<   2017年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

食事摂取の羅列記録(横1列・一日分)

以前の食事記録のストックから
久し振りにブログアップしてみようかな~~。

これは俳句や川柳の時にも通ずる密かな楽しみである。
私的日記でもある。


最近は食事記録をブログアップしては
いないのだけれど、
長い間の習性で、つい献立をカメラに納めたくなる。


e0228147_20231719.jpg



どういうこと?
それはね…、明かしてしまうとなんてこともないが
この食事の時はどういう風景だったか、
情況だったか、ここには表せていないけれど、
その奥の方に座っていらっしゃる会食のメンバーとか、
食事を見れば過去の色々が思い出せるのである。




やや、たんぱく質がお粗末に考えられていた。
コレステロールが気になっていたのである。

結果、
髪の毛が細くなってきて
多分赤毛っぽくもなってしまったかも知れない。
そして髪の毛がブラシの間に
だんだん多く抜けるようになった。
e0228147_20313626.jpg

やはり献立には栄養のバランスが必須なのに、
それをいつも頭においているのに…。

分かり切っているのにバランスを第一にはしないで
コレステロールは要らないとばかりに
そのもとになるものを摂らないようにと心がけた。

もちろん、それが私の心に引っかかっているので
ときどき、肉料理をポッと取り入れるのだ。
身体は驚き、喜んで
この時とばかりに体内に取り込む。

いつもコンスタントに食事するのがいいと
思いつつも…であった。

e0228147_19424022.jpg

ただ血液の組成を改善したくて…、
3年くらい、いや、もっと長く続けている。
こんな考えのもとに食事をととのえることを
続けていたがその弊害が身体に現れている。

顕著なことと言えば、
目に見えて明らかに分かったことは
髪の毛の変化だった。

食べ物は体を作っている。
力を付けてくれるのに
好みのこともあったり、
どうしてもバランスは崩してしまう。



食物摂取にわがままをできるから
こうなると反省する。
そしてズラリこうして献立の実際に
やはり改善の要ありと実感しているのである。

***
e0228147_22011292.jpg
(↑webから)
先日、あら!と思うようなことを
あの黒柳徹子さんが喋っていた。

お母さんがかなり年老いた、確か96歳までの年齢まで
生きられたそうだが
90といくつかになられた時に
「私、充分に生きたので、大好きなお菓子だけの食事とする」
と宣言されたそうだ。

どのくらいの間、お菓子だけで我慢(?)できたのかは
言われなかったけれど、
流石、徹子さんのお母さんの発想だと
妙な感心をしてしまった。

私自身はお昼時にカロリーだけのことを
念頭に置いてお菓子で済ませてみたこともあった。

そのあと、プールで泳いだのだけれど
それも決して勧められたことではないと
頭ではわかっていたのにちょっと試みた。

体重の面で効果はあったが
もっと深部の細胞面でどのような変化があったのか
計り知れない部分で
何某かの変化を伴ったであろう。


それが結構重大な弊害をもたらすかも知れないのに
人体実験的なことで実行してみたりしたが
その影響が悪いものであるのかは、
まだ自覚症状もはっきり表れていないし、
大したことではないと
思っているからやってみたのである。





☆pageTop☆




[PR]
by nagotu3819 | 2017-01-31 22:10 | 今日の献立 | Trackback | Comments(8)

乾燥し過ぎ?!

今月は風邪、咳、痰の症状が酷かったことによって
いつものサイクルが狂ってしまった。

そして殊に夜も更けて寂しいと感じたり
人恋しさが募ってきてこれは自分でも変だと思いつつ、
LINEでぼやいたりしていた。

ぼやきというか心の中の虚しさを
どうしようもなくて、何となくLINEすると
「変だよ、どうしたのよ」と
励ましてくれたりその掃け口になってくれたり
気持ちに共振したような反応だったり
「やっぱり貴女もか」と笑い飛ばしてあげようとしてくれたり
そんな人が居ることを大変ありがたいと思っている。

でもそんな時にはこちら側の気持ちだけであり、
それに応じるのは大変かと思い…。
e0228147_14084730.jpg
「You're my angel」
と絵入りのスタンプを送信しましたら

「やめて~、私はエンジェルではありませ~ん。
私は悪魔じゃ~。わかったかー003.gif

「うー! ハッハッハ!悪魔?
私にも住んでくれてるよ。悪魔も天使も、ね。044.gif

「だよねー。両方バランスとれてればいいかな?」

「少し気が晴れたわ。お喋り付き合ってくれてありがとう♪」

「好い夢を見ようね~」

こんな時もあら~~な
ですよ!


まあ、お互いに理解できる心の内を話せる友だちを
持っていることって幸せです。

あちらに行けばYさん、こちらに来ればOさん、Kさん…。

定期的に会いたくなって何となくくっついて話していると
安心したり心からくつろいだりしている。

今回も一番分かり合えるか、例のK&S-timeをもった。

e0228147_22011076.jpg


ここ何気なく会いたくなって、楽しくしゃべったり歌ったり
飲むこともご一緒することが共通の楽しみとしていた。

この日は歌っている時に空咳が出て
耐えられなかった。
空気が乾燥しすぎ?ドリンクを自由に頂いた。

半日くらいの時を通して、何となくここにアップ…。
でもお付き合いの都度ここにアップしていた訳でもなくて
他にも多々あったかもしれないと、遡って画像を見てみた。

特にこの1月は、2回も会っているのに
カメラを取ることもなく夢中で過ごしていたようだ。
長い習性で食べ物が並んだ時だけは一応
カメラを出して写してはいるのにね。

その1月初めに、Kちゃん特製のカレンダーを頂いていた。
カレンダーはこのPC器の上の鴨居にぶら下げた。↓
(以前、ブログ友さんにも頂いたことがあったわ)
e0228147_13331483.jpg

これは初秋の頃だったか…。
いつになく私、痩せているわ。
だからこんな時もあったな~と以前アップしているのに
痩せ姿を嬉しがって再登場させてみた。


(ウフフ、こんな時は痩せている画像は貴重です。
下段は比較的最近のもので太めです。)
e0228147_22401364.jpg

最近、
スポーツクラブで「InBody」のシステムを使って
筋肉と脂肪の割合を調べてみたら、標準的なものから
筋肉量が0.7㎏少なくて、体脂肪が6.3㎏減らしなさいとの
数字が出てきた。

あ~。
なんと脂肪の多いこと…。
体重を7㎏落とせばすっきりと解消すると言っているのだ。
風邪で家に閉じこもり、身体も動かさずにいたからね。

しかし、7㎏落とすのは容易なことではないぞ~~~。

(*訂正します*)
今の体重から6.3-0.7=5.6㎏でした。
筋肉を増やして脂肪を減らすのですから、
5.6㎏の減量です。
”50歩100歩”ですが、やっぱり辛い数字です。あ~ぁ!!


娘が今ヨガにはまっている。

私も下肢の筋肉が弱いと出たのでヨガを試みてみようとする。

ようやく散歩でスポーツクラブへ再び通い出さねばと
体調が良くなったので励みだしてみた。

ヨガはゆっくり体を動かすところで筋肉の無さを実感する。
細腕がぶるぶると震えて自分の体重が持ちこたえられない。
踏み出した片足が頼りなくつぶれる。

NHKの「みんなの体操で」も、かなりきついと感じたパートが
あったが、それは今はクリアしてきているから
また、何度も試みているうちに筋肉もついてくるのだろう。

無理しないで励もうか…。

e0228147_21592668.jpg


この日は春一番かと思われるような日ではあった。
風がそれ程冷たくないのに
嵐のような強く吹く風だった。
でもカメラにはやや暖かい状況がみてとれるのが
嬉しい…。
少しずつ、少しずつ春の向かっているとの実感なので…ね。



しかし、風の強いこの日、火事のニュースで
恐ろしいほどの黒煙を青い綺麗な空を覆い出していた。
風が強い日だけに恐ろしいことだ。


e0228147_21594060.jpg
その途中の宅地創成中の箇所、
少し歩かなかった間に随分、進んで宅地が広がってきていた。

この散歩道は夕方は人通りが全く見られなくなる。
急勾配の険しい上り坂を通って帰らねばならないので
この造成が進み家が建って人が住めば寂しくないだろうなと
期待している。

この辺は家が建てば瞬く間に人が住むので
寂しくて物騒な気配は薄らぐだろうと
待ち望んでいる…わ。







[PR]
by nagotu3819 | 2017-01-29 13:25 | 交友録 | Trackback | Comments(6)

誕生日メッセージ

e0228147_00150629.jpg
我が家には1月生まれが二人
それも1週間だけの違い

私たち夫婦の元家族のメンバーが
それぞれメッセージを交わす
おめでとう!おめでとう!と…

いつも私のメッセージは、だらだらと書き連ねてしまって
まとまりがない。




まず息子Fu.へ e0228147_00441623.jpg
誕生日おめでとう
寒いね
こういう時期に生まれたんだよ
産まれる予定日は3月1日だったのだけれど
年をやや取りすぎたお母さんに同情したのか
早く世に出たかったのか
1カ月も早く産まれたんだよ

お陰で保育器のご厄介にはなったけれどね
お姉ちゃんたちやパパママと
初対面の時
皆が「ミニパパだ…」と驚いたのよ
余りにもパパにそっくりさんだったもの

末っ子長男の甘えから脱却しつつあるように思えるよ

手が届くところにある夢を目指して
それを着々と実現させつつあると
母は感じながら
ただ後ろ側から見守っていますよ


e0228147_02135146.jpg


今日はMa.さんの誕生日です
おめでとうございます
昔貴方のお母さんから聞きました
その日は大雪でとても寒い日だったと
大変強い風も吹いていたのよと

寒い時に産まれただけに
苦境と言われるような困難なことにも
負けない心と身体を持ち合わせて
この世に生まれてきたのね

ご先祖様に感謝するわ

私はじめ子供たちはパパに感謝です
特に子らは尊敬もしています
そして
お誕生日おめでとうと何度も言わせてもらいます

生まれ月は違うけれど
27日という日にちは同じ二人

何かこうして人生を共にすることが約束されて
いたのかも知れないなんて
因縁めいたことに思いを馳せてみる

重い病を持ってしまった彼が今こうして生きていることは
奇跡ではないかというような気持ちにもなります

頑張っていますよね

こうして共白髪となりましたけれど
これからも健康を願い
この健康に必死の思いで気を払って
お互い長生きを目指していきましょう








☆pageTop☆




[PR]
by nagotu3819 | 2017-01-27 23:57 | 短詩・つぶやき | Trackback | Comments(8)

古いものは捨てなければ…

これは1969年のアサヒグラフ。
大事にとっておいたけれど単に記念だ。

これは、アポロ11号の軌跡が載っている写真誌。

アメリカ合衆国のアポロ計画において、
歴史上初めて人類を月面に到着させた1969.7.20のこと。
宇宙飛行に関する写真が載っている。

もうあれも、これも要らないね、捨ててしまおうと
夫は懸命に片づけを始めている。

まあ、本など私に関係のないものは
私の領分ではないと夫にまかせっきりとしている。

e0228147_22094183.jpg

ところが書斎から夫の呼ぶ声がする。
こちらも何某かの用事をしているので少々面倒だなと
思いつつも、そちらに行ってみた。

これを見てごらんと、それだけ言って私に
「アサヒグラフ」を手渡した。

うん、懐かしいね、こんなことも有ったわね…。
そうそう、私はこの月面着陸を夜も寝ないで
月より送られてくる画像を胸をときめかして観ていた。

人類初の出来事だから見逃したくないと、
実は身重の身でテレビ画面を見ていたのだった。

実際に月面着陸の三日後に私は次女をこの世に
誕生させた記念の日、思い出も一入のことであった。

分かったわ、もうこれも捨てて良いわと
納得しながらも、なぜ私を呼び寄せたのか、私も忙しいの…、
と心で思いながら、面倒な夫へのお付き合いだわと
そこを立とうとした。

グラフじゃなくてもう少し見てごらん…。

なんなの?

少々気短に本から夫へ目を移した。

「ほらほら、お父さんが載っているじゃないか…、
なぜこれを大事に取って置いたか忘れていた…。
表紙を見ただけではそれに気づかず捨てるつもりの算段だったよ。」


あらま!
私もすっかり忘れていたわ…。

それから、片付けも二の次になって
懐かしんでしまった。
ときどき、こんなことばかりがあって、種々捨てることが
私たちには至難の業ということに
なってしまうのだ。





☆pageTop☆



[PR]
by nagotu3819 | 2017-01-25 22:42 | 私の原風景 | Trackback | Comments(4)

明けて徐々に(私の啓蟄かしら)

ご無沙汰しました。
ようやく更新しました。

このころはまだ風邪ひきさんだった。
彼が分厚い掌で、長い時を割いて激しい咳で痛む背中を
懸命にさすってくれた有り難さを胸ににじませた。
申し訳ない気持ちと、あったかい気持ちに
浸ってしまったひととき…。
そのあと、
全快ではなかったが、ジパングの特権を使える
ちょうどその日に新幹線を使うことになった。

e0228147_18500474.jpg
車窓から見える富士山はいつになく澄んで
綺麗に見えた。
私は富士山側の座席ではなかったが
そちらの方の隣が空いていたので移動して
この滅多に見られなかった富士山を写した。

よく新幹線を利用するのに、
私の列車利用時は大抵午後なので、
どうしても雲が出て来てくる時間であった。
結局、雲が富士山を隠してしまうことが多かったから、
この日はとても幸せ気分に浸れた。

* * *

私の孫娘は、今年成人の日のお祝いを受ける。
晴着を着て、市役所開催のセレモニーに参加した。

その記念すべき日に近くに住むもう一人の娘家族も揃い
みんなでお祝いのため顔を合わせられたことは
さらに嬉しい。

e0228147_03123173.jpg


この孫娘は母親である娘が大事な仕事を抱えていたころ
生まれた。
私が母親代わりのようなこともさせてもらったが、
自分の娘を育てた時とは一味も二味も違った。
子育ての余裕というものだろうか、可愛さも一入。

こういう事情が生まれたのは偶然のめぐり合わせだと
思っているが、
とても味わえない体験が与えられたものだと思い、
そんな偶然に感謝している。

佳い娘に育ったと思っている。

このことを”年寄りっ子は三文安”というのか?
そう言われないように努めて孫と接してきたつもりだもの。
そして
よく巷で言っている”バババカ”の発想とも違うと
自負しているので祖母の私が子育ての手伝いをして
単純に年寄りが育てたとは言えないなぁ。

…というところが”○○バカ”というのかと自問する。



まあ、そんなことはどうでも良いのだけれど、
その後の両親の育て方も良かったのだろう、
いや、良かったのだ。
とにかく大きく立派に育ち、いい子と思えることも
私たち一族としては嬉しいことだ。


e0228147_03131385.jpg

そして父の命日。
睦月とはよくいったものよ、と一人笑いする。

命日で笑う?…もう一昨々年33回忌をしたのだもの…、
人を結びつけるこういう家族の行事で
いつも心地よく集まって談笑できる日時を持つこと
父も母も好きだった。
きっと、天上でにこやかに私たちを眺めて居ることだろう。
有難う、お父さんお母さん。

(今年は体調やそのほかの事情が出来て
いつもの年より10人近く少なかった。)



e0228147_03125805.jpg

しかし、今日この頃の寒さ…。北国では雪下ろしの際
誤って屋根から落ちて亡くなられたとの報道が
毎日のように流されている。

一年中で一番と言えるこのころの寒さ…。
センター試験も行われるこのころ、雪か雨かも心配の種。

こんな寒い日に、父は亡くなったのよねと
姉妹であの時を偲んだ。







☆pageTop☆



[PR]
by nagotu3819 | 2017-01-22 04:40 | 今日の手帳 | Trackback | Comments(10)

今日の月(小寒)

今日1月5日は小寒

テレビで言っていますので大よそのことくらいを
掴んでいるのみの私は、今年は少し
検索などして賢くなろうか(笑)と思います。

どうせ三日坊主よ!(自分でも認めているの…!?

寒の時季は
1月5日頃(2016年は1月6日、2017年は1月5日)
小寒から大寒までの期間。

太陽黄経285度
冬至 から数えて15日目頃、冬至と大寒の中間。

寒さが加わる頃という意味で、
いわゆる「寒の入り」のこと。

小寒から節分までの30日間を
「寒の内」といい、寒風と降雪の時節で、
寒さが厳しくなる頃。

これから冬本番を迎えます。
寒稽古や寒中水泳が行われるのは、この「寒」の時季。

立春が「寒の明け」になります。

e0228147_00100136.jpg

ちなみに寒露とは…。

10月8日頃(2016年、2017年は10月8日)。
および寒露までの期間。


太陽黄径195度。
秋分から数えて15日目頃。

寒露とは、晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のこと。


大気の状態が安定して空気が澄んだ秋晴れの日が多くなります。

夜には月も美しく輝いて見えます。


寒露の頃になったら、空を見上げましょう。

これまでと違った、秋の清々しさと趣を感じる空に

出会えるはずです。



…って。この日(10月8日)は私の娘の誕生日です。

でも年によって少し変わるんですよね。



☆pageTop☆




[PR]
by nagotu3819 | 2017-01-06 00:41 | 今日の手帳 | Trackback | Comments(12)

2017年あけました  【年賀状】

歩こうよ 風を感じて新鮮に

どうやら今年の誕生日からは後期高齢者の仲間入りを
することになる。
高齢者なんだとまだ自覚しきってないのに、
「後期」だなんて…!!

もう後が無いと言われているようで嫌だと言った先輩に
「光輝」って自分だけでも思っていたら?
光り輝く好い年齢となったと誇らしく思いましょう…と
他人事だから言って逃けて澄ましていたが、
自分が成るとなるとやはり大したことでもないのに
引っかかるものなんだ…。

そして同い年の方からはもう年賀状を出すのを控えますと
昨年に宣告を受けた。
もう???

私も年賀状を出さないこと、書かないことを考え出した。
辞めようかな、どうしようかな…。


e0228147_02083947.jpg
1年に一度の交流でしかない人もあるのに
受けると楽しいものだ。
味わいのある凝った賀状をしみじみ手にして
どうしているのかと想いを馳せたりする。

お顔を思い浮かべる
エピソードを思い出す
指先を思い出す
プレゼントを思い出す
口調を思い出す
などなど…

いいものだね、例え一年に一度だって相手を感じる年賀はがき。
頑張って生きているという証を頂いたような気もしてくる。
頑張って生きる重さを感じ勇気づけも頂いた。

気持ちまでもこの風邪に落ち込まないようと、
喝!



番い鳥 南天の実を啄ばみぬ

紅白の歌合戦に 沿えず居る

マスクして何気なく観る正月番組

炬燵にみかん ひと頃の家族の輪

必死なり 箱根駅伝観ている身も

日差し穏やか 騙されて春コート

マフラーを巻かずの我に忍び込む



――暮れの街独り闊歩の時でした――

雑踏に二人が笑う枯葉舞う

凩に吹かれ さわさわ歩く声

寒風に押され枯葉は追い越しぬ

追えぬほど枯葉転がすこの寒風

―――

今は昔 寒太郎なら知りませぬ

風邪菌は除けて回ってくれたのに

マスクマフラー私をガードしてくれぬ






☆pageTop☆





[PR]
by nagotu3819 | 2017-01-03 16:54 | 短詩・つぶやき | Trackback | Comments(16)

あけましておめでとうございます

「こいつぁ― 春から縁起が善いわい」
何かの決めセリフでいう言葉を
浮かれたような表情で言ってくれた母の顔が浮かぶ。

よくお正月にはそう言って、
賑やかで嬉し気な雰囲気を醸し出してくれた母を
取り巻いて楽しく過ごしてきた生家の空気を
思い出したのだった。
e0228147_17104230.jpg
今年は風邪ひきの私が中心になってはまずい。

縁起も何も逃げてしまいそう…。
まあ、「そういう年もあらぁな~」なんだけれどもネ。

テレビではお正月ですよと囃し立てている。
その空気にマスクをかけてでも
載ってやろうじゃないか…。

とにかく新年が明けた。
昔ならここで一つ年を取ったものだ。

新年明けてから初めて汲む水は一家の亭主の役目で、
現代の今や、蛇口を捻って簡単だけれど、
感謝の念をもって神棚にその水をあげ
柏手を打つ父がいたっけ…。

そしてお年玉を父親から頂くのだ。

e0228147_17111117.jpg
風邪はかなり快方に向いてきた。
私の風邪は酷い咳で、咳をするたびに胸が痛いと
心配しつつも、必ず痰はティッシュペーパーに取り
その痰の状態を観察して捨てた。

咳も咳に伴う痛みも かなり軽くなってきており
その回数も少なくなっているためホッとしている。

肺炎には気を付けなければと
案じながらも年末年始の時期で仕事も多いし、
また医者を選んでいる時期じゃない。
こんな時期に怪しい風邪を引くなんて…。

そう思いつつ窓の方を見たら
朝日の明るく柔らかな日差しが差し込んで
カーテンを透かし始めていた。


――その明るさ、その温かさ――

やっぱり、
「こいつぁー 春から縁起が善いわい」
です。



皆さんのところにも笑いがいっぱいの
佳い年になりますようにお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願いします。





☆pageTop☆




[PR]
by nagotu3819 | 2017-01-01 17:47 | 今日の手帳 | Trackback | Comments(10)


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

♣oshibanayos..
by nagotu3819 at 22:11
こんばんは。 現代川柳..
by oshibanayoshimi at 20:54
♣rabbitさん、ごき..
by nagotu3819 at 00:15
あっ!知っています、この..
by rabbitjump at 20:01
♣shizuo7fさん、..
by nagotu3819 at 19:29
もう一度読まれたんですね..
by shizuo7f at 12:22
♣oshibanayos..
by nagotu3819 at 10:01
♣ mary_snowf..
by nagotu3819 at 09:54
おはようございます。 ..
by oshibanayoshimi at 06:22
そよぎさん、おはようござ..
by mary_snowflake at 05:46

最新の記事

「わたげ」を拾い読み ④ 蛇..
at 2017-08-16 17:40
お盆のころ
at 2017-08-14 05:12
僅か6年前なのに…
at 2017-08-13 01:56
「わたげ」を拾い読み ③19..
at 2017-08-12 04:20
みんなの夏休み 始まりです
at 2017-08-11 00:33
主治医花井先生の本 平和と核廃絶
at 2017-08-10 01:51
思うこと(散歩とミニスカート)
at 2017-08-09 01:30
「わたげ」を拾い読み ②19..
at 2017-08-08 05:30
誘われて I.川市民納涼花火..
at 2017-08-07 19:56
「わたげ」を拾い読み ①19..
at 2017-08-06 06:23
Nkym‐summitと新参..
at 2017-08-05 05:50
いつも青春の心で
at 2017-07-27 05:18
寿命を生ききる!
at 2017-07-25 05:17
真夏の夢でも…
at 2017-07-22 07:20
偶然が偶然を呼んで
at 2017-07-19 05:16

フォロー中のブログ

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

タグ

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧