青森へ文学散歩に① 五能線と太宰

ずっと以前からの計画の東北・青森旅行です。
飛び入りの叙勲のことがあったけれど、
運よく計画通りにできました。
楽しみにしていた幼友達に対して申しわけないと
謝らなくても良かったとホッとしました。
実はこの度は私がここに行きたいと
言い出しっぺでした。

e0228147_23154165.jpg
いつものメンバーです。
気の置けない家族のような心地さえする
私たちです。

東京から東北新幹線、そして秋田駅から五能線に乗って
窓の風景を楽しみました。
e0228147_19532400.jpg
ウェスパ椿山という日本の駅ではないような
駅名の駅に降り立ち黄金崎の温泉を楽しみました。

こちらはメンバーの提案によってです。
とてもいい温泉でした。
温泉自体、私は好きだという気持ちを持ち合わせていませんが、
それでも、生まれて初めて
この温泉が心から気に入りました。

そういえば、やはり同じメンバーで5,6年前だったかも知れませんが
秋田の「乳頭温泉」の露天風呂も良かったです。
たぶん季節が秋だったことも良かったのでしょう。
サア~ッと風が山の斜面をなでるように吹くと、
楡の枯れ葉がまるで大きな雪のような静かな降り方で
お湯一面を覆ったのでした。
白い湯面に枯れ葉が、そして私たちの体にも降り注ぐ…、
自然の中に身を委ねた感じが何とも言えず感激でした。

e0228147_23285438.jpg
ここの温泉は鉄分がたっぷりでお湯の色も鉄さび色です。
女性はインフォメーションで
緑色のバスタオルを借りそれで
身を包み混浴露天風呂を楽しむことができます。

海を見ながらの露天風呂(ひょうたん型)と、
ちょっと小さい女性だけのお風呂の二つが設置。
この写真は女性だけのお風呂です。

我ら同級生で、高齢者です。
立派なおばあさんと世間では言われています。
まあいいじゃないと、最初は誰もいなかった混浴露天風呂に
女性集団で入りました。

e0228147_03424661.png
(↑これはネットから借りました)


夕日の色に染まる黄金崎の不老ふ死温泉では
大きな混浴露天風呂の方を利用しました。

しっかりと不老ふ死温泉につかり、
海風に当たりつつですから温泉で、のぼせることもなく
お肌がつるつるすべすべを実感しながら
ゆっくりと入っていましたら、
男性が後から入ろうとしてギョッとしたのでしょうか。
仲間の一人が、立ち止まるような振る舞いの方に
「どうぞ、どうぞ」と勧めます。

海を臨むこの入浴施設は
女性風呂とこの混浴風呂しかないため、
男性は入浴を楽しむには、この混浴しかないのですもの!
やっぱり女性だけが先取りされていると
どんな男性でも立ち止まるのは当たり前でしょう。

e0228147_19542343.jpg
帰路はウェスパ椿山駅までホテルの送迎バスに乗ります。
JR五能線の旅はまだ続き五所川原駅まで参ります。
e0228147_19544562.jpg
なぜウェスパなどの言葉が、椿山駅の前についているのか…、
「ウェ」はウェスト(西)と「スパ」スプリング(温泉)の
意味を表したくて合成語を付け足したのですって。

e0228147_19545851.jpg
リゾートしらかみは、絶景ポイントで速度を落として
運転してくれます。
(岩舘駅~大間越駅付近、深浦駅~広戸駅、千畳駅付近)

e0228147_19551498.jpg
鯵ヶ沢駅から五所川原駅間で津軽三味線の生演奏の
イベントサービスがありました。

また別の駅で津軽弁語り部のイベントもありましたが
私たちは1号車、語り部は土日で最後部車両で、
五所川原から弘前に向かうときにアナウンスされていました。
e0228147_19553740.jpg
1号車のリザーブをしていましたので
真ん前で津軽三味線の生演奏も堪能できました。
五所川原から津軽鉄道に乗り換えです。
お手洗いに行きたいと乗換駅で申し出ましたら
その方たちを待っていて発車です。
乗車する人も少なくそのくらいの融通は利きます。
金木駅までコンパニオンの方も乗り合わせてくれました。
e0228147_19560791.jpg
↑五所川原から津軽鉄道に乗り換え        
岩木山の頂上の模様が時と場所に寄り明らかに違います。
金木駅に降り立った時の岩木山は左右対称で
富士山のようで、津軽富士と言われています。
太宰治は富士山よりも岩木山は女性的だと
小説に書いています。なるほどと頷けました。

さて金木に降り立ち、ところどころの矢印マークを進みますと
太宰治の記念館「斜陽館」に間違いなく到着します。

e0228147_19562044.jpg
玄関の衝立からお庭、多くの使用人を使っていたらしく
広々とした台所や部屋、立派できらめく仏壇やら
廊下の鴬張り、襖絵など贅を尽くして当時の面影を
見せつけておりました。

e0228147_22561382.jpg
「思い出」など太宰の日記風の作品につながる箇所に
この部屋なのかとか、この農村地区に似合わぬ
ハイカラなシャンデリアや階段の手すりの凝りようは
11人兄弟の下から二番目であった太宰は
なぜこのような生き方になるのかの疑問など直に見て
知ってしまうとその境遇に甘んじて居られない
ような心境になるのだろうと理解できます。
秀才で、天才と名高く成績優秀な人であればあるほどに…。

e0228147_22562653.jpg
e0228147_22565022.jpg
みんなでお揃いの写真を撮ろうとちょうど一回りして
靴をはいておられる少年?にカメラのシャッターを押してと
お願いしました。
とても純粋なそして幼いような感じの男性でしたので、
高校生なのかと判断できましたが、
もし間違うといけないとちょっと上の年齢で尋ねました。

「大学生ですか?」
「文学部?」
などとそんな感じで質問をいたしましたら
彼ははにかみながら頷いたのでした。
年齢を低く見なかったことでホッとしました。
何か背丈もそれほど大きくはなくて、本当に高校生か
または大きめの中学生の様子に見受けられました。
そんな些細な事ではありますが、東北の風を感じました。












☆pageTop☆

[PR]
by nagotu3819 | 2016-06-08 11:11 | 旅・散歩:食事 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://nagotu3819.exblog.jp/tb/24424015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oshibanayoshimi at 2016-06-09 05:54
おはようございます。
ブログスキンのお写真が素敵です!!!
お見受けした事のあるお顔、仲良しグループの旅行ですね!
楽しそうで、文学的で、いいですね!!!
Commented by yukiusagi_syakuna at 2016-06-09 09:25
おはようございます。
五能線、私の大好きな鉄道です。
憧れでもあります。
青池は行かなかったのですか?
白神山地も緑が目に優しかったです。
不老ふ死温泉は、いつか行ってみたい所、
夕日が凄く綺麗だそうですね。
良い旅をして来ましたね!
Commented by nagotu3819 at 2016-06-09 22:46
♣押し花さん、ごきげんよう。
このところブログアップをサボりまして、あそんでばかり。
何か物足りないのです。やっと原因はある出来事の記録や旅のまとめ、どんな感想を述べたりせず、ただ喜んでいるだけの時を送っていたからだったような気もします。
お越し頂きコミニュケーションを図れることで続けられているのね。コメントをありがとうございました。

Commented by nagotu3819 at 2016-06-09 23:10
♣雪うさぎさん、ごきげんよう。
雪うさぎさんの思い出がたくさんあるのでしょうね。
いま、また旅の途中なんです。京都にいますが大変眠いです。うとうとしながらメールしています。またでなおします。ごめんなさい。的はずれのコメントをおくります
Commented by nagotu3819 at 2016-06-10 05:50
♣雪うさぎさん、ごきげんよう。
おはようございます。仕切り直します。しかし今日は修学院離宮に行きます。
やはり行きます。じゃあね!行って来ますね。
Commented by yukiusagi_syakuna at 2016-06-10 09:22
おはようございます。
旅が続いているのですね!
健康な体があってこそです。
楽しんで下さいね!
名前
URL
削除用パスワード


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

♣oshibanayos..
by nagotu3819 at 22:11
こんばんは。 現代川柳..
by oshibanayoshimi at 20:54
♣rabbitさん、ごき..
by nagotu3819 at 00:15
あっ!知っています、この..
by rabbitjump at 20:01
♣shizuo7fさん、..
by nagotu3819 at 19:29
もう一度読まれたんですね..
by shizuo7f at 12:22
♣oshibanayos..
by nagotu3819 at 10:01
♣ mary_snowf..
by nagotu3819 at 09:54
おはようございます。 ..
by oshibanayoshimi at 06:22
そよぎさん、おはようござ..
by mary_snowflake at 05:46

最新の記事

「わたげ」を拾い読み ④ 蛇..
at 2017-08-16 17:40
お盆のころ
at 2017-08-14 05:12
僅か6年前なのに…
at 2017-08-13 01:56
「わたげ」を拾い読み ③19..
at 2017-08-12 04:20
みんなの夏休み 始まりです
at 2017-08-11 00:33
主治医花井先生の本 平和と核廃絶
at 2017-08-10 01:51
思うこと(散歩とミニスカート)
at 2017-08-09 01:30
「わたげ」を拾い読み ②19..
at 2017-08-08 05:30
誘われて I.川市民納涼花火..
at 2017-08-07 19:56
「わたげ」を拾い読み ①19..
at 2017-08-06 06:23
Nkym‐summitと新参..
at 2017-08-05 05:50
いつも青春の心で
at 2017-07-27 05:18
寿命を生ききる!
at 2017-07-25 05:17
真夏の夢でも…
at 2017-07-22 07:20
偶然が偶然を呼んで
at 2017-07-19 05:16

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧