「わたげ」を拾い読み ④ 蛇足も。 1992年5月 No.144

後の方に蛇足です。
e0228147_16542585.jpg
1992.5 No.144
東山教室 
課題「誘う」
菜の花ひらひら 誘われて真昼 そよぎ
霞む月 母に手紙を出すことに そよぎ
三日月を誘う無駄だと知りながら そよぎ
矢田教室 
案内板に誘われているわが遊び そよぎ
変換キーに誘われ昼も夜も そよぎ
信号のままに動くと人に当たる そよぎ

e0228147_16540424.jpg
誘いの電話の向こう眉の月 和尾
花の香に誘われ夢はこの程度 和尾
快晴に誘われている春の橋 和尾
思い出を誘うごとくリラの花 和尾




 東山教室 
席題「バス」
春風とバスを利用で東京へ そよぎ
回数券握って昼のバスに乗る そよぎ

無料バスのおばあさん乗せバスが出る 和尾
バスの窓 桜さくらと散り終える 和尾

雑詠「昴」選句一首
行く先もおぼろ 電車の客になる そよぎ
つり革というこれからも続く季節 和尾


※の印 あら~、ちっとも気づかなかったけれど
和尾先生は川柳の中で遊んで居られたのだわ。
お返事しているような、皮肉を言っているような…。
私以外の方にもそんな状態の言葉で
遊びつつ川柳を作っておられたのですね。

e0228147_16544112.jpg



1992.7.No.146
東山教室 
課題「アルファ」
ゆりかごに揺られていますアルファ波 そよぎ
足踏みの象の背中でアルファ波 そよぎ
アルファを期待していて落とされる そよぎ
矢田教室
目を閉じるアルファの波 見えてくる そよぎ
真っ白い帽子にアルファ七月に そよぎ
アルファの線上にいる迷い癖 そよぎ

αの飛沫よ梅雨の噴水塔 和尾
鳥舞わせα志向の空を見る 和尾
アルファとオルファは朝の触感で 和尾
迷ってα暗くてβ落とし物 和尾
e0228147_16550335.jpg

東山教室 
席題「電車」
スピード感それほどないのにもう着いて そよぎ
ふるさとの電車が走る絵とともに そよぎ
こんにちはさようなら電車は未来へと 和尾
カラー写真の中を走り抜けた電車 和尾

矢田教室 
席題「雑詠」
自転車が梅雨の頭で立ち尽くす そよぎ
有効な時転がして梅雨となる そよぎ
岬巡りのバスの乗客良く笑う 和尾
初夏に花咲いて大人も夢見がち 和尾

雑詠「昴」選句一句
あなたにも私にもある水ごころ そよぎ
汗吹いて坂の道いま踏みしめる 和尾

e0228147_16545397.jpg
1992.8 No.147
東山教室 課題「紙」
スペードとハートのA(エース)懐に そよぎ
コピー紙の反乱に遭う梅雨の中 そよぎ
騒音を紙に吸い取るムンクの絵 そよぎ
矢田教室
絵扇子のツユクサの青一人占め そよぎ
幸せは紙のパックに満タンだ そよぎ
アルバムにウィンクひとつ仕舞い置く そよぎ

席題「傘」
花柄を忘れ物して無地の傘 そよぎ
青春の折り畳み傘広げおり そよぎ

茶の傘を鞄に秘めて長い旅 和尾
人生というには傘の雨しずく 和尾

矢田教室 席題「鳴る」
メロディーにすぐ乗せられる朝の風 そよぎ
風鈴を困らす風に恋をして そよぎ
雷鳴やとらわれびとの群れにいる 和尾
烈火のごとき陽の翳で虫鳴きぬ 和尾


雑詠「昴」選句一句
夏の嘘 蛍生まれた話する そよぎ
てのなかのいちにちそれはあわきもの 和尾

e0228147_16545808.jpg


1992.9 No.148
東山教室 
課題「プロローグ」
発車ベル鳴って序章は雨の中 そよぎ
ヴィバルディ朝の一歩がはずみます そよぎ
快晴で白紙になったプロローグ そよぎ
矢田教室
歴史って繰り返すのねプロローグ そよぎ
プロローグはブラスバンドの長い影 そよぎ
風呂敷の包みから出すプロローグ そよぎ

プロローグにあったのは大雨注意報 和尾
プロローグから階段を降りている 和尾
挨拶は短く朝の停車場 和尾
雪雲湧いてそれ以後魚の匂い 和尾

席題「五」
五段目で一段飛ばす若さかな そよぎ
五周年我が家のキウイまだ生らず そよぎ
五番街のドラマを書いた夏の夜 和尾
暑中見舞いの束は薄くて五目飯 和尾
席題「蝉」
蝉しぐれ浴びて絵巻を紐解きぬ そよぎ
特急に乗ってしまった油蝉 そよぎ
樹液吸う姿のままで蝉は死に 和尾
斉唱する蝉の一生手のひらに 和尾

雑詠「昴」選句一句
ひとすじの決意 震える線を引く そよぎ
西に傾く半月ありて台風以後 和尾




その勉強しているときに小さな私の「川柳作品集」なるものを出版した。
自慢にはならないが、とても思い出深い一冊の本となった。



☆pageTop☆





「川柳の会のこと、いろいろ」
[PR]
# by nagotu3819 | 2017-08-16 17:40 | 趣味・作品展・朦朧 | Trackback | Comments(2)

お盆のころ

夕暮れの買い物に寄った。
「フードコートで盆踊りが始まります。ぜひご参加ください」と
お店のアナウンスがあった。覗いてみた。

踊り手は浴衣に帯を締めて身を整えている。
流れる民謡は盆踊りの定番、炭坑節からの始まり。
奏でる音楽はテープではない。
三味線、太鼓、笛のライブで賑やかに浮かれ調子。

まあ、夕方のひと時心せわしくも参加して踊っている人も
だんだんに増える。
暮れなずむその時間が気になり、私は
踊りに参加することなしに、帰路に移ってしまったけれど…。

e0228147_00583862.jpg

お盆の時期である。
ご先祖様が家に帰ってくるのだ。
家から遠く大規模のお墓どころに父母が眠っている。
お墓まわりを整えてお墓参りして、お花とお線香を焚いた。

母は生前、父が寂しがっているから、みんながお墓参りの時期には
特に早く行ってあげようね。そしてお墓参りは午前中にするのよ、
と。 母の言葉は見事に生きている。

そのようにしないと気持ちが治まらないのである。
母は田舎での原風景をもっている。
孫や、私たち子どもに囲まれてニコニコしていたいものだと、
それが幸せの姿だと信じていたし、常々話していたのだった。

e0228147_00585331.jpg

我が娘も母と生活を共にした期間があったから
母の姿勢や言葉がそっくり彼女の中で生きているようだ。
「お墓参りをするよ」と一応知らせるのだが、ほかの誰よりも
孫としての参加は多くある。おばあちゃんの言葉が
孫としての娘には残っているし、また生きてもいるのだろう。

しかし、私は未来のことは、こうして欲しいと
いうことを言わないようにしている。
私が居なくなった時に、将来こうあって欲しいとか
どうすべきかなどと縛りたくないと思っている。
言わなくても分かっているだろうとの甘えも多少あるのか…。

そんな緩やかさでいると…新しい家族が
将来遠く海外に住んだりお墓に足を運べなくなったりで
お墓に行けなくなったりすることだってあるだろう。
たしかNHKのドキュメンタリーだったものを
見たとき驚き、この先どうなるか予測も付かなくなった。

なんと誰もお参りに来なくなったお墓は取り払われて
墓石を粉々に砕いて道路のゴロ石砂利石として使われたり
コンクリートの工事に使われることもあるのだそうだ。
お墓だった石の端くれを畏れ多くも踏んづけているとしたら?
クワバラ、クワバラ…ものに感ずる。

お墓を管理する人の困り顔も見えるし、
この先どうなることやら…。

こうして代々つながって行くことの
限りない幸せは感じ取っているわけだけれど…。



e0228147_00590346.jpg


このころ、「山の日」が新しく休日になったりして
いつも行っていたスポーツクラブが遠のいている。
友だちもお盆客の接待などで忙しくしている様子。

最近の涼しさはもう秋になっているのかと
思わせるような気配も感じさせる。
夏の暑苦しさを何とかしてくれと思っていたのに
こうして季節が移りつつあることは、
一抹の寂しさを感ずる。

時の流れの速さを最近特に感ずる所為なのだろうか。





☆pageTop☆





[PR]
# by nagotu3819 | 2017-08-14 05:12 | 今日の手帳 | Trackback | Comments(0)

僅か6年前なのに…

この二、三日は凌ぎやすくはなっているけれど
蒸し暑いことはやはり日本の夏と言えるか…。

日本画は日本の風土に合っているという。
この湿度の高い暑さは日本画、本彩色に適しているという。

日本画をヨーロッパやアメリカに持っていくと大気の湿度が
日本ほどではないから、膠で岩絵の具を使って彩色したものが
画面からずるずると…?か、ざらーっと…?か、
兎に角…、落ちてしまうのだと、ある美大教授から
学び始めた時の導入の言葉だった。

日本画は日本の絵画と言われる所以なのかと
衝撃を受けたことがあった。


そんな昔の話を思い出しながら、さらに違うことを…。
17年前、所属のサークルのためにblogを立ち上げたことがあった。
その会のblogで、2006年くらい前のところを開けてみた。
観ると、その時の懐かしい画像を拾いだして
再びこちらのページの方にアップしてみたいと思う。

e0228147_00321969.jpg

この妖しい花は知っているだろうか。
秋になれば赤い実をつけるあの花だ。
花の頃は夜にひっそり咲くので知らない人も多いが
秋になるとあのオレンジの目立った色で藪の所々に
ぶら下がっている、あの烏瓜の花だ。
e0228147_00321561.jpg
そしてこれ↑は、つい先ほど撮ってきたキカラスウリの花。
これは烏瓜よりも早い明るさのある時間に咲いてくれる。
この下の部分の花は、上の熱心にカメラで納めた頃の
咲き誇っている時間をキャッチした。
上の烏瓜よりも細い糸状のものは少なめである。


遠回りして散歩の際に撮ってみた。
そして、ついでに今のファッションを昔していたことを思い出し
その画像を、烏瓜の画像と共に取り出してみた。

今のファッションは、袖付け部分を開けたデザインのもので
肩を出したり背中の部分に穴を開けているデザインのものを見かける。


私は昔、長めのアームカバーと袖なしを組み合わせて着ていた。
それを探し出して散歩に着てみた。
e0228147_00320599.jpg
(散歩する緑道に向いて捨てた鏡が立てかけてあるのだ。)


今はアームカバーは腕の太さをカバーするための小道具だけれど…。


下は6年前にサークルとして楽しんでいた文学散歩会の面々で、
下見または野次馬的にピースボートを見学した時のもの。
ちょうど今、着てみたものだが、当時としては誰も
このようには着ていなかった大胆さがあったかな。
e0228147_00320170.jpg
上はピースボートの大食堂である。
大きなビルの中みたいにどっしりと15,6階くらい
あって船に居ることを忘れる。
プールからスポーツジム、大きな映画館やダンスのできる部屋や
講演講堂、素晴らしい豪華さでお酒を楽しむ場所…。

船の旅でお客は決して退屈しないように
色々のイベントを企画して時を過ごす豪華な客船内の見学だった。


明るい貴賓客室、一等船室、など見学して下の画像の部屋は
どのくらいの客室だったか。
多分一等船室くらいではなかったかと思われる。
画像の左手は海で明るいのである。
下の方の船室は暗くてベッドも蚕棚状という。
e0228147_02093350.jpg

横浜の波止場に停泊中のピースボート。
この見学の際、パスポートまたは身分証明証を提示する
必要があったことを覚えている。

この組み写真の下の部分は赤レンガと呼ばれる倉庫跡の
食堂部分で食事を楽しんだ。

これは2010年だったか…。
サークルの連絡用とか、役員の動向などを
blog開設したのは11年くらい前であった。

色々と多方面にも見分を広めたいと楽しんでいたころだった。
導いてくれる立場の方々は、それぞれにお年を召された。

勿論私も今よりは大分若かったなぁ。
でも元気すぎる二の腕だ。
今も改善していないのが悩みのタネ…。



☆pageTop☆




[PR]
# by nagotu3819 | 2017-08-13 01:56 | 趣味・作品展・朦朧 | Trackback | Comments(2)

「わたげ」を拾い読み ③1992年2月 No.140

断捨離の気持ちから”そよぎ”作品と講師"和尾"作品を拾ってみて
捨てる前にもう一度読んでみようと思う。
懐かしく、またその時の心や、姿、若さを感じる。





1992年2月 140号掲載
東山教室 課題「雪」
白い朝はあなたとコーヒー飲んでいる そよぎ
白雪に埋めておいた思い出の二つ そよぎ
・紅葉がきれいと雪にダイヤルし そよぎ

足元の傷みな雪のせいにする 和尾
闇の夜に雪降りしきる軽い鬱 和尾
e0228147_03524907.jpg
矢田教室 課題「雪」
頂きに雪 過去と未来に化粧して そよぎ
夜半より偲ぶ 細かい雪が降る そよぎ
・絵本には何と嬉しい雪でしょう そよぎ

つぎに見ると霞んでしまう雪の峰 和尾
初雪にコーヒーカップあたためて 和尾
 

東山教室 席題「水曜日」
水色の煙の中で水曜日 そよぎ
・体調が順に整い水曜日 そよぎ

お休みをとるなら水曜日あたり 和尾
幻の世界を覗く水曜日 和尾 

矢田教室 席題「木曜日」
胃薬をニ服も飲んで木曜日 和尾
・階段を踏み外したり木曜日 和尾

三教室合同 嵯峨野へ吟行会
京都にてもみじを散らしつれづれに そよぎ
陽があたり柿の実三つ枯れ枝に そよぎ
京の秋 雲けちらして銀杏散る そよぎ
もみじの赤と南天の粒とわたくしと そよぎ
この秋に光るものあり嵐山 そよぎ

紅葉の全山を焼くわが眸 和尾
逃避行京都は眉を塗らすことも 和尾
竹林胸に千本竹刺さる 和尾
e0228147_03582038.jpg
1992年2月 141号掲載
新春合同勉強会 課題「言葉」
直線を引いて言葉は触覚に そよぎ
青い実のまなざし色は言葉から そよぎ
・青春記 炎の言葉散っている そよぎ

勇気あることばでひとを焦がすなり 和尾
大空にことばを溶かしはるのうた 和尾

雑詠
虫の音が聞こえてやめる落葉焚き そよぎ
・夢ばかり食べて窓辺のさくら草 そよぎ

快晴の真下だきみの声響く 和尾
ともだちの顔を観にゆく寒い朝 和尾

1992年3月 142号掲載
東山教室 課題「椅子」
あたためて居心地のよい措定席 そよぎ
食堂の木の椅子天気を予見する そよぎ
・富士山を眺める椅子を磨いている そよぎ

雪山光りそれはただただわが椅子より 和尾
流れ尽きぬ河をこの椅子と流れ 和尾
e0228147_04115837.jpg
東山教室 席題「北」
北からの鬼の顔は赤く染まり そよぎ
・北の空オーロラ恋し 涯の夢 そよぎ

旅人は北へ わたしも北へ向く 和尾
北から晴れて冬のいちにち身構える 和尾


雑詠
どっちみち軽く生きてる雲が浮く そよぎ

追い越してゆく風ありてそれも春 和尾


1992年4月 143号掲載
東山教室 課題「線」
人生に路線は引けぬと言いながら そよぎ
白線の内側で待ち続けるあなた そよぎ
・ママが書く細線上をお通りよ そよぎ

延々と線路は続きぼくの不安 和尾
本日快晴 われもジェットも線となりて 和尾

矢田教室 課題「線」
向こうっ気が強くて線の外が好き そよぎ
なんとまあ結び目きれいコンパスの線 そよぎ
・白線がだんだん褪せてオバタリアン そよぎ

わたくしをいじめにかかる針の先 和尾
間違いというには細い針の穴 和尾
e0228147_03525776.jpg
東山教室 席題「雛」
ご馳走は雛のおちょぼの口になる そよぎ
・お雛祭りの夢に埋もれる静かな夜 そよぎ

雛鳥の母を求めて転ぶなり 和尾
雛の瞳のいずこ見つめているのやら 和尾



人は生きてきた。
色々思い感じて、何か行動し右往左往してきた。
もう捨てても好いのだけれど、まだ生きているのだから
すっかり捨ててしまうことは勿体ないと思ったりする。




☆pageTop☆




[PR]
# by nagotu3819 | 2017-08-12 04:20 | 趣味・作品展・朦朧 | Trackback | Comments(2)

みんなの夏休み 始まりです


我が家は子どもたちが、それぞれの核家族に
分裂して、娘たちの「家族」としての成長を遂げている。

大きくなった孫たちのスケジュールも考え合わせて
どの日なら、子どもたちの参加も可能だからと、
他の人たちの日程の問い合わせがある。

私は成長盛りの孫たちの顔をみて、
その様子を知り目を細くして見守っているのだ。
どちらの祖父母も孫を観る態度は似たり寄ったりでは
ないかと察している。

これは全くの手前味噌だから、このページを観ても、
「あ、そう...」くらいのところであろうが、
日記だからこんなもの、一つの記録なのである…。

e0228147_02380186.jpg

前置きが長くなったが、
夏休みが始まって間もなくのある日。

近くの子どもたち家族が集合した。
ただ、次女の家の孫K.は、一番年下で欠席だ。
この娘は部活出席でのメンバーのバランスというのか、
家族のイベントより部活の人間関係が重視となった。
大人になったものと密かに思いつつだ。

最も、集まれた孫たちも諸々の事をクリアして、
親たちや私を失望させないように付き合ってくれているのは、
もちろん承知している。

今回止む無く欠席の一番下の孫娘K.の
面白映像を、この子のママに貰った。
”アルチンボルド展”で楽しんできたものという。

e0228147_03563023.jpg
実は私も面白そうなアルチンボルド展だと狙ってはいたのである。
この画像はモデルとしての人物が正面になると、額の中が動く。
人に模した野菜や花たち、自然の物がモデルに倣い動いて、
横向きや正面画に動いてくれるのだという。

発想がなんともユニークで思いがけない話である。
二人は楽しんだことが分かる表情で思わず微笑みを誘う。



e0228147_02375293.jpg

三軒の距離的なことと、
三台の駐車も可能の間取りなので、いつも会場は
長女の好意に甘えている。


毎回は悪いし、その内容の変化もあるかもと持ち寄りとした。
肉、魚、野菜、主食、デザート、など大まかな
分担で持ち寄りパーティではあったが食事より他に楽しみたい
という面々の希望なのだ。

体調管理、節制した食生活に徹している娘たち、大食漢も居ない。
私はみんなと違うのは、食べながらおしゃべりすること。

ここに記録の写真は撮らなかったが、
食べ頃のメロンや、菓子類もソフトドリンクも賑わいのうち。
e0228147_02380438.jpg

みんな大きくなったね。
今日は楽しい時間が過ごせたよ…。
集まってくれたメンバーたち、有難うございました。




☆pageTop☆




[PR]
# by nagotu3819 | 2017-08-11 00:33 | 私の原風景 | Trackback | Comments(4)


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

♣oshibanayos..
by nagotu3819 at 22:11
こんばんは。 現代川柳..
by oshibanayoshimi at 20:54
♣rabbitさん、ごき..
by nagotu3819 at 00:15
あっ!知っています、この..
by rabbitjump at 20:01
♣shizuo7fさん、..
by nagotu3819 at 19:29
もう一度読まれたんですね..
by shizuo7f at 12:22
♣oshibanayos..
by nagotu3819 at 10:01
♣ mary_snowf..
by nagotu3819 at 09:54
おはようございます。 ..
by oshibanayoshimi at 06:22
そよぎさん、おはようござ..
by mary_snowflake at 05:46

最新の記事

「わたげ」を拾い読み ④ 蛇..
at 2017-08-16 17:40
お盆のころ
at 2017-08-14 05:12
僅か6年前なのに…
at 2017-08-13 01:56
「わたげ」を拾い読み ③19..
at 2017-08-12 04:20
みんなの夏休み 始まりです
at 2017-08-11 00:33
主治医花井先生の本 平和と核廃絶
at 2017-08-10 01:51
思うこと(散歩とミニスカート)
at 2017-08-09 01:30
「わたげ」を拾い読み ②19..
at 2017-08-08 05:30
誘われて I.川市民納涼花火..
at 2017-08-07 19:56
「わたげ」を拾い読み ①19..
at 2017-08-06 06:23
Nkym‐summitと新参..
at 2017-08-05 05:50
いつも青春の心で
at 2017-07-27 05:18
寿命を生ききる!
at 2017-07-25 05:17
真夏の夢でも…
at 2017-07-22 07:20
偶然が偶然を呼んで
at 2017-07-19 05:16

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧