<   2014年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

サンタクロースは本当にいるの

子どもは時として、大人が答えられないような純粋な質問を発します。
下記はその一つの例です。
質問を受けた父親が、答えに窮して「新聞社に聞いてごらん」と質問をかわしたこともお見事ですが…。記者さんのお答は「素晴らしい!最高!」に感じました。
1897年9月21日、ニューヨークに住む8歳の少女バージニア・オハンロンが「ニューヨーク・サン」という新聞に手紙を書きました。真実を伝えなければならない新聞社は、この質問にどう答えたのでしょうか。「ニューヨーク・サン」の副編集委員、フランシス・チャーチ (Francis Pharcellus Church) はこの少女の手紙に社説で答えました。社説の第二段落の最初の文、"Yes, Virginia, there is a Santa Claus." は有名でよく引用されます。
 →ここをご覧ください。



ニューヨークの有名新聞社の社説です。凄いことですね。
117年前のことです。

一生懸命に、誠実さを持ってまじめに答えられ、8歳の子どもに対して心を砕いて応えようとしているその編集委員の心に、ハッとして、そして眼頭が熱くなりました。

そんな話題が先日沸きました。
好いですね、そういうお答が素晴らしいです。
私は、子どもに夢を持たせなかったことを
反省しました。

お化けはいない、
怖がっている人の心がお化けと思って見てしまう…とか
蛇とか虫が怖いから人は逃げるけれど
その虫たち生き物も、人間が怖いのよ…など
まじめに教えていたんですから。

でもサンタクロースの真似ごとは結構子どもが
幼いころ(小三くらい)は、致しておりましたけれど…。
半信半疑の様子が分かると、
もうシャッポーを脱いで、本当のことを、
夢のないことを明かしてしまいました。

反省しています。
こんな状況を思うと、もっと夢を持たせても良かったと。
自分自身が育てられたことを思い出しつつ、
真実を尊ぶこころも大事なんですけれどもネ。


私も今年のブログアップは今日でおしまいにしようと思います。
皆さまどうぞよいお年をお迎えください。







[PR]
by nagotu3819 | 2014-12-27 09:46 | 趣味・作品展・朦朧 | Trackback | Comments(10)

クリスマス会

e0228147_05553798.jpg
妹宅に珍しいお客様
生物学者で外国の大学で仕事をしている姪一家が
来ています。
急遽、皆で集まりパーティーです。

6か月の赤ちゃんも来ています。
お風呂上がりでひとしきりご愛嬌をふりまいて
眠たくなりました。
おっぱいを飲んですっかり好い気持ちで
二階に一人お休みです。
e0228147_05020099.jpg
一人でも心配ありません。
赤ちゃんの気配が分かるリモコンがありますから。
蛍光色の丸い光が、目覚めた赤ちゃんの声です。
フニャフニャと目覚めた声が聞こえ
早速赤ちゃんのママ(姪)が
二階に駆けつけます。
直ぐにご機嫌よく泣きやみ寝入りました。
そして私たち大人はご馳走を囲み
お喋りを続けます。
e0228147_04573355.jpg
フォアグラ、七面鳥、羊肉、牛肉、豚肉で、多国籍肉料理
(フランス・アメリカ・北アフリカ・モロッコなど)の
数々の料理登場でした。
なるべく日頃の食生活から逸脱しないように
少しずつ頂くことにしていました。

が、
ケーキなどもうお腹いっぱいの所に出てきます。
赤いラッピングのケーキは
クリスマス用にT.さんから頂いたものです。
フランス人の彼はそれをクリスマス用ケーキだと
特に喜んでくれたようです。
すっかり満腹状態と
なりました。

お陰で翌日は、軽く、軽く食べたか
食べなかったかのような朝食を摂ったという
お粗末なお話で
……!
纏めます。

それでもスイミングはしたんですよ。
一応、自分に褒めるということに
甘えております。





More
[PR]
by nagotu3819 | 2014-12-26 05:18 | 今日の手帳 | Trackback | Comments(10)

霜月から師走へと

新幹線てなんとありがたいことかと早起きして、その正午には300Km離れたところで友だちに会い、お喋りと交友を楽しめた。
遠い私の為に、いつもと少し違う場所で落ち合ったのだが、私は比較的慣れ親しんだところだ。
命の洗濯ともいうべきか?
ほっこりとした気分で友と語り合う。でも、ここに来られなかったひとりの友だちは今、哀しい気分、寂しい想いでいる事だろうと思いやると、ただ「すみません、元気出してね」と願うしかない。
e0228147_01215123.jpg
友だちはみんな退職されて、私の時間に合わせてくださることは、昔では考えられないことだったのに。
今、友だちは別の意味で優雅にお暮らしなのだろう。
多分、年金をたくさん頂いているのだろうな。
気にしたってどうにもならないことだから、ここに書いているだけで、実はそれはそれで事実だから、一応書いておかなくてはネ。
人生の、はじめに自分の時間を取って楽をするか、後で良い思いをして楽しめるか…ということなのだと割り切っている。蟻とキリギリスということかな。
e0228147_15232938.jpg
e0228147_15393362.jpg
この日はお昼抜きだった。
体調を伺いながら、きつくならない程度に泳いでみる。最近無理をしないように気を付けていたからか、心配はしたけれど、気分が悪くなることはなかった。
でも、水から上がって入浴すると、ちょっとばかり疲れが響く。ぐったりと疲れて何処か一休み出来るようなところを探し近くの喫茶店へ。
お店の方の「お疲れさま」の言葉に、「そんなに疲れたような顔をしてる?」と思わず聞いてしまった。
そして、お店の人と笑ってしまった。
「皆さんにこの時間は言っているんですよ」確かに私はお疲れだったねぇ。
e0228147_01233865.jpg
e0228147_15475249.jpg
やはり無理するとげっそりと体調に来る。
でも体重計はその疲れがあっても微妙な程度しか変化を見せていない。
そのうちに、効果がでるのかも知れないが、別に痩せたいのではないのだ。血液組成の変化の方が気になっていることが、この食べているものを基盤に表れている。
私の身体の機能が良い?のか、特に著しくは変化なし…。
あると言ったら、髪の抜け毛が目立ってきた。たんぱく質をあまり減らしても駄目だと思い知った事実…。青味の魚はDHA(ドコサヘキサ塩酸)やEPA(イコサペンタ塩酸)が多い食品と思いつつ、シシャモはコレステロール値が多いのだよね……、あ~あ。
e0228147_01292012.jpg





[PR]
by nagotu3819 | 2014-12-23 16:08 | 今日の献立 | Trackback | Comments(4)

友だちの入賞作品「植物画」

雨降りの予報が出ていた今日は、約束していた美術館へ出かけました。
同級生の友だちが初めての出品で初めての入賞というのです。それが後期の展示の部で、この土曜日が最終日と言うので兎に角出かけました。
e0228147_15051911.jpg

NHK学園生涯学習美術展です。
素晴らしいことに、彼女は一般の部で出品、NHK学園賞を頂いたのです。一般の部からの出品で賞を頂いたことは大変名誉なことだったと思われます。
初めはボタニカルアートで習得していたのですが、この際は「植物画」の部で、特にボタニカルアートから見ると、芸術的寄りというところでしょうか。初めは先生の絵を模写してから、自分の絵としては1年半前あたりから楽しみだしたと言われていました。幼少の時から絵がお好きだったし、お上手なことは知っていました。
さすが、一生懸命に描かれています。素敵でした。
e0228147_01274292.jpg
美術館を出ると雨が降っていました。これで帰るのはちょっと惜しい。
天気予報が的中です。準備してきた傘を広げて散歩することにしました。久しぶりの友だちも来られたのです。
不忍池は、枯れた蓮や芦のような背丈の高い枯れた水草や、カモメ、鴨など鳥が飛びフナや鯉が泳いでいました。それから「旧岩崎邸庭園」に寄ることにしました。
e0228147_01281105.jpg
冬枯れたお庭で、ツワブキの花も呆けているのがほとんどでした。
庭園に入ると、丁度ボランティアの説明が始まったところでした。建物の調度や柱その他はみんな重要文化財です、手は触れないようにというご注意です。
旧岩崎邸は彌太郎の長男の久爾の本邸でした。
当時は15,000坪の敷地に20棟も建てられていたんだそうです。
フランスから取り寄せたタイルは地震にもヒビが入らなかったとか、オールドバカラのグラスも少し並んでいました。以前も説明を聞きながら拝見したのに、説明の仕方内容、話しぶりで、印象も違います。
e0228147_01285288.jpg

土曜日ですのに、街は静かな気がいたしました。
静かな雰囲気の所に行ったから。……?。
いいえ、雨が降っていたからでしょう。




More
[PR]
by nagotu3819 | 2014-12-21 01:16 | 趣味・作品展・朦朧 | Trackback | Comments(10)

毎日お出かけでした

散歩の会では私個人の顧問役みたいに、勝手に思って頼りにしていましたT.先輩ご夫婦。(だってもう私は会長ではないもの。)
いつも私の心の部分を何気ない様子で、理解してくださっているような有難さを感じています。(過去形で変ですね。書き換えます。)たびたびおっしゃる一言が私を導いて下さり、安心の種を下さる存在で、いつも信頼申し上げるお方でした。何気なくお邪魔しては家の小さな琵琶の実を食べて頂いたり、T.さんのトマトを頂いたりとかして先輩T.さんを身近に感じつつ居られては、私は大変幸せ者だと思っています。
下の写真の上1段は11月初めごろ、お茶の時間だからご一緒にどうぞとお呼ばれしたときのものでした。
下2段の写真も、私が出かけている別の日に、Tさんから留守電メッセージが入っていました。
Tさんの奥様は小さい時から、おやつの時間は欠かさずで、結婚後もいつもご主人と楽しんでおられますが、このたびは、割にたて続けのお呼ばれでしたので、ウキウキと出かけまして色々お話が出来ました。
e0228147_03180410.jpg
私が一昨年の総会で、会長になりそうで心配していた時に、会長にはならないよう見守ってくださいとお願いした事もありました。
でも結局は誰も為り手がいない…、もし会長を引き受けられなかったら散歩の会はこれで閉じるしかない、という強迫めいた未来を突きだされる状態になってきました。
そのため私は不承不承引き受けることになったのでした。
結局、私は「誰かが喜んでくれているらしい」と感じることができれば、私自身が嬉しい…。
そして任期を全うすれば、次の方は何とかなると甘く思っていました。
どうやら2年間の責任は果たせました。とても限のよいことと…、私は思っていたのです。

今回の後任会長選出の議題に、誰も手を挙げてくれません。
私が受けたのも会が潰れることだけは避けたい…、やむを得ず承諾と言うことでした。それも総会の席上で決心、引き受けるしかないと思ったわけです。
だから今度もまた、後任が決まらなければ、もう解散しかないという声が濃厚でした。
このたびの総会で、ようやく土壇場になって「会長無し、会長は代行とする」と、とりあえずの措置をとられることになり、しばらくの間は解散せずに行ける見通しがつかめた感じとなりました。
e0228147_03321416.jpg
私が散歩会にお誘いした方が結構居ります。総会欠席の方には、皆さんに私の会長退任のことや、総会時にお渡しするはずの、気持ちばかりの記念品をOさんに届けに行ったりと毎日のようにお出かけして、忙しくしておりました。

そんな日々を送っていたころ合いに、例の幼馴染の集まりがあるとのお誘いがありました。
お昼前から一日中、楽しく過ごせたのですっかり心の入れ替えも出来たような、満足感・満腹感で帰宅しました。

e0228147_04243873.jpg
もうひとつ、うれしく思うことはこの寒い毎日なのに、出来るだけプールに行こうとしている自分です。
怠け癖の私です。
しょっちゅう休みたくはなるのですが、プール友だちも作って、正月明けの七福神巡りにお誘いしています。
「毎日暇していますから出かけたい」とそんな軽い反応があっての参加希望のお考えでした。

私の散歩会に「参加」のつもりは、いまのところ新学期の始まるお花見までは…、と公言しています。
できれば会が賑やかさを保って行かれるように願っていますが、それを期待されてしまうのは、次期会長代行の方には、はっきり言って「迷惑」なのかも。
あ~、そんな反応をされるような方ではないと思っていたのですが、これは年齢のなせる技…。
その年にならないと人間アホらしいことですが、分からないのです。
「そうだろうなぁ」と、想像の中では分かるような気に、一生懸命なろうとしています。




☆page top☆






[PR]
by nagotu3819 | 2014-12-19 22:05 | 健康・エクササイズ | Trackback | Comments(2)

まだ霜月のことですが…。

何だか自分の会長引退の件が気になってお食事を楽しむような心境になかった。どのように皆さんが納得して頂けて交代できるのか、首尾よく後任者が名乗ってくれないものだろうかとそんな問題が頭のなかで、絶えず漂っていた。
食事を見ると、このころはまだ序の口。
e0228147_10594900.jpg
会報作りにも気が行っていたいたころのこと。食べなくては力がつかない、貧血など起こして倒れるのも嫌だし、スイミングには行きたい…。
…となると、やはり食事抜きは絶対に出来ないことなのだ。
自分の気をなんとか誤魔化しながらの食事だった。
e0228147_11001614.jpg
ほら、強迫観念が私を追い詰める。
食べなくては、食べなくては…と食事作りが面倒なのに、なんとかキッチンに立って食事を整えようとしているのは我ながら、健気かな。いや、仕方ないので食事して、時を過ごそうとしているのだった。

e0228147_11004162.jpg
仕方がないね、人間なのだから、三度に分けて食べて行く習慣が身体に教え込まれているのだものね。
食べよう、なんでも良いから、食べようと思う。作るのに気が向かず昼は用事の途中もあったりして、外で済ます。何とか気がそがれて波を替えて見る。
e0228147_11010701.jpg
娘が誘ってくれたピアノリサイタルに。お昼を一緒に食べた。夜はおでんを煮込む。
でも、翌日は形だけでも食べなくてはと、柿を剥いて兎に角胃袋に入れておく。こんなでもスイミングに出かけて、一生懸命ではなく抑え気味に身体を動かしておいた。
e0228147_11013508.jpg
やはりそんな毎日では、まずいと思っていたら、ちょうど会食の機会があった。
お喋りしながら愉しく食事を頂けた。レストランの梯子までしてしまった。でもその夕食から翌日まで、また食べることが面倒臭くなっているのか簡単に。食べすぎているという自覚もありお腹が空かなかったが、それは私にとっては悪い兆候だ。健康ならお腹が空くはずなのに。
e0228147_11021080.jpg
食事抜きのスイミングは怖い。即、体調変化から失神してしまうのは絶対したくないのだもの…。
身体は精神よりも正直なのだ。気持ちだけでは補えない厳しさがあることを、よくよく自覚している。
それでも、一日の単位でみれば、まあまあ、栄養バランスは考えているようだとホッとして、自分なりの評価をする。
e0228147_11025239.jpg
よく柿が登場しているが、これは妹宅からの頂きもの。美味しいので食卓に載せては、カロリーも高いがVAも頼りになるのだとばかりに、安直に頂く。兎に角美味しいと感じることは、嬉しい兆候なのだから。
右列はお昼にご飯を食べる。割に珍しい現象だが、これは気が整理して落ち着いてきた証かも…(?)。





[PR]
by nagotu3819 | 2014-12-13 19:01 | 今日の献立 | Trackback | Comments(6)

今ごろ慌てて…

いつもならとっくに手配していたことなのに、私の方からはまだ。いつもお歳暮を贈り贈られている先方から、良いものが届いています。
それなのに、私は何を思っていたのでしょうか。

慌てました。
昨日、雨降りの午後にお歳暮を調達しに出かけました。
e0228147_14402861.jpg
雨でしたから、街は意外に落ち着いていました。
さんざん、迷って結局はご当地関連のお菓子程度をお歳暮と致しました。

そして、帰りにJRの電車に飛び乗ったのです。
駅構内は改築中の為行くたびに変化しています。
案内看板を見ながら迷路のような構内をたどって飛び乗ったのです。
発車数秒前です。
女子高校生が仲良く並んで座っていましたが、何でしょうか…。
その一人の子と眼が合ったのです。ほんとうに自然な視線でした。
ところが、スッとその席を立って譲ってくれようとしたのです。そんなに疲れてもいなかったし、すぐに降りるのだからと、座りたいような目も態度もしていなかったように思いますのに。
でも、立ってくださったその女子高校生に感謝の気持ちで座らせて頂きました。
何だか初めて席を譲って頂いたような気がしました。
あぁ、やっぱり譲りたいような感じに成長?しているんだなって、我を振り返ったのでした。
e0228147_14404732.jpg
家に帰って自分を写して反省材料にしてみましたが、納得するような…カンジです(トホホ)。
背筋はまっすぐに気を付けていたつもり、ファッションも年寄りっぽくはしていなかったよね~などと。でも皮膚はそれなりに弱っています。張りのない…、あぁ当たり前か…(納得です)。

でも、素直に譲られた席に座らせて頂きましたよ。
その女子高校生の気持ちを有難く思いましたもの。そして、「次の駅で降りますの、大変ありがとう。嬉しかったわよ…」と、お礼を言って、降車駅のホームに足を移し置きました。
今日、徹子の部屋で「マッチ」の愛称で呼ばれていた元アイドル歌手と対談していたけれど、「あの頃は随分年上だと思っていたでしょう」と、今50歳のマッチに、当時44,5歳ころの徹子さんの映像を写して、マッチにやや非難めいた言葉を発していました。
自分よりも年上の場合は、少しだけの差でも、かなり年上の人だと思いがち?らしいですね。





[PR]
by nagotu3819 | 2014-12-12 15:06 | 今日の手帳 | Trackback | Comments(8)

希望通りに

総会が開かれました。
この好機に役員改選で辞退しないとずるずると延びてしまうかも知れない…と危ぶみましたので、現会長の役を降りる旨、議案としました。
この決心を文書で総会の37、8日前頃に運営委員会にはっきりと申し出ました。何度か話題にはしたのですが、文書でまとめたのは「辞めると、また言っているのね…」程度にしか受け取られてなかったような気がしたからです。
運営委員会の話し合いでは後任が纏まりそうもなく、このまま解散するしかないということになりました。
総会の時になってようやく「会長代行」ということならと犠牲的精神を発揮してくださった現副会長が、意を決して不承不承立ってくださいました。
本当は代行などと言うのではなく本来の会長となって戴きたかったのですが、どうやら3月いっぱいまでは、今まで通りに運営してくださることになりました。その先もきっと続いてくれるでしょうと、期待しながら…。
e0228147_01512980.jpg

「N会の14年間に想う」

今もなおときめく気持ち大切に
持っていたいと自己紹介す

知らぬこと学ぶことあり散歩して
路地に咲く花 古(いにしえ)誘う

本読んで文学散歩に打ち興じ
ヒロイン想うときめきの午後

漱石の若き時代に思い馳せ
ブナの葉が散る三四郎池

e0228147_00274808.jpg

一葉の井戸に触れしし初恋の
拍動聞こゆ 祭り太鼓も

仲間の背見つつ歩いて傘の列
文学散歩に雫が落ちる

二度とない記録を深く会報に
共有できる仲間のこころ

生きるとか死とかを外し編集す
熱き心を背中に感じ

十四年つかず離れず友でした
老いや若さを見る 玉手箱

e0228147_00282163.jpg

恐れつつ会長役を受けた我
代わる人なく覆う雨雲

思うよりやってみようよ その列は
角を曲がれば元の通りに

入れ替えの恐れも何も嘘のように
歩き出すなら そよ風が吹く

手綱引く乗り手多いと走る馬
ゴール間近に迫りつつある

e0228147_00284535.jpg

今こそが好機と知って動き出す
風よ荒れるな我を止めるな

人生を楽しく遊びその午後の
波のきらめき眩しく見つめ

喜びに浮かれた午後のひとときを
愛しく刻む絵巻のように






[PR]
by nagotu3819 | 2014-12-10 00:01 | 健康・エクササイズ | Trackback | Comments(14)

プレゼント手芸

今ひとり静かにアクリルたわしを作っています。
もしかしたら、暇なのね…と、これを見た友だちが申します。
暇でなくても作ることがあるんですよ。
プレゼントしたい何人かの方の為に作っています。
e0228147_20443218.jpg
室内履きの毛糸の靴下も。
レースの袋物は、飴でもケータイでも、気になる小物入れでもに使って貰いたいのです。
喜んで貰えるかしらと、少し心配しながらですが…。
そしてビーズを組み合わせてのネックレスや、
ハワイアンリボンのストラップも。
e0228147_20440176.jpg
そしてテーブル盛り花もささやかですが
準備致しました。
華やぎも感じられよかったぁと、ちょっと嬉しく思います。
e0228147_21102150.jpg






[PR]
by nagotu3819 | 2014-12-06 21:16 | 趣味・作品展・朦朧 | Trackback | Comments(18)

いつもの待ち合わせ

1か月前から決めていた友だちとの待ち合わせ。
でもいつもの友だちの輪には、ひとり欠けている。
e0228147_00260275.jpg
ネ、逢う?
Yさんがご都合が悪いというので今回はやめようか?
やっぱり会おうや…。
そうね、輪つなぎみたいな集まりですものね。
過去に都合がつかなくて止めたことがあった…、
その後が続かなくなって、結局その会が途絶えてしまったことがあったよ。
できるならそうしたくはないよ。
そうね、じゃ逢いましょう。

そんなやりとりでやっぱり会うことにした。

万両は鈴生り
南天は…?

この枝だけ実がつかなかったわね。
e0228147_00385333.jpg
難を天に逃すっていう縁起物の木。
赤い実だけの数、良いことが残ったという訳か?
良いことがあれば好い。
欲張りすぎると良くないことがあったりする危険もあるか…。

優しい実の付き方のこの枝を
とても愛しく眺めた。
生きているっていうことはこんな場合もある。

思い出した。
人生には三つの坂がある…って。
快調の上り坂、運の悪い下り坂、
そして
思いもよらない「まさか」という坂…、
まさかだったよね…。

友だちの家の近況を話して、驚かれてしまったのだが、
本当にまさかのことで
どうしようもないことであった。

合掌



More
[PR]
by nagotu3819 | 2014-12-04 00:42 | 交友録 | Trackback | Comments(4)


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

♣oshibanayos..
by nagotu3819 at 22:11
こんばんは。 現代川柳..
by oshibanayoshimi at 20:54
♣rabbitさん、ごき..
by nagotu3819 at 00:15
あっ!知っています、この..
by rabbitjump at 20:01
♣shizuo7fさん、..
by nagotu3819 at 19:29
もう一度読まれたんですね..
by shizuo7f at 12:22
♣oshibanayos..
by nagotu3819 at 10:01
♣ mary_snowf..
by nagotu3819 at 09:54
おはようございます。 ..
by oshibanayoshimi at 06:22
そよぎさん、おはようござ..
by mary_snowflake at 05:46

最新の記事

「わたげ」を拾い読み ④ 蛇..
at 2017-08-16 17:40
お盆のころ
at 2017-08-14 05:12
僅か6年前なのに…
at 2017-08-13 01:56
「わたげ」を拾い読み ③19..
at 2017-08-12 04:20
みんなの夏休み 始まりです
at 2017-08-11 00:33
主治医花井先生の本 平和と核廃絶
at 2017-08-10 01:51
思うこと(散歩とミニスカート)
at 2017-08-09 01:30
「わたげ」を拾い読み ②19..
at 2017-08-08 05:30
誘われて I.川市民納涼花火..
at 2017-08-07 19:56
「わたげ」を拾い読み ①19..
at 2017-08-06 06:23
Nkym‐summitと新参..
at 2017-08-05 05:50
いつも青春の心で
at 2017-07-27 05:18
寿命を生ききる!
at 2017-07-25 05:17
真夏の夢でも…
at 2017-07-22 07:20
偶然が偶然を呼んで
at 2017-07-19 05:16

フォロー中のブログ

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

タグ

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧