桜だより(修善寺寒桜)と月の沙漠(砂漠)

友だちからのニュースで
”河津桜が満開だよ。”
”桜は人の都合など待ってはくれないからね。”
と。

人が揃ったら出かけたいと思って
グズグズしていたら案の定、
河津桜は花よりも葉っぱが
目立ちだしていた。
房総半島は暖かいのだ…。

後に桜が見られなかったので近所にある大きな樹の
修善寺桜()は如何かと散歩がてらに
観て回った。*訂正しました

この日は丁度日曜日で、テニスを楽しむ人が
沢山出ており、桜も三分~五分咲きとなって華やいでいた。

e0228147_03164705.jpg


話しはもとに戻そう。
友だちの車で房総半島の文学散歩にと
気配りがあった。

これは芥川龍之介が一時滞在して
執筆などもされた「ホテル一宮館」。
このホテルの前は海につながる川…、
海とも川とも言えぬほどの上に橋が架かる。
近くは汐の香り漂う。
(芥川がここで…)と、しみじみと思いを馳せた。
そして方向を海水浴場に向けた。

e0228147_03171076.jpg
オリンピックの波乗り競技の会場になるとかの
外房の一宮海岸、海水浴場へ。
板を持った若者や家族連れが波と遊んでいた。
風は冷たく、しかし波乗りには少し穏やか?な日だった。

e0228147_03173174.jpg
河津桜の並木ははるか遠くに
葉桜となっているのが認められた。
やっぱり人の都合など考えてはくれなかったね。

桜は諦めて「月の沙漠」のモニュメントのある
御宿へと向かう。

*砂漠ではなく沙漠だそうだ。
乾いた砂ではなく海岸の湿った砂は
”さんずい”が正しいのだそうだ。
e0228147_03182384.jpg

こうして観ると遠く砂漠地帯のように見える
夢の空間…だ。

「此処はどこ?」と言いたくなる異国情緒を感じるわけで、
どこかアラビアンナイトのようなこの風景だった。

童謡「月の沙漠」は画家で詩人の加藤まさを作詞で
佐々木すぐる作曲によるもの。
加藤は実際には外国に行ったわけでもなく
雑誌編集者から何でもいいからという依頼を受けて
作詞したのだというが、
本当のことは聴かない方がいいという気持ちにもなる。

連れて来て下さって有難うございました。


e0228147_03191064.jpg
e0228147_11025434.jpg

御宿は子どもの頃に来たかったのに大人になるまで
来たことはなかった。
内房からのコースでもっと先端の館山や鯛の浦、
勝浦辺りは訪れていたのに…。






***

そして孫たちと戯れるひと時。

e0228147_11022866.jpg

時系列ではないが、この時はお雛祭りの集いを
楽しませて貰い、女の子の頃の気分を
ちょっぴり思い出して…蛤のお吸い物を
頂いたよ…。

そしてまた、孫たちの家に泊まって行ってと誘われて
楽しみ和んだ日。
上の孫娘が美容院で髪を切って来たのでパチリ!
私はカメラマンと下の孫娘が撮った。

ジジババ・バカと言われようが
いつの間にか大人になったこと、綺麗になったことねと
眺めてしまうこの頃の自分…。
これもプラチナエイジの年頃の現象かと
三者的に観ている私である。





☆pageTop☆




[PR]
by nagotu3819 | 2017-03-13 04:20 | 旅・散歩:食事 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://nagotu3819.exblog.jp/tb/25590898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oshibanayoshimi at 2017-03-13 05:54
おはようございます。
早いですね・・・もうお花見ですか?
修善寺桜、綺麗です!!!
"月の砂漠" 雰囲気のあるところですね・・・

お孫ちゃん、美人さん、さすが、nagotu様のお孫ちゃんです!!!
Commented by nagotu3819 at 2017-03-13 11:44
♣oshibanaさん、ごきげんよう。
お早いご訪問、驚きながらもありがとうございます。
寝ぼけつつのブログ・アップでして、その後朝食をすました後、見直し手直ししました。
ジジババ・バカと言えるのでしょうね。ちょっと恥ずかしいと思いつつも、孫の存在は少し遠目に観ていられる距離感があって好いものですね。
私も年を取りました。
oshibanaさんは、その点いつも若々しいですよぉ~。
羨ましいです。
Commented by weloveai at 2017-03-13 15:42
スキンが外房の一宮海岸に変わりましたね
寒いのにサーファーがいるなんて見てるだけでも体が冷えてくる気がします。
「月の沙漠」はこの海岸からですか砂漠をを歩くラクダの背にいるのは若殿と姫君だったと言う事ですか、
この歌は未だ見ぬ世界の夢見る歌で素晴らしいと言う事になります。(笑)
三代揃ってお美しい姉妹のご家族です。
Commented by nagotu3819 at 2017-03-13 23:26
♣weloveaiさん、ごきげんよう。
この寒空のもとで、大きな気に入りの波が来るとその波にうまく乗って楽しむ競技…。どんな波が来るか分からないで良い波が来るのを待って波に乗ることなんて、魚釣りに似た相手次第ですよね。それを手加減で釣り上げられるか逃げられてしまうか…?みたいなことを感じ取ってしまいます。
寒さも感じないで楽しんでいるようでしたが、気候がちょうど佳ければもっと気持ちよいでしょうね。
加藤まさを画家は”金と銀との鞍置いて……”、夢見てるような風景を言葉で描いていたのね。夢に載せられてしまったわ。
娘と孫と、こちらはとても現実的よ。

Commented by rabbitjump at 2017-03-15 10:33
↓お友達のお家もお部屋もとってもきれいにしていらして
お友達も素晴らしいな~と羨ましく眺めたことです。

房総の春、楽しんでいらしたのですね。
そうですね、桜は待ってくれないですね^^
少しでも咲くと心華やぎ嬉しくなりますね。

砂漠と沙漠、なるほど~初めて理解です(*´▽`*)
御宿も子供たちが幼いころよく出かけました、懐かしいです。
夏の学校寮がありましたが、まだあるでしょうか、。
また行ってみたくなりました。
ジジバババカではありませんよ、
お孫ちゃま、とってもきれいですね。




Commented by nagotu3819 at 2017-03-15 13:30
♣rabbitさん、ごきげんよう。
彼女は本当にかわいい方です。同い年なんですが可愛いと思えます。本当はもっと写真を撮りたかったのですが、さすがの私は遠慮しました。納戸風収納部分の改造もなさって他にも全部見せて下さって、写真をアップすることも許してくださったの。
私みたいに感動してみて下さること、他の友だちには居ないと、Mrs.T.も快く思って下さったこと、有り難いと思います。
そう言えば、私以外は皆さん片付け上手です。だから、凄い、素晴らしい、天才と感激してしまうのです。
いいですよね。一番効果的な片付け上手となるには、人を家に呼ぶことよと、母が言っていたことを思い出します。
そう言えば、私は訪問することが多くて最近は家にお呼びすることがなくなりましたね。片付けは落第です。
桜だよりは華やぎますね。
近所の桜の状況を観て回ったりして散歩の歩数を増やしています。
名前
URL
削除用パスワード


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のコメント

♣rabbitさん、ごき..
by nagotu3819 at 10:37
やはり桜は美しいですね。..
by rabbitjump at 09:40
♣ shizuo7f さ..
by nagotu3819 at 01:53
そよぎさん、綺麗に咲いて..
by shizuo7f at 16:53
♣rabbitさん、ごき..
by nagotu3819 at 13:30
↓お友達のお家もお部屋も..
by rabbitjump at 10:33
♣weloveaiさん、..
by nagotu3819 at 23:26
スキンが外房の一宮海岸に..
by weloveai at 15:42
♣oshibanaさん、..
by nagotu3819 at 11:44
おはようございます。 ..
by oshibanayoshimi at 05:54

最新の記事

桜とランチ・デート
at 2017-03-15 23:32
桜だより(修善寺寒桜)と月の..
at 2017-03-13 04:20
しばらく! Mrs.Tiny..
at 2017-03-10 23:22
スマホで遊ぶ
at 2017-03-08 01:55
私は怠け者なんですゥ~(2月..
at 2017-03-06 11:06
プラチナエイジの幕開け
at 2017-02-04 23:40
食事摂取の羅列記録(横1列・..
at 2017-01-31 22:10
乾燥し過ぎ?!
at 2017-01-29 13:25
誕生日メッセージ
at 2017-01-27 23:57
古いものは捨てなければ…
at 2017-01-25 22:42
明けて徐々に(私の啓蟄かしら)
at 2017-01-22 04:40
今日の月(小寒)
at 2017-01-06 00:41
2017年あけました  【年..
at 2017-01-03 16:54
あけましておめでとうございます
at 2017-01-01 17:47
終わり好ければ…ですよね
at 2016-12-31 23:59

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
詩集から
from 優しい時間 2匹のヨ-キ-..
nagotuさん 詩集より
from 優しい時間 2匹のヨ-キ-..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧