<   2013年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

まだ10月、モソモソと過ごす

解説もなしです。
適当にお付き合い、外ご飯も織り交ぜて…。
10日間のストックです。
1
e0228147_1041123.jpg
2
e0228147_10421474.jpg
3
e0228147_10424878.jpg
4
e0228147_10432589.jpg
5
e0228147_10441411.jpg

[PR]
by nagotu3819 | 2013-11-28 10:46 | 今日の献立 | Trackback | Comments(12)

まだ10月をウロウロ…

私のお腹の中の一覧。
この食品たちがエネルギーに変り私が生きて、そして活動できる基なのだ。
まだこの頃は、順調だ。
体力も落ちていない。
e0228147_0375215.jpg
朝昼夕飯、きちんと3回は食べているから、良しとしよう。
e0228147_038141.jpg
e0228147_1143820.jpg
私の調子がやや…今一、なので回復食にと懸命。やはり無理しているのがわかる。
e0228147_11471599.jpg
e0228147_11493264.jpg
いつもの調子に戻りつつ…。
もう少し気を抜くべきか…。それでもプールにも行っているのだ。
e0228147_125199.jpg

[PR]
by nagotu3819 | 2013-11-28 10:36 | 今日の献立 | Trackback | Comments(0)

卓上のマスコットは折り紙で

私の机ではありませんが、こんな折り紙が飾られていました。
思わず見惚れてしまいました。
e0228147_20335074.jpg
この折り方が、難しそうです。
折り紙は2色ですから、多分2枚の折り紙から出来たのでしょうね。
プレゼントだそうです。
e0228147_20343714.jpg
そしてこれは、傘。
とても可愛い。
傘の心棒は、お団子の串などを利用したのだと思います。
傘を開いた状態で、置いてありました。
もっとも、閉じた状態にはなりませんが…。
e0228147_2135460.jpg
これは、何だか分かりますか。
恐竜です。
そう言われれば、そう見えるでしょう?
e0228147_2034449.jpg
これは折り紙ではありません。
アクセサリーの箱を利用して、部屋の設定をしています。
竹の小枝を上手く使って蜂をモデルに「おもてなし」の様子を表しています。
アクセサリーの箱は6cm四方の大きさです。(右写真がほぼ実物大)
小さいお部屋に、小さい虫たちを作ってその小さい小物たち…感心してしまいました。
牛乳瓶(?徳利かしら)、お皿の上には何やら御馳走を象っています。
蜂たちには座布団も用意されています。
向こうの方に赤いのが見えますが、これはテントウムシです。
e0228147_10112747.jpg


小さくて、心を込めて作ったであろうことが分かります。
手先の器用さを昔は誇っていたつもりでしたが、今は目も指先も思うようには使えないことが分かるので、こうして作られたものを、ただただ、感心して見入っているのです。
[PR]
by nagotu3819 | 2013-11-26 23:26 | 趣味・朦朧 | Trackback | Comments(8)

マラソン

早寝、早起きをしよう…。
健康に気をつけよう…。
そう思って、健康的なマラソンの励みを覗こうと出掛けた。
e0228147_105992.jpg
そこで、観戦している方とお喋り。
年齢は同じに見えたけれど、どうも上らしい。
お肌なんか若い…ですよ。
皺も私より少ないように思える。
だけど、お身足が不自由で、電動の車いすを使っていらっしゃる。
立ち話…。
でも彼女は座っているので、私に疲れるのでは?と尋ねる。
ちっとも疲れていないし、座りたいとも思わなかった。
e0228147_1324472.jpg
マラソンの人たちは一瞬のうちに通り過ぎたが
私たちのお喋りは続いてお日さまの翳りが射しかかる。
ほんの先程は、全然知らない人…。
今は、仲良く喋っている私たちだ。
通りがかりの人から見れば完全に前からの知り合いに見えるだろう。

だんだん思うように行かなくなったという、共通点のお話だ。
他愛もなく、慰め合って、納得しあっているのだ。
今は受け入れることを…、受け入れて…。
[PR]
by nagotu3819 | 2013-11-26 00:01 | 散歩・エクササイズ | Trackback | Comments(8)

あ~、私は故障しました!

ようやく、目処が立ちました。
今回は、アンケートの結果報告もあって、ページ数も18ページで、会報を纏めるのに時間がかかります。
e0228147_1952481.jpg

今までは、Itoh会長が居らして、もらった巻頭部分の原稿を入力して印字すれば良かったのです。
今年からは編集長と会長の二役を背負うことになり、得意ではない巻頭の原稿から始まり、アンケートの纏めと報告、活動の紀行文などを一手に引き受けてしまったのです。さらに編集後記も。

分担すれば良かったのに…と、思います。
でも、それは出来ない、大変だとの反応の言葉があると何とかせねばと、一人で編集責任を背負ってしまいました。役員からは寄稿と言う応援はあるんですが、分担の提案をしたのに断られたりで、上手く分担は出来ません。いっそのこと、一人で片付けるのが世話はないのかも…と。

それで就寝時間が3時間だったということも、この3週間に10日くらいはありました。
好きでしているんです。没頭してしまう性格です。
何かしら体にひずみが出てくるのは当然だったかも知れません。

原稿を入力したとしても、印刷しなくては掴めないし、印刷して分かることが、あり過ぎます。
それで、何度も印刷して確認してしまうのです。
18ページのうち、どこかが気になり、二度か三度で出来るなら良いのですが、悔しいけれど、手落ちだったり、見落としするのか、または細かい点を直したくなり、体裁を整えたくなる部分が次々見つかるのです。

e0228147_2093138.jpg

18ページ仕立てで、両面印刷で確認するのに、今回は50枚くらいは印刷してしまいました。
あ~紙もインクも、勿体ないことです。
次号は、特集も無いし、12ページにしたいと思っています。

そう言えば、二日前に頭痛かなぁ、ちょっと苦しく変だわ、気持ちも悪いけれどどうしたのかしら…と思ったことがありました。
そこで静かにしていたら、すぐ治りましたので気にも留めず、翌日は妹の家の方まで23キロくらいの距離を運転して行きました。大きな倉庫型のスーパーで、2時間ばかり立ちどおしで、店内を結構歩いて買い物をしたのです。

それでも、その帰りには、一応、会報が仮完成となって、この日の出がけに配達出来るように用意していましたので、会報の校正を願いたく、会の役員宅3軒に、寄り道してポスト・インして来ました。

そんなこんなでその後、私にとっては大変なことになったのです。
ことによるとホッとして気が緩んだのでしょう。
その翌日に、スポーツクラブで、シャワーと入浴で、湯あたりと言うのでしょうか、貧血でおかしくなったのです。
e0228147_2204351.jpg

お湯にゆっくりと入ってから、衣服を着てお化粧をして帰らねば…という段階で、どうもおかしいのです。
その辺に横になりたくなりました。
ちょうどロッカー前の木のベンチが空いていましたので横たわってみたのです。
そこに仰向けにゆっくりと寝てみました。

周りの人がただならぬ気配を感じて、私に声をかけてくれました。
親切にお水を汲んで来て下さって、有難く頂こうとして口を潤した直後に気を失ったようでした。(気がついた時お水のお世話下さった方のお名前を聴きましたらhamada(?kamata)さんと言われました。)
そのすぐ後だと思いますが、タオルをかけてくれる行為で気が付きました。
クラブの職員の吉田トレーナーさんでした。着衣の体に更にバスタオルをかけて下さり、丸めたタオルを足枕にして、足を高くして下さって居ました。

トレーナーの吉田さんは、脳梗塞でも心配なさったのかしら?
e0228147_21435018.jpg

お名前は言えますか?
今何歳ですか?…などの質問をなさいました。
青い顔で冷や汗を、額や背中に感じながら、静かに応えることが出来ました。
そして、
何分くらい湯船につかりましたか?(いつもより長くつかって居て、5分でした。)
友だちと長話をしたんですね?(そんなにはしていない…。)
などなど…との質問がありました。
そして最後に
寝不足ではありませんか?…と。

そこで思い当たりました。寝不足です。無理をしたのです。
年をとったので、睡眠時間はそれほど気にしなくても構わないという思いはありました。
たとえ3時間の睡眠でも昼間耐えられて平気なら昼寝もしませんでした。
体力的に自信があったのです…、無意識ですが。
そして、すぐ車には乗らずに、しばらくクラブで休むことにしました。そんなとき先に帰りますが、大丈夫ねと、握手してくれた方も居りました。(あとでその方はSugimotoさんと言うのだと名乗ってくれました。)


もうこんな無理をしてはいけないと、物凄く反省しました。


[PR]
by nagotu3819 | 2013-11-22 23:00 | 散歩・エクササイズ | Trackback | Comments(18)

空腹感と今の満腹

親しく懐かしい故郷と言っても良いほどの土地にある、古民家へ友だちを誘って出掛けました。
昔の家を解体して向きを少し変え、建てなおした後、食事処と喫茶室を週3日だけ開店しているお宅です。
e0228147_01544187.jpg
e0228147_03302236.jpg
e0228147_03263104.jpg

名士と言われたお宅で、こちらのおばあ様は幼少時代にはご学友が取り巻いているような存在だったと、当時を知っている叔母(85歳)はずっと先輩だった、かのおばあ様の小学校~青年学校時代のころを話していました。

そんな話をこの夏にここへ叔母を連れて来た時に、こちらの女主人と話しこんで居ましたが、その時にかのおばあ様が、この私の存在を知っていらして可愛いお嬢ちゃんだったからと私の名前(そよぎ)をお孫さんにつけるように勧めたのだと話していました。
それが私とは言いにくいことでしたが…。

特別に変っている食事処…というものではありませんが、このような雰囲気を女性は好みます。
e0228147_02025901.jpg
食事の後、この近くに居を構えている幼なじみのKちゃんが、短歌の会の帰りに、合流しました。
私たちはまた、短歌の会とは別の会で、お仲間としてのお付き合いがありますので、Kちゃんをお誘いしていました。

Kちゃんも加わってそのお店でお茶にしました。右列上が白玉クリームあんみつ、その下がスイートポテトのロール巻き。それぞれの器に可愛いお花や赤く染まった葉っぱを添えてありましたが、そう言う心遣いが嬉しいのです。

他の部屋には陶器作品など期間ごとに展示しています。

お庭の手入れもよく、一巡する価値もあります。


近くの鄙びたお寺にも参りました。私が幼い頃に住んでいた近くです。
鎮守様も近くにあります。とても懐かしい土地ではありますが、疎開してきた私たち一家はこの土地には馴染み切れなかった思い出もあります。
母がこの地域にほど近い所で生まれ育った縁で、この辺りに疎開出来たのです。
食糧難の時代にも割に豊富に食べ物があって幸せに過ごせたことは有難いと感じています。

e0228147_02522159.jpg
e0228147_02082900.jpg
こういう不便な場所で過ごした時代も、今のような私にはぐくんでくれたと思っています。
今では考えられない、独創的で創造的な遊び、そして、土地の子と一緒に遊びましたが、土地の子のすばやく身のこなすようなことにはついていけなかった覚えがあります。
e0228147_02583960.jpg
どちらかと言うとのんびりゆっくりの姿勢でした。着るものも違いました。いろいろと違うので意地悪やいじめを受けたような気持ちは残っていますが、いつもくじけない態度を父母から叱咤激励されていつの間にか身に着いているかなと思います。
そんな所為もあったのでしょう。学校ではかなり伸び伸びと過ごせていた記憶です。
父がPTA会長をやっていたし、職業面でもその土地でなくてはならない立場にあったことも影響して、子どもの私は親の七光り的恩恵を受けて、結構楽しい思いもたくさんしています。

食後にそんな付録のような、おまけのような場所にも行くことになって、ひとり感慨にふけってしまいました
雨もチラチラ降り出したので割にはやく帰路についたのでした。




                 ☆pageTop☆

[PR]
by nagotu3819 | 2013-11-20 23:33 | 交友録 | Trackback | Comments(10)

久しぶりの献立アップ(イタリアと日本食)

今ごろ、イタリア行きのころの食事ですが、比較してみると違います。
面白いなと思います。

機内食と、イタリアでのホテルやレストランでの食事です。
e0228147_22303218.jpg
この日のお昼は、ベネチア。自由に食事をとると言うことで、サンドウィッチ店で求めて、運河を見ながら食事を摂った思い出です。
e0228147_2231658.jpg
スパゲッティは、日ごとに違うスタイル。シェル、リボン、紐、捩子、イカスミ…。どの食事も抵抗なく美味しい。
e0228147_22321815.jpg
食事で抵抗と言うか、参っちゃうと思ったのは水分。都度都度、注文に応じなければならない。座ればコップに水が来る習慣の日本とは大いに違う。
あれ!並べ方に混乱が見えます。朝と夕食の位置や、朝の分が翌日にダブっていますが、昔のことで記録はしているものの、整理し辛くなっていい加減なところがあります(^_^;)。
7時間の誤差が面倒でした。進めるのは得意だけれど、遅らせるので、頭が混乱します。アナログ時計では針を戻すのは出来ますが、音波時計は?カメラの時間は?やたら直さない方が無難です。
e0228147_2233070.jpg
そして日本食に。変な時に眠くなるから、起きた時に食事を摂って無理はしないで日常に戻るようにする。でも、なかなか…ネ。これが年なんでしょうか。
e0228147_22341853.jpg
チーズ、揚げ物、こってり食から少しずつ脱却です。
やはり自分で整えるのは、食べたいものが食卓に載る…。
作って貰うのも楽でしたが、自分で用意するのはいいなぁとしみじみ…と、思ってしまいます。
e0228147_2228823.jpg

[PR]
by nagotu3819 | 2013-11-17 12:33 | 今日の献立 | Trackback | Comments(12)

白状します~野菜ジュース

夫がいつも作っている野菜ジュース。
考えられた健康ジュースである。
私の主婦の目から見ると、見かけがよろしくは無いと言えるかな~。
けれど、口にすると大変な美味しさである。e0228147_2253445.jpg

私がいつもすれば主婦の鏡となるが、私はそれほど立派ではないのだ。
恥ずかしく、もう少し努力をしなさいと言われそうだ。
分かっているの…。
分かっちゃいるけど…という、いい加減な私である。

野菜ジュースの中身は、いつも15、6種類の食材を入れている。
バナナ、林檎、柿、蜜柑、胡瓜、人参、キウイ、トマト、玉ねぎ、ゴーヤ、キャベツ、レタス、セロリ、牛乳(ラブ)、豆乳、ブルーベリージュースなど。
e0228147_1132413.jpg勿論季節の果物、野菜が入れ替わることもあるが、大体このような種類が入る。


そして副菜も、念入りだ。
主に汁多き煮物として食べる。

ちょっと煮すぎの時があって、青物の色合いが残念なのだが、辛うじてビタミンCなど熱に弱いものも助かった感じだと合格点。
それは、食感を楽しむことも出来るし、ビタミン類は生のジュースで補えるので、私はこの点においても完敗。

いつも凄いね、素晴らしいとひたすら感心する。

e0228147_1152593.jpgそして喜んで御馳走になってしまう…(^_^;)

食材は大体決まって、下記のものを全て使っているのだ。

大根、人参、ゴボウ、椎茸、舞茸、エノキ、さつま芋、ジャガイモ、玉ねぎ、ピーマン、ブロッコリー、ゴーヤ、茄子、南瓜、ニラ、キャベツ、長ねぎ、小松菜、ほうれん草、さやえんどう、大豆。
そして動物性食品に卵、魚、鶏肉などに味噌味を加える。

なかなかの食品マニア。
楽しんで作られる。
恐れ入っちゃうと思っている。

私の領分まで侵されていて、何でも敵わないとシャッポを脱ぐ。
落第主婦を“ご自慢”としている私です。
(ウヘヘ…ですよ~。)
[PR]
by nagotu3819 | 2013-11-15 23:50 | 今日の手帳 | Trackback | Comments(12)

90歳以上の方の美しさ

携帯で呼ばれました。ディーラーからでした。
そろそろ6か月点検ですというので、半日は諦めてお願いに参りました。

その以前に毎度行くたび毎に迷ってしまうお宅に伺ったのですが、ナビゲーションをセットして行きました。
結局は、また迷ったのです。
ぐるぐると同じような道に紛れこんだのです。
ナビに打ち込む所番地の数字が間違えていたためでした。

(下は点検作業が終わるまでの約2時間をここでお茶サービスを受けながら待っていました。)
e0228147_12194535.jpg
e0228147_1220335.jpg
これじゃ、いくら優れたナビゲーション・システムでも無理難題と言うものです。
また、その辺りは新しい好い道が出来ているような地域。
こちらも想像力を働かせて走るからいけないのですけれど…。
そんなこんなで、車も結構乗っている状況です。

ところで話題は違いますが、10月下旬のことです。
仕事をしながらテレビの音が聴くともなく聞こえていました。
その時、99歳現役のカメラマンの話題。
慌ててデジカメでTV画像を撮っていました。この若々しい笹本さんは、99歳です。
e0228147_1481753.jpg
蘇峰先生がこんなに優しく寛いだ写真は見たことが無いと、家族の方さえ驚かれたとか…。
e0228147_148965.jpg
e0228147_148466.jpg
e0228147_1484239.jpg
e0228147_149201.jpg
e0228147_149163.jpg
e0228147_14102158.jpg

そして昨日は3歳の子役から65年間芸能界に活躍の松島トモ子が「徹子の部屋」に出ていました。
彼女の母親が92歳と言うのです。
黒柳徹子が、彼女のお母さんをTV画面に呼んだのです。
ほんのり頬を染めて、若々しい92歳のお母さん。
ほのかに色香さえ漂っているような品の良いおばあさんでした。
(残念!見惚れていただけで、画像を写すことはしませんでした。)

素晴らしいじゃありませんか。
そんなお年寄りが増えているのですね。
90歳まではまだ間があるわ…と、思いつつも、この先の不安を想い、危うい日常が見え隠れするような感じもしてしまう…、やはりそれが現実でしょうね。
[PR]
by nagotu3819 | 2013-11-13 14:45 | 今日の手帳 | Trackback | Comments(14)

大学祭や文化祭(フェスティバル)

11月3日文化の日
大学祭は2日から行われていた。近くの大学へ行って見た。
以前は、テーマも知っていて聴講してみましょう、と思って期待して楽しんだ。
「音楽祭風講演会?」のような感じのものだったし、他にも盛りだくさんで興味を惹くものだった。
e0228147_22321729.jpg

けれど、今回は何気なく出掛けた…。
何をしているのかしらと気になって出掛けた。

たこ焼きを買い、学生をからかいながらも、学生たちの中に入って若さを垣間見て満足?という感じで…。

縁ある大学なんだもの、気にはなるのは仕方がない。
そう…、その昔、合格通知を受けながらも、別の大学へ入学したんだもの…。
人生の分岐点で悩んだし、父はここに入学許可されたから、遠くへ行くのは惜しいと言ってくれたが、母は私の後押しをしてくれた。
母が味方してくれたからこその決断だった。
別に後悔はするはずもない。ただ気になって足が向かうだけなのだ。

そして翌日、楽しそうな娘家族について行った。
高校生の孫は、バンドを組んでのご披露だった。ホントに楽しんで青春を謳歌…そのものだ。
歌は英語でとても今風でついてはいけないが、楽しさが伝わり胸に響き、感激している私が居たのだ。
e0228147_22335488.jpg

振り返って見れば、私の青春は、はるか、はるか昔。
昔話なら煌めいて脳裏に浮かんでもいいのに…。
今こうして孫たちを見ていると、自分の昔は別にキラキラしていない。
むしろ、グレイ……のような気がする。

♫青春時代は夢なんて あとからほのぼの思うもの
♪青春時代の真ん中は 道に迷っているばかり

♫ふたりはもはや美しい 季節を過ぎてしまったか
…(略)…

♪青春時代の真ん中は 胸に刺さすことばかり

阿久悠作詞 森田公一作曲の「青春時代」の詩を歌いながら、青春というのは、そんなものかなと、ひとり頷く。
阿久悠は、その胸の内をグッと掴むように、詩にする。
この感覚は稀なもの、言葉で著わす才能を、しみじみ歌を通して感じ入っている。
そんなことを感じているなんて、遅過ぎると感じながら、歌ってみる。

「青春時代」
[PR]
by nagotu3819 | 2013-11-05 23:11 | 今日の手帳 | Trackback | Comments(20)


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のコメント

♣ PC-otasuke..
by nagotu3819 at 19:58
こんにちはブロ友パソコン..
by PC-otasukeman at 12:05
♣ oshibanayo..
by nagotu3819 at 21:28
♣rabbitさん、コメ..
by nagotu3819 at 21:16
色鮮やかなシャクナゲです..
by oshibanayoshimi at 17:57
☆nagotuさん ま..
by rabbitjump at 17:49
♣rabbitさん、ごき..
by nagotu3819 at 11:49
稲毛の浜、そういえば聞き..
by rabbitjump at 09:35
♣ヤスコンさん、ごきげん..
by nagotu3819 at 09:34
こんばんは! 「桜の見..
by yasukon20 at 21:31

最新の記事

溥傑氏の仮寓(ラストエンペラ..
at 2017-04-25 01:45
時系列記事に割り込む【4月1..
at 2017-04-19 19:02
ようやく4月の記事アップ (..
at 2017-04-19 01:47
まだ、3月です(2)…放送大..
at 2017-04-02 15:22
まだ、3月です(1)…お彼岸..
at 2017-04-01 11:02
桜とランチ・デート
at 2017-03-15 23:32
桜だより(修善寺寒桜)と月の..
at 2017-03-13 04:20
しばらく! Mrs.Tiny..
at 2017-03-10 23:22
スマホで遊ぶ
at 2017-03-08 01:55
私は怠け者なんですゥ~(2月..
at 2017-03-06 11:06
プラチナエイジの幕開け
at 2017-02-04 23:40
食事摂取の羅列記録(横1列・..
at 2017-01-31 22:10
乾燥し過ぎ?!
at 2017-01-29 13:25
誕生日メッセージ
at 2017-01-27 23:57
古いものは捨てなければ…
at 2017-01-25 22:42

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
詩集から
from 優しい時間 2匹のヨ-キ-..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧