伊豆半島をハイライト周遊2日間(2)

天候や波の荒さが気になっていた堂ヶ島遊覧では、無事に出航できたから、まあ恵まれていたのだと思っている。
バスガイドがしきりに心配することは、富士が見えていないことだ。
バスガイドの発する言葉は、ことあるたびに、「空が明るくなってきた…」、とか、「富士の頭が見えている」とか、かなり頑張って下さっているのはツアー客として、なんとも有難い気がした。
堂ヶ島の天窓洞遊覧(1)は、乗船時に雨がポツポツ降ってはいたけれど、穏やかな海で大変よかったし、昼食はオプションであったが、たっぷりとした量と旨さであったので、出発前に注文しておいて良かったと感じた。(2)

奥石廊崎を背景に(↓)      堂ヶ崎・天窓洞遊覧(↓)
e0228147_14093019.jpg
ツアー客全員の記念写真は、遊覧船に乗船する前に撮ったが、下りてから出来上がった写真の注文を取られた。我々一行は一枚だけ購入して後にみんなの分を調達するつもりだ。最近のお客方は、グループならば大抵一枚の写真だけを求めるようだ。

そして次のコースは、修善寺へ。
色々な物語に登場している伊豆を代表しているお寺なのだ。お寺までの道すがら、「漱石の道」と名付けられる小道をぶらりと散策。

e0228147_14093709.jpg
いかにも文学作品に取り上げられるような風情を醸していた。そして割にこの度は、自由散策としていることが多いのだと思った。
それぞれの体力や興味の程に合わせて自由にさせてもらえるところが良いなと思った。
韮山反射炉までの道のりでは、大分雲が晴れてきていた。
バスの中で、富士山が綺麗に見えてくると、私の座席の後ろ側の方が、不満そうに「もう、富士山、富士山と騒がなくなったね…」と、つぶやいておられた。
ちょうどバスガイドさんは、乗客の皆さんに熱いお茶をふるまわれるために、忙しかったとも言えるのだが…。

e0228147_14095318.jpg
富士を撮ろうとすると、いつも電線が気になる。
そのうちに、川越みたいに電線の地下埋没工事で空の風景がすっきりすると好いのにと、思ったのであった。

世界遺産になった韮山反射炉の跡。
写真では見ていたが、もっと大きな背高のものとのイメージがあったのに、傍で見ると意外に小さいものなのだと感じた。また、このクロスされた鉄骨は、平成になってから設えたもので、崩れないようにとの配慮からのものであったのだ。初めからこのようにしたのではなかったと、ここに来て判ったのである。
e0228147_14100327.jpg
(韮山反射炉のしおりより。)
1840年のアヘン戦争を契機に、日本では軍事力強化を目指すことになった。蘭学に通じた官僚たちによって、西洋砲術の導入、製鉄大砲の生産、西洋式築城術を用いた台場の設置、海軍の創設、西洋式の訓練を施した農兵制度の導入など、一連の海防政策を幕府に進言した。このうち、鉄製砲を鋳造するために必要とされたのが、この反射炉であった。
反射炉は石炭などを燃料として発生させた炎と熱を炉内の天井で反射し、集中させることにより、千数百度の高温を実現し、鉄を溶かすことが可能になる。この炎と熱を反射する仕組みから「反射炉」と呼ばれたのである。







[PR]
by nagotu3819 | 2015-10-20 23:50 | 旅:食事:散歩 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://nagotu3819.exblog.jp/tb/23792303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by time2022 at 2015-10-21 17:27
秋の伊豆…好いですね~♥♬
雨も風情と考えれば旅情気分も満々だと思います
私も天城隧道など歩いた記憶が蘇ります
紅葉狩りには少し早いでしょうか…。◠‿◠。✿
Commented by nagotu3819 at 2015-10-21 18:55
♣タイムさん、ごきげんよう。
天城隧道を歩いたの?
日頃の独り言をお聞かせいただいていたイメージとはちょっと違って…、お元気なご様子で嬉しいです。
「伊豆の踊子」の気持ちも味わおうという気分で歩かれたのでしょうか。
そういう体験も、とっても大事な思い出ですよね。
バスガイドは伊豆は綺麗な紅葉は見られない気がすると言っていましたが、本当でしょうか。
急に寒くなったりの、温度差が葉を赤くしたりするようですね。
温暖な地で気温の温度差を期待できないのでしょうか。
Commented by koneko3y at 2015-10-21 21:18
桜の頃も良いと思いますが、秋の伊豆旅行は良かったでしょうね。
韮山反射炉の鉄骨はあとからつけたものだったのですね。
この写真しか見たことがなかったので知りませんでした。
観光地で期待していたら、思いのほか小さかったり、パッとしなかったり
ということがあるようです。
今はグループ写真を一枚買い求めればスキャナーしたりして
複写できますので、私たちもそうします。
Commented by nagotu3819 at 2015-10-21 22:28
♣コネコさん、ごきげんよう。
河津桜がこの地で発見、育てられたんですね。かの川沿いの桜の樹が見事に並んでいましたから、さぞかし凄いだろうと思いました。桜の時期はあっという間に散ると思いきや、ここでは結構長く楽しめるんですってね。
季節的には春がよろしいと思いましたが、滝に関しては秋でしょうか。
観光写真と実風景は、かけ離れていたりしますよね。
実際に見ないと感動も湧かない気がします。
だから時間は無いけれど、なんとか工面しながら赴くのですねぇ。足が自由なうちはなるべくね…。
Commented by yukiusagi_syakuna at 2015-10-23 19:06
堂ヶ崎・天窓洞遊覧、
日本の青の洞窟と呼ばれる所ですね。
綺麗なブル-ですが、
晴天だったら、もっと濃い色のブル-になるのでしょうか。
本場の青の洞窟、見損なったのでいつか見たいなと思っています。
世界遺産になった韮山反射炉の跡、
最近脚光を浴び、よく耳にします。
見せて頂き、有難うございます。
Commented by nagotu3819 at 2015-10-23 21:17
♣雪うさぎさん、ごきげんよう。
私、また行ってしまいました。
けれど、イタリアの青の洞窟は、海が荒れていて行かれませんでしたので、心残りなんですね。…潜在的意識の中でネ。
岩手にもあるんですってね。
そちらなら、イタリアよりは近いから、行ってみたいなぁ。
夢ですけれど…。
名前
URL
削除用パスワード


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

♣長沼さん、ごきげんよう..
by nagotu3819 at 12:11
そよぎさん、こんばんは。..
by 長沼 at 00:11
♣ mary_snowf..
by nagotu3819 at 08:30
♣ oshibanayo..
by nagotu3819 at 08:17
そよぎさま、ご家族皆さま..
by mary_snowflake at 22:55
こんばんは。 お年寄り..
by oshibanayoshimi at 22:40
♣yasukonさん、ご..
by nagotu3819 at 21:19
ご友人と雰囲気が似ていら..
by yasukon20 at 18:19
♣shizuoさん、ごき..
by nagotu3819 at 20:18
そよぎさん、“奥能登の旅..
by shizuo7f at 17:18

最新の記事

独り言して学ぶ①
at 2017-05-26 01:30
とげぬき地蔵・旧友‐先輩・母..
at 2017-05-20 21:55
奥能登の旅③
at 2017-05-15 01:23
奥能登の旅②
at 2017-05-12 23:54
奥能登の旅①
at 2017-05-12 03:55
太陽と風 筍バーベキューパーティ
at 2017-05-09 07:15
水彩画展に行く
at 2017-04-30 21:26
溥傑氏の仮寓(ラストエンペラ..
at 2017-04-25 01:45
桜を観る会【4月15日のこと..
at 2017-04-19 19:02
ようやく4月の記事アップ (..
at 2017-04-19 01:47
まだ、3月です(2)…放送大..
at 2017-04-02 15:22
まだ、3月です(1)…お彼岸..
at 2017-04-01 11:02
桜とランチ・デート
at 2017-03-15 23:32
桜だより(修善寺寒桜)と月の..
at 2017-03-13 04:20
しばらく! Mrs.Tiny..
at 2017-03-10 23:22

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
詩集から
from 優しい時間 2匹のヨ-キ-..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧