主治医花井先生の本 平和と核廃絶

信頼すべき私の主治医花井透先生、
一方的なんだけれど、家族のような、そして厚かましくも
お兄さんのようにも感じている花井医師。
母もこちらでずっと診て頂いていたし、
父が同業であったこともご存知なのである。
父親に話でもするように、ちょっとした健康上の
気になることも、ただ聞いて下さるだけで良いので…と、
お断りして、処方箋まで書いて下さらなくてよいことなど…、
どちらかというと経過を診て頂きたい想いで、
些細なことかと思えることも
おしゃべりすることもある親しさ。

その先生が3冊目の本『平和・核廃絶を求めて』と
題する本を8月6日発行とされた。
勿論、広島の原爆記念日に発行なさったのであった。

一臨床医の軌跡Ⅰ-良い医療を求めて―(2016.9.29発行)と
一臨床医の軌跡Ⅱ(2017.8.6発行)である。

e0228147_00403959.jpg

一患者に大切なご本を贈呈下さる先生のお気持ちに
どう応えようかと思案してしまうが
先生のお気持ちを理解できる手掛かりの本を
懸命に読んで、心からの感想を寄せたいと思っている。

けれど膨大な資料に基づいてまとめられた本の内容は
専門的でもあり、本当に理解できるだろうかと不安。
Ⅰの方は、先生の医師としての姿勢や、実際の医療のことなど
比較的とっつきの良いものです。

でもⅡは、少し私自身からは遠い出来事をテーマにしています。
そう言って片づけられるものでは決してないのです。
人類の破壊に至る核爆発の反対運動の精神、運動、その一医師の軌跡を
述べられているものです。

(興味のある方はどうぞこのブログを通してお渡しできるかと
思いますので、お申し出ください。)



まえがき
(前略)世界中どこででも二度と被爆者をつくらないでほしい、
核戦争をおこしてはならない、核兵器を禁止してほしい、と訴え
つづけている。被爆者への医療が社会的・政治的なことがらと
深くかかわる課題であることは容易に理解できる。(後略)

e0228147_00405556.jpg


第Ⅰ部
第1章 反核・平和への旅  世界大会に何度となく参加されています。
第2章 非核・平和の日本/千葉を求めて  地域での活動 医師の会での実際などです。
第3章 原発ゼロへ  チェルノブイリやフクシマの実際を通して
第4章 ヒバクシャとともに

第Ⅱ部
第1章 「良い医療を求めて」―一臨床医の軌跡Ⅰ拾遺―
第2章 恩師/仲間たち
第3章 終わることのない医療・運動



あとがき

(前略)今年の12月で私は人生の一つの節目 喜寿を迎えます。これまで
の短くはない人生の中でご縁を頂きました多くの皆さまに心からの感謝
を申し上げます。      2017年 梅雨の晴れ間の日に   著者




以上簡単にではありますが先生の御心の本をご紹介でした。










☆pageTop☆



[PR]
by nagotu3819 | 2017-08-10 01:51 | 健康・エクササイズ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nagotu3819.exblog.jp/tb/25970813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-08-10 06:28
おはようございます。
『平和・核廃絶を求めて』
りっぱな本を出版されましたね。
日本人なら誰でもそう考えるだろうなぁと思っていました。
昨日の長崎の平和祈念式典での長崎市長、被爆者代表の
お二人のスピーチには心から拍手を送りたいと思いました。
一方でその後行われた記者会見で述べられた
首相の核禁止条約は批准も署名もしないという言葉には
愕然としました。
恥ずかしくないのかと思っています。
オランダは同じ核の傘の下にいるが、
この条約に署名したそうです。
オランダ国民の、政府への熱心な働きかけがあった
ということです。
振り返って考えてみると、私たちは全て被爆者の人たちだけにこの運動を押しつけているのではないかと思いました。
Commented by nagotu3819 at 2017-08-10 13:38
♣PochiPochiさん、ごきげんよう。
毎日暑いことですね。そして低気圧が覆っているため、空気が停滞して、さらにうす暗い部屋の中です。
医者を生業として、核廃絶の運動を真剣になさっておいでです。
直に被爆者という患者さんを診ておられ、どんなにか憤った事でしょうか。アメリカでは、原爆投下は戦争を終わらすために必須だったと、正当化させて子どもたちに教えているんですよね。日本の留学生がその授業に出ていた時は現地の友人たちの非難するような、居たたまれない思いを味わったとか、聞きます。日本の代表のように存在していたのでしょう。
兎に角戦争ということ自体、非難すべきです。
戦争という大義名分によって人殺しが正当化されます。こちらがやっつけなければやられてしまいます。
戦争で非常な人の道に追いやられて、還ってきた元兵隊がくるってしまったり、鬱に悩まされたり普通の精神ではいられなくなるのは、うなづけます。
そんな中、原爆投下でどういう災いが生じるかもわからない部分を残しながら、実験的な投下だなんて断じて許せませんよね。
核が世界で12000発も保有しているんですって。
それを保有していることで、世界が原爆を使わないとの抑止的効果をもたらしているとは…! 情けないことですよね。
私はあまり詳しくは知りませんが、絶対に「戦争」という勢力争い状況には、全世界が陥らないようにと願うばかりです。

名前
URL
削除用パスワード


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のコメント

♣chie_1952さん..
by nagotu3819 at 08:55
♣ 長沼さん、ごきげんよ..
by nagotu3819 at 00:14
♣ rabbitjump..
by nagotu3819 at 00:06
♣chie_1952さん..
by nagotu3819 at 00:00
♣shizuo7fさん、..
by nagotu3819 at 23:43
そよぎさん、おめでとうご..
by 長沼 at 20:37
とってもステキな可愛い笑..
by rabbitjump at 18:14
わぁ~ぉ、お幸せですね。..
by chie_1952 at 17:36
佳かったですね~♪。 ..
by shizuo7f at 17:01
♣ rabbitjump..
by nagotu3819 at 11:25

最新の記事

敬老の日と、誕生日祝いと
at 2017-09-22 07:43
子どもの頃に歌った遊び唄 (2)
at 2017-09-19 06:43
子どもの頃に歌った唄(1)
at 2017-09-17 06:40
空を見る
at 2017-09-15 00:40
くよくよ虫、飛んでけぇ~
at 2017-09-13 06:09
若い人と若いとは言えない人と
at 2017-09-11 06:26
気になる酔芙蓉(スイフヨウ)
at 2017-09-08 05:17
九月の声
at 2017-09-04 05:35
盛夏を歌で惜しみつつ
at 2017-09-03 07:45
回復:ご心配をおかけしました
at 2017-08-31 02:10
虫刺され?じゃなかった、大変だ!
at 2017-08-26 22:22
お約束でしたね
at 2017-08-24 12:06
花の名前(感謝) *認知機能..
at 2017-08-23 05:51
お変わりありませんか
at 2017-08-21 01:01
教えて! 押し花さんお願いします
at 2017-08-20 14:18

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧