは
戒名の字数で、一文字幾らと多額のお金が掛かると聞きます。
これだけの文字の多さを考えますと、
そよぎさんの御先祖様は、さぞ立派な方ばかりと言う事が伺えます。
私の実家は、女性ばかりの三人姉妹で、
皆、他家へ嫁いでしまったので、
途絶えてしまいました。
過去帳は私が預かったのですが、
残念ですねと、仏壇屋さんに言われた事
思い出しました。
少子化の時代、途絶える家が増えるのではないでしょうか?
Commented by banban0501 at 2015-01-12 22:58
三十三回忌を終えられたら
ほんとうにやれやれですね

親御さんも天国で娘の長生きを喜んでおられますね
Commented by nagotu3819 at 2015-01-13 21:58
♣ 雪うさぎさん、ごきげんよう。
確かに一文字いくらとか噂がありますよね。
私は、はっきりとは分りませんが、いくらお金を積んでも与えられない場合があると高僧のある方が言われましたよ。
どのように生きたのかを知ってお戒名が与えられるのだそうです。
立派に一所懸命に生きて来られたということが分かれば好い戒名がつけられるのですが…とおっしゃっていらっしゃいました。
私の父の場合、書き著わした本やどのような仕事を成し得たかを資料として高僧のお方にお葬式を執り行う前にお渡しました。
その業績を認めてくださって、付けて頂いたものですと母も言っていました。信仰の深さもあるのでしょうが、それほど熱心な信者でしたかは、私はよくは知りませんので、こんなコメントしか書けません。すみません。
Commented by nagotu3819 at 2015-01-13 22:05
♣ ばんばんさん、ごきげんよう。
とても疲れました。
その一日は全然疲れも感じては居りませんでしたが、翌日の朝の目覚めではっきりわかりました。
また来年は母の七回忌です。
それをしっかりとすれば、私の当面のお役目は免除されるのかと思っています。
あとは夫関係の法事はありますが、そちらは従的役目と割り切っておりますので、協力という立場ですので、肩の荷はず~んと軽く思っています。
やれやれ…です。


名前
URL
削除用パスワード


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新のコメント

そよぎさん 今年もよろ..
by yasukon20 at 12:22
新年明けましておめでとう..
by shizuo7f at 16:39
そよぎさん、こんにちは~..
by shizuo7f at 16:43
そよぎさん、こんにちは~..
by shizuo7f at 16:41
そよぎさんおはようござい..
by yukiusagi_syakuna at 09:50
習慣になっているので、夕..
by koneko3y at 21:22
以前のご報告でもうれしい..
by rabbitjump at 18:45
そよぎさんおはようござい..
by yukiusagi_syakuna at 09:42
「11月…時はあまりにも..
by shizuo7f at 15:32
もう11月ですよ。早いで..
by 長沼 at 23:25

最新の記事

この頃の風景を 準備していた..
at 2017-12-13 14:01
11月…時はあまりにも早く
at 2017-11-06 00:20
10月は10月のうちに(学園..
at 2017-10-31 20:31
10月のうちに 横浜と茨城(..
at 2017-10-31 07:42
セントレア空港へ 行って来ました
at 2017-10-29 15:57
パソコンさん、ご無沙汰!!(..
at 2017-10-27 12:28
子猫さんからも…草木名を教え..
at 2017-10-11 03:11
今日は娘の誕生日です
at 2017-10-08 06:01
ガラケイとスマホと十五夜
at 2017-10-05 07:24
10月の香り
at 2017-10-01 05:40
限りある人生にある記念行事
at 2017-09-29 06:15
科学館~国営昭和記念公園へ
at 2017-09-27 06:55
オーロラドリーム ちょっとね!
at 2017-09-26 01:45
敬老の日と、誕生日祝いと
at 2017-09-22 07:43
子どもの頃に歌った遊び唄 (2)
at 2017-09-19 06:43

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧