俵万智の小さな本から

9月の初めに咲いていた黄花コスモス。
あの優しげでしなやかなコスモスとは、少々趣きが違うのだが……。私の画像ストックが壊れてしまったので、今下の短歌に適した絵が無い。取り敢えずこれでお茶を濁すとしようか。

e0228147_011348.jpg


毛糸編む乙女の指のやさしくてたとえばゆるるコスモスの花
                           宮澤きの江

花の向きさまざまに咲く秋桜をゆるがし渡る夕暮れの風
                           光栄五百子



このコスモスの歌のような、可憐でどこか頼りなげで、白く透き通る乙女の指のような…。
黄花コスモスは、その優しいコスモスのイメージではないのが残念。
いいなぁ、たまには短歌も作ってみたいものだ。


e0228147_14415587.jpg

純白を誇りて朝の姿から活き活き変わるそは酔芙蓉

穏やかに生長のさま見せばやといちにち花の素直なあなた

何に酔い何に感激されたのか赤く染まった花酔芙蓉

変わろうとするつもりですこの先も煌めく陽ざしに感謝しながら  
                            
                         

                           和津(なごつ) そよぎ
e0228147_0134199.jpg
さっそく戯れに作って心を遊ばせた。とても拙い歌ではあるが、たまには澄んだ気持ちと言うか、研ぎ澄ました心というか、一人で満足した気配を寸時だけれど、味わった。




この写真も下の歌と多少関連しているかと、先日の日光戦場ヶ原の風景を額に入れてここにアップしてなんとなく雰囲気を醸し出してみるのもよいかも知れない。
e0228147_2583258.jpg


あまりよい比喩ではないが東山魁夷のやうな山霧は降る
                            中山 明

俵万智の鑑賞としては…
「一見するととぼけた作品だが、絵画を歌に持ちこむことのむずかしさを、逆手にとって、実はなかなかしたたかな所がある。
「よい比喩ではない」という言い方には、東山魁夷の絵に対する批判的な精神があるだろう。が、それでもその言い方を受け入れて言葉にしてしまう作者。屈折はしているけれど、やはり東山作品の、有無を言わせぬ迫力というものを感じているからこそ、なのではないかと思う。」……

そよぎの感想…
山の自然の中での自分を置いて周りを見る。
そこには確かに、深い森に白樺があり水辺を見ていると、白馬が走ってくるような魁夷の絵が思い起こされる。
白馬を人々に想像させてしまうのは魁夷のあの絵の所為なのだ。
誰もが印象に残ってしまうような構図、色合いのものを絵にしてしまう魁夷はやはり物凄さをもった画家だと思った。
e0228147_3284544.jpg

[PR]
by nagotu3819 | 2012-10-09 00:06 | 短詩・つぶやき | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://nagotu3819.exblog.jp/tb/19004227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oshibanayoshimi at 2012-10-09 07:59
 キバナコスモスは、普通のコスモスと、趣が違いますね・・・・・。
押し花にしても、だいだい色が強過ぎて、他の花と喧嘩します。キバナコスモスだけで額に入れると、素敵になります。

亡くなった母が、いつも、「コスモスのような娘に育てたかったのに・・・・・」と、ガサツな私を見て、ため息をつきました。
俳句は作りましたが、短歌は難し過ぎます!
Commented by nagotu3819 at 2012-10-09 15:31
押し花さん、コメントをありがとうございます。
子猫さんのページ(http://koneko2y.exblog.jp/18047777/)のコスモスをお借りしたくなったくらいです。どうぞ、そちらを御覧になりながら、コスモスの短歌を味わってください(^_-)-☆

コスモスのような…?
きっと押し花さんはコスモスのようですよ。お母さんがそう望まれて育てられたのなら、きっと!
9月生まれ同士ですね。(…ですよね?)
やはりコスモスのように…と願っています。私の誕生花がコスモスでしたもの。あの花には、特別な思いはありますね。

Commented by weloveai at 2012-10-10 11:55
俳句、短歌を学んできませんでした、
都都逸のような歌がわかりやすく身近で面白く感じるのです。
教養なしを丸出しです。
額に入ったお写真が油絵のようです。
写実されるのは、根気のいる事なんでしょうと思って拝見しました。
イイネボタン、同じエキサイトなのに何故私は押せないのでしょうね、そよぎさんは押すことができるんですね。
Commented by 長沼 at 2012-10-10 23:44 x
こんばんは。
短歌って、いいですね~。
nagotuさん、素敵な短歌をつくられましたね。
短歌って、なかなかむずかしいです^^;

最近 イイネボタンが押せなくなってしまいました。
何故かしら?キサイトさんのせいでしょうか・・・。
Commented by nagotu3819 at 2012-10-11 08:50
ゆすらうめさん、コメントをありがとうございます。
短歌は、俳句より言葉が多いだけ説明的な要素も加わってきますので、ちょっと饒舌になりますね。
俳句は詩の純粋な要素…心のエキスというのでしょうか、そのものを抽出するので、時として勝手な解釈で読んでくれたりしますが、それはそれで、受け入れなければなりません。
俳句の純粋さ?というものがあると思います。
久しぶりに短歌を作りました。
5,7,5,7,7を、5,7,5,7,「5」と結びたくなり、慌てて指折り数えて作りました。
言葉が少ないだけ、心に届けられる気もします。
イイネボタンは、改善しようとしているようですね。
押すことはできても、プロフィールからしなければならないようで、返って不便になりました。
Commented by nagotu3819 at 2012-10-11 08:57
長沼さん、コメントをありがとうございます。
短歌の形で心を届けること…澄んだ心を内面から抽出してみる作業かな?

変わろうとするつもりですこの先も煌めく陽ざしに感謝しながら(そよぎ)
皆さんからのコメントも私に対する太陽の陽射しみたいに感じられ、徐々に変わって行くのでしょう、酔芙蓉が午後から翌朝にかけての変化を見てみると、きっと私も変わるのね!…という心にも取れますでしょう?
そこですよね。
全ての「あなた」に向かって言葉を並べていました。
思いが深まって来るのが良いですね。
イイネボタンは、最近おかしいですね。

  
                            
                         
Commented by yuyu-prin at 2012-10-11 09:40
短歌を作られるのですね。
短歌と和歌の違いも良くわからなくて
和歌は枕詞が入り短歌は近代的で
情景を詠むのかしら?
教養の無さが身にしみます。
教えて。
他のブログの方にプラウザIE9だと駄目だから
firefoxを入れると良いと言われて
入れましたが、このサイトは遅い。
イイネボタンを設置したなら早く対処して欲しい。
Commented by nagotu3819 at 2012-10-11 12:11
プリンさん、私も不勉強です。
短歌も和歌も総じて同じジャンルとして考えていますので、あまり細かい区別はしていませんでした。
でも、友達が古語を使うように指導されているとの言葉が耳に残っていましたので、敢えて現代語を使わずに作ってもみましたが、俵万智は、現代短歌ですよね。
その中の観賞作品に、東山魁夷の歌があったのです。
これは「ように」ではなく「やうに」と表記されていました。
まあ、齧っている程度ですから、大まかな捉え方でたのしみましょうか…。
特に習って磨いているのではなく、短歌で纏めると思いが深い所で扱っていられるからいいなぁと思ったのです。ごめんね、本格的に味わおうとか作ろうとかしてはおりませんの。
イイネボタンは、一体どうかしてしまったようで、触れたくなくなりました(;一_一)。。。
Commented by ★元気ばば★ at 2012-10-11 14:30 x
教養を必要とするコメント
難しくて
私は 食う食うがいいです
いつもならパスですが読書の秋だから・・・
足跡のみ
Commented by nagotu3819 at 2012-10-11 18:06 x
元気さん、コメントをありがとうございます。
今から用事が出来て、娘宅へ向かいます。今まで、スポーツクラブで頑張っていたのよ~。
ホントに、コメントをありがとう!今、ご無沙汰していますが、御免なさい。ちょっと遊ぶことがあったりして…。
本当に申し訳なく思っています。
すみません、ついでに、Yoshi2005さんもなんです。

名前
URL
削除用パスワード


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

そよぎさん、こんにちは~..
by shizuo7f at 17:04
G7 なんてお洒落なネー..
by chie_1952 at 12:06
♣ rabbitjump..
by nagotu3819 at 01:05
G7、素敵なお集まりです..
by rabbitjump at 19:50
♣ komiti15 さ..
by nagotu3819 at 21:36
不慣れな車の運転者には、..
by komiti15 at 18:37
♣rabbitさん、ごき..
by nagotu3819 at 12:05
豪雨被害本当に大変なこと..
by rabbitjump at 09:50
♣ shizuo7f さ..
by nagotu3819 at 01:02
♣ rabbitjump..
by nagotu3819 at 00:45

最新の記事

G.7の七夕
at 2018-07-09 23:14
乗り慣れない…車で
at 2018-07-08 04:27
22日早い梅雨明け
at 2018-07-02 05:07
何だか…素晴らしい気がする(..
at 2018-06-29 10:08
新聞広告でひらめき(幼友だちと)
at 2018-06-21 22:57
あちらこちらを徒然に
at 2018-06-18 07:22
あら! どこかでお目にかかっ..
at 2018-06-17 05:14
教え子クラス会3(於:宮崎)
at 2018-06-15 01:46
教え子クラス会2(於:宮崎)
at 2018-06-11 05:38
教え子クラス会1(於:宮崎)
at 2018-06-06 04:58
ビバリーヒルズとイヤリング
at 2018-05-23 01:27
半年ぶりでした
at 2018-05-21 19:12
「母の日は忘れない」「あら、..
at 2018-05-19 05:35
不思議な花(アゼムシロとナウ..
at 2018-05-18 12:25
思いがけないこと、奇跡としか..
at 2018-05-15 23:08

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧