背守りって?

背守りって知っていましたか。
その言葉を私は知りませんでした。
見れば、あ~、これね…じゃ、よく見ていたわ…ってなるんですけれど。
子どもの魔よけとして着物の背中に縫取られた「背守り(せまもり)」。
e0228147_3481721.jpg

母親が幼い子供の背縫いのあたりに、刺しゅうや飾りのような糸印を付けて妹たちに着せていたのを覚えています。
これを背守り…というのですって。

e0228147_3481735.jpg
昭和の中ころまで子どもは着物を着せられて育ちました。
なんと私自身「一つ身」(赤ちゃんの着物)綿入れを練習に作ったことが遠いあのころ確かあったと思い出しました。
そのころよりもっと以前も、母を真似して編み物やお人形の着物も作って遊んだりもしたんです。

TV「アンと花子」のなかで、赤ちゃんが着物を着せられている様子が目にとまります。
今の赤ちゃんの洋服は、着ぐるみのようにすっぽりと体を覆うようなもので大変扱いやすくなっています。
赤ちゃんの和服は抱き上げたりまた寝ているだけでも、よく赤ちゃんも動きますから、すぐに着物の合わせ具合や裾から足がむき出しになったりします。
肌蹴やすいです。
扱いにくいです。
赤ちゃんが着物を着ると特にだらしなくなります。
e0228147_3485368.jpg
このような簡単な、↓一筆書きのような印が縫い付けてありましたよね。
e0228147_10485374.jpg

わが子の無事に成長することを願って祈りを込めて背守りを手がけていたのですね。
その造形の様々が今回行ったところに展示されていました。
かつての衣文化の豊かさや母の子に対する愛の表現の豊かさ、丁寧さを知りました。
e0228147_3484948.jpg
百人から端切れをもらい集めて着物に綴った「百徳着物」もありました。
背に縫い目のない子どもの着物は背後から魔が忍び込むとされ、昭和の初めころまで魔よけとして付けられていたと知りました。
シンプルな縫い取り、刺繍、アップリケのような押絵などそれらの造形は実に多彩でした。
子を思う母親の愛情表現…。
子供の死亡率も高く、貧しさのなかで本当に丈夫な子だけが育つような環境では、なにかにすがり、とにかく健やかな成長を祈るばかりだったのですね。

花子の子供も不幸にして、幼児期になくしてしまうのです。
気の毒な話ですが、そういうことも珍しい話ではなかったので、祈りを込めて背守りにかけたのでしょう。
お母さんの熱さを強く感じながら、ざっと見てきました。
[PR]
by nagotu3819 | 2014-07-25 05:00 | 今日の手帳 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://nagotu3819.exblog.jp/tb/22230621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by time2022 at 2014-07-25 08:05
お早うございます~♥♬
子供の魔よけの話…知らない事ばかり
昔は子供の生存率ってきっと低かったんでしょうね
子供を魔力から守るための工夫が何とも言えません
親の元気に育てと祈る心が胸にきますね
魔よけの刺繍がまた素晴らしい…芸術ですね
崇高な感じがします…昔のお母さんは素晴らしい…ღ❤ღ´ェ`✯*
Commented by banban0501 at 2014-07-25 10:20
背守り のこと初めてしりました

私自身はお正月にしか着物をきた
記憶がないのですが 昔は こういう
子供でも晴れ着としての着物の
存在がありましたね

背守りはあったのかなかったのか?
たぶん 母は知らなかったかもです
Commented by nagotu3819 at 2014-07-25 11:03
♣ みやびさん、ごきげんよう。
お早いお越しでありがとうございます。
母親の祈りを込めた手で作られていく形あるもの…たとえそのお母さんが亡くなってしまっても、こうして後世の者に示してくれているもの…、何とも言えない感動でした。
形あるものは無くなるのは世の常…人の命は無くなっても心(想い)は残る~ということでしょうか。
生きた証というものでしょうか。

Commented by oshibanayoshimi at 2014-07-25 11:04
背守りの事は
http://ohikidashi.exblog.jp/20266814/
うらら様のブログで知りました。
親の気持ちの現れで、長く残って欲しい、お洒落な風習のように感じました。
Commented by nagotu3819 at 2014-07-25 11:10
♣ バンバンさん、ごきげんよう。
私もそのように言っているとは知りませんでした。そんな想いがあるとは知らず、単なる飾りくらいにしか思っていませんでした。
それならば、和服の紋付は何か深い意味があるのでしょうか。
単なる標紋、印くらいの意味合いしか思っていませんでしたけれど…。

ただバンバンさんが、気づかなかっただけですよ。きっと、ありましたよ。
七五三の五歳のお着物には背守りがついていたと思います。7歳は本裁ちですから、背縫いがあります。
7歳の祝い着は覚えていても、背中までは気をつけませんものネ。
Commented by nagotu3819 at 2014-07-25 11:18
♣ 押し花さん、ごきげんよう。
あら、凄いです。うららさまのブログさっそく拝見しました。詳しく載っているんですね。
そういえば、紐の取り付けにも飾りのような糸で模様がありましたっけ。
伝統美ですね。
嬉しいです。知らないものを知るということ。
教えてくださってありがとうございました。
フランス刺しゅうの背守りもありましたが、これは、日本の刺繍のうちの一つですね。
日本の刺繍というと、サテンステッチを豪華に刺していくものをイメージしますが、紅白の糸で飾りのように縫い付けていく…簡単なものも刺繍ですよね。
Commented by minmona at 2014-07-25 12:29
背守り はじめて知りました
明治の日本の母の想いがこめられてますね
9ツまでは親の責任なんて言われてました
子どもを魔よけで守る
代々このようなかたちで
受け継いでほしいものですね

着ていた着物で刺繍や押し布絵
その頃の流行の着物がわかりますね

粗末にする親の報道を見るたびに
親になったら子に伝えるものがたくさんあるということを私たち伝えていかねば

確かに文化は失われていってますね


Commented by ~☆そよぎ☆~ at 2014-07-25 15:03 x
♣ ミンモナさん、ごきげんよう。
ミンモナさんの、ミンとモナちゃんは、人間の子どもと違って、言葉を語りませんし、その子たちの生命の面ではさぞかし心配でしょうね。
ペットショップで見ていると、ウインドウの中で動き回っているワンちゃんネコちゃんは、ほとんど丈夫でしょうけれど、もしも万が一ということだって無いとはいえません…よね。
取り越し苦労かもしれないけれど…。
可愛いだけに心配も伴うことよね。
ましてやわが子となれば如何ばかりかと想いやるのです。でも大事にし過ぎて、やわな子どもであっても困りもの…。あ~あ、人間の命や尊さを思わずにはいられない…のです。
こんな形にでも表さなければ落ち着いていられないこと、わかるわ~~。
Commented by koneko3y at 2014-07-25 21:53
つい最近新聞に載っていたので知りました。
実物を見たことが有ったかどうか記憶にありません。
子供の無事な成長を願って願いを込めて
工夫されたものだったのですね。
Commented by nagotu3819 at 2014-07-25 23:15
♣ こねこさん、ごきげんよう。
新聞に載っていたらしいですね。
私は人から聞いて、見る機会を得たのです。
妹か弟さんが居れば、ご自分は大きいお姉ちゃんなので、それを覚えていたり記憶にも残るんですよね。
私は一番上の子だったので、下の子が着ているものをキチンと見ましたので、覚えているのかも知れません。
あの背中の縫いとりがないような、子どもの着物は見たことがありませんでしたから、みんな何かしらの背守りは付いていたと思います。
着物って、決まりごとが多いですから、無いと親御さんも忘れ物をしたみたいに思われるはず…というような気がします。
Commented by weloveai at 2014-07-27 06:53
うららさんの所でお見かけしたのはこの掲載からでしたか素敵なものをご覧になったのですね。
うららさんとの共通点はお二人ともフットワークが軽いです。
図案化された刺繍、アップリケ見事です。
花子とアンを見てても、銘仙のは着物の柄の大胆な事を思いませんか?こちらの矢絣もすごく素敵
和服にはモダンな絵柄沢山あって大胆さは西洋に負けませんね。
Commented by nagotu3819 at 2014-07-27 16:19
♣ ゆすらうめさん、ごきげんよう。
いろいろの大変なことがあって…、お察し申し上げます。その後、落ち着かれましたでしょうか。
どうぞ<m(__)m>。。。。

私は知らずに入り、この背守りという名前と意味を知りました。子どもの紐と背中にある印(縫いとり)は知っていましたが…。
最近は蓮子も訪問着とかお召のような着物から銘仙となりましたね。絹もので丈夫に織られているのでしょ。着物も普通に着こなせると良いですよね。
しかし、夏は何と言っても洋服文化にありがたみを感じます。浴衣も暑いと思いますもの。
どうぞ無理をなさらないで…。
名前
URL
削除用パスワード


その時々の想いを趣味や日々の献立などを載せながら楽しくアップします。ブログ内の記事等の転用は管理人にご一報ください。


by そよぎ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

習慣になっているので、夕..
by koneko3y at 21:22
以前のご報告でもうれしい..
by rabbitjump at 18:45
そよぎさんおはようござい..
by yukiusagi_syakuna at 09:42
「11月…時はあまりにも..
by shizuo7f at 15:32
もう11月ですよ。早いで..
by 長沼 at 23:25
本当に地球をいじめてはい..
by rabbitjump at 07:02
「11月…時はあまりにも..
by shizuo7f at 15:13
♣長沼さん、ごきげんよう..
by nagotu3819 at 00:00
こんばんは~^^ お孫..
by 長沼 at 20:58
♣押し花さん、ごきげんよ..
by nagotu3819 at 19:51

最新の記事

この頃の風景を 準備していた..
at 2017-12-13 14:01
11月…時はあまりにも早く
at 2017-11-06 00:20
10月は10月のうちに(学園..
at 2017-10-31 20:31
10月のうちに 横浜と茨城(..
at 2017-10-31 07:42
セントレア空港へ 行って来ました
at 2017-10-29 15:57
パソコンさん、ご無沙汰!!(..
at 2017-10-27 12:28
子猫さんからも…草木名を教え..
at 2017-10-11 03:11
今日は娘の誕生日です
at 2017-10-08 06:01
ガラケイとスマホと十五夜
at 2017-10-05 07:24
10月の香り
at 2017-10-01 05:40
限りある人生にある記念行事
at 2017-09-29 06:15
科学館~国営昭和記念公園へ
at 2017-09-27 06:55
オーロラドリーム ちょっとね!
at 2017-09-26 01:45
敬老の日と、誕生日祝いと
at 2017-09-22 07:43
子どもの頃に歌った遊び唄 (2)
at 2017-09-19 06:43

外部リンク

ライフログ

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ファン

カテゴリ

全体
今日の手帳
趣味・作品展・朦朧
短詩・つぶやき
旅・散歩:食事
今日の献立
健康・エクササイズ
交友録
私の原風景
カメラの目
memo
覚書

メモ帳

検索

最新のトラックバック

最愛の妻への愛と嫉妬との..
from dezire_photo &..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
新しい年に贈る言葉
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
関東

画像一覧