<   2014年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

野鳩の巣

枝を下ろすことにしたという
まず柿の木の細い枝を
そして大きく伸びたローリエの樹に手を付けていた

その時、バァーッと凄まじい音を立てて
何かの鳥が飛び立った

なんだか分からないので
そのまま枝を下ろして樹の姿を整え
風通しを良くすることを続けていたところ

鳥の巣が目の前にある…と
驚きのささやき声
物見高く私も覗きにいく
e0228147_2233781.jpg
さっき飛び立ったお母さん鳥は
どこかで心配そうにこの顛末を見ているに違いない

この雛が巣立つまで枝を伐るのは
しばらく中断しようと
作業をやめて人は家の中に入る

鳩だった
お母さん鳩もやがて巣の中に戻って胸の中に雛を隠した

みんながホッとした




More
[PR]
by nagotu3819 | 2014-03-30 22:23 | 詩・歌・つぶやき | Trackback | Comments(2)

☆ブロ友さんと ☆そして隣同士だった友と小旅行

またまたある日、ブロ友さんとお会いできました。
ブログのイメージでは私と同じくらいの方かと思っていましたら、片手よりちょっと多い年の開きのかたでした。
また、以前は別々にお二人に逢っていましたが、今は友だちの輪を広げて三人で。
そうしましたら、ご紹介したブロ友さん方は偶然同級生同士。

スマホについて書いておられたブロ友さんにスマホを持とうかどうしようかで、前もってお尋ねして居ました。
スマホの使い方のあれこれを、持って間もないお二人は肩を寄せ合ってスマホを中に研究中。
お陰で私は蚊帳の外です(*^_^*)
e0228147_18133813.jpg
でも、よい知識を得たとばかりに私はご満悦。
その使用料などを聴くと、それでも納得したので、切り替えるつもりでケータイ会社に行って見ました。
実際に具体的にたずねて見ると、私の料金コースなどから見ると、納得できないものでした。
ガラケーの方がうまく使い道が有り、無駄がなさそうです。インターネットもケータイでできるし、出先でスマホで検索するほどの、いろいろな事を調べる必要の頻度はなさそうです。
便利そうですがそれほどのことに遭遇するようなことはなさそうだと一応おもえました。
結局、スマホでというよりも、家でおおきな画面のパソコンで私は十分間に合いそうかと…。

寒かったり暖かになったり…という季節。
ちょうど良いことにこのお約束の日は、暖かな良い天気でした。
第1日目
e0228147_18141426.jpg
第2日目
e0228147_22312813.jpg
子どもたちが幼稚園時代から親しくなった友だちです。今は離ればなれとなっております。
主に中部圏に住まい3県に渡って居りますが、関東圏も関わっているようになりました。
1泊旅行は2、3年置きに出来ると良いと思っていますが、先のことは分からないと暢気に考えることにしました。
[PR]
by nagotu3819 | 2014-03-28 18:16 | 交友録 | Trackback | Comments(8)

むかしの友だちと

むかし同僚として、そして同期に新任教諭となったメンバーが最近よく集る。
そのきっかけは、2年前。
教え子のクラス会が開かれると言うので、45年ぶりに会った人もあり、みんな併せて懐かしく出会ったのだった。
そしてYさんと私は子育ての事情、家庭の事情で間もなく退職したのだったが、他の皆さんは定年までずっと教職に居られて、その間は会う時間さえ無かった。
e0228147_14552985.jpg
クラス会の時に、同年代の友が患い闘病生活をなさっていることを知ったのだ。
以来、お見舞いをしたい、彼女に会いたい、何とか会うことで元気を取り戻して欲しいとお見舞いがてら、私たち仲間も度々会うことを約束した。

そして懐かしい気持ちと同時にあの頃希望を持って頑張ったことを思い起こし元気を出して欲しい、少しでも力になればと、ひたすら思って今度で2回目の訪問であった。
e0228147_14551892.jpg
ご夫婦で教職にあって、お子さまもお一人おいでになる。
患っておいでの彼女は大変ご趣味も広く、陶器を焼いたり日本画も描かれてそれが日展に何度か入選されていた。お元気な頃の作品を拝見させて頂いた。
思うように体が動かなくなり、特に首筋が不自由な部分と言うことだった。

ただ、私たちは彼女に会いたい、懐かしく思い出話を展開しなくても顔さえ会わせていれば気持ちは若い時点に戻ってやる気というか前向きな気持ちになっているということに気付いていたので、みんな揃って押しかけるのだった。

このあと、彼女は何度目かの入院を余儀なくすることになっていると言われた。
どうぞ、回復されてまた少しでも元気な話題が出来るようにと、車に乗って帰る道すがらも、私たちは黙りがちにそれぞれの心の世界へと移っていった。
[PR]
by nagotu3819 | 2014-03-28 15:30 | 交友録 | Trackback | Comments(2)

3月~まだまだ早春譜というところ…

ようやく、水温む頃になりました。さくら情報を見ながら、心落ち着かない日々。
この献立一覧は、まだまだ寒くてキッチンに立つことも億劫に感じていた頃です。
全室暖房の快適な環境ならまだしも、ケチケチ生活を展開していますので、主婦労力も出し惜しみして居ました。
おかげで、身体には皮下脂肪が貯まり運動能力は衰えて、少しでも早足で歩こうとすると、すぐに心臓は驚いて、もっと遅く歩けとの信号を送ってきます。はぁはぁはぁ…。
なまった体になりました。スポーツクラブには行っているのに…、ただ通っているだけでは筋力も衰えます。
暖かくなったらもっと体を鍛えようと思っています。

念のため。
左右黄色の線で分けていますが、これは2日分。
1日分としては、左の3コマのみ。上から、朝昼夕食を示しています。もう1日分は右列です。
e0228147_126815.jpg
こ辺りは少し体を動かしたため、食事もきちんと摂った。
e0228147_1264045.jpg
でも、食べ過ぎは蓄積させるばかりなので、軽く…と、言うつもりでお菓子で誤魔化そうとするが、お腹の隙間は埋まり良い線だと思うが、カロリーは何時もの一食分に追いつこうとしている。軽くとは気持ちばかりで効果なしということ、分かっているのにね…あ~ぁ。
e0228147_127369.jpg
この辺もお昼はお菓子で…。でもこれでは良くないと夕食でトータル的には満足させようか…。
e0228147_1272565.jpg
あ~、全身を見ると思いの外冬の蓄積が大きい。
別にダイエットの目的にはあらず…と、言い訳していたのに、これではダイエットをしなければと思う。
一番には血液組成の面で気になっているのだが。
右の列のお昼は、ブロ友さんにお会いした日。緑色の囲み線内は、家で使用した食材。
e0228147_13174540.jpg

体が寒くて縮んでいるような印象で、まさしく春はまだなんだと言っているかのよう。
[PR]
by nagotu3819 | 2014-03-27 13:39 | 今日の献立 | Trackback | Comments(2)

また椿花…名前は?

どなたか、知っていらっしゃる方、椿の名前を教えてください。

追記:皆さま、ご協力をありがとうございました。
一応、該当しそうな椿名を追記しましたが、疑問符をつけたいものもございます。
取り敢えず…ということでこの項はこれでおしまいとしますが、また教えてください。


①タロウカジャ・ワビスケ
e0228147_1026513.jpg
e0228147_10264198.jpg
②淡八朔・天津乙女
e0228147_1039215.jpg
e0228147_11142639.jpg
③卜伴=月光(がっこう)
e0228147_10274691.jpg
e0228147_10281322.jpg
④白雪姫=天の川
e0228147_11212179.jpg
e0228147_10285592.jpg
⑤曙
e0228147_10304872.jpg
e0228147_10384169.jpg
⑥ブライアン
e0228147_11272468.jpg
e0228147_1127440.jpg


More
[PR]
by nagotu3819 | 2014-03-20 09:53 | カメラの目 | Trackback | Comments(6)

延期していたけれどMRI挑戦

昨年11月と今年2月に、体調の変化を感じていたので、主治医に紹介状を書いて貰って、MRIで何が原因なのかを知りたいと思っていた。

しかし、ここで往生際が悪い私。
明日、いや、明後日と、延ばして来ていたが、今日(18日)はようやく重い腰をあげて予約をとるために病院へ出掛けた。
でも、春いちばんの強風吹き荒れるこの日に撮影を行うことになるとは思わなかったが、事はあまりにもスムーズに片付いたのである。

以下のMRI画像は、インターネットから借用した。
e0228147_20143468.jpg
e0228147_202038.jpg
e0228147_20203614.jpg

MRI初体験。
うるさい音がするので、イヤホンをつけてくれて音楽を流して気分を他に向けてくれようとの計らいがあった。
しかし、その音楽もMRIの磁場からの音?と撮影の雑音、ダッダッダッダとかジャグジャグジャグ、ガーガーガーなど雑音が、撮影の場所か縦か横からの磁場からの音なのか、違う音が頭の中に流れてくる。
どこでも味わったことが無い凄い音だが、気にしないようにすれば何と言うことも無いと割り切れる…。

X線を浴びることとは違い、人体には無害だがMRI撮影には我慢も伴う。
そんな体験をしての結果は、脳内に支障は無いと分かった。

寒い気候や、熱いお湯の中で環境の激しい変動―縮んで固まった血管が急に広がったため、単に血圧が下がりすぎてしまったことで、気分を悪くしてしまったのだった。
家系的に高血圧症なので気をつけねばならないことだ。

e0228147_2334467.jpg
気候、気温などに一層の注意を払うことを心に命じた。
あ~、年齢はこんなところにも現れてきている。
年齢を自覚しながら、生活して行かねばならないと、強く自省したのだった。
[PR]
by nagotu3819 | 2014-03-19 00:30 | 今日の手帳 | Trackback | Comments(10)

名前は知らない椿花 (歯のこと)

最近にしては、珍しいポカポカ陽気で弾む気持ちである。

歯科大での治療予約日になっているので、午後は車を飛ばした。
私の担当医は女医さんで、とても安心して治療を受けている。
優しい指示…。
あらかじめこうするから痛いかも知れないとか、心配していることを庇うように必ず施術前には何かを言ってくださる。
e0228147_0174762.jpg
e0228147_0182192.jpg
e0228147_0184497.jpg
中学生頃から、ずっと歯には悩まされている。
母も歯が弱いからか、母は私の歯を歯質が良くないのだと評価した。
そう聞いて素直にそうなんだと受け入れた。

8020運動があるが、1年前に歯科の先生は辛うじて合格と言われた。

今は、もう尋ねない事にしている。
不合格圏内に入りだしていると思うから…。

その後、末の妹の家に立ち寄りお茶をのみながら甘いものを頂いてしまった。
歯や体には、悪いことなのよ…と言いながら。
[PR]
by nagotu3819 | 2014-03-18 10:16 | 私の原風景 | Trackback | Comments(10)

春の花の顔ね

ようやく春の微笑みを見せだしたのね。
ありがとう…、春の花さんたち。
e0228147_2249029.jpg
ある本を読みました。

プレゼントをしたいと思って、ある芸術作品と言えるものを3つ並べて、「どれでも良いのを持って行きなさい」と言いました。
そう言われた若い人は、3つの中で抜群に良いと思えたものを選び持ち帰りました。

「眼が高いね、それを選んだと言うことは…」と褒め言葉さえもらえたそうです。
e0228147_22481687.jpg
しかし、居あわせていた友人は若い彼女が帰り、お酒でも飲んで打ち解けた気分になったところで、「心なき仕業をするものだね」とぽつり…。

勿論プレゼントした人は「良いじゃありませんか、好きで持って行ったのだから…」と、友人をとりなしたのでした。


大事なものはプレゼントしないだろうと思ってしまうのは間違いだったのでしょうか。
e0228147_22495071.jpg
その友人は、「でも、誰が見ても一番良いものを持って行くなんて…。心ないね。…あの女性は“花”が無いね。」

「さあ、どうぞお好きなものを…」と出された時、誰が見ても一番良いものは、その持ち主にとっても愛着が深いものに違いないと思うから、それをよけて、それ以外のものから自分の好きなものを頂戴する、それが人間としての作法でしょう。
e0228147_224974.jpg
そういう心配りが出来ていない人は他人への思いやりも無く、いの一番をずばりと取ってしまう。心寒い風景です。

いろいろな言い方もあるでしょうが、「あの人は、花が無いね。」
これが一番言い当てていると思うのです。


この要約した文章を読んで、私は“花”があるだろうかと省みました。

ずっと昔から、花のある人はたくさん居ました。それは日本の心と言えました。
今はどうでしょうか。
そういう譲る気持ちを持っている人は、あまり見なくなったように思います。
それより「これが好き」と言う、包み隠さず正直な気持ちを好ましく思ったりすることだってあります。
やはりその場の空気を見て、大事なものまでプレゼントをしようとしていると言うことが察せられれば、二番目に好きなものを選ぶと考えますが…。
どうなんでしょう。
[PR]
by nagotu3819 | 2014-03-17 00:33 | 散歩・エクササイズ | Trackback | Comments(6)

珈琲屋にて

面白いと思う
日によって、呼び方を違えてみると
同じ喫茶店でも
違うお店に行ったみたい
コーヒーヤ
サテン
サミセ
キッチャ
チャテン

e0228147_21105549.jpg

人の名前もそうだ

Mちゃん
エムちゃん
ムーちゃん
えぇちゃん
メーちゃん
まぁちゃん
エィムちゃん
……

まだ色々と
好きに呼んでみると
違う人になっている

ベターハーフには何て呼ぶの
私? ヴーちゃん

太っている?
うふふ

コマンタレヴー
Comment allez-vous?


[PR]
by nagotu3819 | 2014-03-16 00:02 | 詩・歌・つぶやき | Trackback | Comments(6)

思い出させるその本…

もう一度似たような写真をUPして恐縮だが、この日に下記の本をAさんから借りた。 →前出記事

ちょうど10歳違いの育実習の女性とその教え子の書簡集。
かつての教え子が偶然見たDVDに、教生の先生の短歌が紹介されて、先生のコメント画像でTVに登場していた。
e0228147_0595296.jpg
年月を経ていたのにも関わらず、短い瞬間のような時の画像に、かの懐かしい雪山先生(川口先生の旧姓)だと気付いたことでさえ奇跡なのに…。
あ!そうか…。珍しいお名前「汐子=シオコ」に、ハッとされたのかも知れないネ。
その教え子が先生のもとに手紙を書き送り、ふたりの交流が始まったことは立派に「物語」の始まりだった。

8年前の夏に、その本の出版記念会が催された。記念会にAさんは出席されたそうで、この本の著者、書簡集を出されたお二人にも直にお目にかかっているのだった。
e0228147_129244.jpg
本を読んでから、著者を知る機会があったりした時に、がっかりすることもあるが、本当に素敵なお二人でしたとの感想を持たれたAさん。
確かに、確かに。

鼎談(ていだん) 三者による座談会のこと。古代中国の煮炊き器具「鼎(かなえ)」が3本足であることから、こう呼ばれるようになった。

先生と小学4年生の男の子の出会いは、昭和19年夏。
先生の練習というか実習期間の…、若い見習い教師への少年の淡い恋心…。
e0228147_1292680.jpg
出版記念会の当時、81歳の川口先生と70歳の岩佐さん。新聞にお姿を拝見出来るが、初々しささへ感じられるおふたりだ。
先生は日本ペンクラブ会員、岩佐さんは映画作家、TVディレクターという、お仕事をお持ちである。

私も本当に短い年月だが、教師の経験がある。高校の教師だった。
そのむかし、子育てに専念するため教師を退職した。そして我が子が就学したころに、再び教師という職業に魅せられていたので、小学校で非常勤講師の経験をもった。
その時は5年生の担任。やんちゃな男の子から、給食のおかずを「僕これ嫌いだから先生にあげる」と持ってきた子(多分それが嫌いではないように思えたし、全部食べてねと心だけ頂いた思い出)、私から叱られるのが嬉しいみたいに悪さを敢えてする子、これで離任と言う時には多分大事だったろうボールペンを使いやすいんだよと手渡そうとした子、学校から帰るときこっそり私の後を自転車でつけて来たりした男の子がいた。
小学生って心が純粋で素直だから、とても可愛いと思った。
女の子は、その、たった3か月間くらいだったのに、随分と時を経てからだったが、自分の結婚式に参列して欲しいと手紙が来て、とても驚いたことがあった。

そんな懐かしい頃を思い出すような思いの深い書簡集だった。
[PR]
by nagotu3819 | 2014-03-15 00:10 | 私の原風景 | Trackback | Comments(6)


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

そよぎさん、素晴らしい時..
by 長沼 at 21:28
♣shizuoさん、ごき..
by nagotu3819 at 19:45
♣shizuoさん、ごき..
by nagotu3819 at 19:36
「心がぽあ~っと温まりま..
by shizuo7f at 16:57
そよぎさん、笑える映画「..
by shizuo7f at 16:56
♣rabbitさん、 ..
by nagotu3819 at 20:42
なんて素敵なご家族でしょ..
by rabbitjump at 10:46
♣押し花さん、ごきげんよ..
by nagotu3819 at 09:47
本当に良いご家族ですね!..
by oshibanayoshimi at 06:18
♣サファイアさん、ごきげ..
by nagotu3819 at 10:18

最新の記事

六月の父母の日
at 2017-06-25 09:17
映画「家族はつらいよ2」と友だち
at 2017-06-22 04:41
梅雨の晴れ間の蓮の花と友だち..
at 2017-06-16 00:13
青葉爽やか-恩師を囲む会と墓参会
at 2017-06-13 09:58
ギャラリーでミニコンサート
at 2017-06-11 00:40
民話の集い(第15回)
at 2017-06-08 06:20
日本の臍的位置の都市で(絵手..
at 2017-06-07 12:15
舞踊ダンス発表会と食生活のチ..
at 2017-06-05 02:41
旧古河庭園と飛鳥山博物館めぐり
at 2017-05-30 05:10
独り言して学ぶ②
at 2017-05-26 19:32
独り言して学ぶ①
at 2017-05-26 01:30
とげぬき地蔵・旧友‐先輩・母..
at 2017-05-20 21:55
奥能登の旅③
at 2017-05-15 01:23
奥能登の旅②
at 2017-05-12 23:54
奥能登の旅①
at 2017-05-12 03:55

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
詩集から
from 優しい時間 2匹のヨ-キ-..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧