夏の楽しみ

私と上の娘家族は割に近くに住んでいる。
でも、もう一人の娘家族はちょっと遠い。
気楽にはなかなか行かれない距離だ。
だから、今回は3か月ぶり。
孫たちが大きくなるので驚く。特に男の子は電話を通して声を聞くと、まるで彼の父親みたいに聞こえる。
口ぶりも似てきているから電話では確かめたくなる。
でも話していくうちに、「あ、これはM君だ」と判断する。

声だけではない。背丈もニョキニョキ…。
たった3か月ぶりでもこれだけ変化がある。それなら、私を見る目も相当な変化と見るんだろうな。
「年をとったね」、「皺が増えたね」、「太った」の、「痩せた」のと…。結構な変化を見ているんだろうね。

私が若いころ、母に久しぶりに会うと、こちらの想像以上に年齢を重ねてしまったような変化がみえた時があった。

e0228147_22361923.jpg

しかし、「お母さん、年をとったわね、久しぶりだものね…」なんて、言えなかった。
心では驚いたり申し訳ないと思ったりしても…、言えなかった。
でもその変化をはっきりと感じた記憶がある。

そんな記憶の下に、きっと娘たち子どもは、私を見てそう思っているに違いない。
自然の成す業だから、仕方ないことだけれど…。

私の年取った姿を見て、子ども達自身の生き方に刺激を与えているのかも知れない。
如何に年を重ねて行けばよいのか…などと気づかせるように。

いや、まだまだ、それを子どもに感じさせ、考えさせるには私の変化はそれほどではないかも(?)。
母親の急に年取ったあたりを想い出しつつも、今は明日があると信じて朝を迎えている。

親から学んで利口な生き方をすべきなのに、実行できていないことが多い。
気にしながら先延ばしなのだ。

大いにできないのが断捨離。
紙類に執着を見せるような趣味は持っていなかった母はどんどん捨てていた。
割に清々と過ごしていたように思う。
よし、私も執着せずに捨てる方針で行こうか…。

うん…、うん。
まだもう少し生きていくつもりらしいわ、わ・た・し。
[PR]
by nagotu3819 | 2014-08-28 23:38 | 今日の手帳 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : https://nagotu3819.exblog.jp/tb/22339198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by banban0501 at 2014-08-29 00:12
会うたびに背が高くなる孫ちゃんたちに
比べて わが身は ドンドン縮む思いです

でも 中身は負けてないわと
自己奮起です

そこは亡き母のとは違うと思いつつ
そんな気負いもなかった母を
子供たちは 可愛いばあちゃんと思っていました

どっちがいいのかなぁ
Commented by jarippe at 2014-08-29 05:53 x
本当に仰られるとおりですね
子供や孫は老いをどう思ってみているのでしょうね
老いてみて分かる事が沢山有りますね
その度に親の気持ちを思い
心の中でゴメンねです
今ならもっと分かってあげられたのにって
親の生き方と今の自分を比べてみては感謝したり反省したりです
子供には生き様をみせられたらいいと思っているのですが・・・・・・
Commented by time2022 at 2014-08-29 07:59
お早うございます~♥♬
どんどん育っていくお孫さん達に会うのは楽しみな事ですね…。◠‿◠。✿
こちらが老いて行くのは自然の摂理です
お身内にとって、そよぎさんの様に元気に輝くなお婆ちゃまの存在はいっぱいの影響を与えていると思います
だからみんなが集まるんですよね…お幸せです☝(๑’ᴗ’๑)
Commented by weloveai at 2014-08-29 09:41
久しぶりに会った身内を見た時に、老いを感じるようになったのは、つい最近です。
子供の頃は(お孫さんの年齢)齢は関係なく大人と見てたと思います。
自分が皺やシミ、白髪を意識した時から、高齢者の変化を素早く感じ取る様になった気がします。
そよぎさんとお嬢さん よく似てますね。
私も娘がそっくりと言われます。(笑)
Commented at 2014-08-29 09:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nagotu3819 at 2014-08-29 10:27
♣ バンバンさん、ごきげんよう。
一番上の孫娘には、温かく見守られているようだと、感じています。高校三年生ですが、こういう私の受け取り方に、中身も私よりも大人の感覚になっているのかなと、察してしまいます。
でも、有る面では年の功という誇りは持ち続けられるかな~なんて、(*^_^*)自分を自分なりに立ててシャキッとします。
年をとって、オバアチャンらしくなっているのかなと自己評価。
まあ、ひと頃は親の立場でものを言ったりして、受容の姿勢が欠けていましたね。
受容より指針を示したりしてね…。余計なお世話の方向だったかしらね。

Commented by nagotu3819 at 2014-08-29 10:32
♣ ジャリコさん、ごきげんよう。
そういえば、「その年、その年で感じ方も違うのよ…。きっとあなたも私の年になれば分かるわ。」と、母から言われた事がありました。
…ということは、私の反応に対しての何なりとの言葉。
以後、言わなくなったようですね。
その条件に合った感じ方は人それぞれ。
温かく見守り理解するようにしたいものです。
Commented by nagotu3819 at 2014-08-29 10:41
♣ timeさん、ごきげんよう。
孫というものは一方的に可愛いという心境になりつつありますね。
ニコニコして見守って、頼もしい成長を眺めては喜んでいるようなところがありますね。
私が老いた所為でしょう。
孫に関しての諸事に下手な口出しをするより、受け入れて眺めていられる立場でいることの自覚とそう感じられる喜びでしょうか。
若い人たちの輪に加わっていることを、楽しみに思います。や、や、や。如何にも年寄り感覚です…。
そういう心境に私も成長しているんですわ…(-_-;)。
Commented by nagotu3819 at 2014-08-29 10:53
♣ ゆすらうめさん、ごきげんよう。
最近になって老いを著しく感ずるようになりました。
70歳という頃が、もうひとつの部屋に入室許可されたような感じです。
60代の部屋は、今と随分違ったような感覚を、振り返ってみると感じますから…。
ものの見方、感じ方、考え方から始め身体能力も。
ですから、90代の方がTVで、若い人と同じような興味を持ち、諸事をこなして生活している様子をみて、脅威を感じます。
まさか、あのくらいの年になったら私は破壊しているのではないかと…。だって、今昔の自分では無いと感じていますので、あと20年後なんて考えると…。
あ~、敵いませんね。
植物の花をみると、人間も同じ生物の仲間だと思います。親子って似ているんですね。
Commented by nagotu3819 at 2014-08-29 13:16
♣ 鍵コメさん、ごきげんよう。
了解しました。
またそのあとのメールも読みました。
Commented by sato933 at 2014-08-29 14:54
私は、母が47歳で亡くしましたので、
私の中では、母が年取らないんです。
生きていたら、80歳は過ぎているだろうに。
子供にとって、母がいつまでも元気でいてくれることは、うれしいものです^^
Commented by chie_1952 at 2014-08-29 20:34
三ヶ月ぶりの娘さん家族との再会、楽しそうで良いですね。
お孫さんは三ヶ月ぶりだと、やはり違うのですか?
さすがに成長期の子供達はスゴイ!
こうして皆で食事をしながら話に花が咲くのは幸せですね。

断捨離?    私も切実です。
捨てなくちゃ~!
後で子供達が困るようなことになったら大変、真剣にやろう私も~ です。

Commented by koneko3y at 2014-08-29 21:15
母は何歳になっても気持ちは娘時代と同じと
良く話していました。それなので母に対しては
年取ったねとか、腰が曲がったねとか、気にすることは
言わないように気をつけていましたが、
娘たちに対して「白髪が出てきたね・・・。」とか
言う人でした。
やっぱり娘時代と同じ気持ちで話していたのでしょうか。
断捨離、全く出来ていません。
Commented by nagotu3819 at 2014-08-29 21:56
♣ satoさん、ごきげんよう。
お母様が47歳で逝かれてしまったんですか…。
ご愁傷様です。
早すぎますね、この時代に…。
もうお母様はsatoさんのお歳は超えられましたのでしょうか。
きっと47歳のまま、お若いまま…。
その年齢まではお母様を範として生きてこられたでしょうに、それから先はモデルという方は、お姑さんかご近所のそんな年格好の方を見ては、ご自身の未来を想像するということになるのでしょうか…。
私の母は92歳であちらに参りましたので、自分が92までは、あの時こうだったと思ったりしますから…。
Commented by nagotu3819 at 2014-08-29 22:03
♣ chieさん、ごきげんよう。
そうですね、3か月前みんなで野外で楽しみました。
その時に感じられたちょっとしたことが、違う…と、感じてしまったりします。
今が第二成長期(?)でしたっけ?
性の違い、特徴なども著しく変わるのよね。
目を見張るばかりです。
面白いことだなって、母親の時は毎日会っているわけだし、よく分からなかったけれど、久しぶりだとね。
眺めているっていうことはなかなか面白いことね。
まっただ中というときには分からないことが多いですね。

Commented by nagotu3819 at 2014-08-29 22:14
♣ 子ねこさん、ごきげんよう。
お母様って、実は長女でしたか。または末っ子さん?
いつまでも、娘時代の心持ちを輝かせながら年を重ねていく人が多いようですね。
私の姉妹を考えてみますと、誰の教えか分かりませんけれど、結構好きなことを話題にしていました。
だからどちらかというと、気にされるようなことも姉妹同士だからと遠慮なく言ってくれていました。
その服は野暮ったいとか、この色が貴女に似合うからとか、髪型はどうとかいろいろ批判やら進言やら飛び交っていましたね。
さすが、離れ離れに所帯も別れた今は、言うべきことと言わない方が良いこととかはわきまえておりますけれど…。
遠慮がないということは、近しい間柄でもあるし、受け入れることもできるんですけれどね。
遠慮なく言えるっていうことは、幸せなのかも知れませんね。
Commented by minmona at 2014-08-29 22:23
成長するお孫さんを見られるって
そよぎさん幸せですね
私はまだ見ぬ孫
見れないかもしれない息子の結婚(笑)
そんな歳になっていっています

実家に帰るたびに
変化していく母の姿を思い出します
絶対的な存在だった母が父が逝った時
ああ 私 大人になれたと思いました
孫を可愛がってくれたくれたこと感謝
ありがたい存在でした

Commented by ~☆そよぎ☆~ at 2014-08-30 09:45 x
♣ ミンモナさん、ごきげんよう。
>変化していく母の姿を思い出します
同じ経験をしています。
なんだか母が頼りなくみえて…、夫婦というのはお互いにベターハーフなんだということを、思いました。
ハーフが無くなったもう一つのハーフは、本当の半分になったような…。
それからは、かなり私の夫を見る目が違ってきましたね(*^_^*)。
気づくのが遅いかな~?

自分の在り方、三代のそれぞれの立場…見えてきますね。
子どものいらっしゃらないご夫婦はまた、いつまでも新婚さんのような気分が持続するのに、子どもが居ますと、子どもの成長に従いまた環境も違い、考え方受け取り方、受け取られ方など、どんどん変わってきますね。
Commented by yasukon20 at 2014-08-30 21:36
こんばんは!
いろいろ考えさせられますね~。
娘たちも私の事きっと歳とったと思っていることでしょう。 事実だから仕方ないですね。
母は?って思いだそうとしてもそういう事を思ったことが有ったかな?って思いだせません。
私も自分のことで一生懸命だったのでしょうね。

孫たちの成長 楽しみですが自分の方にもどうしても
衰えていく自分を感じますね(笑)
Commented by ~☆そよぎ☆~ at 2014-08-31 10:41 x
♣ ヤスコンさん、ごきげんよう。
私は大学時代を親と離れていましたので、休暇になる半年ぶりの帰郷時などに、母の少しずつ変わるところが、見えていました。
いつも一緒なら見えないと思いますが…。
その頃母は40代半ばでした。そして自分がそのころになった時に、娘に尋ねたりしました。
同じように感じるのかと確かめたかったのです。
気にする母親を励ましてくれたのか、元気よ、前より張り切って見えますよと、娘たち。
でも、必ず色紙などに書かれる言葉は、「いつまでも若くて可愛くて、自慢のママでいてね」と。
あ~、そうありたいです。
いつまでもネ。
Commented by yukiusagi_syakuna at 2014-08-31 19:44
そよぎさんこんばんは。
ご無沙汰しています。
ブログはその都度拝見していますが、
素通りしてしまって、ごめんなさいね。
そよぎさんのアップのお写真を拝見して、
懐かしくなりました。
優しそうな、朗らかなそよぎさんでした。
いつも精力的に頑張っているな!
と感心してるんです。
少女の様に、好奇心旺盛にね。
私は、少し好奇心がどこかへ行ってしまった様です。
そよぎさんを見習って、頑張りたいで~す。
Commented by nagotu3819 at 2014-08-31 21:14
♣ 雪うさぎさん、ごきげんよう。
私も最初のうちは、なるべく何かしらをテーマに、ブログアップしてみようと思っていましたが、時間が割けなかったりするときってありますよね。
テーマも平平凡凡で…。
読ませていただくだけで、今日は終わりに…なんていうときもあります。
お元気でいらっしゃることが分かるよう、時々はアップしてくださいますように。
T駅でお会いしたこと、つい昨日のようにも想い出されます。
時間はどんどん流れて行きますのに、記憶はどこかで停滞しています。
そんなときって、助かりますよね。

名前
URL
削除用パスワード


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

そよぎさん、こんにちは~..
by shizuo7f at 17:04
G7 なんてお洒落なネー..
by chie_1952 at 12:06
♣ rabbitjump..
by nagotu3819 at 01:05
G7、素敵なお集まりです..
by rabbitjump at 19:50
♣ komiti15 さ..
by nagotu3819 at 21:36
不慣れな車の運転者には、..
by komiti15 at 18:37
♣rabbitさん、ごき..
by nagotu3819 at 12:05
豪雨被害本当に大変なこと..
by rabbitjump at 09:50
♣ shizuo7f さ..
by nagotu3819 at 01:02
♣ rabbitjump..
by nagotu3819 at 00:45

最新の記事

G.7の七夕
at 2018-07-09 23:14
乗り慣れない…車で
at 2018-07-08 04:27
22日早い梅雨明け
at 2018-07-02 05:07
何だか…素晴らしい気がする(..
at 2018-06-29 10:08
新聞広告でひらめき(幼友だちと)
at 2018-06-21 22:57
あちらこちらを徒然に
at 2018-06-18 07:22
あら! どこかでお目にかかっ..
at 2018-06-17 05:14
教え子クラス会3(於:宮崎)
at 2018-06-15 01:46
教え子クラス会2(於:宮崎)
at 2018-06-11 05:38
教え子クラス会1(於:宮崎)
at 2018-06-06 04:58
ビバリーヒルズとイヤリング
at 2018-05-23 01:27
半年ぶりでした
at 2018-05-21 19:12
「母の日は忘れない」「あら、..
at 2018-05-19 05:35
不思議な花(アゼムシロとナウ..
at 2018-05-18 12:25
思いがけないこと、奇跡としか..
at 2018-05-15 23:08

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧