<   2012年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

何だかこのごろ…

え、ウソでしょう?
思わずそんなセリフを言いたくなった…。
ガチッ!
歯が壊れた。
特に固いものを食べていた訳じゃないのに
食事中に変な硬さの当たりがした。

e0228147_0312126.jpg

あ~、付いてない。
40~50年前の治療した歯が壊れたのだ。
あの歯医者さんは上手だった…。
だから今まで何事も無く役目を果たしてくれていたんだ…。

今、定期的に診て頂き、チェックを欠かさずにしている歯科大へ
慌てて電話を掛けた。
大きな病院だから融通が効かないけれど、
でも朝おかしくなって午後5時には治療してもらえた。
これはラッキーだった。

e0228147_1182855.jpg

こちらのF.女医さんは、私のお気に入り。
とても安心感がある。
1か月に一度は何事も無いつもりだけれど予約して
何かしら見つけて頂き、小さな治療を続けてきた。
歯が弱い私は、いつも歯科医と繋がっていた方が得策だ。

歯の治療は大嫌いなんだけれど、
ここ何年も定期的に診断を受けているので
嫌な治療をせずに何事もなく過ごしてきた。
あのハンマーが回るようなヤスリの音を立てて、
歯を削りながら治療する、
マイナスの、負の治療なんですよ、歯の治療って…
…と、お気に入りのF.歯科医が笑いかける。
削って大穴を開けてそこに別のものを詰める。
身体から見れば確かにマイナス。

病気ってみんなマイナスなんだけれど、
並みではない痛さがある骨折は返って骨が太くなったりする
身体の仕組みの面白さ…。

e0228147_0314310.jpg

ここ何年かは小さな故障を見つけて頂きチョコチョコと治療していたが
今度はちょっと時間がかかるかな?

仮歯を付けて頂いて、今日の治療費はXX円でお釣りが来た。
今はね、いまは…。
でも、これから少し物要りか…。
そして歯医者に時間を取られることになるかも…
と、覚悟した。
今年の10月は厄月となった。こんなこともあるんだね~~。
だから、楽しいとも言えることに気がついたのですゾ。
ウッ!





[PR]
by nagotu3819 | 2012-10-31 07:43 | 今日の手帳 | Trackback | Comments(4)

10月中旬から

こうして並べてみると元気なお食事だ。
今月後半ぐらいから、何だか押さえるようになったけれど、過去を見るとそう見える。
元気というより、今現在は普通と言えるのか…。
e0228147_11504954.jpg
顔を見ながら談笑し揃って食べると、食が進み過ぎ…。
e0228147_11511156.jpg
和洋交えて、うどんもお餅も登場する。美味しいと感じるから嬉しい。
e0228147_11513787.jpg
これではね、やっぱり胃に負担を掛けていたか…と反省する。
e0228147_1152291.jpg
反省の結果も見える献立だ。
e0228147_1152502.jpg
お付き合いもあるからね、仕方がないしこれが楽しみでもあるから…。
e0228147_11532183.jpg
10日間の我が身に摂取した食事の配列。
この反省の下に、またそれなりに食べて行こうか…ネ!

元気だそうよ
[PR]
by nagotu3819 | 2012-10-30 20:47 | 今日の献立 | Trackback | Comments(0)

秋の公園

そろそろお昼を…、お腹が空いてきたなぁと、散歩からの帰り道。
ひどく泣いている子どもの声が聞こえてきました。
何食わぬ顔で、その傍を通りがかり、赤くなった樹の葉などを撮影して見ました。
若いママは困った顔で子どもを泣かせたまま、どの手を使えばいいのか途方にくれていました。

e0228147_121872.jpg

放っておけない性分です。

「どうしたの?」声を掛けましたら、ピタリ!と泣きやみました。
男の子でした。まだ公園で滑り台をしてまだ遊びたいようです。

私がなだめて静かになったので
「またね」とその場を離れると、また大きな声で泣き出します。
立ち止まって、また声を掛けると泣き声はピタリ!

「お腹が空いたでしょ? お家に帰ろうってママが困っているのよ…」
分かった様な分からないような顔して泣きやんでいます。
そこで、「またね」と離れますと泣きだします。

e0228147_10810.jpg
どうもなかなか言うことを効かないようです。
付き合ってはいられないので、私は家路に就こうとします。

少し離れた所から、私も大きな声を出して
「写真撮るね~」と言って、気分を換えてあげるつもりで撮った写真です。

こちらに気を逸らしたようですが、しつこくまた泣き通すつもりらしい…です。
らちが明かないので遠くからですが、「バイバイ」と手を振って帰ってきました。



公園の手品師
♫これはフランク永井のソフトな歌声です。♪
大人も夢を見ているような詞で、そこが気に入っています。
他の場所に張り付けることが出来ないようになっていますので、
興味のある方はクリックして、Youtubeでメロディーをどうぞ。

[PR]
by nagotu3819 | 2012-10-29 08:05 | 詩・歌・つぶやき | Trackback | Comments(12)

我孫子界隈の散歩(下見)

11月初旬に文学散歩で我孫子(あびこ)界隈を散策することになっています。
その為の下見を行いました。
古い町です。もちろん新しい道も整備されていますが、訪ねようとするところは、明治時代以降、文学者や著名人の足跡を探索するものです。

人が歩くための細い路地ならゆっくりと車にも邪魔されずに歩けます。
ここは手賀沼を見下ろせる風光明美な土地柄で、多くの文人が別荘や住居として移り住んだのでした。

e0228147_21471220.jpg
地図はクリックすれば大きくなります。

ところが、今回はマイカーでの下見になりました。
狭い道を車で行けたら良いのですが・・・。
出来るだけ車で…とも考えて出掛けましたが、とうとう坂道の右側は崖のような垂れ地の狭窄道路で立ち往生の経験をしました。怖かったです。お手上げでメンバーに運転を代わって頂く一コマもありました。

下の写真は市役所に貼ってあったポスター。
ちょうど私たちが散策する日に運良く当たっていましたが、ゆっくりとその企画展を拝見出来ないかと思いますが、そのポスターの写真だけは撮ってきました。楚人冠記念館のボランティアの方が30分、館内を案内してくれるよう予約しました。

e0228147_935558.jpg


下見はお天気に恵まれ、暖かいというより少し歩くと汗ばむくらいでした。
まずお目当ては白樺文学館です。ここでも30分間のご案内をお願いすることにしました。お昼はファストフード店を予約しました。ゆっくりと20人が座れる恰好のお店でした。

この地は、手賀沼を見降ろし、昔は富士山が遠く望めて、夕日に煌めく沼の水面を眺められるなどの風土が別荘には適した所だったのです。旧村川別荘の方にもご案内をお願いしましたが、皆さん本当に親切に、いくらでも説明させて頂きますと言った風情です。

この起伏のある地形は、景色が素敵ではあっても日常生活は結構息切れしながら山道を登ったりするわけで、生活は大変かな?ということも否めません。たまに使う別荘としての価値は高いだろうけれど、平地とは違い不便だろうと思います。

少し疲れたし、アットホームな雰囲気が欲しいと思いました。いつも親しくさせて頂いているAkasakiさん宅にお邪魔してほっとさせて頂きました。
秋の暮れはまさしくつるべ落としです。時間的にはそんなに遅くは無く、夏ならまだ明るいころでもあったのに、すっかり暗くなっていました。

e0228147_21345374.jpg


翌日(27日)は、苦手な胃カメラの検査が待ち受けていました。

今日は、朝食抜きで準備していたカメラも無事には終わり、家でお昼をゆっくり食べました。何だか気分が悪くなって今食べた食事をすっかり吐いてしまいました。その後ほどはまたお腹の調子が悪くなって…。
多分、カメラを飲みこむ時に苦しみが和らぐように痲酔の薬が新しく別のものを使用されていたと思います。味が違っていました。
薬を喉元に留めて痺れさせ、準備してから…カメラの直前にまた麻酔薬を喉元に注入してくれました。
お陰で全体にはいつものゲッとなったり、いつの間にか涙らしいものが静かに流れ落ちたりしたこともあったのに、今回は先生の誘導が上手くて、検査の時は大変上手く出来て楽でした…。

なかなか万事よしとはならないらしい。鼻からの検査方法もあると聴くが、カメラがその分小さいとか。この頃のカメラも進歩しているからと、思うのだがこの診療所では依然として喉から差し込むカメラで調べました。
ようやく終わった~~~~。
少し胃が弱っている症状が現われていましたが、毎年注意して行きましょうという結果だった。
食欲は人よりもあるのにね。
やっぱり食べ過ぎ…ということにしておきましょう。



[PR]
by nagotu3819 | 2012-10-27 21:29 | 散歩・エクササイズ | Trackback | Comments(10)

散歩しましょ!

少し前のことです。
この日は努力して、そして用事をこしらえて歩きました。
最近車ばかりで、歩くことをあまりしなかったので、山などの傾斜があるところを歩くと、脚力の弱さを実感します。
この日は13,000歩。我ながらよく歩いたと思います。やはりカメラをお供に歩くので、良い被写体を見つけるとそこで足を止めて撮影です。
ただ真っ直ぐに進むだけとは違い楽しく散歩です。

e0228147_2228623.jpg

またある時は、友だちとドライブ。
そして寄り道はお得意です。
たまにはカラオケに行きましょうか…と、本当に久しぶりにカラオケ店に入りました。
この年になると、新しい歌は耳には入ってくるのに、いざ歌おうとするとその伴奏に自分の声が乗りません。
いくつかの音が入り交じってどれに乗ったらいいのか分からないで、出だしは怪しいと遠慮がちです。
ちょうど、子どもの頃の大縄跳びに、ここだ!と思いエイッと、入るような感じです。(-_-;)

e0228147_18474670.jpg

おかしいです。こんなだったかしらと思います。
これはニューミュージックに類するものですが。
でも、昭和30年代から40年代くらいの古い歌は、全く歌っていなかったのに、乗れるんです。
不思議な話です。
やはり若い頃の歌は忘れない…ということです。
難しいようなややこしいことなどまで、若い時に覚えたことや、頭に入ったことは忘れないとよく言われていることですが、歌についても同様に言えることでしょうか。

今私は、だんだん老いて行くのを実感しているのに、彼女は一人で海外に出掛けて来たというのです。
外国の空の何とも言えない色合いの下を、折りたたみの杖を携えて、山道も登ったと聞いて、海外旅行には杖を、そして一人旅も真似しようかと思いました。
けれど私の旅は人とのコミュニケーションが楽しいので…友だちと行くのがやはりいいわというと…。
一人旅の人は結構居るから、そのツアーでお友達ができたりするのよ、とのことでした。
そんな広がりもあると、気づいた訳でした。
[PR]
by nagotu3819 | 2012-10-25 23:26 | 散歩・エクササイズ | Trackback | Comments(6)

初旬から中旬へ

今回は初旬からのもの。
ちょっと献立から遠ざかっていたが、反省するにはちょうど良い。第三者的に見る事が出来る。
色々な友だちから、あれでは食べ過ぎよ~という評価を耳にする。ウン食べ過ぎだね。
e0228147_2125773.jpg
しかし、三大栄養素にビタミン、ミネラル~バランス良く摂取している。
この点は合格と見てよい。炭水化物も標準からみると、食パン6枚切りを1/2枚で、ご飯は100gで、油脂類も極力抑えてコントロールを図っているのだが。
e0228147_21253533.jpg
けれど栄養素的にはよいが、品数から見てしまうと何だか多くを食べているように見えてしまう。
もっとも、友だちと旅行すると、残さず食べてしまうし、バイキングでは少しずつ取り分けているのだが、品数が多いので、結構沢山食べている方かも知れない。
普段食べてないものを、味を覚えるために品数を多くと思い、全体的に多く取って来ることになってしまう。
e0228147_2126686.jpg
お呼ばれの時は、一人盛りではない。テーブルに大皿で置いて取り分けるので、ここに映っている全てを私のお腹に納めた訳では無い。念のため。
8月末から、1か月4週間分の折れ線グラフを見て僅かばかりの効果も感じられていたのだ。
このグラフで見ると一目瞭然。平均値の結果を見ると4週間で体重はわずか500g減。
e0228147_21263020.jpg
まだKg単位で報告出来ないのが悔しい。
久しぶりに逢う友だちからは、痩せた?と、言われても自分ではあまりその効果もなくて、ちょっと気恥ずかしい。髪型や着る物でも痩せたように見えるものもあるのだから…、何とも言えない。
e0228147_2127514.jpg
最近のはかりは、デジタル表示。きちんと「○○.○○g」と、小数点以下2位まで表してくれる。
着ているものも一定にしなければならないのに、それほど神経を使わずに測るから、数字に狂いが出る。
これからは寒くなる一方だから、薄着ではかるのは抵抗があるよね~。
でも細かい数字に対応する、測られる者の態度が大きく影響するんだよね。
心して測らねば~と、思った次第である。
[PR]
by nagotu3819 | 2012-10-24 23:00 | 今日の献立 | Trackback | Comments(6)

ぶらり県展へ

e0228147_21325132.jpg

現在開催中。
心なしか、静かな気がする鑑賞空間の美術館。



e0228147_22532215.jpg茫然と空(クウ)を見つめる瞳の彼方は
何が見えるのだろうか。
地震、津波のあとの破壊された風景をバックに
若い女性は未来を見つめている。
絶望の中に僅かな光りを求めて…
…は、私の思い。
どこかに明るい色彩を配して
希望を表して欲しかった思いが
絵を離れた時点でも心に残っている。


絵をクリック→大きなサイズになります


同じ色調のガラスの器が並んだ絵にはe0228147_2257473.jpg
静寂の中に想いを遊ばせた。
過去の宴、未来の栄光、今は今。
グラスの空間の中に想いを詰めて佇む。



二つの絵は私に印象深いものを残したが、
今日の私は、グラスの絵の方が好きだ。


e0228147_21494215.jpg

追記:
時間を置いて、改めて上の絵を見詰めて見た。
大きくして見たら、生命力の強そうな草が女性の足に触れそうな近さに配している。
風が吹けば、その足にフッフッと刺激しそうな近さ・・・。
これは…!
草は生き方ている。何も言わないが黙ってその環境に為すがままでいるのだ・・・。
この絵は絶望だけじゃない何かを表そうとしている。
色調にこだわって鑑賞していたが、モデリングにも作者の意図が潜んでいた。
単に印象を述べていた私を反省した。
[PR]
by nagotu3819 | 2012-10-23 22:23 | 趣味・朦朧 | Trackback | Comments(1)

I.市内全小学校の陸上競技大会

風が冷たい朝だった。お日さまも顔を見せていなかった。孫娘が I.市の小学校陸上競技大会の選手として、100m走に出場すると言う。

まずセレモニー。市内全公立小学校39校と私立小学校1校の参加で始まった。
県・市教育委員会の方のご挨拶や優勝旗返還と選手宣誓。曇り空の下で、少々緊張。
e0228147_1329953.jpg

少し晴れてきて、暖かさも感じられるようになった。
人よりも早く走らねばなんて思わなくたっていいのよ、ここで走れるなんて、プラチナメダルのようなものよ…と、心の中で思いながらも、祈っていた。
学校内では早くたって、ここで素晴らしい結果を期待するのは欲張り過ぎと、初めから思っている私を密かになさけないとは思う。なぜなら私は、言いたくは無いけれど、かけっこで選手なんて、とてもとても…。
それに、女性らしい体つきになると特に身軽に動けなくなってしまう。今のうちだけかな~。

それにどんなに頑張っても、走ることは生まれつきが大きく影響するのだと思っていた。
勉強で頑張れば、体育系では人に譲ろう…なんて負け惜しみに思っていた。
体育は最後は努力だけでは敵いっこ無い―どうにもならないものだと諦めていた。
今の子は、勉強も体育も努力によってある程度は伸びることを知っているらしい。
大変だね、どこかで力を抜いても良いのよ…と、親ではない、子育てが終わった世代は考えている。
e0228147_12191551.jpg

孫の出番。「位置について」「用意…」「ドン!」はしる、走る、懸命に走っている。
応援している目の前を勢いよく走りぬけた。上位を走っていた。しかし、応援する場所からは、ゴールが殆ど見えなかった。だから結果はどうであったか…不明。
その間、走り幅跳び、棒高跳びなどの跳躍跳びも同時に競っていたが、学校代表の選手はもちろん審判をする先生、ラインズマン、紅旗・白旗をサッとあげるその動作や砂場の砂をならす姿、誰もが真剣に取り組んでいることが伝わってくる。
小さなオリンピックみたい。

他の学校の子で、1番に走っていた子がすぐに応援席に戻って来た。決勝戦には出られない・・・失格だって、と。3レーンを走るべきなのに、途中から2レーンを走っていたのだって…。こんなこともあるんだね。

e0228147_132254.jpg
赤とんぼも応援


あちらこちらの競技に目をやっていたら、孫娘が競技観戦中の母親の背中をトン・トンと合図。
ごめん、予選を落ちてしまった…の~、と。
毎日の頑張りを見ている母親は、ウン頑張ったよ~。良かったよ~と。
父親も今日は会社を半分休んで応援に来ていたが、こんなに走れるなんて信じられないくらいだよ、良かったよ…と、その努力をねぎらっていた。

e0228147_19195351.jpg
午前中の最終種目、400mリレー予選

私は、ここに来られなかった夫や息子、もう一人の娘家族にメールで伝えた。それぞれがメールで孫娘Sちゃんにその感想と予選だけでも体験出来た素晴らしさを、それぞれの言葉で讃え、その気持ちの共有をはかりたかった。
決勝に出られなかったことは、決してがっかりしたものでは無いことを、どうしても本人Sちゃんに伝えておきたかったから。
[PR]
by nagotu3819 | 2012-10-22 22:02 | 散歩・エクササイズ | Trackback | Comments(8)

また東京駅

息子は、新しくなったドームを見なさいね…と、心配してくれている。
「見ましたよ~」
ドームの3階以上はオリジナルデザインに復元。下部の空間は駅・ホテル・ギャラリーの現代の機能を担う空間に整備された。

e0228147_20442330.jpg

ドーム下の8角コーナーに取りつけられた2.1mの大鷲は、躍動感にあふれている。
その下の灰緑色をバックにした白いレリーフは干支の姿。
東西南北を表す卯、酉、午、子を省いたもので
十二支ならぬ“八支”の彫刻を配している。

e0228147_20435015.jpg
↑ここに映っている干支は、左から、巳、未、申、戌。
e0228147_20444897.jpg

動画で東京周辺の風物詩を紹介している。音は無く、見るだけだが飽きない。
その下は路線図と列車時刻表―刻々表示が変わって案内する。
そして自動切符売り場。

e0228147_20451221.jpg

2012年の刻印を刻んだものに、柱頭と飾り簗がある。
これはオリジナルなデザインにヒントがあるのだという。

東京駅を背にしての風景。タクシー、人の群れが絶えない。
e0228147_21325318.jpg
e0228147_21352112.jpg
e0228147_21331165.jpg
e0228147_2135268.jpg
東京駅は昼間は煉瓦色の風情が魅力的だけれど、夜景はまた荘厳な気風が漂う。

[PR]
by nagotu3819 | 2012-10-21 22:10 | 今日の手帳 | Trackback | Comments(6)

クラス会の余韻

とても寒くなりました。
ほんの少し前は、暑くていつになったらこの暑さからしのげるようになるのかしら…と、案じられたのも嘘のようです。
こうして、いつの間にか時を過ごしてしまうのです。

e0228147_22421548.jpg

久しぶりに大学時代の友だちに逢いました。
遡ること4年前にも、ご馳走を食べてお喋りして楽しんだのですが…。それは、つい昨日のようにも思えます。

e0228147_22353265.jpg
e0228147_14191039.jpg
e0228147_015961.jpg
今回は海沿いの保養所で。
集まるには遠かったのか、参加人数は思いの外少なかった。参加の友だちの半数は、よきコンビを組んでいたベターハーフを失っていた。
だから、出席したのかも知れない。元気を取り戻そうとしているのかも知れない…、もの静かであった。
もちろん張り切っておられる方も居るのだけれど。

寂しくて頼りなくって精神的に変になったと思い、専門医を訪ねたと言う人も居られた。そう言えば、一昨年お会いした時のMさんは、表情が無くなるくらいの落ち込み方で驚いてしまった。
その時に比べると、明るく表情も前に戻って活き活きとしていて、ホッとした。
もし私が彼女たちのような境遇に変わったとしたら、どうなってしまうのか…、想像するのも嫌である。

e0228147_22371919.jpg

「ベターハーフ」とか「連れ合い」と呼ぶに相応しい伴侶である。主とか従とかではなく、まさしく「この呼び名の如くだ」と思った。
人生の大半を歩んできた夫と妻。二人で一つとして来たこの現実は、とても輝いた時間であると言うことを改めて知らされた。
元気で、いつも傍に居る事がなんの不思議も無い時には、心にキラとも感じられないのだ。
こんな大事なことに気づかされた同級生の集い、近い年齢だけの集いは、やはり心の奥深い所にメモリーが刻まれて、素晴らしくそして重いような時間であった。

そんな感じが、具体的に話す訳でもないのに分かるような年齢にもなっていることを、思い知らされた。

クラス会の余韻……。

e0228147_14142166.jpg

4年前
みんな今よりちょっぴり若かった…。
定年を迎えて、ゆとりある豊かで新しい環境にも慣れつつあった…。

[PR]
by nagotu3819 | 2012-10-20 18:54 | 交友録 | Trackback | Comments(4)


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

♣ PC-otasuke..
by nagotu3819 at 19:58
こんにちはブロ友パソコン..
by PC-otasukeman at 12:05
♣ oshibanayo..
by nagotu3819 at 21:28
♣rabbitさん、コメ..
by nagotu3819 at 21:16
色鮮やかなシャクナゲです..
by oshibanayoshimi at 17:57
☆nagotuさん ま..
by rabbitjump at 17:49
♣rabbitさん、ごき..
by nagotu3819 at 11:49
稲毛の浜、そういえば聞き..
by rabbitjump at 09:35
♣ヤスコンさん、ごきげん..
by nagotu3819 at 09:34
こんばんは! 「桜の見..
by yasukon20 at 21:31

最新の記事

溥傑氏の仮寓(ラストエンペラ..
at 2017-04-25 01:45
時系列記事に割り込む【4月1..
at 2017-04-19 19:02
ようやく4月の記事アップ (..
at 2017-04-19 01:47
まだ、3月です(2)…放送大..
at 2017-04-02 15:22
まだ、3月です(1)…お彼岸..
at 2017-04-01 11:02
桜とランチ・デート
at 2017-03-15 23:32
桜だより(修善寺寒桜)と月の..
at 2017-03-13 04:20
しばらく! Mrs.Tiny..
at 2017-03-10 23:22
スマホで遊ぶ
at 2017-03-08 01:55
私は怠け者なんですゥ~(2月..
at 2017-03-06 11:06
プラチナエイジの幕開け
at 2017-02-04 23:40
食事摂取の羅列記録(横1列・..
at 2017-01-31 22:10
乾燥し過ぎ?!
at 2017-01-29 13:25
誕生日メッセージ
at 2017-01-27 23:57
古いものは捨てなければ…
at 2017-01-25 22:42

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
詩集から
from 優しい時間 2匹のヨ-キ-..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧