六月の父母の日

家族のイベントとして
今年は少し趣向を変えて祝ってくれました。

e0228147_06241031.jpg

いつも「母の日」と「父の日」はそれぞれに
感謝しているし、気持ちの表れを盛花を用意したり
記念の品を贈ったりしていますが、
今年はちょっと趣向を変えてみましょうか…と。

言い出しっぺは長女家族です。
長子の特性でしょうか。
いつも家族のこと、一人一人のことを考えて、
自分はさておき色々家族思いであると思っています。
楽しませてくれること、有り難いと思います。

ただ今は次女家族は忙しさ真っ最中、
目前のことで手一杯、それどころではないだろうけれど
頑張って集まってくれようとしています。



e0228147_10021950.jpg


今回は残念ながら全員集合ではありません。
二人欠席でした。
でも此処には足を運べなかったけれど、
それぞれの気持ちが通じます。

痛いほどそれがわかります。
何とかしたいと思いつつやむを得ないのでしょう。

ありがとう! ありがとう!


e0228147_11070379.jpg


記念の贈り物は夫婦の飯碗と茶碗のお揃いセット
と夏の軽く羽織れるもの、向日葵を中心にした花束と
名古屋の海老煎餅や夏のマドレーヌなど。
きっと二人の女きょうだいが音頭をとって
三人きょうだいの心を盛り合わせて
くれたのだと察しています。

そして色紙のプレゼントです。


たっぷり野菜に気を入れて
お寿司をふるまってくれました。
お父さんの好きなそして過去に褒められた煮物もあります。
根菜や青物の料理、いわゆる家庭料理で埋められていますが、
いつも作りすぎです。

少食傾向の家族もあって、育ち盛りの子に喜んで
食べてもらうことを期待しています。

e0228147_06382186.jpg

色紙には私たちに向けてメッセージがいっぱいです。
心がぽあ~っと温まります。
頑張っていこうと感じさせ、また元気をくれています。

夫からの、私からのメッセージ交換も
胸が熱くなります。

日ごろ言葉に出さないようなことも
書き連ねることができるのが嬉しいです。
ちょっとこの場で披露しました。

そしてさらに子どもや孫のメッセージも
声に出して読みたくなりました。


嬉しさを表したかったのですが
お年頃の孫の「恥ずかしいから…」という
声が聞こえてきたので読むのをやめましたが、
「自慢」「大好き」「宝物」「笑顔の源」「活躍」「喜び」「元気の秘訣」
「応援」「最高の生き方」「長生き」「人生を楽しむ」などなどの
心がいっぱいの素晴らしい宝物でした。

私の宝物です。
家族の気持ちの結集で
何度も読み直し昔の色紙も並べて読んで
楽しみました。







☆pageTop☆





More
[PR]
# by nagotu3819 | 2017-06-25 09:17 | 私の原風景 | Trackback | Comments(10)

映画「家族はつらいよ2」と友だち

"blog友だち訪問"していたら、映画を見たお話…、
が興味を惹いた。
たまには映画を観て来ようと思い立った。

以前近くの友だちを映画に誘ったら、申し訳なさそうに
「私ね、映画は最近独りで観るようにすることにしているの…」
と言われた言葉を思い出して、
私も独りで行くことにしてみた。
e0228147_02412152.jpg

なんだか面白そうで、そして泣き笑い…らしい、
山田洋二監督の『家族はつらいよ2』



e0228147_02411381.jpg

それは確かに面白くて、私の隣は空席だったが、
そのまた隣の席に多分老夫婦らしい二人連れが座られていた。

話の展開が笑わせる。
いわゆるペーソスとユーモア。

何と、人が死んだというのに大笑いをなさるその老夫婦。
多分初めての鑑賞じゃないに違いない。
期待していたように笑い声を二人で上げなさる。
お互いにくすぐり合いをしているように…だ。
死んだという話の展開に
もうおかしくてたまらない、何とかしてくれ…と
言いたげな笑い方をしていた。

こういう方々が周りに座しておいでになる映画鑑賞は嬉しい。
私の関わりのない人が隣に居るのだから気楽なのだ。
思うままにしんみりしていても良いし、
声を出して笑っても良い雰囲気に浸り始めていた…。





人の一生なんて、こういうものね、
笑って過ごしても、泣いて過ごしても、同じだけの時間の
流れにいるのよね…とサバサバして映画を観終わった。



そして一応、近くにお住いのOg.さんに連絡してみた。
「K.駅の近くに居るからお茶飲まない」と誘った。

いつもご自身の健康に気遣ってS.C.に日勤されているような彼女が
家にいると言う。

「いらっしゃいよ、今家に帰ったばかりなのよ。
もうそちらに出る気がしないもの、どうぞ良かったら来て…」と。

彼女の家には何回かお邪魔しているが
最近はとても久しぶりで、マンションのお部屋No.も
どういう風にお尋ねするかも忘れている。
最近の建物はお邪魔するにもセキュリティがしっかりしていて、
結構難しいし、忘れるくらい久しぶりだった。

電話して階下まで来ていることを告げて部屋No.を教えて頂き、
ドア・ゲートが開いて、手前ではなく奥の方のエレベーターを使ってという。
そして彼女のドア・フォーンを押して「こんにちは!」となる。

笑顔のOg.さんに迎えられると「かわいいお客様が居るのよ、どうぞ…」
と予期していないこととなった。

そこには美しくお若いお嬢さんみたいな
奥様が先客として居られたのだ。
その方はこちらに近く住んで居られてよくお邪魔しているらしかった。
黒髪が乙女のような彼女はなんと大学を卒業した
お子さんが居るというのだ。

私の娘もその方に近いかと思われて、生まれは昭和40年代ですかと
お尋ねすると言葉を濁されたので、意外に思った。
もっと上かもということらしい。
なので、その話題は遠くへ押しやって他の話とした。

Og.さんは若い方とお友達でも、ちっとも違和感がない。
そんなOg.さんの意識はとてもお若くて素晴らしいと感じた。
初めて御目文字のその彼女はしばらく談笑して後に
他に用事があったらしく腰を上げられた。
それを潮時に
私もおいとまするつもりでバッグを取り上げ帰ろうとしたが、
久しぶりだからと引き留められた。

私は他には用事もなく、二人だけの会話も懐かしく思い、
そのお言葉に甘えてもう少しの間、滞在することにさせて頂いた。
…と言っても、特別に話題があるわけじゃなくただ懐かしさで…。

昔、3~4年間、または5年にわたっていたかしら?
いつの間にか時を重ねて、二人は気が合ってともに学んだ頃のこととか、
あの時のT.先生が入院なさっていたことも知らずにいたとか、
先生のお住い街区に居られてもその後の消息を知らなかったとか、
またお教室を1カ月に1度というペースで
始めて下さったなど、色々近況をご披露された。

e0228147_09311936.jpg
積もる話で辺りが暗くなるほどの時間になってしまった。

生憎、車検で車がないので、バスを使って来たのだった。
この辺のバスはあまり使ったことがないし、
ちょうどバスが来る時間を外してしまった。

帰りは自転車で帰るからと私を最寄りの駅まで送ってくださると言われ、
遠慮したのだが散歩を兼ねて二人でぶらりと歩きながらの
おしゃべりタイムも与えられて、これもまたよい時間の展開となった。

M.総合高校辺りの
バス停まで遠回りしながら…。

明日は1泊の車検も終わって車を取りに行く予定。

車を受け取りに行く前に、明日は家族のイベントがあるのだ。
『家族はつらいよ…』なんて言わない良いことが…ね。








☆pageTop☆





[PR]
# by nagotu3819 | 2017-06-22 04:41 | 趣味・作品展・朦朧 | Trackback | Comments(6)

梅雨の晴れ間の蓮の花と友だちの兄上と

大賀一郎博士の執念の発掘
二千年の眠りから覚めた蓮の花…。

大賀ハスは、1951年、千葉県千葉市検見川にある
東京大学検見川厚生農場(現・東京大学検見川総合運動場)で発掘。

ボランティアや中学校生徒が発掘調査をしていたが
花園中学校の女生徒が発掘した蓮の種一粒。
その2,3日後に2粒発掘で全部で3粒が大賀博士の手に。


大賀は5月上旬から発掘された3粒のハスの実の発芽育成を、東京都府中市の自宅で試みた。2粒は失敗に終わったが3月30日に出土した1粒は育ち、翌年の1952年(昭和27年)7月18日にピンク色の大輪の花を咲かせた。このニュースは国内外に報道され、米国ライフ週刊版1952年11月3日号p60 に「世界最古の花・生命の復活」として掲載された。(WEB内では、11月17日の日付が流布しているが、こちらは国際版Vol.13,No.10の発刊日に拠る。p26に掲載。)撮影は JUN MIKI(三木淳)による。 「大賀ハス」と命名された。また大賀は、年代を明確にするため、ハスの実の上方層で発掘された丸木舟のカヤの木の破片をシカゴ大学原子核研究所へ送り年代測定を依頼した。シカゴ大学のウィラード・リビーらによって放射性炭素年代測定が行われ、ハスの実は今から2000年前の弥生時代以前のものであると推定された。自宅近く、大賀の銅像が建てられている府中市郷土の森公園修景池ではこの二千年ハスが育てられており、鑑賞会が催されている。この古代ハスは、1954年(昭和29年)6月8日に「検見川の大賀蓮」として千葉県の天然記念物に指定された。また1993年平成5年)4月29日には千葉市の花として制定され、現在千葉公園中央区)ハス池で6月下旬から7月に開花が見られる。(ウィキペディアから)

植物学者の大賀一郎博士の自宅で
弥生時代以前の蓮の種から優し気な色合いの蓮の花が開花し始めた。
そのゆかりの蓮の花が開く

e0228147_00272010.jpg
明日からイベントのハス祭りが開かれるというその日に
千葉公園に歩こうと誘われたことをきっかけに出かけてみた。

池の周りには蓮の花をめでる人たちがにぎわっていた。
月曜日の午前中。
学校から写生会で来ていた小学生と先生がお二人。
写生を指導なさっていてついでにそのモデルの蓮の花周辺を
デジカメに納められているのを遠目に見ていた。

時間内に描ききれない子たちへ確認材料として
写真を撮ってあげていたのかも知れない。

やはり気になる私は、子供たちの今描いている絵を
見に近づいて話しかけてみた。

まず指導の先生に話しかけて小学生に話しかけた。
子供たちは4年生、近くのY小学校で歩いて20分くらいという。
C市が蓮の花を描くテーマでコンクールを企画しているから
それに参加するためと説明してくださった。

e0228147_00282083.jpg
子供たちは絵にする風景を切り取るための四角い枠を手に持ち、
どの位置を絵にするかをまず選んで画用紙に描いていた。

よく私たち世代の人間が、両の手の親指と人差し指で
四角い枠を作り構図を決めるあの指の代わりを別の厚紙を
四角に切り抜いてその枠を通して構図を決める手掛かりにしていた。




その後、爽やかな風が流れているような気分で
生涯学習館(この日は月曜日で休館)併設の喫茶店で
軽く昼食を摂り、ここまで歩いた疲れを取るため少しゆっくりした。



帰り道に、この辺りに私の親友の実家にあたる
家があったはず…。
ぶらり、ぶらりと、歩いて行った。
確かこの辺だと思いつつ、ふと見ると生垣を剪定した
小枝や木屑を掃除されていた人が居られた。

でも関係がないかもと、門標を確かめに行ったら
何とそのお掃除の方が不審そうに私を見とがめたのだ。

私もその家の関係者ではなくてご近所の方かしらという思いもしたが、
「もしかしたらKaturaさん?」と初対面ではあったがお尋ねしてみた。
そして「私はこちらのYoshikoさんと友だちです」と名乗ってみたら、
確かにと、心当たりのお顔をされたのだ。

よく見れば、Yoshikoさんに似ておられる…。
お兄様だ! 確かマスコミ関係で働いて居られた…と
声に出してみたら、「はい、NTVのニュース部に…」と応えられた。
「キャッ!嬉しいことだわ、奇跡のような!…こういう運命が私を
待っていてくれたなんて…。
こんなことがあるのだわ!」

e0228147_00291884.jpg

彼女がLINEを始めてまだ初心者マークなのと、お正月の頃に言われていたわ…。
私のこの奇跡をYoshikoさんにLINEで送りますので
写真を撮って良いですか、と尋ねて承諾を得た。

そしてまたまた偶然とは驚きの出来事だ。
撮影の真っ最中に公道の真ん中で止まってウィンカーを出している。
車が入ってくるのにカメラなど出し私は邪魔をしていると慌てたら、
Katuraさんの姪御さんだった。

Yoshikoさんの姪御さんはカリフォルニアにお住いなのに出産も兼ねて
彼女の実家(Yo.さんの兄上宅)にしばらく滞在するということで、
外出から車でちょうど帰って来られたところだった。
ちょうど良いことに一緒のカットに収まって戴いた。


いつかのクラス会に珍しく出席の写真をここに載せておこう。
(2015.4.11のもの)

e0228147_00000956.jpg
早速LINEで連絡してみた。
彼女(Yo.さん)は初心者マークと言われていたのに
長い文章が送られてきて、さすが!と思ったのである。

***




☆pageTop☆





More
[PR]
# by nagotu3819 | 2017-06-16 00:13 | 旅・散歩:食事 | Trackback | Comments(6)

青葉爽やか-恩師を囲む会と墓参会

スポーツクラブに徒歩で行きます。
疲れたりすると、または時間的に遅くなってしまったときは
バスを使いますが、片道4000歩弱を
励んで参ります。
それも準備運動の一部になると
考えているので歩くようにしているのです。
その途中の小さな公園のあじさいたちが
梅雨空の下で梅雨だと知らしめるように静かに咲いています。
e0228147_00244274.jpg


翌日もスポーツクラブに行きたいと思っていたのですが、
遠くからいらっしゃるChiekoさんのお知り合い、Todaさんが
私たちの中学時代の恩師の指導なさっている『絵画作品展』に行きたい、
直に観たいと思われて居られると聞いて、Todaさんのご希望に添って
その絵画作品展に参りました。

T.さんは趣味の広い方で絵画関係のみならず
文化面や、地域ボランティアのチーフなどリーダー的に
活動していらっしゃいます。お忙しい方です。

私自身は今、これといった活動はしていないし、
個人的な動きしかしていません。
この日しか空いていないというT.さんの気持ちに
私たち元生徒は先生を囲み、そのTさんの話にも
耳を傾けて楽しいひと時を過ごしました。

e0228147_00250905.jpg

e0228147_00524592.jpg

恩師は高瀬寛先生 水墨画「華」 御年92歳
絵画協会名誉会長も務めておられます。

先生は教室を4つお持ちで、自転車で移動するようです。
今回の会場「中央駅前地域交流館 2号館」 3F


e0228147_00252852.jpg
高瀬先生に連絡させて頂きましたところ
私たちの時間に合わせて会場まで駆けつけて下さいました。
私たちは高瀬先生のご活躍と、ご健康を
拝見するたびに嬉しく思い、教え子の私たちは
先生の後に続きたいものだと、何かに目標をもって
一途に頑張っていけますようにという
力を与えて下さるような気がします。




6月1日は母の命日です。
私は今回、大事な夫のことが気がかりでその命日には
お墓参りが出来ませんでした。

少し離れたお墓所に、姉妹揃って出かける日まで
妹たちは私を待っていてくれました。
結局10日遅れて、揃ってお参りが出来ましたこと
私は大変うれしく思いました。

私の事情で遅らせてしまった墓参だったので、
寂しがり屋だった亡き母に、墓前で言葉に出して詫びました。



e0228147_00262441.jpg

そして帰路は揃ってフランス料理店に行き、
コース料理に舌鼓を打って、ひと時を楽しむことが出来ました。

この墓参会がまた素敵な時間が過ごせた訳で、
私たち姉妹の気持ちと亡き母への想いを
しみじみと有り難く思ったのでした。









pageTop☆





[PR]
# by nagotu3819 | 2017-06-13 09:58 | 交友録 | Trackback | Comments(8)

ギャラリーでミニコンサート

T市に友だちC子さんのボタニカルアートの先生が
居られる。
先生のギャラリーでコンサートを開くと
ご案内を頂いた。

以前もお邪魔したことのある
新設のギャラリーでコンサートが開かれるというので、
出かけることにした。
けれど、場所がちょっと面倒で億劫な気もしたが、
高速道路を使って行けば結構早く着いて
30分足らずの11時半には到着していた。


e0228147_09252125.jpg
e0228147_09294818.jpg

かつての、そして今も親友と思っているCさん。
特に子供時代はお互いに家をお邪魔して、さらに泊まってもらったり
泊まっていってよとお誘い受けたり…。
そして父上の転勤に伴い転居された。

懐かしい思いで訪問して一緒にカルメ焼きを作って遊んだり…と、
彼女との思い出はたくさんあった。

そしてこの度、コンサートに人数が制限あって…と、
ボタニカルアートをご指導下さった澤登千代子先生の
アートギャラリーでのコンサートに限られた人数だけどと
誘ってくださった。


e0228147_09272719.jpg
澤登千代子先生は、この度皆さんのおもてなしに
何をしようかと考えた末、玄関からガレージを開放して
そこに赤い絨毯を敷いて通っていただくことにしたと言われた。

これはかつてご自身も参加された美術展に
秋篠宮様ご夫妻が来られた際に使われた、とっておきの
赤い絨毯を敷いてみたと語られた。
皆さんにその絨毯の上を歩いて欲しかったと話された。

e0228147_09284135.jpg
数々の賞を頂いたりの作品に囲まれた明るいギャラリー。
そこで、澤登さんの、親友の市原きみ子さんが
フルートを演奏された。
彼女はインドやネパールへ半年間も旅してきたという。
そこで譲られたり購入したりした
楽器の数々もご披露された。

e0228147_09293145.jpg
青い空が見えるギャラリーで、「コンドルは飛んで行く」の曲、
アンデス地方のゆったりしたメロディーから始まった。
そして何曲かの演奏と、これまでの彼女の生きてきた道筋を
ご披露して語られた。

e0228147_09285583.jpg
もうじき70歳というお年頃。
自信をもって生きてこられたバックボーンが
ゆるぎない美しさを表して、しばし思いを馳せて聞き入った。

そして日本の曲ー春から冬までのイメージー早春賦、花、もみじ、
冬の星座、冬景色などを演奏されて懐かしく子供のころを
思い出させるような曲想を展開されて
その小さなコンサートは閉じられた。


e0228147_09291686.jpg

インドやネパールから持ち帰った珍しい楽器のご披露も。

珍しく好い雰囲気は聞いていた人たちに豊かな広がりを与えた。

e0228147_09265702.jpg
離れがたくその後の時間に心を漂わせた。
それぞれの思いを膨らませて
お茶やケーキを頂きながらのゆるりとした時間も
あったのだが、そうも長居は失礼とばかりに
三々五々解散して、会場の後片付けもちょっぴりだけ
させて頂いておいとました。



下は、コンサートが始まる前に
親友Ko.さんと食事を楽しんでから
会場へ赴いた。
e0228147_09254504.jpg
その後コンサートを楽しんでから
会場を辞して、帰路に先ほどのレストランで
お茶をした。

とてもゆっくりした雰囲気の喫茶店で
楽しくコンサートの余韻を楽しんで5時近くまで
おしゃべりを楽しみ旧交を温めることができた。

e0228147_09260147.jpg

前日にCさんに今日のことを打ち合わせるための連絡すると
ご主人に伝言していながら、一人良い気分になってしまい、
いつの間にかうたたねをしてしまっていた。

そんなところに彼女から電話を頂いてしまった。
その電話では、少々酔いが残っていたかもしれず、
ご機嫌の私の応答で電話線から伝わってしまったようだ。

そんな事も彼女はご主人に話してしまったのか、
「飲んで行きなさいよ」とお誘いがあったのが嬉しかった。

今日は泊まっていけばよいからと…。
それって、子供時代の私たちの泊まり合いを髣髴と
させたことであった。

でも私は運転して帰るつもりだったので
有り難く、そして後ろ髪を引かれる(笑)思いで
友だちの家をおいとましたのである。








☆pageTop☆




[PR]
# by nagotu3819 | 2017-06-11 00:40 | 趣味・作品展・朦朧 | Trackback | Comments(2)


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

♣oshibanayos..
by nagotu3819 at 22:11
こんばんは。 現代川柳..
by oshibanayoshimi at 20:54
♣rabbitさん、ごき..
by nagotu3819 at 00:15
あっ!知っています、この..
by rabbitjump at 20:01
♣shizuo7fさん、..
by nagotu3819 at 19:29
もう一度読まれたんですね..
by shizuo7f at 12:22
♣oshibanayos..
by nagotu3819 at 10:01
♣ mary_snowf..
by nagotu3819 at 09:54
おはようございます。 ..
by oshibanayoshimi at 06:22
そよぎさん、おはようござ..
by mary_snowflake at 05:46

最新の記事

「わたげ」を拾い読み ④ 蛇..
at 2017-08-16 17:40
お盆のころ
at 2017-08-14 05:12
僅か6年前なのに…
at 2017-08-13 01:56
「わたげ」を拾い読み ③19..
at 2017-08-12 04:20
みんなの夏休み 始まりです
at 2017-08-11 00:33
主治医花井先生の本 平和と核廃絶
at 2017-08-10 01:51
思うこと(散歩とミニスカート)
at 2017-08-09 01:30
「わたげ」を拾い読み ②19..
at 2017-08-08 05:30
誘われて I.川市民納涼花火..
at 2017-08-07 19:56
「わたげ」を拾い読み ①19..
at 2017-08-06 06:23
Nkym‐summitと新参..
at 2017-08-05 05:50
いつも青春の心で
at 2017-07-27 05:18
寿命を生ききる!
at 2017-07-25 05:17
真夏の夢でも…
at 2017-07-22 07:20
偶然が偶然を呼んで
at 2017-07-19 05:16

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧