文学散歩(赤毛のアンの故郷へ)⑤

 ツアー3日目(この日はまだ続いて、充実しています)

モンゴメリの結婚してからの住まい。そこにモンゴメリの従妹のお孫さんの Carphel が、サービスをなさっていた。御覧の通りの背丈の違いで、私は彼女のウェストに手を回しているのに、彼女は私の腕に手を回されているところが…、う~ん、仕方ないね。
本当は肩を組みたいところなんです!私たちの後ろはストーブが焚かれていたが、心地よい温かさ。その端にとても重い鉄のアイロンを置いて、ストーブの熱利用をしていたとのことであった。
天井の帯状飾りやマントルピース、キッチンのストーブ、寝室など、比較的シンプル。その下は輝く湖水とアンが名付けた湖の看板が見える。その脇に並ぶ写真は…。
e0228147_23195865.jpg
もしかして、これはフレンチリバーか。メニューにあったので、多分…。
ここから観る眺めは素晴らしいとバスを止めて記念撮影タイム。景色と共に三人の記念撮影はなぜか撮っていなかった。いや、もしか誰かのカメラにおさまっているのかも知れないが…。
この辺はお金持ちの方がゴルフ場を持っていたりそういう地域だとのご案内。向こうに見える家々が可愛い…。赤い壁の向こうはその補色の緑色だったりして日本だったら?結構周囲を考えて環境問題などと非難されても仕方ないのかも。でも、ここではちっとも違和感がないのが不思議だ。むしろ可愛くて綺麗に見える。
e0228147_23521106.jpg
今日の日にはキャベンディッシュ教会も訪れるはずだったが、日曜日では無かったので、教会は入れないとのことで、夕食までの時間をキャベンディッシュ周辺散策をして自由行動の時間を楽しむ。
もう一度、アンのグリーンゲイブルスへ向かい、入館する。午前中の混みようは無く午後の陽ざしの中で撮り忘れた風景やモンゴメリのお墓では午前中は悪天候だったので、そにも立ち寄った。メイプルリーフはところどころ紅葉していた。もう日本よりもずっと秋の陽気になっていた。
そして夕食後それぞれの部屋に戻り、孫たちにはがきを書いた。そしてそのまま郵便局へ投函した。


 ツアー4日目
e0228147_22532498.jpg
ここの信号機は赤が四角、黄色が三角、青は丸と、形で区別していた。ガイドの説明によると、この島は色盲の方が多いらしい。多分狭い島の中の婚姻となると伴性遺伝子がそれと知らずに影響し色相に弱い人が多くなってしまうのだろうか。
キャベンディッシュを後に、約40km離れているシャーロットタウンへ向かう。途中ビクトリアパークの、海沿いでは見えない敵を監視し、いつ来るかも知れない敵に備えて砲弾が並んでいるところへ。結局大砲は一度も使われなかったという。
一人の運転手の大事な休憩時間にも配慮しているのだろうか。トイレタイムには十分余裕で、という休憩も割にあった。
渡航前に、海沿いで風も冷たく強いのでカーディガンを用意とのご案内もあったが、毛皮のコートご持参の方も居られた。それは、決して大げさではなく丁度良さそうな気温とも感じた。

e0228147_22534215.jpg
お土産も求められる時間。目の前に港が見える風景で、舟が停泊している。その一角にある土産物屋を覗く。珍しいことに日本の鯉のぼりを売っていた。
この地では、カナダの国旗をなんでもない日に掲げているが、国旗や旗が好きな人が多いと説明があった。鯉のぼりも風にひらひらするので、家の窓辺や玄関付近に出しているようだ。
e0228147_23575407.jpg
カナダ建国会議から150年、それを祝って建てられたプロビンスハウス(議事堂)。建国150周年ということで「1864」年の赤い数字の前で私たちご一行は記念撮影をする。
ツアー客総勢21名のところ、5人の方が周辺散策していたらしく、この記念撮影に漏れてしまったが、皆さん素晴らしい面々。
友だち、母娘、職業をお持ちのキャリアウーマン、ピースボートでクルージング中に仲良しとなり、お付き合いが始まったという女性カップル、お一人で自由に楽しむ方々などなど。
e0228147_23585212.jpg
ダンスタンスバシリカ教会。国際会議がプロビンスハウスで開かれた時の参加議員代表をかたどった像の前に座って会議に参加したような気持ちで(うふふ)、ちょっと良い気になってるね。
シャーロットタウンの街並み。古い建物で遺しておきたい建物は、丸いマークの中に家のマークをつけて、街並みを保護している。




☆pageTop☆

[PR]
by nagotu3819 | 2014-10-01 00:50 | 健康・エクササイズ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://nagotu3819.exblog.jp/tb/22436570
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by banban0501 at 2014-10-02 11:32
みなさん冬装束ですね

寒いのですね~

湖の青をカラフルな家々の屋根の色が
見事にマッチの風景で美しいこと

こういうのを見ながらの執筆だったのですね
Commented by ~☆そよぎ☆~ at 2014-10-02 13:04 x
♣ バンバンさん、ごきげんよう。
日を重ね、だんだん寒くなりましたのよ。海からの冷たい風、さあ~っと雨から霰に変わりそしていつの間にか雨は上がる…、激しく変化する陽気でもあったの。
11月ごろのつもりはあったけれど、こんなに変わる天気とは思っていませんでした。

こういう風景に置かれて、あのアンの物語が生まれたんですね。感慨無量です。
Commented by minmona at 2014-10-02 20:58
ツア-21名!人数的には多いほうですか?
さすが女性ばかり^^
緯度的にもう秋まっさかりの
気温だったのでしょうね
こんなのどかな風景を眺めながら
赤毛のアンを読んだら
もう言う事ないかもしれませんね^^
よき時代を町そのまま保存されているのって
すごいですね
日本だったらそこだけポツンと保存?^^

Commented by ~☆そよぎ☆~ at 2014-10-02 23:43 x
♣ ミンモナさん、ごきげんよう。
海外旅行としては20~25人までくらいのツアーでしょうネ。
以前のイタリアでは23人でした。
ただ、その時はお一人様という方は居なかったと思います。皆さんカップルか3、4人組みとかのグループもおりました。
添乗員さんはやはり組んでいる人たち団体であるなら、お互いに助け合ったりするのでまとまりが良くて楽だと思います。
その土地に来て初めて分かる雰囲気を身体で感じますので、そんなところが醍醐味というものでしょうか。
体感できて良かった旅でしたよ。
私は一人旅をしたいとは思っていません。
旅は道連れという言葉のように、二人以上の楽しみ方が良いですね。
名前
URL
削除用パスワード


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

そよぎさん、こんにちは~..
by shizuo7f at 17:04
G7 なんてお洒落なネー..
by chie_1952 at 12:06
♣ rabbitjump..
by nagotu3819 at 01:05
G7、素敵なお集まりです..
by rabbitjump at 19:50
♣ komiti15 さ..
by nagotu3819 at 21:36
不慣れな車の運転者には、..
by komiti15 at 18:37
♣rabbitさん、ごき..
by nagotu3819 at 12:05
豪雨被害本当に大変なこと..
by rabbitjump at 09:50
♣ shizuo7f さ..
by nagotu3819 at 01:02
♣ rabbitjump..
by nagotu3819 at 00:45

最新の記事

G.7の七夕
at 2018-07-09 23:14
乗り慣れない…車で
at 2018-07-08 04:27
22日早い梅雨明け
at 2018-07-02 05:07
何だか…素晴らしい気がする(..
at 2018-06-29 10:08
新聞広告でひらめき(幼友だちと)
at 2018-06-21 22:57
あちらこちらを徒然に
at 2018-06-18 07:22
あら! どこかでお目にかかっ..
at 2018-06-17 05:14
教え子クラス会3(於:宮崎)
at 2018-06-15 01:46
教え子クラス会2(於:宮崎)
at 2018-06-11 05:38
教え子クラス会1(於:宮崎)
at 2018-06-06 04:58
ビバリーヒルズとイヤリング
at 2018-05-23 01:27
半年ぶりでした
at 2018-05-21 19:12
「母の日は忘れない」「あら、..
at 2018-05-19 05:35
不思議な花(アゼムシロとナウ..
at 2018-05-18 12:25
思いがけないこと、奇跡としか..
at 2018-05-15 23:08

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧