人気ブログランキング |

感謝と祝いの会

お昼をご一緒しましょうと、同好会―文学散歩の会で『感謝と祝いの集い』を催しました。
旧役員の労をねぎらい、新役員を励まし応援する会というものです。
そして会報が時を同じくして、50号という切りの良い号数に重なりました。
このことをきっかけに、集まって楽しみましょうと会を開いた訳です。

e0228147_1243651.jpg

Itoh会長は、2000年12月に、同好会が発足した時から、ず~っと12年間会長として(その期間は、私も同じだけれど、立場は副会長でした)重い役割りを担って下さり、会運営の方向付けや楽しめる雰囲気などその礎を固められてこられました。
現在、活動の回数を数えるなら、64回となります。
そして誇らしいほどのチームワークで私たち6人の委員が手を組んで運営していたのです。
その方々には11年間役割りを果たされてきたお二人の委員もこの度やめられたのでした。
6人のうち3人がお辞めになって、そのあとに会長をと推されても気持ちがキパッと決まらずに、一人愚図愚図していた私です。

いよいよ会長をバトンタッチするしかないとなった時に、実は逃げてしまおうかとも考えるほどでした。
指導者を置く会ではなくて、すべてが自主的運営です。
散歩はその地のボランティアの方に予約してご案内頂いたり、インターネットで調べて下見をしてから皆さんをご案内するなど、運営はすべて委員会にゆだねられています。
今では、致し方ないと諦めの境地で、頼りになる委員会の皆さんにお願いして始動してしまいましたが…。

e0228147_1165722.jpg

この集いのための、あれこれ思い、準備に試行錯誤で精を出しましたが、結果は独り相撲です。

まあ、以前の所属の会では、友が本を発刊する度、文芸の大会(朝日新聞後援)を開く度などに、割に大きな懇親会を催していましたので、ざっくばらんな会の世話人は何度も経験してはいましたが…。

今回は、趣旨や規模が以前の経験とは違うので、戸惑いもありました。
18名(お一人は都合が悪くなり、欠席でしたが)の皆さんが、楽しく本当に和やかに会が進みまして、無事に終わったことで《よかったぁ~》と、ホッとしている所です。
温かい手で揺り籠を心地よくゆすって下さっているような達成感に満たされました。
案ずるより産むが易しと申しますが、いわゆるそんな感じに浸れました。
ある角度からみれば、自己満足の域は出ませんけれど…。

睡眠を深く取ったあとの落ち着きと12時間の経過があったから
その後私は反省クラウドで覆われています。
今は後悔ばかりが挙げられます。

お辞めになった会長や、役員の方たちに、もっともっと感謝の言葉で溢れるほどに
すべきだった…と思われることです。
雰囲気作りが足りなかった想いが私を責めています。

Tabuchi副会長が行事が終わると、よく反省してるんですと言われて、
当の本人の立場ではなく、楽しんでいる立場からみると「反省し過ぎよ、良かったと思うわ」…と、
何にもまずいとは思えないのにおっしゃる彼の気持ちに似ているのかなぁ…。
それなら、まあ良いのですが、
もっとこうすればよかったのでは…、ああすればもっと良い印象になったのではないかとか…
などを、思うばかりです。
興奮した状態での最初のアップロードに反省しています。
6日11:30追記


e0228147_1521790.jpg

これは、その時の話題のきっかけになればと、12年間の記録を列記された資料です。
副題に
―はずむ心でNICHIWA会 その足跡に想いが見える―
と致しました。その資料を見ながら、途中に参加されたと思っても、こんなにたくさん参加しているのねと、感嘆の言葉もありました。

会報ICHIYOは、10号の時は会員からアンケートを採って、何処へ行きたいかなどの意見を回収し、特集しました。
20号は会員全員にひとことの想いを描いて頂き、会員のお顔と名前が分からない場合も多かったので、お顔写真と言葉集を全ページカラーにして作りました。
30号の時は、6項目の会運営などの質問について、集まれる方は食事を摂りながらの座談会で、また集まれない方には前もって質問に応えて頂きそれを記事に纏めました。

e0228147_1523172.jpg

40号記念の号は、ちょうど会結成10周年でしたことを、取り上げて結構纏まった10周年記念パーティと致しました。
そしてこの度50号記念。
今回の食事会の皆さんの発言や、この度お辞めになる役員の言葉や皆さんのNICHIWA会への希望や思い出などを語って頂きました。
上は91歳、下は60歳で、平均年齢は70.4歳。
私たちは立派な老人たちの集まりという目でみれば、その通りだけれど、巷の老人会とか老人クラブとは、一味もふた味も違うのよ、という自負を持っています。
やはり文学ということを通して、過去を真摯に知り未来を見つめたうえで希望を持って生活して行くような気迫が見えています。
先輩から学ぶことが多く頼りに思います。それなりの優しさで接して頂いています。
この会を大事にして行きたいものだと思います。
by nagotu3819 | 2013-03-06 05:17 | 交友録


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

その他のジャンル

最新の記事

G.7の七夕
at 2018-07-09 23:14
乗り慣れない…車で
at 2018-07-08 04:27
22日早い梅雨明け
at 2018-07-02 05:07
何だか…素晴らしい気がする(..
at 2018-06-29 10:08
新聞広告でひらめき(幼友だちと)
at 2018-06-21 22:57
あちらこちらを徒然に
at 2018-06-18 07:22
あら! どこかでお目にかかっ..
at 2018-06-17 05:14
教え子クラス会3(於:宮崎)
at 2018-06-15 01:46
教え子クラス会2(於:宮崎)
at 2018-06-11 05:38
教え子クラス会1(於:宮崎)
at 2018-06-06 04:58
ビバリーヒルズとイヤリング
at 2018-05-23 01:27
半年ぶりでした
at 2018-05-21 19:12
「母の日は忘れない」「あら、..
at 2018-05-19 05:35
不思議な花(アゼムシロとナウ..
at 2018-05-18 12:25
思いがけないこと、奇跡としか..
at 2018-05-15 23:08

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧