独り言して学ぶ②

e0228147_22571555.jpg

追記:(①の語群の感想から始まっています↓)



非日常的で苦しい、想像もできないような
苦の極地という言葉の羅列というもので
どこかで救われたような感じです。

仏教での教義の言葉かもというような
そういう言葉に、私の「悶々」だなんて
大袈裟すぎたような…、
しかし反対に、これらの極端な語群に
救われているような…。

このような苦しみには到達していないと
思えて救われている自分…。
人間の心って勝手なものだと
思えました。



e0228147_23012646.jpg

では、『独り言して学ぶ①』の続きの語群を
並べてみましょう。

そしてもし私の心境に似ている方が
おられましたら少しでも軽くなられますように。

こんなにたくさんあるのと
読み進むのが嫌になってしまうのなら
ちょっぴり私と同じような心境になったのかもね。

良かったですね。


e0228147_01271158.jpg


●内顧=妻子のことを考える 頭を巡らして見る
●内攻=感情が内部にたまること
●投げ首=首を傾けて考え込むこと
●嬲(なぶ)り殺し=苦しめ悩まして殺すこと
●難行苦行=非常に辛く苦しい目にあうこと
●難路=困難な道
●肉芽=外傷で損なわれた組織を補うために新しくできた組織
●濁り=けがれ 汚れ 言葉の訛り だみ声
●荷厄介=負担になって持て余すこと
●忍苦=苦しみに堪え忍ぶこと
●忍従=じっと我慢して従うこと
●抜き差しならぬ=どうにも始末がつかない
●農業恐慌=農産物が生産過剰で価格が下がり農民が困窮すること
●のた打つ=苦しみもがく
●退(の)っ引き=避け退くこと
●配所=流刑などで流された場所
●配流(る)=流罪にすること
●破局=行き詰まってどうにもならなくなること 悲惨な結果
●薄命=不幸な運命、ふしあわせ
●箸にも棒にもかからぬ=もてあます
●八苦=生・老・病・死 の四苦に加え 愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五陰盛苦
●羽目=困った立場や境遇
●煩冤(はんえん)=もだえ苦しむ
●盤根錯節(ばんこんさくせつ)=乱れもつれて解決の難しい事柄(わだかまる根、入り組んだ節の意)
●万障=あらゆる障害
●万難=多くの困難
●煩(はん)悶=考え悩むこと
●煩憂=もだえうれえる
●煩労=煩わしい骨折り、煩わしさに疲れること


e0228147_23041825.jpg


●非運=運の悪いこと
●悲境=不運な身の上、悲しい境遇
●ひたぶるに=ひたすら、むやみに
●筆禍=公にした文章のために法律上・社会上受ける災難・制裁
●逼(ひっ)迫=差し迫ること、経済状況が苦しくなること
●人身御供=他人の欲望の犠牲となる人
●疲弊=困窮すること、疲れ弱ること
●非役=役をやめさせられること
●氷炭相容(ひょうたんあいい)れず=性質が反対で調和しない(氷と炭火は同じ所におけないの意)
●漂泊=あてもなくさまよい歩くこと 流れ漂うこと
●尾籠(びろう)=人前で口にするのがはばかられること
●風雪=世の中の苦難
●風波=もめごと、争い
●傅会(ふかい)=こじつける、付会
●腐心=ひどく心を悩ますこと、苦心
●不随=思うようにならないこと、不随意
●乏少=とぼしい、少ない
●乏絶=不足し尽きる
●這(ほう)々の体=散々に苦しめられてかろうじて逃げるようす
●亡羊の嘆(ぼうようのたん)=別れ道で逃げた羊を見失い途方に暮れる
●回り遠い=手っ取り早くない
●万鈞(きん)=非常に重いこと
●卍巴(まんじともえ)=互いに相手を追い掛けるように入り乱れること
●マンネリズム=独創性を失って型にはまった状態
●身につまされる=自分と比べて他人の不幸が思いやられる
●水物=状況によって変化しやすく予測しがたいもの
●味噌を付ける=失敗する、面目を失う
●禊(みそ)ぎ=身の罪や汚れを払うため川などで身を清めること・また自ら受ける罰や試練
●未必(みひつ)の故意=よくない結果を生むのを承知であえてその行為をする心理状態
●身悶え=身をもんで苦しんだりいら立ったりすること
●無意義=意味のないこと、役に立たないこと
●無間地獄=日夜絶え間なく熱火の苦しみを受けるという地獄、阿鼻(あび)地獄
●無告の民=苦しみを訴えて助けを求める当てのない哀れな民衆
●無体=無法。無理…
●無手=手段・方法を持っていないこと<!--;"-->
●胸苦しい=胸元を圧迫されるようで息苦しい
●無理算段=無理をなんとか都合をつけること
●明言=はっきりと言うこと、明答
●明察=はっきりと事態を見抜くこと
●名状=状態を言い表すこと
●滅茶=筋道の立たない、甚だしいこと
●盲目的=理性を失った様子

e0228147_23052509.jpg
●悶える=思い悩む、煩悶(はんもん)する
●悶死=苦しみ悶えながら死ぬこと
●悶絶=苦しみ悶えて気絶すること
●悶々=悩んで悶え苦しむさま
●痩せ腕=力量に乏しい手腕
●窶(やつ)す=痩せるほど思い悩む
●宿す=内に含み持つ
●遣り切れない=我慢できない
●遣る方無い=切なくて苦しい、思いを晴らす方法がない
●憂患=心配と悩み
●幽囚=捕らわれ牢に押し込められること
●行き悩む=進むのに困難を感ずる、物事が思うようにはかどらない
●由々しい=このままにはしておけない
●夜も日も明けない=それ無しには少しの間も過ごせない
●夜を日に継(つ)ぐ=昼も夜も休まず続けて物事をする
●よくせき=考え抜いたあげくやむなく、よくよく
●弱り目=困ったとき、不運な場合
●磊(らい)塊=心中が穏やかでないさま
●烙印を押される=ぬぐい去ることのできない汚名をきせられる
●ラストヘビー=競技などで最後の奮闘
●羅刹=悪鬼の一種で、人の血肉を食い地獄で罪人を責め苦しめるもの
●落果=果実が成熟前に落ちること
●乱世=乱れた世
●乱想=思いまどう、心のまどい
●乱麻=こんがらがった物事
●乱脈=乱れて筋道が立たないこと
●理が非でも=理屈に合わなくても、なにがなんでも
●罹(り)災=地震・火事・洪水などの被害に遭うこと
●流汗=恥じたり苦しんだりして汗をかくこと
●竜頭蛇尾(りゅうとうだび)=最初は非常に威勢が良いが、終わりの方がふるわなくなること
●粒々辛苦(りゅうりゅうしんく)=苦心を重ねて完成に努めること
●輪禍=自動車や電車などにはねられたりひかれたりするする災難
●縷(る)々=細く絶えないで続くさま、細々と説くさま
●冷汗=冷や汗
●隷(れい)従=家来として従うこと
●露悪=自分の悪いところをわざとさらけ出すこと
●労苦=骨折り、苦労、辛苦
●惑乱=心がまどい乱れること、心をまどい乱すこと
●煩う=悩み苦しむ
●侘びる=つらく思う、つらいほど思う
●理(わり)無い=筋道が通らない、分別がつかない、仕方がない








[PR]
# by nagotu3819 | 2017-05-26 19:32 | memo | Trackback | Comments(12)

独り言して学ぶ①

e0228147_01265253.jpg


何だか、独り悶々…。
あら、悶々という字はかなり凄いわね。

この文字ほど独り閉じ籠ってはいないけど、
ちょっと単純に笑っては居られない気持ちになることもあります。

原因はひところはやった言葉「バイオリズム」の
不調なのかしら
…など、暢気なことを言う気もしませんけれど。

どういう風の吹き回し?
「わたくし」ってこんな時もあることを、
心の一隅を深く見つめていることも、
悪くはないものと思えてきます。

久しぶりです、こんな心境になったのは…!

ところで、「悶」は、どんなイメージかしらと
検索してみたくなりました。

悶絶(もんぜつ)の意味
●苦しみもだえて気絶すること~~ワ!気絶してしまうのね。

悶々(もんもん)の意味
●悩みくるしむさま~~なんだよね。

他にはどんな表現があるのかしら?どちらかというと、
そう言う心境ってボーっと考えているより
賢くなったような気がすることは
独りよがりですかしら…。

e0228147_01255121.jpg


Webで見てみました。
マイナス座標にある言葉群…、
むしろ黙考しているようなときに見てみると
なかなか面白いし、知らなかった~~と
思えまして興味津々となりました。

スゴイと思いました。

●一意攻苦(いちいこうく)=心を打ち込んで苦しみ考える
●一陽来復(いちようらいふく)=苦難が去って運が開き始める
●乙(いつ)々=良い考えが浮かばず苦しむさま
●一過=一つの過ち
●一敗塗地(いっぱいとち)=二度と立ち上がれないほどの敗北を喫する喫する(内蔵も脳も散り泥にまみれる)
●意馬心猿=人間の煩悩がどうにも抑えられないこと
●隠忍=じっと我慢すること
●憂き目=辛い体験
●慨然=憤り嘆く様 憂え嘆く様
●河清=望んでも実現しないこと
●角(かど)番=追いつめられた状態
●窮迫=行き詰まって困ること
●窮乏=貧しくて苦しむこと
●苦界=苦しみや悩みの多い人間界
●苦汁=くるしいこと
●苦渋=苦しみ悩むこと
●苦衷=苦しい心の中

e0228147_23375938.jpg
●業苦=前世の悪行のために現世で受ける苦しみ
●困(こう)じる=困る 苦しむ
●倥偬(こうそう)=苦しいさま 苦しむ
●呉越同舟(ごえつどうしゅう)=仲が悪いもの同士が一緒に同席・行動すること
●酷烈=厳しく激しい様子
●困却=こまりきること
●困窮=困り苦しむこと、非常に貧乏して苦しむこと
●混迷=混乱して見通しがつかないこと
●災厄=災難、わざわい
●蹉跌(さてつ)=障害や失敗で行き詰まること
●三火(さんか)=苦しみの盛んな三つの煩悩…貪(むさぼる)・瞋(いかる)・痴(情欲)
●三患(かん)=三つの苦しみ(無聞,聞いているが学べない,学んだが実行できない)(心配,仕事,恥辱)
●思案投首(しあんなげくび)=いくら思案しても名案が浮かばず困りきって首を傾ける様
●四苦=人が必ず受ける四つの苦しみ →生老病死
●雌伏(しふく)=時期が来るまで活動せずこらえていること
●執(しゅう)心=一つのことを深く思い込むこと
e0228147_22411269.jpg
●渋面(じゅうめん)=苦々しい顔、しかめっ面
●憔悴(しょうすい)=心痛のためやつれること
●シリアス=深刻な様子
●呻吟(しんぎん)=苦しんでうめくこと
●侵刻=犯し苦しめる
●辛(しん)勝=やっと勝つこと
●心神耗(こう)弱=精神が弱って識別力が弱ること(喪失より軽い)
●辛労=苦労
●酔生夢死(すいせいむし)=何をすることもなく無意味な一生を送ること
●数奇=不幸、不遇、不運
●寸善尺魔(すんぜんしゃくま)=世の中は良いことが少なく(寸)悪いことは多い(尺)
●積悪=長年積み重ねてきた悪行 ←積善
●舌禍=讒言(ざんげん)によって受ける災難、自分の言説で受ける災難
●責め苦=責めさいなまれる苦しみ
●千辛万苦(せんしんばんく)=さまざまの苦労・難儀
●前非(ぴ)=過去の過ち、先非
●前門の虎後門の狼=一難去ってまた一難
●俗塵=俗世間の煩わしさ
●側(そば)杖=近くにいたために受ける思いがけない災難
●耐乏=不自由をたえ忍ぶこと
●大厄=大きな災難、大過
●高手小手=後ろ手にして首から二の腕、手首まで厳しく縛ること
●蛸配当=会社が利益もないのに配当すること(蛸が自分の足を食べるの意)
●多情多恨=感じやすく悩みが多いこと
●他聞(ぶん)=他人の耳にはいること
●沈思=深く考え込むこと

e0228147_01261412.jpg


●蹲(つくば)う=うずくまる
●拙い=運がない
●罪科(つみとが)=罪と過ち、罪過(ざいか)
●低回=思いに沈みながらゆっくり歩き回る
●低迷=頭を垂れてさまようこと
●適者生存=(生存競争で)環境に適したものだけが生き残ること
●摘芯=植物の茎の先端の芽を摘むこと(根や花など他の育成を調節するため)
●手暗がり=光りが自分の手で遮られ手元が暗くなること
●デスペレート=絶望的、自暴自棄的
●鉄窓(そう)=ろうや、監獄
●鉄槌(つい)=厳しい制裁
●デッドロック=交渉や討論の行き詰まり
●輾転反則(てんてんはんそく)=心配事や痛みで眠れず何度も寝返りをうつこと
●当為=「そうあるべきである」として当然求められること
●倒懸(とうけん)=非常な苦しみ(手足を縛って逆さに吊す意)
●倒錯=正常の状態ではなくなること。精神…
●撞(どう)着=突き当たること、前後一致しないこと、矛盾
●唐丸篭(かご)=江戸時代に罪人を護送した竹製の篭
●徒刑=労役を科する刑
●屠(と)所の羊=不幸に直面して元気を失った者の例え
●塗炭(とたん)の苦しみ=泥にまみれ火に焼かれるようなひどい苦しみ
●土壇場=切羽詰まった場合









[PR]
# by nagotu3819 | 2017-05-26 01:30 | memo | Trackback | Comments(4)

とげぬき地蔵・旧友‐先輩・母の日に

ある日友だちに誘われた。
”明日は「4」の付く日だからとげぬき地蔵の縁日です”
”一緒に行きましょう、私の友だちも誘っていて
当日は来ることになっているけれど、ご一緒しましょう。”

私には、その話題さえ一度もなかったのに
突然に友だちの友だちと同行することを提案された。

私は人見知りをしない方なので構わないが、
相手の方々は仲良しでもない、ましてや初対面の人(私)が
同行するなんて嫌なんじゃないかと、気にかかった。

以前「一緒に出掛けること聞いてないし突然だと
戸惑いますよ。困ると思うよ。」という別友の反応もあったので、
「見知らぬ人間(私)を連れて来るのは相手に悪いんじゃないの」と
反応した。
過去にそのことを疎んで、初対面のその新入りと
仲良くする様子も見せなかった友だちが、
胸の内を吐露されたことがあった。


e0228147_02044635.jpg

しかしそのお相手は私の存在を全く気にすることもなく
10時半から午後5時過ぎまでのんびりと
それぞれで縁日を楽しむことになった。

とげぬき地蔵の縁日にはよく来られている常連さんの様子。
「此処はお昼ご飯、美味しいのよ」とある俳優さんも何度か立ち寄り
食べて行ったというお店に、小一時間並んで
順番を待った。

よくディズニーランドでは人気のアトラクションに
乗るためには長蛇の列を平気で並んで順番を待つけれど
お食事も縁日では並ぶのが当たり前とばかりに
並ぶことを厭わなかった。
「その店はお魚やさんの、新鮮で味が良いので
皆知っているのよ」と、待つ時間を楽しむかのよう…。

e0228147_01593400.jpg

そして路上の所々を人は寄り道して、買うでもなく眺めて
楽しんで歩いた。
そう、そう、かの有名な赤パンツなども、結構高い値段が
ついているのに、「お隣のおばあちゃんに頼まれているの…」
とか品定めをしながら購入することを楽しんで行かれる。

それを私は黙って、時には”可愛い”とかの感想を
述べてみたりして買い物を楽しむ姿に沿うだけで行く。
(縁日ってこういうものだったわね)と過去を思い出しながら…。

夕方まで楽しみ、散々歩いたから足が疲れたと
格好の喫茶店で腰を下ろして適当なおしゃべりをしながら
疲れを忘れていくように時間が過ぎて行く。

家に帰ったのは8時ごろとなってしまった。




「散歩の会」でご一緒していたTanakaさんから
遊びにいらっしゃいとの電話があった。
彼は、とても優秀な方で若い頃はドイツにも留学され
実験研究をしたことがあったのだった。
会報の編集担当の私は、頼み込んで寄稿してもらったので、
そんなことも、あんなこともと、書くのは苦手だというのに
無理やり原稿を頂いてもいたことを思い出す。

とにかく真面目な紳士で、理科系は文章を書くなんて
とても苦手なんだと、尻込みされておられたけれど、
いつも興味深い内容の原稿を頂くことになって
とてもありがたかった。

その方が、脳こうそくを起こしてしまって
後遺症を抱えることになってしまったのだ。
「私がいけないの、食生活の注意を怠ったから」と
奥様はおっしゃるけれど、今年米寿となられているし、
自然の成り行きも否めないような気がする。

今は少し表情が硬くなっておられるが
そばで奥様が一生懸命に支えて明るく振舞っておられた。

e0228147_01102455.jpg

以前の印刷された会員名簿を持って私のところに
電話を下さったという。

奥様の懸命なおもてなしを受けて、用意されたお土産を
お暇する時に渡し忘れたと、私の家まで届けて下さった。
その帰る途中、車で追いかけて下さった奥様とバッタリ出くわして立ち話…。

やはりTanakaさんの前では話したくないことも、
女同士としてあるのよね、またお話ししたいわと言ってくださった。
私ごときでいいのかしらと思えるくらい丁寧な奥様で、
またお会いする約を束してしまった。


そんなこんなで日を重ねているうちに
母の日となったが、今年は父の日と一緒に祝いたいからと
計画している娘たちの案に大いに賛成の私。
夫と息子はいつもこういう集まりを設けても
何故か参加できない忙しさを抱えていて
何とか参加せずにいる二人にこちらは
何とか参加してほしくてあれやこれやと計画しているのだ。

とても自立している夫は私の理想でもある。
私はそんな夫に刺激され、どうにか自分でできることは
自分でやらねばと思いつつもどうしても夫や娘たちに
頼っているのだわと反省する。


”父母の日”として一緒に祝うということはとても好いきっかけ。
今度は無理してでも揃ってできないかと願っているのだ。

e0228147_01093406.jpg

そう言いながらも子供たちは母の日にカーネーションの
花籠を送ってくれた。

今年は6月にすれば良いと割り切っていた私の心積もりだった。
メッセージカードには
三人の子どもたちの願いが書かれていた。

「いつも 若く 元気で 可愛らしさを
忘れないでいてね」
ーーMI. CHI. FU.--

う~~ん、忘れないように心がけていきましょう…と、
心に刻んだ。
なかなか出来なくなってくるんだけれどね…。







☆pageTop☆







[PR]
# by nagotu3819 | 2017-05-20 21:55 | 旅・散歩:食事 | Trackback | Comments(6)


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

そよぎさん、素晴らしい時..
by 長沼 at 21:28
♣shizuoさん、ごき..
by nagotu3819 at 19:45
♣shizuoさん、ごき..
by nagotu3819 at 19:36
「心がぽあ~っと温まりま..
by shizuo7f at 16:57
そよぎさん、笑える映画「..
by shizuo7f at 16:56
♣rabbitさん、 ..
by nagotu3819 at 20:42
なんて素敵なご家族でしょ..
by rabbitjump at 10:46
♣押し花さん、ごきげんよ..
by nagotu3819 at 09:47
本当に良いご家族ですね!..
by oshibanayoshimi at 06:18
♣サファイアさん、ごきげ..
by nagotu3819 at 10:18

最新の記事

六月の父母の日
at 2017-06-25 09:17
映画「家族はつらいよ2」と友だち
at 2017-06-22 04:41
梅雨の晴れ間の蓮の花と友だち..
at 2017-06-16 00:13
青葉爽やか-恩師を囲む会と墓参会
at 2017-06-13 09:58
ギャラリーでミニコンサート
at 2017-06-11 00:40
民話の集い(第15回)
at 2017-06-08 06:20
日本の臍的位置の都市で(絵手..
at 2017-06-07 12:15
舞踊ダンス発表会と食生活のチ..
at 2017-06-05 02:41
旧古河庭園と飛鳥山博物館めぐり
at 2017-05-30 05:10
独り言して学ぶ②
at 2017-05-26 19:32
独り言して学ぶ①
at 2017-05-26 01:30
とげぬき地蔵・旧友‐先輩・母..
at 2017-05-20 21:55
奥能登の旅③
at 2017-05-15 01:23
奥能登の旅②
at 2017-05-12 23:54
奥能登の旅①
at 2017-05-12 03:55

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
詩集から
from 優しい時間 2匹のヨ-キ-..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧