2017年 05月 15日 ( 1 )

奥能登の旅③

第3日目は、奥能登の旅のまとめ?
松本清張の推理小説『ゼロの焦点』の舞台を思いつつ
風景を眺めて思いを巡らせてみました。

主人公が新婚の夫を探して能登に来る。
突然の失踪に夫をめぐり追い詰めて行くと
どんどん不思議さが増していき
解決されるまでに夫を含めて5人が
死んでしまうことになった。
ある女性が自己を守るために
能登・金剛で夫が突き落とされたこと、
そして過去の生きてきた術を隠したいために
4人も消されて最後にヤセの断崖から小舟に乗って
逃げていく姿が波に揺られ小さくなって行く犯人。
勿論犯人は死を選んだ行動だが、何かもの悲しい気持ちが残る。

e0228147_23242874.jpg
旅が終わってから、お互いに写真を持ち寄り
それぞれの視点で撮った思いの写真を披露し合って、
旅のまとめになればと、それぞれの期待を確かめながら
旅愁に酔いました。



2連泊の最後の夜。
二人でビールと、そして地酒を頼んで気持ちよく酔って
この日の疲れを癒しました。

e0228147_00220570.jpg
旅の初めに、能登への期待もそれほど持っていなかった私が、
だんだんその地に足を踏み入れて、ガイドの案内にも乗せられて
旅の物語にのめっていくような感じになりました。

遊覧船に乗り、木造の灯台を観て
ホタルイカを捕る漁師の様子を遠目に見ながら
その周りに浮かぶ猪の姿に似た島などの案内を聞き
写真を撮りました。

島に着くと急傾斜の階段が目の前にあり、
にこやかに笑った写真に残しましたが、
前日の、禄剛崎灯台のきついコースを思い出すと、
気持がへばりました。
ご一行様の最後について、ゆっくりと登ることにしました。

e0228147_00222527.jpg

能登の峻烈なイメージを抱かせた能登金剛の断崖は
松本清張の推理小説「ゼロの焦点」の舞台。


雲たれてひとり たけれる荒波を恋しと思えり能登の初旅
 松本清張作「ゼロの焦点」の小説の影響を受けて、
能登金剛に身を投じた女性を哀悼するため、
1961(昭和36)年7月に建てられた。
 悲劇のヒロインを想いここを訪れるファンも多い。
そんなヒロインの運命を悲しく謳っている松本清張の歌碑は巌門にある。
~インターネットからコピー~


悲劇のヒロインが最後に身を投じた断崖は「ヤセの断崖」。
名前の由来は作物が作れないほどやせた土地であるという説や
高さ35mの断崖の先端に立って海面を見下ろすと
身も痩せる思いがするなどの説があるということです。


kumiちゃんは体力的にちょっと不安を感じられたのか
休憩所で待つグループになりました。
「がんもん橋」辺りを犯人が主人公の夫を自殺と
見せかけた場所としたところに
松本清張の歌碑が建てられていました。

その後の旅人が自殺する場所として選ぶことに
哀しく感じた清張と志賀町は(多分そうだと私は感じた)
「幸せのがんもん橋」と名付け、幸せだと強調の意味を
持たせたのだろうと推察。
巌門地区一帯を公園にして旅人の訪問を
待っているように思いました。


e0228147_00224452.jpg
その軽い気持ちで見ますと新しく設置された
展望台から能登金剛の断崖や奇石・日本海の景観が望めます。

平成19年3月25日能登半島地震により
断崖の先端が崩落するなど被害がありました。



e0228147_00225971.jpg

荒波が作り出した近くの入り江には源義経が
兄頼朝の追ってから奥州に逃れる際に48隻の舟を隠したとされる
伝説が残っています。


e0228147_00232188.jpg
上方は義経の舟隠しの断崖を背に。

下段は能登中島駅構内には郵便車「オユ10」。
郵便客車(昭和32~46年)北海道から九州まで全国各地を車内で
仕分けしながら活躍していました。昭和61年を最後に全車が引退して
現在では国内にこの1両を含め2両のみ保存されています。

e0228147_12062172.jpg
もう一つ能登中島駅は演劇と深い関係があります。
俳優仲代達矢との交流から生まれたのと演劇堂は
無名塾のロングラン公演の舞台として様々な公演が行われています。

また、その昔、越中国司であった大伴家持が能登へ巡礼した際には、
この地にも訪れていくつかの歌を詠み残しています。


e0228147_00242577.jpg
富山・射水「海王丸パーク」

海王丸は、商船学校の練習船として誕生した帆船です。
昭和5年2月14日に進水して以来、59年余りの間に106万里(地球約50周)を
航海し、11,190名もの海の若人を育てたということです。
海王丸パークでは、この海王丸を現役中の姿そのままで公開していました。
年10回行われる総帆船展は見逃せないと評判です。


e0228147_00244024.jpg

新湊大橋を渡り富山駅に到着です。
そして北陸新幹線”はくたか号”で帰途につきました。



☆pageTop☆




[PR]
by nagotu3819 | 2017-05-15 01:23 | 旅・散歩:食事 | Trackback | Comments(4)


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

♣長沼さ~ん、ごきげんよ..
by nagotu3819 at 10:00
そよぎさん、素晴らしい時..
by 長沼 at 21:28
♣shizuoさん、ごき..
by nagotu3819 at 19:45
♣shizuoさん、ごき..
by nagotu3819 at 19:36
「心がぽあ~っと温まりま..
by shizuo7f at 16:57
そよぎさん、笑える映画「..
by shizuo7f at 16:56
♣rabbitさん、 ..
by nagotu3819 at 20:42
なんて素敵なご家族でしょ..
by rabbitjump at 10:46
♣押し花さん、ごきげんよ..
by nagotu3819 at 09:47
本当に良いご家族ですね!..
by oshibanayoshimi at 06:18

最新の記事

旧クラスメイトと
at 2017-06-29 11:50
六月の父母の日
at 2017-06-25 09:17
映画「家族はつらいよ2」と友だち
at 2017-06-22 04:41
梅雨の晴れ間の蓮の花と友だち..
at 2017-06-16 00:13
青葉爽やか-恩師を囲む会と墓参会
at 2017-06-13 09:58
ギャラリーでミニコンサート
at 2017-06-11 00:40
民話の集い(第15回)
at 2017-06-08 06:20
日本の臍的位置の都市で(絵手..
at 2017-06-07 12:15
舞踊ダンス発表会と食生活のチ..
at 2017-06-05 02:41
旧古河庭園と飛鳥山博物館めぐり
at 2017-05-30 05:10
独り言して学ぶ②
at 2017-05-26 19:32
独り言して学ぶ①
at 2017-05-26 01:30
とげぬき地蔵・旧友‐先輩・母..
at 2017-05-20 21:55
奥能登の旅③
at 2017-05-15 01:23
奥能登の旅②
at 2017-05-12 23:54

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
詩集から
from 優しい時間 2匹のヨ-キ-..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧