友だちはなんと偉い人! 

過日はお逢いしたいと出かけたのに、入院中だったのも知らず逢うことができなかった。
今回も、もう逢えないのかも…と覚悟しながら恐る恐る…というか。
友だちの気持ちを想いはかると、お目にかかってお見舞いして良いものやら…と、とても微妙な複雑な気持であった。

ところが、最近教え子が病院まで訪ねて、お見舞いしてきたという情報を得た。
車椅子に座って、微笑を讃えながら教え子たち(みんな65歳)を出迎えてくださったとのこと。

あちらこちらにいくらでも例として挙げられることばだが、“言うは易し行うは難し”である。実際にしようとなると、簡単にできることではない。

e0228147_19451136.jpg
「凄いね」、「偉いね」…と、元同僚の友と語り合った。
母親を送っている二人である。
母が昔のような母の様子じゃなくなってしまったと思うと、お見舞いに来た母の友だちに期待通りの反応ができなくてガッカリさせるのではないかと心配したり、また母の友だちを私たち娘は良く知らないため、逢って貰わない方が良いのではないかと勝手に推測したり、難しい判断をしなければならなかった。

彼女は、きちんと「逢いましょう」と息子さんや夫の方に伝えて、私たちと逢ってくださった。
疲れさせるのではないかととても心配しながら、お邪魔をしてしまった。
呼吸に支障が来ないよう気管支切開の手術をなさっていた。
声はもう出ない…。
意思や会話は文字盤に指差しして伝えられた。

入院中に絵を描いたのだという。手の支点が定まらず小さく震えている。
そんな状況のなかで、小さなスケッチブックに絵を描かれていた。
e0228147_19454033.jpg
素晴らしい。
弱ってしまった体力ではあっても、意思がしっかりとゆるぎない。
あ~、私の場合だったら? できないだろうと思う。
自分の置かれた状況をみじめに思ったり、なぜこんな運命が定められたのだろうか…なんて、何か分からない大きなものに対して恨んだりしないだろうか。
この置かれた運命を受け入れて、今できることを何とか失わないように努めておられる彼女だ。
素晴らしい。
私は凡人だから、これほどに立派な気持ちでいることはできないと思う。
凄いね、偉いんだね…。
改めて彼女を想い、教えられていた。
絶望的な方向を見るわけではなくて明るい未来を見据えて、工夫して生きている彼女に、返って励まされているような…そうですね、どなたも明るい方向を見て生きて行くべきですよね。

下は、彼女の日展入選作品である。半端なことしかしない私に比べて、なんでも成し遂げている。
私とかつては同僚だった、同い年の友だちのことである。

e0228147_11324958.jpg
e0228147_19482886.jpg
e0228147_19492894.jpg
ただ、誇らしく、尊敬するばかりである。





☆pageTop☆





[PR]
by nagotu3819 | 2014-10-27 15:40 | 交友録 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://nagotu3819.exblog.jp/tb/22516135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by koneko3y at 2014-10-27 16:58
nagotu3819さんのお友達はみんな素晴らしく立派で
凄くて、偉い生き方をなさっている人が多いですね。
読ませていただいただけで私の身近にはいないです。
どのように生きているか、その人となりの凄さを
感じさせていただきました。
私は凡人なので、お見舞いには来てほしくないと
思うかもしれません。お友達もそうでしたので
お見舞いにも行かず、それが良かったのかは
わかりません。
Commented by nagotu3819 at 2014-10-27 22:09
♣ 子猫さん、ごきげんよう。
私が至らない人間なので、周囲の皆さんが思いもよらないような立派なことをなさったり、おっしゃったりするので、ただ感心してしまうのです。
なかにはつまらないこともおっしゃると感じることも無いとは言いませんが、話題としてはやっぱりつまらないと思ってしまうのです。
きっと子猫さんもそう感じたりすること、ございますよね。
親類のなかでも親しく大好きな人たちには、はっきりとお別れしなくては…と、死の床にあるにも関わらずお見舞いに参ります。
共にお見舞いした女友達は、「私の時にも来てくださいね…」なんておっしゃる。彼女を見てそう強く思われたのですね。
まだまだ私は、今の時点ではお見舞いしなくて良いからと言ってしまいそうです。(駄目な人間です。)


Commented by banban0501 at 2014-10-27 23:41
今日の記事に感銘しています

凄いですね

こんなお友達を持っているということが
嬉しくなりますよね

自分の自身もそうありたいと思う記事でした
Commented by yukiusagi_syakuna at 2014-10-28 08:49
そよぎさんおはようございます。
コメントする欄が新しくなりましたね。
初めて見るコメントの仕方、斬新です。

「運命を受け入れる」
人には運命があると、私も最近感じています。
そこから逃げるのでは無く、
より良い方向に受け入れる、
なかなか難しい事ではありますが、
努力したいなと思っています。
絵、素晴らしいです!
Commented by nagotu3819 at 2014-10-28 12:01
♣ バンバンさん、ごきげんよう。
なかなか出来ないことですよね。
もう達観の境地?いいえ、いつも彼女はそうだったということでしょうね。
私自身がそこまで精神修養ができていないこと、しみじみと感じましたし、きっと彼女みたいな辛い目に遭ったとして、果たしてどうしたのでしょうか。
わが身に振り返り、考えます。
周囲を見回すと、言いたい放題、しかも偉そうに踏み込んでくる人だっていますもの…ネ。
ブログは、優しい方が多い傾向です。
相手をよく知らないで言いたいこと言う方はまずいないですもの。難しいことです。
Commented by nagotu3819 at 2014-10-28 12:11
♣ 雪うさぎさん、ごきげんよう。
その方の生まれた星の下…なんて言うけれど、この年になって、そういうものが本当にあるのかも知れないわ…と、思うことがあります。
その運命は運命として、逆らうことなくその定めに生き生きと乗って行く覚悟みたいなものを彼女に感じました。
否定ばかりでは発展しないということだってあるのかなぁって。

若い時とは、違った見方をしている自分に気がつきます。これが、よく上の方がおっしゃっていること「その年齢になれば判りますよ」実感として受け取りました。
雪うさぎさん、前向きでお元気ですね。
私も「年齢」と言うことに寄りかからないで、元気にしていたいとこのごろ思います。
Commented by time2022 at 2014-10-29 09:17
お早うございます~♥♬
震える手でお描きになった樹木に心打たれます
樹がまさに生きていますね
枯れて…なお、スクッとね…素晴らしいです
日展入賞の作品
個人的には特に“刻をかさねて”に魅せられました
何時までもお元気でいらっしゃいますように…

Commented by chie_1952 at 2014-10-30 14:17
とても 強く しなやか な精神を持っておられるお友達に尊敬の念を覚えます。
そこまで行き着く気持ちの動きは いかばかりか・・・・とも。
人間って素晴らしいな、と。
健康に恵まれ、友人達にも恵まれている自分を省みると大きく反省です。
私は何をしているの?  と。
勇気を頂いた気がします。


Commented by yasukon20 at 2014-10-30 16:57
素敵なお話ですね。
やはり私も母の時 母の友人が変わり果てた母の姿に驚いて帰られたのを見て とっても悲しくなりました。
母にも申し訳ないとまで思ったほどでした。
会いたくなかったかも知れなかったと今も思います。
しかしこうしてちゃんとご自分で教え子さんや同僚の方にもちゃんとご自身からお会いになられること こちらも嬉しいですね、元気を頂けますね。
同じような事で次女のお義父様も倒れられて私は一度もお見舞いに行けませんでした。 ご家族が今の姿を見てもらうのは本人が辛いと思うから・・という理由でした。
何が良いのか悪いのか分かりませんが 会いたいと思われる意思表示が出来れば嬉しいのですけどね・・。
強くて優しい精神力をお持ちなのですね。
本当に尊敬します。
Commented by weloveai at 2014-10-30 18:00
自分だったらと言う基準は、相手の方には当てはまらないのでしょう。
意思表示できる方なら、ご家族は積極的に段取りをなさることがいいでしょうね。
自分では、その時の気持ちで自然体で行きたいな~と思います。
Commented by nagotu3819 at 2014-10-31 14:48
♣ timeさん、ごきげんよう。
顔色も良くて、笑みもこぼれそして力づける言葉に顔をゆがめて涙する…。
気持ちがよくわかります。
前向きにあくまでも前向きに時を過ごされていました。timeさんなら、どんなお見舞いの様子をあらわされるのでしょうか。
他のグループで、たまたまお話している時にお二人が同じ境遇のかたがおられ、二人の相通ずる気持ちをお互いに理解しあうような「わかる、わかる」って言うのです。私はその微妙な心持ちが分からず、そんなものなんだなと思ったことを思い出しました。
Commented by nagotu3819 at 2014-10-31 14:53
♣ チエさん、ごきげんよう。
色々な生き方や人生がありますもの、全く同じような運命などは無いのでしょうから、それなりの気持ちを合わせたいと思いつつ…。
でも同じには成り得ないのだけれど、ほんの少しは分かるし同情もできますけれど…。
同情…って難しいですね。おなじような気持ちになろうとしても、その方しか経験しないことが織り交ぜてあるしね…。
ただ私はそういう想いの中で、絵を描こうと頑張れるかなと思い、悲観につぶされているのかなと思い…。
友だちはそれに引き換え、なかなか出来ないことをなさっているという、感心させられたひとときでした。
Commented by nagotu3819 at 2014-10-31 15:00
♣ ヤスコンさん、ごきげんよう。
とても彼女の真似は私にはできないと、もうシャッポを脱いでおります。
偉いね…と、三者的に讃えているだけです。しかしそういう態度の方を見ると、いつかはそのような修養を重ねて、素晴らしく生きたいなと単純に思ってしまいます。
それが不可能かとは自分を思っていますが、理想的な姿とはどうすべきかとかは考えます。100歳を超えた知人のお母様は、亡くなる前の2,3日前に、病院のベッドの上に畏まって座り、皆さん今までのこと本当にありがとうと言って、そのあとでお亡くなりになったとか…。その知人も立派な方です。
Commented by nagotu3819 at 2014-10-31 15:08
♣ ゆすらうめさん、ごきげんよう。
難しいコメントですね。
でも自分だったら…ということは、発想できますよね。相手に当てはまるかなどは、問題にはできないような気がします。
自分ならどうするか…、など答えが出ないようなことを時々考えます。
それだけ暇な時間もあるということですね。
今はスイミングで健康面に気を使っているのですが、この状態がいつまで続くのかは全くわかりませんし、解らないから救われているのかも知れませんね。
未来を見据えて生活することは良いのですが、希望を持って過ごしていくのが良いですね。
精いっぱい生きると言う部分が、努めればできるということですよね。

名前
URL
削除用パスワード


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

そよぎさん、こんにちは~..
by shizuo7f at 17:04
G7 なんてお洒落なネー..
by chie_1952 at 12:06
♣ rabbitjump..
by nagotu3819 at 01:05
G7、素敵なお集まりです..
by rabbitjump at 19:50
♣ komiti15 さ..
by nagotu3819 at 21:36
不慣れな車の運転者には、..
by komiti15 at 18:37
♣rabbitさん、ごき..
by nagotu3819 at 12:05
豪雨被害本当に大変なこと..
by rabbitjump at 09:50
♣ shizuo7f さ..
by nagotu3819 at 01:02
♣ rabbitjump..
by nagotu3819 at 00:45

最新の記事

G.7の七夕
at 2018-07-09 23:14
乗り慣れない…車で
at 2018-07-08 04:27
22日早い梅雨明け
at 2018-07-02 05:07
何だか…素晴らしい気がする(..
at 2018-06-29 10:08
新聞広告でひらめき(幼友だちと)
at 2018-06-21 22:57
あちらこちらを徒然に
at 2018-06-18 07:22
あら! どこかでお目にかかっ..
at 2018-06-17 05:14
教え子クラス会3(於:宮崎)
at 2018-06-15 01:46
教え子クラス会2(於:宮崎)
at 2018-06-11 05:38
教え子クラス会1(於:宮崎)
at 2018-06-06 04:58
ビバリーヒルズとイヤリング
at 2018-05-23 01:27
半年ぶりでした
at 2018-05-21 19:12
「母の日は忘れない」「あら、..
at 2018-05-19 05:35
不思議な花(アゼムシロとナウ..
at 2018-05-18 12:25
思いがけないこと、奇跡としか..
at 2018-05-15 23:08

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧