大切な一冊だけの本たちと、私の小さな本と…

Akasaki Toyokoさんの自費出版
自分で製本した本
素晴らしい。
たまたまお借りした本は2冊。
イギリス旅行の紀行の内容。
2011.6.11発行の「イギリス旅紀行」 81Page.
e0228147_00525374.jpg
そしてもう一冊は
「イギリス・コッツウォルズを行く
ーぼっけもんの旅紀行ー」 110page
e0228147_00521859.jpg
詳しくご紹介したいのだが…、
今日はお出かけで時間が無い。
ざっと見ておくだけにしてしまうが
とても丁寧に感想を交えての
興味深い紀行文だ。

e0228147_00533465.jpg
二回のイギリス旅行記。
初回は娘さんと妹さん3人の冒険旅行。
いきなり、イギリスのコッツウォルズへ
ドライブ旅行
右往左往してドキドキして
旅をする。
そして二回目は趣味のお仲間と
イギリスへの旅。
これはパック旅行での感想。
最初に行った旅先での思いも織り交ぜて
懐かしの旅行アルバム記。
e0228147_00550723.jpg

「私のドナウ」は125page
これは、私のたった一冊の自費出版のもの
e0228147_00554712.jpg
川柳作品集(抒情川柳)だが、27年前に発行した本。
検索すると載ってはいるが…。
e0228147_00561302.jpg
所属の文芸集団にいた時(今はもう辞めている)のもの。
みどり選書第5集。
川柳作品に挿絵も私だが、かなりどうでも良いというのが見え見え…。

今見ると何気なく作った程度の軽い感じであるが
私にとっては…、やはり愛しい過去の道標。
e0228147_00564337.jpg
章題ごとにカットを入れて
目先を変えてみている。

e0228147_00571280.jpg
章題
■序
静かな生活の中の詩
いじわる同志
■作品
小さな石
午後の話
パセリ林
幻の色彩
人魚の声
雛のゆめ
うろこ雲
水の旅路

e0228147_00575397.jpg
またいつか5・7・5など
短詩文芸に挑んで遊んでみたいと思っている。

ちょっと端折って、ブログアップ。
ごめんなさい。






[PR]
by nagotu3819 | 2015-05-19 08:11 | 趣味・作品展・朦朧 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://nagotu3819.exblog.jp/tb/23133087
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by banban0501 at 2015-05-19 13:31
自費出版もされているほどの文学好きなのですね

書くことはきらいじゃないですが
短歌とか俳句となると もうお手上げです

自分で作品をつくるってのは なかなかですが
ブログがちょうどいい記録になっています

ブログさまさまです
Commented by yasukon20 at 2015-05-19 13:52
こんにちは!
イギリスの旅 興味が湧きます。
すこし拝見しただけでも素敵な本だと分かりますね。
読んでみたいです。
そよぎさんも自費出版されているのですね。凄いですね。
自費出版の本は宝物ですね。素敵です。
Commented by PochiPochi-2-s at 2015-05-19 20:06
昨夜はすごい雨でしたが、今朝10時過ぎには止みました。
そちらは如何でしたが?

自分の旅行を自費出版とはすごいですねぇ。
写真と文章ですか?
そよぎさんの自費出版もすごい!
「私のドナウ」というタイトルは何か意味があるのですか?

私も中学時代の先生に勧められて、スケッチ付きの葉書旅行記を
書きました。先生宛に。ハガキの裏に訪れた場所や感激したことなどのスケッチと文章。書き上げると、先生に出すというやり方でした。1度目は、宮本輝の「ドナウの旅人」、春江一也「プラハの春」「ベルリンの秋」に触発され、おもに 東ベルリンからオーストリア、チェコ、ハンガリーへの旅行記、2度目はカーディフを起点に、バース、トーキー、湖水地方、ハワースへの個人旅行記。どちらも葉書20〜30枚近くになりました。
先生はもう85歳をすぎており、喜んでくださいましたよ。

そよぎさんの川柳も読ませてもらいたいなぁ。

Commented by yukiusagi_syakuna at 2015-05-20 15:47
そよぎさんこんにちは。
素晴らしい川柳の本ですね!
イラストもそよぎさん、以前にグログで拝見しました。
こうして本に残しておくと、
思い出になりとても良いですね。
エキサイトブログも、今までの記録が、
本に出来ると聞いています、
川柳・本は無理ですので、この記録位はと思っています。
本を捲るそよぎさんの指先が垣間見え、
なんと若々しい指先だなと、見とれました。
Commented by nagotu3819 at 2015-05-21 18:26
♣バンバンさん、ごきげんよう。
文学系の仲間に所属して世話人をしていました。文学散歩という身体も動かすのではなく、まさしく、自分が舞台に立っているようなものでして、自らの作品を生み出す側の一員でした。
全く本を出すつもりもなく、会を纏めている責任者に薦められるままその言葉にのっただけの事でした。
でも繰り返し本を読んでみると、これはこれで一つの思い出につながる大事さを感じるようになりました。
時々本を取り出しては、初心につながるものとして読み返してみます。
Commented by nagotu3819 at 2015-05-21 18:36
♣ヤスコンさん、ごきげんよう。
A.さんは、自費出版でも本当の意味での、出版です。たった一つだけの彼女の手作りの本です。
印刷所に依頼してできたものではなく、自分だけのものですので、貸し出しはしていないけれど、もしお望みなら非公開で住所を教えてください。彼女にお尋ねしてみます。喜んでお貸しくださるような気がします。
「ぼっけもんの・・・」の方が彼女のお勧めです。ハラハラ・ドキドキ感が伝わります。パック旅行ではなく彼女たちだけの行きたいところへ行ったのですから。
旅好きのヤスコンさんはきっと、あなたなりの旅に挑戦する気になられると思いますよ。
Commented by nagotu3819 at 2015-05-21 18:53
♣ポチポチさん、ごきげんよう。
PCを開けていなくて、ご無沙汰です。お返事が遅くなりました。
A.さんは、体験談を写真のアルバムだけでは物足りなくて、その旅を語り映像の写真を張り付けて一冊にまとめられました。今はPCがあるから、多くの作家の夢を果たしてくれているんですよね。出版社は売れるか売れないかで、会社が出版の責任を持ってくれるか、自費出版にするかを判断されるのですよね。
俵万智さんの『サラダ記念日』も最初は自費出版でした。彼女の伯母さんに当たる方と知り合いで、その本を頂いてしまいましたが、そのあとで出版社が出してくださったのよ。
『私のドナウ』のドナウはどんな意味をもつのかというと、会を主宰している方が提案してくださったの。人生は川の流れに等しく…(あの歌が出るよりずっと前の事です。)、そして欧州旅行をしたいと思っていたけれど、その旅費が出版の方に方向転換などと喋ったので、そんなタイトルを提案されたの。
これは種明かしをしない方が夢がありますね。その源はつまらないことなんです。川柳の仲間もそれは知らないことですよ。
ポチポチさんのはがきスケッチを交えた旅行記、本になさるといいのではないですか…。私もあなたの本に、興味津々です。ぜひ作ってください。
Commented by nagotu3819 at 2015-05-21 19:14
♣雪うさぎさん、ごきげんよう。
この自費出版の「私のドナウ」のこと、以前ブログに登場させた気もしていたんですが、貴女の記憶に残っているのですか…。
お恥ずかしいことですが、またネタ切れや、関連した記事の時に再々出るかも知れません…。だんだん物忘れやらから、いい加減さがひどくなる傾向ですね、申し訳ありません。
汚い老いたような指が映らないようにと頑張ったんですが、指先だけであったのが誤魔化せたのですね。
手は自分で即みえますから、最近とても年をとってしまったと手を眺めると思います。年は取ることに決まっているんですが、顔は即見えないので、お澄まししています。
看板の顔は、お会いしたら直ぐに判ってしまえるのですし、年輪を積んでさらに見られる好い顔になっていたいと、思ってはいるんですが…(???)、望みどおりにな~~れ。



Commented at 2015-05-24 06:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nagotu3819 at 2015-05-24 08:16
♣鍵コメさん、ごきげんよう。
相手の方にご意向を伝えてみます。
しばらくお待ちくださいね。
名前
URL
削除用パスワード


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

♣oshibanayos..
by nagotu3819 at 22:11
こんばんは。 現代川柳..
by oshibanayoshimi at 20:54
♣rabbitさん、ごき..
by nagotu3819 at 00:15
あっ!知っています、この..
by rabbitjump at 20:01
♣shizuo7fさん、..
by nagotu3819 at 19:29
もう一度読まれたんですね..
by shizuo7f at 12:22
♣oshibanayos..
by nagotu3819 at 10:01
♣ mary_snowf..
by nagotu3819 at 09:54
おはようございます。 ..
by oshibanayoshimi at 06:22
そよぎさん、おはようござ..
by mary_snowflake at 05:46

最新の記事

「わたげ」を拾い読み ④ 蛇..
at 2017-08-16 17:40
お盆のころ
at 2017-08-14 05:12
僅か6年前なのに…
at 2017-08-13 01:56
「わたげ」を拾い読み ③19..
at 2017-08-12 04:20
みんなの夏休み 始まりです
at 2017-08-11 00:33
主治医花井先生の本 平和と核廃絶
at 2017-08-10 01:51
思うこと(散歩とミニスカート)
at 2017-08-09 01:30
「わたげ」を拾い読み ②19..
at 2017-08-08 05:30
誘われて I.川市民納涼花火..
at 2017-08-07 19:56
「わたげ」を拾い読み ①19..
at 2017-08-06 06:23
Nkym‐summitと新参..
at 2017-08-05 05:50
いつも青春の心で
at 2017-07-27 05:18
寿命を生ききる!
at 2017-07-25 05:17
真夏の夢でも…
at 2017-07-22 07:20
偶然が偶然を呼んで
at 2017-07-19 05:16

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧