<   2014年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

また、始めています

また、夢中で取り組む仕事が目前にあります。
時には、寝ても覚めても…で、取り組んでいます。
全然、お金にはなりません。
e0228147_10484965.jpg
それなのに、一生懸命です。会報56号の編集です。
これをして、誰かが喜んでくれると思えばこそなんですが、ある面独りよがりで、実は一番喜んでいるのは自分かと思っています。
でも、反面から見れば一番苦しんでいるのは私です。
キチンとしたいと思うと、いい加減な手抜きはできないのです。
でも、基本は私個人の物ではありません。
みんなの物です。
みんなの心をここに記録していくのです。
完全に私のものではないと分かっているのです。

ボランティアって良いですね。有償ボランティアなんて訳のわからないものではありません。
まったくの無償です。
私の時間で編集し、自分の気持ちも添えて纏めたりもしなくてはなりません。
それについて不満もあるかも知れませんが許してもらっています。
(だってその部分で仕事が進むし、ひいては私の喜びにもつながっているのですもの…。)
e0228147_10492765.jpg

会報…みんなの心が集約、平たく連絡できます。
これを読むなら、興味があるなら、情報として知ることができます。
一人の情報を、会員みんながその話題を楽しむことができます。
その発信地がこの会報だと思うと、それは魅力となり、力となります。

もう二、三日経つと運営委員会。
その時にたたき台として今纏めています。
次回の散歩行き先などを、決めます。
そしてその情報を、早速最後のページに組み込むのです。
秋さなかの散歩計画~さて、どこに決まるのでしょうか。
楽しみです。
[PR]
by nagotu3819 | 2014-07-30 10:50 | 散歩・エクササイズ | Trackback | Comments(6)

梅雨明けの頃から以後

8日間の一覧です。
最近はいつの間にか溜まってしまい、14~18日くらいを一度にアップしていた。それでも、一時に並んだという印象は否めない。
自分でも呆れるくらい並んでいたが、今回はこれでも、わずかの日数のアップとした。1週間に2回はスイミングに行くことを自分に課している。最近は暑いし、寝不足や空腹に注意して、水泳後気持ちが悪くならないよう特に気を払っている。
e0228147_16373922.jpg
トウモロコシは、昔子ども時代に食べたように、丸くかじり進むように食べた。やはり歯で食べ進むスタイルは、美味しい。子どものころの夏休み風景が浮かんでくるが、人前ではちょっと恥ずかしいか…。夏だな~~。
右列お昼は“銀だこ”のたこ焼き。白いトッピングは大根おろし。ソースもさらっとしたもの。夕食はバランスに気を払い、食材は多種少量を目指して摂取。
e0228147_16382861.jpg
リンゴは小玉だが、皮にワックスがツルツルに分厚感もあるほどかけてあり、そのまま食べるにはちょっと抵抗がある。左列夕飯の茄子大型獅子唐と香草衣がけは魚の切り身。右列お昼珍しくイワシの半生干し2尾。そして夕飯は鶏レバー、この両日はタンパク質に重きを置いて変化をもたせている。どれも似たような感じではあるが、今見ると、マンネリじゃつまらないという気持ちの表れか。
e0228147_16385926.jpg
左列お昼は、家で生そば、ワラビもちなど形ばかりのお昼で水泳に出かける。さすが後でお腹が空いて、アイスクリームやコーヒーを補給してまた動く。
右列お昼は、会食。ここにあるものを仲良く分け合って口に運ぶことも楽しい。夜は、軽く整え戴く。
e0228147_16392395.jpg
左列の一日。炭水化物に変化を持たせる。朝はパン、昼はそば、夜は手巻きと稲荷、赤飯。
作り置いたものを、翌日の夜にも膳に乗せる。それは、暑いことに備えてビールを戴こうと思っていたので…。ガゴメ細切り(納豆昆布)に刻みネギ、鰹節、それにすり胡麻の和え物が今マイブームとなっている。そんなものを並べて楽しみながらビール…。
うん、自己満足だが大変良かった一日でした。
[PR]
by nagotu3819 | 2014-07-27 18:32 | 今日の献立 | Trackback | Comments(14)

何のために生きているのか

真剣にまじめに、今の状況を見つめておいでになる友と話しました。
「私は何のために生きているのかわからなくなった…」
「何をするにも、力がわいて来ない」
「なんだかいつもと違うので、カウンセリングを受けた」
と、お話してくれました。

カウンセリングを受けようとしていないだけで、私も実は似たような気持ちになります…。
こんなお天気だと気持ちも憂鬱になりますよ~。

でも不思議ね、今の気持ちを話していたら雲が晴れて行くようで、すっきり明るくなってきたわ…と、お互いに手を振ってお別れ。
「またね~~」。
e0228147_9482968.jpg

彼女は、今まで母子だけではあっても、張りのある生活が展開していました。
ところが、最近子どもの勤務地が遠くなってしまったため、それぞれ別れての生活に切り替えました。
子どもの日常は母の目線に入らない環境と変わりました。
大変化があったのです。

最近の私は慢性化したナマケ癖というものですネ。(多分…。情けないこと…!)

私にはある時期「今を有意義に過ごすにはどうしたらいいか」と惑い悩んだことがありました。
ずいぶん以前のこと、昔むかしと言ってよいほどのころ。
自分自身、若くて張り切っていたころでした。
仕事に追われ毎日が忙しいばかりでした。

e0228147_952699.jpg

それが、今までの忙しい仕事をやめて“家庭人―専科”となりました。
わが子を育て見守るため毎日が家庭にだけ限られてまるっきり一変したわけでした。
今思えば、狭い環境で視野も狭く、考えることもこまこましていました。
広く見ようとしていなかったのです。

「私」の時間がないことに気づきました。
すべて子どものため、家庭のためにだけの時間の展開でした。

私らしく生きているのだろうかと、省みたのでした。
私らしい時間の過ごし方の模索の旅に彷徨いだしたころでした。
目の前には、甲斐のある子育てがあった訳で、いわば贅沢な悩み。
私の目の前におられる友だち程は悩みの深さが違っていた訳ですが。

けれど、それなりに置かれた今を見つめ、考えだしたことは確かでした。
これは何にしろ、自分らしく、自分を表現できる対象は何かと探していることだったと思います。

e0228147_1011879.jpg

個性を、アイデンティティをいかに表現するかという面に目を向ければ解決するように思います。
自分にピタッと心躍らす対象を、模索し見つけ出すとにろが大事なのかと思います。

たまたま、私は今とても自分らしい生活を展開できていると感じています。
幸せなのだと評価しなければ罰があたるような…。

自分のことは置いておいて「みんなのために」動いている環境にあることが、実は素晴らしいことだったのです。
自分が喜ぶだけではなく、それをすることで周囲も喜んでくれていること…。

その辺は錯覚も、思い違いもあるかも知れないけれど、自分がそう思えればいいのです。
とても重いことで、その大変さ―苦しささえも伴うことが、生きがいと感じる喜びに通じるのです。

e0228147_21252738.jpg

苦しく大変なことも感じられない「生きがい」なるものが他にあればいいのですが…。
楽しいだけの対象にはすぐに飽きてしまうのかも知れない…。

困難な部分が付いていないものは、それなりの手ごたえが無いと言えます。
やっぱり苦しく大変なことが伴わないものは「生きがい」にはつながらないかも。
そういう対象ではないものは、手ごたえとしてもそれだけ軽いのかも知れません。
第三者的に眺めてみますと、この環境に私は満足しているようだと結論めいたものを感じます。
[PR]
by nagotu3819 | 2014-07-25 21:09 | 私の原風景 | Trackback | Comments(14)

背守りって?

背守りって知っていましたか。
その言葉を私は知りませんでした。
見れば、あ~、これね…じゃ、よく見ていたわ…ってなるんですけれど。
子どもの魔よけとして着物の背中に縫取られた「背守り(せまもり)」。
e0228147_3481721.jpg

母親が幼い子供の背縫いのあたりに、刺しゅうや飾りのような糸印を付けて妹たちに着せていたのを覚えています。
これを背守り…というのですって。

e0228147_3481735.jpg
昭和の中ころまで子どもは着物を着せられて育ちました。
なんと私自身「一つ身」(赤ちゃんの着物)綿入れを練習に作ったことが遠いあのころ確かあったと思い出しました。
そのころよりもっと以前も、母を真似して編み物やお人形の着物も作って遊んだりもしたんです。

TV「アンと花子」のなかで、赤ちゃんが着物を着せられている様子が目にとまります。
今の赤ちゃんの洋服は、着ぐるみのようにすっぽりと体を覆うようなもので大変扱いやすくなっています。
赤ちゃんの和服は抱き上げたりまた寝ているだけでも、よく赤ちゃんも動きますから、すぐに着物の合わせ具合や裾から足がむき出しになったりします。
肌蹴やすいです。
扱いにくいです。
赤ちゃんが着物を着ると特にだらしなくなります。
e0228147_3485368.jpg
このような簡単な、↓一筆書きのような印が縫い付けてありましたよね。
e0228147_10485374.jpg

わが子の無事に成長することを願って祈りを込めて背守りを手がけていたのですね。
その造形の様々が今回行ったところに展示されていました。
かつての衣文化の豊かさや母の子に対する愛の表現の豊かさ、丁寧さを知りました。
e0228147_3484948.jpg
百人から端切れをもらい集めて着物に綴った「百徳着物」もありました。
背に縫い目のない子どもの着物は背後から魔が忍び込むとされ、昭和の初めころまで魔よけとして付けられていたと知りました。
シンプルな縫い取り、刺繍、アップリケのような押絵などそれらの造形は実に多彩でした。
子を思う母親の愛情表現…。
子供の死亡率も高く、貧しさのなかで本当に丈夫な子だけが育つような環境では、なにかにすがり、とにかく健やかな成長を祈るばかりだったのですね。

花子の子供も不幸にして、幼児期になくしてしまうのです。
気の毒な話ですが、そういうことも珍しい話ではなかったので、祈りを込めて背守りにかけたのでしょう。
お母さんの熱さを強く感じながら、ざっと見てきました。
[PR]
by nagotu3819 | 2014-07-25 05:00 | 今日の手帳 | Trackback | Comments(12)

7月-梅雨さなかのころ

朝か、昼かわからないような空模様。私のサイクルも朝か、昼か…。
さあ、しっかりとした一日を送らねば…と、自分に活を入れつつも…。
右列のお昼は会食で、いつもよりもず~っと気を入れて食べる。
e0228147_442383.jpg
この週は、ごちそうです。
よく食べてよくしゃべります。
あ~、満腹(うふふ)。満面の笑顔です。
代わりに右列は控えめに頂きました。あ、もとい。普通にです。
e0228147_4423699.jpg
満点栄養の食事を、あえておなか一杯にいただく。
ちょっと見た目と栄養面は違います。満点の欠けるものなくのバランスです。
e0228147_442595.jpg
結構、あちこちと移動中。
結構、あれこれと満腹中。
e0228147_503034.jpg
疲労ぎみで、昼寝も良くします。あっと、気づいて真夜中かと思ったりしたこともあります。
それでもまあまあ…、朝昼夕と頂いています。その点は「◎」です。
e0228147_4435977.jpg
最近夏痩せぎみ(^_-)-☆ 1Kg弱期待してなかったのに痩せていた。
なぜ?というくらい。
規則的に時間をおくらずに、気の向くままに過ごす傾向と、間食する暇をもたなかったことでしょうか。
e0228147_4442674.jpg
作ったばかりのブルーベリージャムをヨーグルトに。
おいしい…。
アントシアン・ポリフェノールに気づかっていたから??
~先日の高齢者講習で、視野も動体視力もそれほど衰えず優れていた。

あと気をつけなければと思うことは、緊張感が持続しないと気づいたこと。
屈折の道を最高にうまく通り抜けたのに、すぐ目の前に信号…。
あ、赤…なんてことがあった……。
でも、左右左の確認は習慣だから怠らず、走ってはいたけれど…。

    ==講習後==
教習所の、そこに信号があった!ということが、痛く私を攻めて居るその講習効果。
ハンドルを握るたびに思い出させているので、私にとってビッグな注意信号となった。
[PR]
by nagotu3819 | 2014-07-23 05:56 | 今日の献立 | Trackback | Comments(8)

幼馴染のようなアンを愛して…

片づけをしていたら古い新聞のコピーが目に留まりました。
昔、川柳結社の社友というのでしょうか。あまりよくわかりませんが、とにかくその仲間は、一生の友だちとしていてほしいような魅力的な方々の集まりでした。
e0228147_1303244.jpg
朝日新聞の後援があって、中部川柳大会なるものを所属の結社が、主催することになりました。
そのはじめの頃の広告として、勉強中の仲間の川柳を取り上げて川柳に馴染んでいない人からも参加を呼びかけました。
その時の新聞広告です。
私の句も載っていますが、勉強中だからというのか何方も作者名は載りませんでした。代表の名前だけは表に…というのも、どんな世界でも有りがちなことです。
「四十年 赤毛のアンを 友にする」
これは私の句ですが、何の技巧もありません。けれどとても素直に端的にズバリと詠んだと思っています。
まだ50代の前半の時でしたので12、3歳から読み始めて、アンに親しみを感じ虜になったということを詠んでいます。

中部川柳大会には、全国的にも名が知れていた時実 新子とか大西 泰世、森中恵美子、天根夢草、石田柊馬さんなども遠くから馳せ参じらされました。そして、私はその大会の裏方で、表彰される方の名前を下手ですが毛筆で記したり、派手に選者の脇取りの役目をしたことも思い出しました。
いまはすっかり川柳からは遠のきました。

とんだ横道に逸れましたが、赤毛のアンは、娘たちも大好きでした。今もアンは心に残っているに違いありませんし、ことによると私と同じく気になる存在として心に存在し続けているのでしょう。
e0228147_18382983.jpg
今NHKの朝のドラマ「花子とアン」を放映していますので、ちょっとしたブームとなっています。(5月「赤毛のアン展」)
おかげで、気をつけて見ていますと関連の展示会などがあります。先日、ついでに教文館へ立ち寄ってみました。エレベーターに乗るのに60分待ち、5階で降りて、9階まで一段一段ゆっくりと待たされながら上って行くのです。
前には「翆玉白菜」で180分でしたから…、でもここでもかとは思いました。
おかげで9階の村岡花子の一生や何を翻訳したか、白蓮との写真や村岡印刷のことなど一連の展示を詳しく見ることができました。
e0228147_18375233.jpg
6階では子供の本を中心に花子にまつわる本も並んでいました。
3階に下りていくと、その昔花子が仕事をしていたところをテープで囲ってありました。
e0228147_18385724.jpg
そこで、結局手元に置いておきたい本を求めました。
写真も多く、暇を見つけては本を紐解き、気楽に楽しめる内容です。
たびたび眺めては楽しんでいけるように思います。
[PR]
by nagotu3819 | 2014-07-19 21:01 | 趣味・朦朧 | Trackback | Comments(10)

お会いしました

元同僚ではあるのですが…。
e0228147_261586.jpg
3月には車椅子だったのに、今月上旬にお見舞いに参りました時には、すでに胃瘻(いろう)の処置が施されていました。
ベッドに横たわったままで、私たちを迎えてくれたのです。

毎回こちら方面に参りますときの目的は、闘病中のKa.先生にお会いしては、お見舞いと旧交を温める目的で元同僚が四人揃って、ご自宅にお邪魔していました。
逢ってお話しすることでこちらも安心して帰ってきていました。

今回は携帯メッセージのちょっとした手違いのため、Y.先生を慌てさせてしまったようで、結局うまく伝わらないまま三人でお見舞いに行くことになったのでした。

3月に約束していた日にちが、急に都合悪くなったというSa.先生は、ご自身の予定を切り上げてお見舞いから戻る私たちを出迎えるようなかたちで、O.駅で待っていてくださったのでした。
お見舞いに伺った私たち三人はKa.先生の様子を伝えて、お見舞いに一緒に行きたかった思いのSa.先生の気持ちを思い図っては懸命に連絡させていただきました。

e0228147_15243317.jpgこのような無理をしてでも、Ka.先生を少しでも力づけたかったSa.先生は、この手違いを責めるのではなく、後で駆けつけてなんとか合流して思いを一つにしようとして下さるその誠実さ…、さすが生徒たちからの信頼と人気を集めておられたのだなぁと思いました。

私が手違いの直接原因ではなかったけれど、慌てさせてしまって事を取り違えて話を進めてしまった友とともに、少なからず肩身の狭い思いをいたしました。


e0228147_0404351.jpg
そんな番狂わせのなかで翌日からは、静かに時を過ごしていました。
ご無沙汰のパソコンをふと開けて、ブログをみましたらなんとブログの友達から非公開コメントが入っていました。
C.さんは、あいにくの天気となって、予定の旅は見送ったとのこと。
今日は予定がなくなったから…、というコメントがありました。
さっそく電話をしてみましたら、ちょうど暇していたからと渡りに舟。
昨日も珍しく静かにしていたのよ…とのお返事。
外は台風の近付く気配の風が吹き、雨もぱらついていました。
私も、昨日は静かに家でのんびり~~でしたよ、今日も予定がないから…とウキウキと約束成立。
こんな偶然は嬉しいねと、久しぶりに昼食と、場所を替えてお茶しました。
e0228147_22425763.jpg
オフ会は楽しいものです。ブログで親しんでいるので、昔からの知り合いみたいに馴染んでいるのがわかります。毎回お会いするたびに思うのだけれど、不思議な気がします。いつも前向きに努力型の彼女の姿勢は、なんだか私の“やる気”エンジンをかけてもらったような気がして満ち足りた時間を過ごせました。
そして家でお待ちのC.さんのご主人に電話させていただきました。
彼女にふさわしいお若い声で「どういたしまして」と言っていただき、このお天気の不安定な荒れた日のオフ会にご理解いただいた気がしました。
「あ~~、よかった…」~~でした。



[PR]
by nagotu3819 | 2014-07-17 23:14 | 交友録 | Trackback | Comments(8)

「おりひめ会」です

毎年7月7日は都合のつく人が決まった処で決まった時間に待ち合わせの約束となっている日です。
今年の七夕は雲が厚かったのですが雨は逃れました。

全体会の「やまなみ会」は大学時代の友の会です。私の専科は当時募集人員30人。
前期教養課程は地域別の分校で学びました。私は本部のある方を選びましたら、こちらは13人となったのです。
あとの17人の方は本部というより、より都会周辺にある分校の方でした。
本部側の学友とともに前期2年間を過ごしましたが、少人数で親類同士のような親しさをもって過ごせたので、私の幸運となったのでした。この前期共に過ごしたメンバーの会が七夕に逢うことになったので「おりひめ会」としましょう。

後期になってから両分校の人が共に顔を合わせて専門課程から卒論に取り組めたことも、今ではよい思い出です。この全体会は校歌の最初の歌詞にある言葉から「やまなみ会」に。
それぞれ人生を歩み、築きながら延々と続いていく山脈(やまなみ)です。

今回の会場です。
e0228147_19462899.jpg
e0228147_19462464.jpg
Sasaseさんが主に計画なさってご案内でした。彼女の8人乗りの大きな車でいちどきに移動できました。
そこは市内ではあっても少し遠く徒歩では無理なところでしたが、結婚式会場にもなったというレストランです。
e0228147_10192765.jpg
セットメニューではなく、前菜、スープは何にするか、メインディッシュは、デザートは、飲み物は…と、8人のメンバーそれぞれ注文し、ウェイターは書き留めて行きます。
下段白い印のあるのは、友達の注文したお料理です。
e0228147_19471056.jpg
学生時代の友達との逢瀬は、会食とおしゃべりです。今も忙しく公職に携わっている方も出席です。秘書にこの日はスケジュールを空けておいてと頼んで置いたとのことでした。
同年輩の70歳を超えた人たちですから、その方を除いたら皆フリーです。でも校長先生や教頭先生もなさったことのあるツワモノの集まり。お話がかなり面白いのです。普通のお話の中にきらり光るような為になるおしゃべりが展開されて居るのです。
10年足らずの教職経験をもつ程度の私は、母親から主婦の座を暖めていたので、それはかなり刺激的。
e0228147_19482149.jpg

かなり知識あるキチンとされている方で有名な方のお話の内容は、「徹子の部屋」で語っておられた話でとても「気をつけていること」があることを話されたとピックアップされた。
それは「おなら」のことだったと。その方がおならをテーマにすることさえ、意外性があるのに…と、その場をシンとさせる効果があるのね…と、起承転結を考えられた展開で話を終わる。
ここでご披露したいけれど、あんなにうまく語れないし、私の中を通り過ぎたその感激だけが、塊りとなって私の記憶の底にある。
また追々語ることになるかもしれないが、今日はこれでおしまいにする。

More
[PR]
by nagotu3819 | 2014-07-16 14:20 | 交友録 | Trackback | Comments(8)

栄養価計算して確認しました~!

いま摂取している食べ物の栄養価を計算して、私の普段の食生活を確認してみたくなりました。
過不足を気にしながらも時には自分に甘くなる時はありますが、正直言って、欲望の赴くままに食べるのではなく、厳しく記録して反省しながら過ごそうとしています。

たまには数字で表してみようと、成分分析表で計算してみました。
e0228147_3124177.jpg

どうしても気になる方へ、納得して頂けるかしら?
 
1日に必要な栄養所要量についての検索をして見てください。

私の場合は運動量が低いですから、一日の栄養所要量は1450Kcalです。
たんぱく質~55g 脂質~32g 糖質~235g カルシウム~600mg 鉄~12mg V.A~540μgRE (※) V.B1~0.8mg V.B2~1mg V.C~100mg V.D~100IU 食物繊維~14.5g 食塩~10g

上記を一応の目安としています。
ちょうど手元に食品成分表の本がありますので、2日間の献立について計算してみました。

e0228147_2043441.jpg食品とその使用量を基に、計算します。



計算した一日目は
カロリー1233Kcal たんぱく質55.32g 脂質44.04g 糖質116.5g カルシウム454.2mg 鉄10.79mg V.A 2227.35IU =735.0μgRE  (※1IU=0.33μg RE=0.33μg レチノール) VB11.14mg V.C 65.3mg 食塩6.2g



e0228147_20435757.jpg
二日目は
カロリー1178.2Kcal たんぱく質44.85g 脂質53.0g 糖質127.17g カルシウム325.1mg 鉄5.695mg V.A 847.11IU=279.55μgRE  (※1IU=0.33μg RE=0.33μg レチノール) VB13.49mg  V.C 65.27mg 食塩1.97g3.97g(翌日・訂正しました)






最近は、油脂類を余り使わないのですが、高校時代に教えて頂いた「油断大敵」という字のごとく、常温で液体のいわゆる油は必須脂肪酸を含有しているから摂らなくてはなりません、との教えがいつもチラチラと頭に登場します。

e0228147_312301.jpg献立でカロリー不足の時は一気に多くのカロリーが得られますので、油脂類を摂取すると良いのです。

因みに、バター745Kcal マーガリン759Kcal 植物油921Kcal マヨネーズ698Kcal フレンチドレッシング398Kcal(100g中)です。

油脂類を使う時は一人当たりせいぜい小さじ2分の1(約3g)から小さじ1(約6g)を摂るか摂らないかで、わずかです。
3~6gなら、22~44Kcal程度となると思います。


これが外食だとその辺が崩れてしまいます。

バターは脂質だけではなく、さすが天然食品です。少ないですが糖、カルシウム、鉄も含有し、ビタミンAは1900IUで、B2、Eも多少含んでいるのですが、コレステロール210mgもあり、気になります。
それに比してマーガリンは栄養的に強化されているものが一般的で、VAはバターの3倍、コレステロールは0mgです。
植物油はコレステロールを低下してくれるのですが、昔とは研究が進んできているため古い人間の私の概念は切り替えていかなければなりませんが…。
その意味でバージンオリーブオイルが注目されていますね。一応バージンオリーブオイルは使っていますが、その辺は勉強しないとと思っています。友だちはオリーブシードオイルが好いと愛用しています。
古い概念はなかなか…捨てることが出来ません。
[PR]
by nagotu3819 | 2014-07-15 05:29 | 今日の献立 | Trackback | Comments(10)

6月終盤から7月へ

前回は余りに沢山の日の食事をいっぺんに載せてみて、自分でもびっくりしました。
こんなに沢山のものをお腹に入れていたの?っていうことで…。
でも、左一列朝昼晩の献立ですので、右一列はまた、別の日のごはんとなる訳です。
旅行中の食事は、いつもと違うので、またまたビックリということになって…。
この度は、普通の日の展開です。特別食はありません。
e0228147_1375482.jpg
特別食ではないけれど、かなり食に変化を持たせようと努力中です。
また、甘いものが好きですので、お昼に好物のFunabashiyaのくずもちだけにしました。美味しかった~。
翌日のお昼は、パン食に。
e0228147_1371024.jpg
左列の朝と昼は同じような変わり映えなし。夜は貝柱の刺し身。これも私の好きなものです。
右列の朝食に塊ベーコンを2切れ、うすく切ろうと思うけれど2切れで5mm位の厚さになりました。
昼食は、またまた登場、くずもちです。夕飯の巻き寿司はちょっと多かったけれど、時間を掛けて全部頂きました。
e0228147_14058100.jpg
たまにはカレーが食べたいと作りました。外で食べるとしたら、これに福神漬とラッキョウがつくくらいですが、栄養バランスを考えると何か冷蔵庫にあるものを付け足ししたくなります。
右列お昼は季節の中華そば。一人前のソバ玉がちょっと何時もより多い感じでした。でも美味しかったです。

e0228147_1415184.jpg
この日は散歩の会があったので、早朝に出発。結構アクティビィティな一日。最後は炭水化物なしのアルコールで疲れ取り…。
これって、良いのか判らないけれど、翌日(右列)はとっぷりと休みを取りました。お昼はお土産の豆大福をメインにして、その他は干し杏と、塩辛のおかきを添えました。
疲れが出て食事作りは億劫です。そのため軽い食事を摂ってしまったので夕飯は天婦羅で元気を取り戻そうと頑張りました。
おかげで、まあまあの元気となりましたので、よかったということでしょう。
[PR]
by nagotu3819 | 2014-07-14 10:21 | 今日の献立 | Trackback | Comments(14)


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

♣ PC-otasuke..
by nagotu3819 at 19:58
こんにちはブロ友パソコン..
by PC-otasukeman at 12:05
♣ oshibanayo..
by nagotu3819 at 21:28
♣rabbitさん、コメ..
by nagotu3819 at 21:16
色鮮やかなシャクナゲです..
by oshibanayoshimi at 17:57
☆nagotuさん ま..
by rabbitjump at 17:49
♣rabbitさん、ごき..
by nagotu3819 at 11:49
稲毛の浜、そういえば聞き..
by rabbitjump at 09:35
♣ヤスコンさん、ごきげん..
by nagotu3819 at 09:34
こんばんは! 「桜の見..
by yasukon20 at 21:31

最新の記事

溥傑氏の仮寓(ラストエンペラ..
at 2017-04-25 01:45
時系列記事に割り込む【4月1..
at 2017-04-19 19:02
ようやく4月の記事アップ (..
at 2017-04-19 01:47
まだ、3月です(2)…放送大..
at 2017-04-02 15:22
まだ、3月です(1)…お彼岸..
at 2017-04-01 11:02
桜とランチ・デート
at 2017-03-15 23:32
桜だより(修善寺寒桜)と月の..
at 2017-03-13 04:20
しばらく! Mrs.Tiny..
at 2017-03-10 23:22
スマホで遊ぶ
at 2017-03-08 01:55
私は怠け者なんですゥ~(2月..
at 2017-03-06 11:06
プラチナエイジの幕開け
at 2017-02-04 23:40
食事摂取の羅列記録(横1列・..
at 2017-01-31 22:10
乾燥し過ぎ?!
at 2017-01-29 13:25
誕生日メッセージ
at 2017-01-27 23:57
古いものは捨てなければ…
at 2017-01-25 22:42

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
詩集から
from 優しい時間 2匹のヨ-キ-..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧