カテゴリ:交友録( 149 )

お約束でしたね

いつも可愛い奥様、Mrs.M.。
にこやかに話しかけては、話しかけられている。

今日彼女と約束していたことを、失念していた。
彼女からのメールの問い合わせがあり、慌てた。
e0228147_03203593.jpg
もうすっかり秋の気配の空模様である。


Mrs.M.からのメールは、
今日お約束の日ですが、プールには見えませんでしたね、
プールで逢えたら連絡をと思っていたんですが…。
お疲れでしょうか。次の機会に延期しましょうか。

あら、すっかり日にちがその翌日かと勘違いしてました。
ではこれから支度して参ります。徒歩で行かれるお店にしましょう。
ビールで暑気払いということね、了解です。

e0228147_03205577.jpg
彼女からのお誘いは、ご主人の予定によって立てられる。
今日はご主人のサークルの暑気払いだとのこと。
私はそれにかけてMさんから何度か
誘われているのに、何度か見送っている。

結局、その予定を逃すともっともっと
後になることが分かって来ていた。
だから、ちょっと無理してでも今日が吉日ということなのだ。

それで徒歩で行かれる地区のお店にしようとその時に決めた。
歩いて20分くらいのところでたびたび利用しているお店にした。

e0228147_03211926.jpg
e0228147_03211251.jpg
彼女は10分くらいでお店に来ることが出来るという。

スポーツクラブではそれぞれのスケジュールで励んでいた。
プールや更衣室でMさんとよくご挨拶は
するんだけれど、纏まったお話はしていない。

以前、誘われても私の方に都合があってそのお誘いに乗れなかったり
したので実際は、過去1,2回程度だった。

ご主人の予定の裏に私たち女同士の食事会があった。
お昼はランチデイト、夜はディナーデイトね。
今日は暑気払いだからディナーアルコールデイト。

でも今日初めてのアルコールは可愛いもの~というべきか。
彼女は東北出身だから、きっと強いに違いないけれど
一口目はグッと飲まれたが、中ジョッキ一杯だけ。
勿論私はアルコールは好きだけれど弱いのだ。
同じく一杯でおしゃべりに…、舌鼓を打つ。

あっという間に二時間を過ぎてしまっていた。
帰り道は同じ道なので肩を並べて帰る。

e0228147_03212626.jpg
来る途中、烏瓜の花を見つけておいた。
ちょうど帰る辺りに咲いてくれているに違いないと
そちらの道を通って帰った。

スマホで真っ暗闇の中の花を写すことには慣れていない。
こんなにブレてしまったが、M.さんに花を支えてもらって
ようやく見られるような?花が写せたので、
ここに証拠として載せて置こう。




*

その翌日に偶然昔からの知り合いに会った。
自転車に乗っていたのだが、ひと頃はちょっと元気がないと
思えたのだったが、今は顔色も優れてお元気そうで何よりだ。

道を横切ろうとした私に、自転車に乗った彼女が声かけをして下さった。
すぐに分かったなんて嬉しいこと。
旧知人に偶然会えるのはとっても嬉しかった。
またね、近いうちに会いましょう…と、手を振って別れた。
それぞれに目的地に向かうひと時の寸時の出来事。














More
[PR]
by nagotu3819 | 2017-08-24 12:06 | 交友録 | Trackback | Comments(8)

お変わりありませんか

何年ぶりかしら?
Kさんと三人で会いましたね、その後今回のお店にも。
そして区役所の付近でも会いましたよ…。
それから思うと、かれこれ6年ぶりくらいですね。
年賀状ではご夫婦お揃いの旅行写真でもお会いして
いるけれど、こうしてお話しするのは久しぶりですよね。
e0228147_13341923.jpg
お若いわ、お元気そうで以前とちっとも変わらない…。

でもね、先生…。
あら、もう教職から離れて20年以上も経っているし
先生なんて呼ばないでください。
そう言いながらも口癖というかそう呼んでいないと
落ち着かない気持ちも…、分かるわ。

長い経過のお話に時間はどんどん経っていきます。
とってもお元気そうな F.Y.先生は大病なさったというのです。
その間にもお母さまの事、お父さまの事、大変な事いろいろ…。

二回の手術もしたけれど、まだ気を抜けない…とか。
大変だったのね、それを乗り越えてきた強さも
備わっていらっしゃるのね…、素晴らしいですよ。

退職なさってからは、面倒だった地域の役員(町内会長)にも
推されて2年間の任期中に、いろいろと改革も手掛けたとか。
うん、F.先生ならその点もお手のものでしたしょうね。
当学区に関係のあるノーベル賞学者の
天野浩氏にお願いして成人の日に講演をして頂いたとか…。

e0228147_13232008.jpg

お料理もじっくり味わいたいと思いつつ、
どんどんと…テーブルに載ってきた。
いいえ、お給仕の方は終わったかな~と様子を見計らって
運んでくれるのだけれど、お話に夢中でお味も上の空。
そして私は悲しいかな、人の名前や地名、いつのころなど
ポンポンとは出て来ません。
返し針のごとく、確かめながらきちんと話を
しなければと思いつつの二人です。

久しぶりにF.Y.先生にお会いして の緊張か、
興奮しているのかも、知れませんから、
スムーズに話が運ばないときもあります。
けれど、それなりに楽しんで確認し合っています。

年齢の所為にしましょうか。
または、私に合わせてくださるのでしょうか。
恥ずかしがらないような配慮?なのかも。

え~っ! F.Y.先生とは一回りも離れていたの?
全然年齢を考えてお付き合いしていなかったわよ。
まだまだ現役と言っても通用するピチピチさんで…と
感じていながら、まだF.先生といくつも違わない気分で。
気が若いままの暢気さがあるから救われているのか、
とにかく料理に舌鼓打ちながら、話にも夢中。

同じ干支だなんて想像も記憶もしていなかったわ。
だからまだ若いという気分なの…ね。
こうして一生を過ごすかも。

出来るときにやりましょう。
行けるときに行きましょう。
動けるときに動きましょう。
やっぱり一生は限られていますものね。
だんだん…ですよね、と
自分に言い聞かせても、います。

会う約束の時にお願いした家族の歴史みたいな
簡易アルバムをお互いにご披露しあいましょう。

お嬢さんの韓国の方との国際結婚は、韓国の大学院を
出た関係であり、習慣の違う儀式のこともお写真で。
やがて可愛いお孫さんも大きくなったことも
一目瞭然ですわね。
そして我が家のことでは、大きな一つの出来事だった
記録写真も持参して観てもらって…。
女子って好いよね。
長い時間を凝縮させながら、ちっとも話題が尽きないわ。

話しながら、お互い離れていた期間の思い出や記録も
見せあい、そしてご馳走に箸をつけて…。
2時間余りの時をアッという間に過ごしたのでした。

また会いましょうと手を振りながら!!




☆pageTop☆







More
[PR]
by nagotu3819 | 2017-08-21 01:01 | 交友録 | Trackback | Comments(7)

Nkym‐summitと新参加の会ー暑気払い

Nkym‐summitは比較的定期的な間隔で集合の声が上がる。
今日は稲荷寿司がT.さんと、K.さんが偶然作られ、集まった皆さんで賞味。
それぞれのお味でそれぞれに美味しい。
それに蒸しお野菜の玉ねぎが甘くて美味しかった。
即席漬けの人参・大根・玉ねぎ・ピーマンなどもお酢入りで
歯ごたえが楽しく美味しかったのはM.さんの作。
じゃがいもは月明りという名で肉じゃがにすると崩れやすいというので
今日は蒸しじゃがでバターや酢味噌で自分好みに味をつけて頂く。
九十九里付近にお住いのC.さんは小いわしのゴマ入り酢の物、
みんな持ち寄りでその場で作ったり調合したりもする。
などなどご馳走。
e0228147_02574944.jpg
私が持参したものは、デザート。
栗入りどら焼きなど。
前回の三陸方面の記念写真の印刷と、他に特別注文の写真を
皆さんにお渡しする。
そして勝手なおしゃべりで楽しく笑い合ったりできる。
こうして集まったりメンバーで旅を楽しみだしてから既に20有余年。
旅の思い出なども共通場面が浮かぶので、その思い出話も
展開し、楽しさが沸き上がる。
みんな同級生で、当時私がこちらに滞在するのもわずかだと思い、
このチャンスに久しぶりに同級会をしようと
声掛け、今楽しんでいる幹事が集まった。
その幹事が同級会に向けて準備会を何度か重ねて
1~6年までの小学校時代の恩師の消息やメンバーの
連絡先を協力して探し当てなるべく全員を目指してお招きした。
あの頃に開いてよかった。
もう会いたくても会えない先生方や友だちも何人かが
居られることになってしまっている。

62歳(小学校卒業50周年記念)、65歳、古希と同級会をしてきた。
その世話役(幹事)結成のご縁で今はN.Summit のメンバーがいつの間にか
M.さんのところに集まるようになり、楽しむことになったのだ。
M.さんは地域のまとめ役もなさっており、
とても良い”首脳陣”として手応えもあり楽しい仲間だ。

偶然だが
この集まりの前日に我が家の近くにお住いのS.夫さんから
電話があった。彼の仲良しが車椅子を使うようになってしまったから、
この75歳になることを記念にまた集まろうとの提案だった。
同級生の男子は、ポツリポツリとお亡くなりになっている率が高く
さみしいことだ。

しかしN.Summit のメンバーは、男子は集まるノリが悪いと
男子を交えての同級会の集まりに消極的だ。
この日には同級会として集まる提案は却下という結論だった。

私が最初にS.夫さんの提案を聴いてしまったことで
この日の帰り道に同乗のC.ちゃんとS.夫さんの家に立ち寄り
話し合いの結果報告をすることにした。

夕方になっていて、独りビールを飲んでいるところへのお邪魔だったが
すぐ近くのお寿司屋さんに招かれてご馳走になってしまった。
「美味しいものを握ってよ」と彼の行きつけの
お寿司屋さんに行きご馳走になってしまった。

私たち二人は午後から5時間のおしゃべりでお腹いっぱいだったけれど、
子持昆布やこはだの子ども…などなどとても美味しかった。

やだわ、今日は特別美味しいものづくめだった。
お店の人と近い個人的な感じのお店なので、
カメラを出してblog用の記録写真は撮りづらく、画像は無いのだけれど…。



そして翌日は8月1日。
前からHUKUJU会の暑気払いとなっていたので参加させて頂いた。

e0228147_02575353.jpg
私はここでは新参者。
くじ引きで決まった席のお隣の方も初めての参加とのことだった。
こちらは結成6年の歴史がある。
だから皆さんの今より、6歳の若さだった方たちの仲間入り。
みんな良いお年寄りという感じだと皆さんを眺め
私も例外なくお仲間だと確認した。

でもこの年齢で新しい友だちが増えたことは感謝である。
大友先生の「芭蕉を読み解く会」に参加させて頂いたあのメンバーが
居られて仲間入りも嬉しく思っているのだ。
そして、古河庭園から王子の紙の博物館までの散策に参加したりして、
徐々に親しみを感じて来ていることが今日の参加のきっかけとなった。
この会の入会はFo.さんとの関わりからの
おかげに拠ることが大きいのだと感謝している。

e0228147_02575603.jpg
でも知らない方の方が私にとってはほとんどなので、
皆さんとも早く親しく知り合いとなりたいものと思いつつ
過去の文学散歩の12年間の仲間のようにはなかなか成れないだろうと
目下あの時の若さのおかげがあった仲間づくりとは
ハードルの高さが違いそうだと感じていた。

皆さんはシニアの学ぶ仲間として集まった同級生、
その6年の経過の色々を知った上でのお付き合いをなさっている
お話の内容があったり、そう早くは馴染めないかも…と。
昔中学生時代に転校生の経験があったが、それと同様に努力を要するなぁと
覚悟(大袈裟?構えてしまいすぎ?)していた方が良いかも…と。

しかし皆さんの人生観が前向きの姿勢や生活の展開を
なさっているらしいと受け取れている辺りに、
意外に早く親しめるかもと期待している。






☆pageTop☆







[PR]
by nagotu3819 | 2017-08-05 05:50 | 交友録 | Trackback | Comments(2)

1年ぶりね、G.ナイン

地下鉄を降りると目の前に
明るい外の光が差し込んでくる上りエスカレーター。

ひところ工事中だった松坂屋とホテルが
また様変わりをしていた。

福岡市は記録的豪雨で想像しにくいような被害を被っている。
それに反して中部地方は今は明るく日が射している。

この天気の差は同じ国でもネ…と、空を見上げる。
そして2日3日も大きな低気圧の真下であった九州北部地方。
思いがけない大きな被害の模様が報じられている。
ご当地の皆さま、お見舞い申し上げます。


e0228147_02514598.jpg

ところでこの日は7月7日。七夕様の日だ。
私たち大学時代の専攻科が同じで4年間一緒に学んだ13人は、
この日に同じ場所で同じ時間帯で、
特にそれぞれには連絡しないけれど、
毎年都合の付く人たちが集まることに決まっていた。

年に一度の逢瀬だ。
こうして集まるようになってから何年になるだろうか。
うまく決めたよね、七夕というこの日に。
スケジュールも決まった日だから、年間計画…大袈裟かな?
年間のメモ帳に特別な日として待機していられる。

待ち合わせ場所も
私鉄もJRも、いくつかの方向の路線が集まり、
新幹線も利用できる、そのコンコースで
時間は幅を持たせて各地から集まる
同級生をおしゃべりしながら待っているのだ。
毎年同じ風景だった。


e0228147_05420247.jpg



昨年は『G8』
(Girls‐eight すなわちGは女性で、数字は集まった人数)であった。
今年は『G9』だねと、納得である。

この命名も集まる日にちも発案者はTukikoさん。
校長先生もなさった経験の持ち主なのに、
にこやかに何気ない風にアイディアを出され
それがヒットしている。

私が密かに七夕の日だし女性ばかりの集まりだからと
『おりひめ会』と呼んでいたけれど
『G-X』の方がセンスあると呼び名を切り替えた。

最もおりひめ会としたら男性はオミットだしね…。
G-Xなら男性も受け入れるしXは人数だから
記憶にも値するしね。




e0228147_02524530.jpg
(↑は二次会。お一人は事情で先に帰路につかれたけれど…。)


Kobayashiさんからは、過去に「認知症にならないために」とか
どうぶつ絵合わせで、紙を谷折り山折りくぐらせ折りなど
工夫して頭を使って遊べるものとか
何らかの刺激を下さる。
今年は笑ってしまった。
まだ私たちには早いけれどねと一言話されてから
コピープリントを頂く。

『18歳と81歳の違い』だって。
面白いところを抜粋してみる。
・道路を暴走するのが18歳、逆走するのが81歳
・心がもろいのが18歳、骨がもろいのが81歳
・偏差値が気になるのが18歳、血糖値が気になるのが81歳
・恋に溺れるのが18歳、風呂で溺れるのが81歳
・まだ何も知らないのが18歳、もう何も覚えてないのが81歳
・東京オリンピックに出たいと思うのが18歳、東京オリンピックまで生きたいと思うのが81歳
・自分探しに出るのが18歳、徘徊してみんなが探しているのが81歳
・恋で胸を詰まらせるのが18歳、餅で喉を詰まらせるのが81歳
・早く「二十歳」になりたいと思うのが18歳、出来ることなら「二十歳」に戻りたいと思うのが81歳

まだ続くがこの辺で。




Araiさんからはいつも明治村の記念品を持参なさって下さる。
今年は明治村の金属製のしおり。
そして心に留め置くようなお話や
親友のお二人はそれぞれ寡婦となられて…、
Y.Yoshikoさんはもう戒名を頂いたとか。
そして位牌の話に発展して
遺影用写真を撮ってきたとか…。

それなり、年なりの話に花が咲き陽気に笑って
時間があっと言う間であった。

e0228147_04013386.jpg







☆pageTop☆








More
[PR]
by nagotu3819 | 2017-07-11 05:31 | 交友録 | Trackback | Comments(4)

台風と親しい元仕事仲間と

約1カ月のご無沙汰で元同僚のメンバーに会うことが出来た。
仕事仲間であったので親しく懐かしさをもって今回も
尾張一宮でお会いした。
やはり地元のお方のご案内が良いし落ち着きがある。
何度も交流を重ねてそれぞれの気が落ち着いた雰囲気、
こんな時間の過ごし方がもう私たちの年では最も適していると感じる。


e0228147_03031505.jpg

いつも駅のコンコースで待ち合わせをしている。
今回はT.S.さんがドライブはどうかと
いつもより1時間早めの待ち合わせとなった。

どちらへ連れて行ってくださるのか楽しみであったし、
約束の時間より30分も早く電車を降りたった。

この駅は私鉄とJRの駅が迷いなくつながっているので
独りコーヒーを飲んで時間を埋めた。

お顔を合わせて初めてその目的地を話された。
「実は、モネの池に案内しようと思っていたんだ…」と。
嬉しいこと!

でも、でも…。
この日はお天気が悪い。
台風3号が近づいていた。
モネの池は県外となり、やはり遠出は止めようと
いう判断で、最寄りの「コメダ珈琲店」でしばらく時を過ごすことにした。

愛知県に本店のあるお店である。
この近くにお住いのS.Y.さんはお付き合いも広いので
「では、此処にあるわよ」と彼女の頭にある地図から
適宜に引っ張り出されて案内なさる。

ご存知の幾つかのお店の中から抽出されて
ナビされるお店が素晴らしいといつも感心する。
感心しながらもいつもお任せで誘われるままに、
喫茶店の椅子に腰を下ろして、どのテーマとは限らない、
今までのたまっている話題が展開されて重みのある時間だ。

前回の逢瀬は…(↓)。
そして時間の帳尻を合わせてそのお店を発った。

「では食事は”モネの池”よりは近い各務原にドライブがてら行こうと思う。
まだ私はその店は使っていないが友だちの勧めがあって
行ってみたいお店なので案内しようと思う…」と。
「ハレの日」というお店。

生憎雨は天から落ちては居るのだが
お店の命名は「晴れ」に因んだ「佳い日」を連想する言葉
「ハレの日」というお店だ。

”果物トマト”の前菜は格別に甘いトマトに黄身の垂れと貝紐を加えて
珍しくそして美味しさを味わって次の料理を期待させた。

e0228147_03030570.jpg
可愛い手の込んだお料理。
ご飯は茗荷の混ぜご飯で、お代わりもできるのだが
女性群はそれもせずに、満腹となった。

「気に入ったら翌日あたり家内を案内しようと思っているんだ」と…。
そうね、T.S.さんは、よく奥様と旅行されているしねぇと、私たち。

e0228147_03024412.jpg
最後のデザートは烏龍茶のシャーベット。
とても栄養的にも健康献立で、味わいも頃合いよく私たちのお腹を満たしてくれた。


帰り道に、国営木曽三川公園に立ち寄ってくださった。
ジャカランダの花が満開だった。

この花は夫がアメリカでの生活の中で思い出のある花。
日本の桜みたいに樹の花で紫色の花の並木がウワーッと咲いていた…と話していたっけ。
そのような話でどんな感じの花かと想像していたが、この花の並木ね、
きっと立派な樹であって見事な花をつけていたんだろうな、
想像も身近に具体的になったような気がする。

以前このメンバーで行った時も熱海にはジャカランダの花が咲いていたがまだ幼い木だった。
日本にもジャカランダの並木道がそのうちに
出来るのだろうかと期待してみる。
ブーゲンビレアの並木も立派だとしゃぺっていたが
これは写真でも見られ分かったが。

e0228147_03023644.jpg

e0228147_20165272.jpg

雨が断続的に降って、早くも台風の来襲のようだった。
傘を用意していなかったほど午前中の
まあまあの天気模様だったのに。
天気を甘く見ていた…というか、曇り程度であって
欲しいという願いからか傘持参ではなかったS.Y.さん。
私は晴雨兼用の日傘だった。


昼食だけでまだ日が長いのに解散はもったいないね、
せっかく逢ったのにねとのご意見で
またまた、素敵な喫茶店を案内されたのだった。
ログハウス調の「シェルボン」。

e0228147_03015960.jpg
愛知県の喫茶店は全国的にも有名らしい。
特に一宮地区は織機工場が多くて内の機織りの機械音がうるさい。
それで社長や役員の方が込み入った商談などが出来ないから
外の喫茶店が役員室、接待室と応接間と化するという。
だから尾張から名古屋地区が
社長の応接間となった喫茶店であって、
特にサービを競っているという。
それを聞いて納得したり、面白いなと思った。

e0228147_02491444.jpg
地下鉄を降りるとかなりの雨が降っていた。
翌日の紫陽花は雨粒を載せて美しかった。




また別の時は夫にサービス…。
いや、私がサービスされているとも言えるか。
e0228147_20170132.jpg

定期的にチェックして健康を保つその機会だ。
いつも心の底で、いや全面的に夫に敬服して、子どもたちにも
話している私。


もうすぐ七夕。
当日は晴れるかなぁと気をもんだが…。
やはり今年もスッキリとは晴れてはくれなかった。

でも地上では晴れてくれなかったから
空がすっきりとは見えない残念な気持ちだ。
空が見えないと地上からは少々不安である。
願いが叶うのか、短冊に認めた言葉が
届けられるのかとロマンチストは
気持ちが浮遊してしまうけれど
天上界では雲も雨も何も邪魔するものは無いから
スッキリと牽牛織女は二人きりで愛をささやき合っているに違いない…

…と思うことにしようか。







☆pageTop☆




[PR]
by nagotu3819 | 2017-07-07 23:32 | 交友録 | Trackback | Comments(2)

旧クラスメイトと

アマリリスが咲いた。
花言葉は何だろうと検索してみた。


あら!
「誇り」「おしゃべり」「輝くばかりの美しさ」
…ですって。

e0228147_11070706.jpg

最近、少しばかり梅雨らしく
ジメジメして、少し歩くと汗がポタリ、ポタリ…。

汗が流れ落ちるという体質ではなかったのに
今や体質が変わったのか…。

滴り落ちるのだ。
でも、そういう汗の出方は
かなり気持ちいいものだ。




そしてある日
中学時代の、この街周辺に住んでおられる友だちに
連絡して、おしゃべりタイムを持った。

ランチタイムのひと時を…と
思ったのだが、結構話に乗ってしまって
4時間くらいの時が経っていた。

女性ばかりならそんなことは珍しくはないが
男性も最近はおしゃべりに付き合ってくれるのだ。

視点が女性ばかりでは狭いかも知れないが。

いやいやシビアに視ていると最近の女性脳も色々と
視野の広い手ごたえのある所を突いた
おしゃべりが多くなっている。

でも当たり障りのない賢さは兼ね備えているけれど。

e0228147_11085017.jpg

しかし、今回は同性ばかりの集まりの時の話とは
やや趣きが異なって、
結構奥が深いだけでなく広がりを感じていること、
掘り下げて話しているので、男性脳には流石と感心する。


黒一点の彼は、仕事のお客様との対話に慣れて
いらっしゃるから、まったく自然の馴染みのある雰囲気だ…。
やはり世の中は男性も女性も揃っていた方が
盛り上がりを見せているようだ。


いや、小さい時から私は女きょうだいで周囲は女ばかりの中で育ち、
大きくなっても女性が多いところで学んだりしていたから
その辺が私自身の意識がちょっと他の方とは違っているかも知れないが。

自動車免許の更新の時の、初めて認知症のテストを受けた話を、
丁寧に体験談を語り、大筋の内容と、試験官の会話なども
混ぜて同級生放談となった。
このテストも未経験者が二人、経験者が二人なので
その質問もお応えも補い合って内容が濃い。

亡くなった友だちの話から最近のお葬式事情、お墓や仏壇、戒名などの
話題にまで及んで、かなり微に入り細に入りと
深い話にまで発展もした。

でも最近の私の頭は認知症になりつつあるのか…。
自然の成り行きに甘んじているのか…。

その場のお話には乗っているのに後で細かいことを話そうとしたり
ここに記したりするときには、頭から飛んでいるのではないかと
空になっている。
まあ、その方が平和のこともある。
私の脳裏から消そうとしている作用もあるかも知れない。

集まった皆さんはこのおしゃべりが勉強になったとか、
さらなる感想を述べて居られたが、さてどれを抜粋しておこうかと
自問自答しながらも、これといった「為になった話」は無くて…。

あ~、私の資質に拠ることであるのだ。
盛りだくさんな手ごたえは素敵な時間つぶしでもあったことを感じて
解散となった。

こういう時間が私にとっては一番なのである。





☆pageTop☆




[PR]
by nagotu3819 | 2017-06-29 11:50 | 交友録 | Trackback | Comments(8)

青葉爽やか-恩師を囲む会と墓参会

スポーツクラブに徒歩で行きます。
疲れたりすると、または時間的に遅くなってしまったときは
バスを使いますが、片道4000歩弱を
励んで参ります。
それも準備運動の一部になると
考えているので歩くようにしているのです。
その途中の小さな公園のあじさいたちが
梅雨空の下で梅雨だと知らしめるように静かに咲いています。
e0228147_00244274.jpg


翌日もスポーツクラブに行きたいと思っていたのですが、
遠くからいらっしゃるChiekoさんのお知り合い、Todaさんが
私たちの中学時代の恩師の指導なさっている『絵画作品展』に行きたい、
直に観たいと思われて居られると聞いて、Todaさんのご希望に添って
その絵画作品展に参りました。

T.さんは趣味の広い方で絵画関係のみならず
文化面や、地域ボランティアのチーフなどリーダー的に
活動していらっしゃいます。お忙しい方です。

私自身は今、これといった活動はしていないし、
個人的な動きしかしていません。
この日しか空いていないというT.さんの気持ちに
私たち元生徒は先生を囲み、そのTさんの話にも
耳を傾けて楽しいひと時を過ごしました。

e0228147_00250905.jpg

e0228147_00524592.jpg

恩師は高瀬寛先生 水墨画「華」 御年92歳
絵画協会名誉会長も務めておられます。

先生は教室を4つお持ちで、自転車で移動するようです。
今回の会場「中央駅前地域交流館 2号館」 3F


e0228147_00252852.jpg
高瀬先生に連絡させて頂きましたところ
私たちの時間に合わせて会場まで駆けつけて下さいました。
私たちは高瀬先生のご活躍と、ご健康を
拝見するたびに嬉しく思い、教え子の私たちは
先生の後に続きたいものだと、何かに目標をもって
一途に頑張っていけますようにという
力を与えて下さるような気がします。




6月1日は母の命日です。
私は今回、大事な夫のことが気がかりでその命日には
お墓参りが出来ませんでした。

少し離れたお墓所に、姉妹揃って出かける日まで
妹たちは私を待っていてくれました。
結局10日遅れて、揃ってお参りが出来ましたこと
私は大変うれしく思いました。

私の事情で遅らせてしまった墓参だったので、
寂しがり屋だった亡き母に、墓前で言葉に出して詫びました。



e0228147_00262441.jpg

そして帰路は揃ってフランス料理店に行き、
コース料理に舌鼓を打って、ひと時を楽しむことが出来ました。

この墓参会がまた素敵な時間が過ごせた訳で、
私たち姉妹の気持ちと亡き母への想いを
しみじみと有り難く思ったのでした。









pageTop☆





[PR]
by nagotu3819 | 2017-06-13 09:58 | 交友録 | Trackback | Comments(8)

しばらく! Mrs.Tinypine.

e0228147_07475608.jpg
ようやく私のブログでは3月に変わった。


かつて夫がUCLA(カリフォルニア大学)に在外研究員として
働き活動していたころのこと。
妻たちは子どもの申し出があって
日本での生活を守っていた。
その当時、愛知県で知り合った仲良しMrs.Tinypine.
日本画を通じて接近、仲良しになった友だち。
彼女は一足先に転任地東京へ行ってしまった夫を
思いつつ、子どもの都合に合わせていた。

私も彼女も一時的な寡婦になってしまった同じ環境。
そんな時、末っ子を連れて、夜の9時ごろまで
お邪魔したことも何回かあった。

そして彼女は転居された。
私より何十年も昔に私の里の近くに
居を移され、簡単には逢えなくなっていた。

その後ずっとずっと、気にしながらも30余年間、
4回しか逢ってはいない。

久し振りに彼女からのメールで逢うことになった。
e0228147_21392692.jpg
30余年の間に…。
最初は里に来た時に、足を延ばして。
2回目はデジカメで彼女の家の近くの桜並木を写し合った。
3回目は最近で、珍しく署名を集めるという
熱心さのことが起きて私もその気持ちに同調させてもらった時、
そして今回が4回目。


その昔、息子は彼女を友達のように呼んでいた。
”Komatcyan!”と。

可愛い心持のとても魅力的な方。
最近は日本画を描いていないというが
そのセンスがとても良いので、憧れる。


下一列(黄色い線で区切った)は、一日分の食事。
なるべく無駄なものは食べないように
心がけているのでお若い方にはとても粗食だと思われると
覚悟しながらここにアップした。

e0228147_21384784.jpg

彼女の清々したお住まいはいつも感心する。
断捨離の最中だから、もし役立つような
物があったら、貰ってくれませんかと
声を掛けられた。

勿論それも嬉しくて出かけさせていただいた。
でも逢っておしゃべりを楽しめることが一番好きな私。

断捨離の一つは、
飛騨・春慶塗の花瓶は互い違いの台板がある。
もう一つは
フランス製グッチNo3というパフューム。

断捨離と言うけれど、
ちっとも邪魔にはならないのに…。
でも有り難く頂いてしまったわ…。
ありがとうございます。



ところで、片付け上手のMrs.Tinypine.
20有余年は経っていると思う。
最近リフォームされたようで、ドアは木製に替えたという。
その中を見せて頂くと
とても計画的な誂えだ。
その設計はすべて彼女だ。
センスがあるよ…、まるでモデルハウスで
くつろいでいるみたい…。
e0228147_21391189.jpg

玄関を入るとシューズボックスがあるのが普通の間取り。
確かに腰丈くらいのがあったけれど、
その向かい側のメーターボックスを他のドア丈と同じに取り付けて
沢山の靴や傘などその寸法に合わせて
大工さんに注文して棚を作ったという。

私は創作・設計して色々に便利に収納するという
才能がないなぁ~~。
Mrs.Tinypine.は天才かと感じられるほどに
舌を巻く。
彼女の少しでもそんな能力を授かりたいし、
開発したいものだと
素直に感嘆の声を挙げたけれど…。
まあ、無理だわと諦めて
「またね~~!」と
別かれたのである。






☆pageTop☆




[PR]
by nagotu3819 | 2017-03-10 23:22 | 交友録 | Trackback | Comments(0)

乾燥し過ぎ?!

今月は風邪、咳、痰の症状が酷かったことによって
いつものサイクルが狂ってしまった。

そして殊に夜も更けて寂しいと感じたり
人恋しさが募ってきてこれは自分でも変だと思いつつ、
LINEでぼやいたりしていた。

ぼやきというか心の中の虚しさを
どうしようもなくて、何となくLINEすると
「変だよ、どうしたのよ」と
励ましてくれたりその掃け口になってくれたり
気持ちに共振したような反応だったり
「やっぱり貴女もか」と笑い飛ばしてあげようとしてくれたり
そんな人が居ることを大変ありがたいと思っている。

でもそんな時にはこちら側の気持ちだけであり、
それに応じるのは大変かと思い…。
e0228147_14084730.jpg
「You're my angel」
と絵入りのスタンプを送信しましたら

「やめて~、私はエンジェルではありませ~ん。
私は悪魔じゃ~。わかったかー003.gif

「うー! ハッハッハ!悪魔?
私にも住んでくれてるよ。悪魔も天使も、ね。044.gif

「だよねー。両方バランスとれてればいいかな?」

「少し気が晴れたわ。お喋り付き合ってくれてありがとう♪」

「好い夢を見ようね~」

こんな時もあら~~な
ですよ!


まあ、お互いに理解できる心の内を話せる友だちを
持っていることって幸せです。

あちらに行けばYさん、こちらに来ればOさん、Kさん…。

定期的に会いたくなって何となくくっついて話していると
安心したり心からくつろいだりしている。

今回も一番分かり合えるか、例のK&S-timeをもった。

e0228147_22011076.jpg


ここ何気なく会いたくなって、楽しくしゃべったり歌ったり
飲むこともご一緒することが共通の楽しみとしていた。

この日は歌っている時に空咳が出て
耐えられなかった。
空気が乾燥しすぎ?ドリンクを自由に頂いた。

半日くらいの時を通して、何となくここにアップ…。
でもお付き合いの都度ここにアップしていた訳でもなくて
他にも多々あったかもしれないと、遡って画像を見てみた。

特にこの1月は、2回も会っているのに
カメラを取ることもなく夢中で過ごしていたようだ。
長い習性で食べ物が並んだ時だけは一応
カメラを出して写してはいるのにね。

その1月初めに、Kちゃん特製のカレンダーを頂いていた。
カレンダーはこのPC器の上の鴨居にぶら下げた。↓
(以前、ブログ友さんにも頂いたことがあったわ)
e0228147_13331483.jpg

これは初秋の頃だったか…。
いつになく私、痩せているわ。
だからこんな時もあったな~と以前アップしているのに
痩せ姿を嬉しがって再登場させてみた。


(ウフフ、こんな時は痩せている画像は貴重です。
下段は比較的最近のもので太めです。)
e0228147_22401364.jpg

最近、
スポーツクラブで「InBody」のシステムを使って
筋肉と脂肪の割合を調べてみたら、標準的なものから
筋肉量が0.7㎏少なくて、体脂肪が6.3㎏減らしなさいとの
数字が出てきた。

あ~。
なんと脂肪の多いこと…。
体重を7㎏落とせばすっきりと解消すると言っているのだ。
風邪で家に閉じこもり、身体も動かさずにいたからね。

しかし、7㎏落とすのは容易なことではないぞ~~~。

(*訂正します*)
今の体重から6.3-0.7=5.6㎏でした。
筋肉を増やして脂肪を減らすのですから、
5.6㎏の減量です。
”50歩100歩”ですが、やっぱり辛い数字です。あ~ぁ!!


娘が今ヨガにはまっている。

私も下肢の筋肉が弱いと出たのでヨガを試みてみようとする。

ようやく散歩でスポーツクラブへ再び通い出さねばと
体調が良くなったので励みだしてみた。

ヨガはゆっくり体を動かすところで筋肉の無さを実感する。
細腕がぶるぶると震えて自分の体重が持ちこたえられない。
踏み出した片足が頼りなくつぶれる。

NHKの「みんなの体操で」も、かなりきついと感じたパートが
あったが、それは今はクリアしてきているから
また、何度も試みているうちに筋肉もついてくるのだろう。

無理しないで励もうか…。

e0228147_21592668.jpg


この日は春一番かと思われるような日ではあった。
風がそれ程冷たくないのに
嵐のような強く吹く風だった。
でもカメラにはやや暖かい状況がみてとれるのが
嬉しい…。
少しずつ、少しずつ春の向かっているとの実感なので…ね。



しかし、風の強いこの日、火事のニュースで
恐ろしいほどの黒煙を青い綺麗な空を覆い出していた。
風が強い日だけに恐ろしいことだ。


e0228147_21594060.jpg
その途中の宅地創成中の箇所、
少し歩かなかった間に随分、進んで宅地が広がってきていた。

この散歩道は夕方は人通りが全く見られなくなる。
急勾配の険しい上り坂を通って帰らねばならないので
この造成が進み家が建って人が住めば寂しくないだろうなと
期待している。

この辺は家が建てば瞬く間に人が住むので
寂しくて物騒な気配は薄らぐだろうと
待ち望んでいる…わ。







[PR]
by nagotu3819 | 2017-01-29 13:25 | 交友録 | Trackback | Comments(6)

15年来の友情

ひところは週1回Ogasiwaさんに
お会いしていました。
彼女とはPC勉強会では1年上級生です。
でも年齢は同級生なので仲良くして下さり
PCに不慣れな点など
色々とフォローして頂きました。

勉強会に行くための距離は近いけれど、信号があるので、
35分を要すると考えて車を飛ばして通いました。
彼女と男性3人の5人グループ勉強会です。

篤志家でアメリカ生活が長かった
Tomikawa先生はリビングルームを開放され、
5人のメンバーにPCについての考え方や使い方、
PCのこれからなどを計画的に説いて下さったのです。

先生は独自の教科書を編んでびっしり5時間位を
喋り続けられ、特に質問するよりは独自のカリキュラムを
項目ごとにひたすら講義をされて、私たちは拝聴しておりました。

大きなPCパネルを用意されて
PCの一から教え説かれて図形化されたり理解しやすい
工夫をなさり、講演を聴くような形の勉強会でした。

その時、お月謝は要らないので、教室は遅刻するな、
欠席・休暇はするなとも言われて、学ぶ側もかなり
頑張って通い続けて自分のものにしてきました。
結局5年くらいの間、楽しみの勉強会が展開されました。

まだまだ続けて先生の講義を聴きたいと思ってはいましたが、
「一つの区切りとして卒業論文を提出しておきましょう」と、
強制的に勉強会は終わりとなったのでした。

卒業の標は、パワーポイントを使って
音楽を入れ、動画を交えたりして自分の目線で
プレゼンテーションを制作し仲間にご披露することでした。

その勉強会は終わってしまったので仲良くしていただいた
Oga.さんとも今までのように頻繁には逢えなくなりました。


e0228147_04141176.jpg
その後、時々は連絡し合ったりはしましたが
それぞれに忙しくなりそれぞれの関心事に気が行き、
連絡もなくなってしまった時期がありました。

e0228147_04143460.jpg

しばらくぶりで会うことになりました。


彼女の誕生月に友だちをフィットネスのジムに招待できると
いうことで、私は彼女の住む地域に出かけました。

Oga.さんが熱心に励んでおられるのはWBGのゴールドジムM.C。
35Fにありエレベーターを使うので、耳がツーンとするようです。
そのジムの特別なコーナーというのか
運動できる最上階からの眺めは気持ちのよいものでした。
マリンスタジアムをまるで飛行機から眺めるような感じさえします。
45度目線を振ると港の青い海原が雄大に見渡せて
ここでフィットネスできるなんて幸せなことだと思いました。

ただ残念なことはここはスポーツクラブで
皆さんがプライベートな姿になる訳で
カメラは持参できませんでした。
素敵にひらけた眺望をただ脳裏に
納めるだけとなりました。

e0228147_05082916.jpg
その35Fの特別室でフィットネスを二人で行いました。
長年会得なさっている健康維持の体操をOga.さんは
色々となさって、私にも教えてくれました。

整体とかヨガ、指圧などいつもなさっている体操を
一緒に行って、緩やかなもののようではありましたが、
家に帰ってからの寝つきの良さなどで
結構ハードな体操だったと思いました。

そう言えばその夕方、ご一緒に食事をすることと
なったのですが、お腹が空いてないと感じていたのに
野菜炒めを口にしたら、なんととても美味しくて
欲していたことに気が付いたほどでした。
彼女に渡したかった果物類を持参し忘れたので
翌日、車で走って行き受け取ってもらいました。

そしてまた、彼女とC.美術館に行くことを約束しました。
会うとなると、昔 気が合っていただけに
その週末にまたご一緒にと、なりました。

いまやLINEでのやり取りで、スタンプで気持ちを
あらわしたりして生き生きと交信できます。

さすが、
二人はPC勉強会で始まった仲だと納得しました。

e0228147_04163712.jpg

文人として生きる――
浦上玉堂と春琴・秋琴  父子の芸術 

浦上玉堂という文人・画人の名前を不勉強の私は
知りませんでしたが、
先日テレビで放映されたとのこと。

岡山のエリート武士であったが脱藩して
諸国を遍歴したとのこと。
その時に息子の春琴と秋琴を伴って各地を漫遊。

文人としての誇りを高く持ち続けて
生涯を送ったというのです。


扇面の小さなものから、大きく見上げるほどの水墨画が
270点の作品が掲げられていました。
美術館を回ってその日のトータルは9261歩。
いつの間にか結構歩いていたのです。

普段は15000を歩いても腰は痛くならなかったのに
不思議と鑑賞に気を取られていた所為なのか
腰が痛くて鑑賞途中で部屋の中心に据えてある
スツールに二人で腰をおろしてしまいました。

またおしゃべりな私たちは
絵を見ては囁き声で話しているつもりが
だんだん声が大きくなってしまったようで、
美術館に座って静かに見守っているお姉さんに
注意されてしまったほどでした。


余りにも大作で感じ入って観てしまったので
大変疲れましたから、コーヒーブレイクで
疲れを取りました。

e0228147_04170419.jpg

駅までの帰り道にもう少しでデパートをたたむらしい
MITUKOSHIにも立ち寄って覗いたりしているうちに、
やはり「お夕食しましょう」となりました。

地下階「銀座ハゲ天」で、女性向きの小盛で
品数豊富な食事(12/3↑上から3番目の食事画像)
を摂ることにしました。


まだお喋りもし足りなくて、次々に話題が出てきます。
共通の話題を思い出したりで、かなり陽も落ちてきていましたのに
終わらない感じです。
お店のレジを締めるとのお知らせで
ようやく腰をあげました。








☆pageTop☆



[PR]
by nagotu3819 | 2016-12-05 06:23 | 交友録 | Trackback | Comments(4)


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

♣ヤスコンさん、ごきげん..
by nagotu3819 at 11:45
おはようございます。 ..
by yasukon20 at 07:11
♣長沼さん、ごきげんよう..
by nagotu3819 at 20:50
こんばんは。 皆さん、..
by 長沼 at 19:33
♣ごきげんよう。shiz..
by nagotu3819 at 10:57
訂正です、新婚時代 → ..
by shizuo7f at 04:31
そうですよ、今でこそ高速..
by shizuo7f at 04:29
♣shizuoさん、ごき..
by nagotu3819 at 22:04
こんばんは~! んん、..
by shizuo7f at 17:42
♣押し花さま、ごきげんよ..
by nagotu3819 at 08:45

最新の記事

子猫さんからも…草木名を教え..
at 2017-10-11 03:11
今日は娘の誕生日です
at 2017-10-08 06:01
ガラケイとスマホと十五夜
at 2017-10-05 07:24
10月の香り
at 2017-10-01 05:40
限りある人生にある記念行事
at 2017-09-29 06:15
科学館~国営昭和記念公園へ
at 2017-09-27 06:55
オーロラドリーム ちょっとね!
at 2017-09-26 01:45
敬老の日と、誕生日祝いと
at 2017-09-22 07:43
子どもの頃に歌った遊び唄 (2)
at 2017-09-19 06:43
子どもの頃に歌った唄(1)
at 2017-09-17 06:40
空を見る
at 2017-09-15 00:40
くよくよ虫、飛んでけぇ~
at 2017-09-13 06:09
若い人と若いとは言えない人と
at 2017-09-11 06:26
気になる酔芙蓉(スイフヨウ)
at 2017-09-08 05:17
九月の声
at 2017-09-04 05:35

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧